島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

羽田ー三宅島の飛行機が平成25年度まで運行することが決まった

 調布〜三宅島の航空路線開設が決まったらしいの続き。

 羽田ー三宅島の飛行機が平成25年度まで運行することが決まったそうだ。

空路(羽田ー三宅島)1年延長 以降は新中央航で調布へ

 【三宅島】羽田ー三宅島間に就航している全日空DHC-300型機は、機体の製造中止と機材の更新が不可能などの理由で、25年3月末での退役が伝えられていたが、1月24日に発表された全日空の25年度事業計画で同路線の1年間延長運行が決まった。

(中略)

 そんな中、昨年12月21日、東京都・三鷹市・府中市・調布市による「四者連絡協議会」が開催され、DHC機退役に伴う三宅島航空路線について協議が行われ、平成26年4月から調布飛行場ー三宅島間の運行について合意が得られた。「調布ー三宅島」間については、新中央航空㈱のドルニエー228型機(19人乗り)の運行が予定されており、今後は新中央航空㈱と就航便数、就航時間、運賃の設定、現地スタッフの確保、運行基準の設定などについて協議を重ねていくことになる。

(後略)

東京七島新聞 2013年(平成25年)2月18日 1面

 無事、来年度も飛行機が飛ぶということで三宅島の空路は確保された。欲を言えばもう少し就航率が上がってほしいものだが、飛行機が来ないのに比べれば上々である。

 新中央航空も平成26年4月から就航するというのはこのニュースで知った。いままでは「平成26年度早期」ということだったので、年度初めから飛ぶことで空路が途絶えることはない。間違いではないと思うが、飛ばし記事でないことを祈る。

 続き:

関連記事
  1. 2013/02/27(水) 21:45:48|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<MAPLE MANIAというクッキー | ホーム | 新宿東口「つけ麺イマジ」豚骨醤油らーめん>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2157-d8047364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)