島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

噴火の映像を見た夢

 今日は10時過ぎまで寝ていた。予報では午前中雨であったが、実際にはくもりで日差しがあった。

 今日見た夢は割りに鮮明に覚えている。

 はじめは私は前の職場にいて、打ち合わせスペースのようなところで、何かのイベントの日取りを他の人と相談していた。日取りを決めるのに必要な人がいなくて、結局決められなかった。そのあと、事務所から来ている人に声をかけられて、後楽園付近の管網について聞かれたが、分からなかった。

 そのあと、私はなぜか大学に行くと言って会社を出て電車に乗った。新宿で乗り換えるときに昼ごはんを食べようかと思っていたが、弁当を持っていたのを思い出し、乗り換えの足を早めた。そのとき、以前の職場のまた別の人に会った。その人と立ち話をしていたら、休暇をとるのを忘れていたのに気づいた。でもそのときはどうしようもないと思い何も連絡しなかった。

 大学について講義室に入るが、誰もいなかった。座席についてしばらくすると他に2人がやってきたが、何か少し雑談をして、机の上におかれた講義資料だったかチラシだったかをぼんやり眺めていた。

 場面が変わって、高速バスの待合所みたいなところにいた。上方にディスプレイが一列に並んでいていろんなニュースを流している。画面をよく見ると「那須岳が噴火しそう」という注意報が流れていた。あちこちの市町村に避難命令が出ていた。

 しばらくすると三宅島の過去の噴火のようすの映像に替わった。溶岩流の上を歩くアナウンサーのような人がいくつも落ちてくる火山弾を避けようとしてカメラの方へ移動する映像であった。そのあと画像はシェルターみたいなところに居を構える人たちに替わった。なにやらサイレンが鳴り、屈強な男たちがロックシェッドの道を通ってどこかへいくようすであった。SF映画みたいであった。

 相変わらず自分の夢はよく分からない。もう少し幸せな夢をみたいのだが、選べないのは残念だ。

関連記事
  1. 2012/09/02(日) 11:18:58|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<大久保浜から湯ノ浜漁港まで歩いてきた | ホーム | 新海誠「秒速5センチメートル」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/1975-e84c7d0a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)