島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

パキスタンで地震後にできた地震島

 パキスタンで地震の後に島ができたそうだ。

 【イスラマバード=武石英史郎】パキスタン南西部で24日に起きた地震の直後、震源から約400キロ離れた港町グワダルの沖合に突然現れた小島が注目を集めている。地元テレビ「GEO」などによると、長さ200メートル、幅100メートル、高さ20メートルほど。「地震島」と命名された。

朝日新聞デジタル:パキスタン「地震島」からガス噴出 専門家らが上陸 - 国際

 映像を見ると、三本岳や藺灘波島みたいな岩ではなく、れっきとした平べったい島である。記事によればガスが出ているところもあり、火を近づけると燃え上がるという。

 日本で島ができたり沈んだりというと、前者なら伊豆諸島の明神礁、後者なら別府湾の瓜生島が思い浮かぶ。上陸しているみたいだが、島に上陸してみたいという好奇心も理解できる一方、明神礁みたいに吹っ飛ばないかちょっとこわい。

関連記事
  1. 2013/09/26(木) 23:40:44|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スーパ−マリオブラザーズをクリアした | ホーム | センニンソウが咲いている>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2346-7fb66bf8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)