島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

島に来てからぜんそくが悪くなった気がする

 島に来てからぜんそくが悪くなった気がする。

 私はもともとぜんそく持ちなのだが、走るなどの息切れするような運動をしない限りぜんそくは出ずごく軽度のものである。山に登るときはほとんど症状が出ることはなかった。

 しかし、この数年、急登する場所では息切れしやすく感じる。白毛門の登りや長次郎谷の登りなどで感じた。それも昨年三宅島に来てからさらに悪くなった気がする。喘鳴こそないが、気管が狭いというかとにかく急登すると息切れする。風邪をひいても息苦しくなる。

 小児ぜんそくの頃は走っても大丈夫だが、夜になるとゼーゼーヒューヒューだったので、ぜんそくの症状が第3の局面を迎えつつあるのかもしれない。雄山の火山ガスの影響もあるかもしれないが、島に来る以前からゆるやかに悪くなっていたので、10年スパンくらいの長期トレンドだと思う。

 ぜんそくによる呼吸不全でだけは死にたくないのでもう少しよくなるといい。

関連記事
  1. 2013/02/03(日) 23:36:54|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<沸騰している牛乳に角砂糖を入れるとあふれる | ホーム | 伊豆岬の波が高かった>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/02/04(月) 20:46:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2137-31be19eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)