島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

Windowsで文字化けしないzipファイルの作り方

 MacOSXは標準の機能でzip圧縮が可能である。しかし、そのファイルはWindowsマシンで開くと文字化けしてしまう。

 普段、私はファイルのやり取りでは、小サイズならメールに添付、大サイズならskydriveなどを使用していた。今回、フォルダ階層のある複数のファイル(総計2.2MB)を手渡しすることになり、zip圧縮してメール添付することにした。しかし、Windowsマシンで開くと文字化けしてしまうことが分かった。

120502macwinzipper1.png

↑コンテクストメニューから「8項目を圧縮」を選択。(図はMac OS X 10.5.8 Leopard)

120502macwinzipper2.png

↑アーカイブ.zipというファイルが生成される。

120502macwinzipper3.jpg

↑しかし、そのファイルをWindowsで展開すると、ファイル名もファイル本文も文字化けしてしまう。(図はWindows Vista)

 ウェブ上で調べると、MacWinZipperというソフトウェアを使用すれば、文字化けを防止できるようだ。

 さっそく試してみた。

120502macwinzipper4.png

↑圧縮したいファイルをドラッグアンドドロップでMacWinZipperに重ねる。

120502macwinzipper5.png

↑暗号化などのオプションを指定するダイアログが出る。特に注文がなければ「zipファイルを作成」を選ぶ。

120502macwinzipper6.png

↑複数ファイルの先頭の名前のファイル名でzipファイルが生成される。

120502macwinzipper7.jpg

↑Windowsで文字化けせず表示できる。

 ドラッグアンドドロップで使用できる点も、日本語表示の点も使いやすい。オススメである。

関連記事
  1. 2012/05/03(木) 15:03:08|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<5月連休の過ごし方 | ホーム | メガネのつるが折れた>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/1825-88666fad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)