島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

アニメ「サイコパス」を見た

 アニメ「サイコパス」を見た。

 攻殻機動隊のような近未来を舞台としたサイバーパンクもの。まどか☆マギカの虚淵玄が脚本を務めているので見た。

 犯罪に関する数値も“犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる。

 治安維持にあたる刑事たちは常に、犯人を捕まえる実動部隊となる“執行官”と、執行官を監視・指揮する“監視官”のチームで活動する。自らが高い犯罪係数を持ち、犯罪の根源に迫ることのできる捜査官こそが優秀な“執行官”となりうる。

物語 | TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

 と犯罪者、執行官、監視官が複雑に絡み合うストーリー。主人公の新米監視官、常守朱は犯罪係数によって犯罪者を裁くことに抵抗があるようだが、ストーリー上どう変化していくのだろうか。また犯罪係数の高い人間がなぜ執行官を務めるのかそのきっかけが気になる。犯罪者を教育した人間、ドロップアウトした監視官なのか。今後のストーリーも組織の矛盾を追求するうちに管理社会に抵抗するのか、管理社会の目論見通り犯罪者のいない社会が達成されるのか、楽しみである。

関連記事
  1. 2012/10/16(火) 22:57:29|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹 | ホーム | 干したトウガラシが赤くなった>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/2019-0291b66e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)