島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

こぶのついた船 ~エネルギー保存と船の速さ~

 こぶのついた船 ~エネルギー保存と船の速さ~を見た。

 あのでっぱりは船が速度を出したとき、舳先が海面から上がり、速度低下を起こさないように抑えつけているものだと私は思っていた。ちょうどスポーツカーのウイングレットのような役目を果たしているのだと思っていた。

 動画によるとでっぱりは造波抵抗を減らす工夫だそうだ。流体力学を学ぶと流体の抵抗の種類として形状抵抗や乱流抵抗を学ぶが、土木工学科ではまず造波抵抗を学ばない。本職の船舶工学か機械工学を学ぶ人でないと触れないだろう。

 説明はていねいで専門用語も使わず、小学生でも分かるようになっていた。説明されればわかるが、これを発案した人はすごいと思う。

関連記事
  1. 2012/04/27(金) 00:08:18|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車を買った | ホーム | 20年間無人島で裸で暮らす日本人男性>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/1816-2c5a94f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)