島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

アニメ「シュタインズ・ゲート」を見終えた

 シュタインズ・ゲート第1話、第2話を見たの関連。

 アニメ「シュタインズ・ゲート」を見終えた。

 登場人物の死を避けるために主人公が何度もタイムリープを繰り返し、誰も死なない結末を目指すのはおもしろかった。タイムリープする主人公が厨二病ということもあり、物理学の用語もなかなか面白い使い方をしていた。ストーリーとしてはほんとうに面白いし、SF好きなら楽しめる作品だと思う。

 タイムリープを題材にしているだけあって、設定がいまいち納得いかないところが多い。

 SFだから気にしたら終わりなのだろうが、現実的な面から気になってしまう点がたくさんある。

ーーーーー以下、ネタバレーーーーー


 いろいろと首をかしげた点は以下のとおり。

  1. 「アトラクタフィールドの収束」と「初期値に対する鋭敏な依存性」の矛盾
  2. まゆりの死は不可避にもかかわらず、クリスの死は可避であること
  3. SERNによるクリスの懐柔策の不手際
  4. 人の記憶が36バイトに圧縮できるのか
  5. あれだけ派手に登場したタイムマシンにもかかわらず、操縦者が誰にも見つからずに抜け出していること
  6. タイムマシンが激突したラジオ会館に作中の人物が入れること
  7. 大学生が秋葉原の雑居ビル1室借りて遊べる金はどこから来たのか
  8. そもそもタイムトラベルなんて…

「アトラクタフィールドの収束」と「初期値に対する鋭敏な依存性」の矛盾

 「アトラクタフィールドの収束」はアニメ中で使われた言葉で、いかに世界を改変しようと努力しても結末は決まっていることを表現している。岡部がいくら策を練ってもまゆりが死んでしまうわけだが、これはカオス理論と相反する。

 カオス理論では「初期値に対する鋭敏な依存性」という言葉がある。この言葉は初めの操作をわずかに変えることで大きく異なる展開になることを示す。例えば、小川に笹舟を浮かべるとき、岸辺から流すか、川幅の中央から流すかでその後の笹舟の動きは大きく異なる。また、同じ場所から流しても今流した場合と、10秒後に流した場合では行く先は異なるだろう。まさにそれを示した言葉が作中でも触れられている「バタフライ効果」である。

 つまり、カオス理論にしたがえば、世界の収束などありえない。ましてやある人の死が決められていて、ラウンダーを避けても、車にひかれたり、線路に落とされたりということはない。

まゆりの死は不可避にもかかわらず、クリスの死は可避であること

 α世界線ではまゆりは死んでしまう。それはアトラクタフィールドの収束によって決まっている。しかし、クリスは24話で死を避ける。

 もし、アトラクタフィールドの収束が正しいと仮定する。1話でクリスが死んでいるのならば、23話でも死ぬだろうし、24話でも死ぬだろう。1話でクリスが死ななかったならば、23話でも死なないだろうし、24話でも死なないだろう。実際には1話は生死不明、23話ではクリスは死に、24話では死なない。

 23話で未来の岡部が言っているのは「1話の岡部が観測したのは『倒れているクリス』である。この事象はアトラクタフィールドの収束により正しいが、『死んだクリス』を観測したわけではない。1話の岡部に『倒れているクリスを観測させ』かつ『クリスが死なない状況』を作ればいい」ということだと思う。しかし、23話でクリスが死んだ以上、β世界線はクリスが死ぬ世界に収束することがわかる。

 アトラクタフィールドの干渉を受けない唯一の世界線「シュタインズ・ゲート」へ移る(23話の鈴羽の言葉)、というのはご都合主義というか、最終話へ至るデウス・エクス・マキナになってしまい、視聴者側は「そんなのアリかよ」と思う。

SERNによるクリスの懐柔策の不手際

 13話の一番最初にまゆりが殺される場面で、加害者は「牧瀬紅莉栖と橋田至は連れて帰る」と言っている。しかし、そんなめんどうなことをしなくてもSERNは表向きは研究機関なのだから、クリスに「時間物理学研究室(仮)の室長として迎えたいのです」と言えばいい。研究者なんて定職ではないのだから、さしあたっての生活の保証があり、やりたい研究テーマを与えられればついてくるだろう。そうすれば波風立てずにクリスを懐柔することができただろう、と思う。というか、それが現実的な筋だと思う。

 ほかは書いてあるとおり、説明はいらないだろう。

 アニメの最後で「劇場版」に触れていたけれど、TVアニメのダイジェストを放送するのだろうか。2時間だと相当端折ることになり、初見の人はちんぷんかんぷんになると思う。もっとも観客の対象はTVアニメを見ていたファンだろうが、ゲーム/TVアニメと異なる部分を用意しないとファンも見ないだろう。でもストーリーの性格上、大きくストーリーを変えることも難しいからやっぱりTVアニメのダイジェストなのだろうか。想定している観客が分からない。

関連記事
  1. 2011/09/17(土) 20:36:40|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<地形図のたたみ方その2 | ホーム | 上野顕太郎「さよならもいわずに」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/tb.php/1581-44f80fc2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)