島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

ダウジングによる漏水発見の合理的説明

 ダウジングの有効性について考えている。

 水道の水漏れではダウジングという方法を使うという。L字に折った針金を2本持ち、漏水とおぼしき箇所をウロウロし、漏水箇所ではこの針金が動くという。

 そんなのコックリさんなみにインチキだろと思って発言したら、みんなから、いやほんとに使ってるってとか、針金が触れるらしいよとか、言われてしまった。

 仮に針金が動くとして原理がわかれば私も納得するので、しばらく考えている。そこで以下の仮説を立てた。

  1. 流れている水道管では、水道管もしくは水道水に一定方向の電流が流れている
  2. 漏水箇所では水道水に流れる電流の向きが乱れる
  3. 電流が磁界をつくる
  4. 水道管に沿って針金を持って歩くと、漏水箇所で電磁誘導により針金に電流が流れる
  5. 針金にローレンツ力が働き、針金が動く

 何となく定性的には示せたが、水道水に電流が流れるのか、水道管と漏水箇所と何もない場所で電場の分布はどのようになっているのか、L字の針金が開く方向に動く理由が説明されていないなど突っ込みどころは満載である。

 そもそも遠隔作用の力なら電場だけではなく、磁場や重力場があるよな、と思ったが、水道管ごときで地磁気が乱れるなら東京では方位磁針が使えないし、ブーゲー異常をダウジングごときで検出できるとは思えない。

関連記事
  1. 2013/02/12(火) 01:06:52|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<島に戻ったら雄山に雪が積もっていた | ホーム | 今勾股弦釣九寸股壱弍寸在 内ニ如図等円双ツ入ル 円径ヲ問>>

コメント

ダウジングで埋蔵金は見つかる

水道管ごときで地磁気が乱れるなら東京では方位磁針が使えない→大きな間違い→方位磁針は磁力線に沿って動く従って、地磁気の乱れを検出する事は不能。 ダウジング棒は双方がローレンツ力による影響を受けて動作する。→ダウジングは非科学的では全くない。


  1. 2016/09/26(月) 16:44:40 |
  2. URL |
  3. トテチリトン #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2146-82a81cb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)