島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

雄山登山線の工事が進んでいる

 雄山登山線の工事が進んでいるようだ。

170521kamitsuki-rindou.jpg

↑雄山登山線の工事看板

 雄山登山線は神着林道の終点から雄山に伸びる自然公園の歩道。環状林道に神着林道の入口があり条例により通行止めになっている。工事看板は公衆の見えるところに置く必要があるためか環状林道と神着林道の分岐点にあった。いずれ自由に登れるようになるといい。

  1. 2017/05/31(水) 00:04:58|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ガクアジサイが咲き始めた

 島にガクアジサイが咲き始めた。

170527gakuajisai.jpg

↑咲き始めたガクアジサイ

 内地に多いタマアジサイと異なり、アジサイのタマの外側が咲く。島の梅雨を感じる花の一つだ。

  1. 2017/05/30(火) 00:01:02|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

虹色に輝くクモの巣

 畑の草むしりをしていたら地面に虹色に輝く何かを見つけた。

170528kumonosu.jpg

↑虹色に輝く地蜘蛛の巣

 よく見たら地蜘蛛の巣に水滴がついて日光を反射していた。太陽を背にしたので虹と同じ原理だ。地蜘蛛の巣なんてじっくり見ることはないが、こういう機会に見られると地面にもいいもの探してみたくなる。

  1. 2017/05/29(月) 00:03:42|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモが伸びてきた

 畑の草むしりに行った。

 1週間なのでさほど雑草も生えていなかったが、ちまちまと小さい雑草を抜いた。1月前に頭を坊主にしたが、髪が生えてきて思ったほど暑くなかった。

170528potato4.jpg

↑アカメイモの畑。Mouseoverで1週間前の様子を表示。

170528akame2.jpg

↑葉が増えてきた

170528potato4.jpg

↑伸びてきたジャガイモ。Mouseoverで1週間前の様子を表示。

170528kyuri.jpg

↑1週間経っても双葉のままのキュウリ。1つは枯れてしまった。

 キュウリは水が必要だと聞くから雨が続かないと枯れてしまうのかもしれない。

  1. 2017/05/28(日) 20:32:03|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

環状林道の伊ヶ谷地区にある鳥居

 環状林道の伊ヶ谷地区にあるという鳥居を探しにいった。

 伊ヶ谷林道を登りきって環状林道に出て伊豆に進むと鳥居が見えたと伊ヶ谷に住む人から聞いた。私も何度かその辺りを車で通ったことがあるが、鳥居を見たことはないし、鳥居があると聞いたこともない。興味を持って探しにいった。

 実は先週も車で探しにいったのだが、見つけられなかった。今週、ある程度あたりをつけて車を置いて徒歩で探したら見つけられた。

170527oosayama_01.jpg

↑藪の中に鳥居が見えた。手前にはステンレス製の柵の柱が立っている。

170527oosayama_02.jpg

↑湿った匂いのする踏み跡を少し進むと倒木が切ってあって人の手が入っているようだ。

170527oosayama_03.jpg

↑コンクリート製の台のようなものと奥に小さな社があった。

170527oosayama_04.jpg

↑鳥居の反対側を見ると平成11年5月吉日とあった。平成12年の噴火の1年前だ。

170527oosayama_05.jpg

↑目印は環状林道が伊ヶ谷沢北俣をまたぐ鉄板敷。環状林道の山側。

 この鳥居から環状林道を少し伊豆よりに行くと山頂方面へ向かうコンクリート舗装と立ち入り禁止の看板がある。

170527oosayama_06.jpg

↑昭和56年改訂三宅島絵図には伊ヶ谷林道と環状林道の交差点付近に「青沙山(オオサヤマ)神社」の文字が見える。

 残念ながら現地には銘板などがなく、神社の名前はわからなかったが、三宅島絵図によれば青沙山神社が近いのだろうか。

 続き:「伊ヶ谷風土記」にある「あおさ山神社」の記載

  1. 2017/05/27(土) 17:44:22|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中国と日本を股にかけて活動した王直 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」3

 長崎県五島列島の歴史は深い。教科書に載らない、地方の歴史があることを知った。実に国境の島らしい。

 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」には以下の話が載っていた。

  1. 遣唐使の南路に位置付けられており、804年の第12回には空海と最澄が福江島を訪れている。
  2. 中国人の商人、王直が種子島を訪れる前に福江島に滞在し、五島領主盛定公から一町を与えられて拠点の一つとしていた。
  3. 長崎にフランス人が大浦天主堂を建て、信仰を強めたキリシタンが神社寺院の習慣を拒否したため、明治になってキリシタン禁制が解かれても迫害の対象となった。

 特に2番目の王直の話は大河ドラマを見るような波乱の人生である。

 安徽省歙県の出身で明暦嘉靖19年(天文9、西暦1540)巨艦を造船し、明で貿易禁止になっていた硝石や綿糸を積み、広東を中心に日本、シャム、西洋諸国と往来した。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.115

 原著のワクワク感を損なわぬよう全文引用したいところだが、長いので要約する。

 天文12年7月末、王直の船がマカオに碇泊し、西洋人を3人雇う。アモイに向かう途中、海賊船に襲撃された王直は戦いを繰り広げるものの、敗走する。難破して23日間も海上を漂流した後、ようやく種子島にたどり着く。王直は砂に字を書き五島へ連絡をとってほしいと願うが通じない。やがて雇ったポルトガル人の持つ鉄砲に興味を持った種子島領主時堯は鉄砲を学ばせてほしいと依頼する。鉄砲と火薬の製造法を教授した王直は食料・薪水を積み込み出航した。これが種子島銃の元である。

 その後の運命も波乱に満ちている。1555年(弘治一)明国海軍総督は王直帰順工作を始めるが、福江の領主18代純定は取り合わない。王直の邸宅に招かれた明の使節は国賊の一族として10年投獄されていた王直の母と妻が釈放され、総督から厚遇されていること、王直が帰順すれば明の皇帝から官爵と日明通称の許可が降りると説明した。義子の汪滶が海軍総督に出向き、帰順を誓って福江に戻って来た。1557年王直は明に渡ったが捕らえられ明の世宗の命により斬首に処される。

 航海するにも危険だった頃に禁を犯して貿易を行い、東シナ海を股にかけて巨艦を動かす男は相当の桀人であろう。中国では海賊行為を働いた倭寇という悪い評価もあるようだが、大人物ゆえ毀誉褒貶あるだろう。歴史小説家が目をつけそうな人物だが、特に見当たらない。面白そうだけどなあ。

  1. 2017/05/27(土) 00:07:32|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋久島の降雨量 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」2

 屋久島の項について意外と思える記述があった。

 屋久島に雨が多いというのは伝説ですよ。去年は1年で40日しか雨の日がありませんでした。

(中略)

 屋久島電工の所長さんの話だった。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.79, 80

 その夜は島の古老、岩川さんが宿を訪ねてくださって、いろいろ楽しい話を聞くことができた。

(中略)

 いやいや屋久島に雨が多いというのは、何かの間違いです。私が若い頃には石油カン叩いて島中で雨乞いしたことがあったくらいですから。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.85, 88

 考えてみれば日本中に島はあるし、南西諸島も種子島や奄美大島など他にも島がある。そうかもしれないと思い調べてみた。しかし、年降水量が最も多い観測地点は4477mmの屋久島のようだ年降水量(平年値)ランキング

 島に住んでいる人は屋久島での経年変化を論じ、旅行者は直近の年での観測地点による違いを論じて差が生じるのだろうか。この感覚の違いは面白い。

  1. 2017/05/25(木) 20:16:39|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」1

 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」を読んでいる。

 有吉佐和子が日本の離島を訪れるルポタージュである。御蔵島を舞台にした小説「海暗」を読んだことがあり、どのようなものかと古本を購入した。昭和56年4月刊行であり、このエッセイにおける「今」は35年前のことである。ある島では石油危機のあおりを受けて重油不足に陥ったり、各国の排他的経済水域の主張による乱獲の影響を受けたりなど、当時の世界情勢がわかるのも興味深い。

 取り上げているのは以下の島である。目次から抜粋しよう。

サブタイトル
焼尻島・天売島海は国境になった
種子島鉄砲とロケットの間に
屋久島20日は山に5日は海に
福江島遣唐使から養殖漁業まで
対馬元寇から韓国船まで
波照間島南の果て
与那国島西の果て、台湾が見える
隠岐潮目の中で
竹島日韓の波浪〈番外の1〉
父島はるか太平洋上に
択捉・国後・色丹・歯舞北方の激浪にゆれる島々〈番外の2〉
尖閣列島そこに石油があるからだ!〈番外の3〉

 番外と書かれた島は領土問題となっている島であり、有吉佐和子は上陸していない。その代わり、資料の残る箇所へ赴き、経緯を探っている。

 特に興味深い島については別に記事を設ける。

  1. 2017/05/25(木) 19:53:04|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桑の実がなり始めた

 桑の実がなり始めた。

170520kuwa.jpg

↑実がなり始めた桑

 いつもいく畑で何気なく木を見たら桑の実がなっていた。まだ熟していないので食べられないが、2週間くらい経てば甘くなるだろう。花や実がならないとその植物に気づかない一方、四季を感じるきっかけになるのはいいと思う。

  1. 2017/05/24(水) 00:02:37|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊ヶ谷林道にエゴノキが咲いていた

 島内にエゴノキが咲いている。

170521egonoki1.jpg

↑伊ヶ谷林道に花を落とすエゴノキ

170521egonoki2.jpg

↑見上げると鈴なりに花が咲いている

170521egonoki3.jpg

↑花弁1枚1枚ではなく、ツバキのように1輪まるごと落ちるのが特徴的だ。

 初めて見たのは大路池北岸で白いキレイな花が印象に残った。足元を見ながら歩いていても花が落ちているので見つけやすい。島の四季を感じる花の一つである。

  1. 2017/05/23(火) 23:14:03|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウリを植えた

 2週間ぶりに畑の草むしりに出かけた。

 先週は雨だったので様子を見ただけで2週間分の草がしっかり生えていた。

170520akame1.jpg

↑2週間ほったらかしたアカメイモ

170520akame2.jpg

↑半分くらいは芽が出ていた

170520potato3.jpg

↑ジャガイモ畑の向こう側にふた畝作った

170520potato2.jpg

↑ジャガイモの芽が出た

170520kyuuri.jpg

芽が出たキュウリを植えてみた

 2時間半ほど畑で草むしりと土起こしをしてキュウリを植えて帰った。キュウリが根付くといい。

  1. 2017/05/22(月) 00:49:34|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和島市遊子に見事な段々畑がある

 宇和島市に見事な段々畑があるようだ。

 テレビを見ていたら見事な段々畑が写って見入ってしまった。段々畑は山がちな箇所の南斜面に点在するものを見ることはあるが、宇和島市遊子の段々畑は面的に広がっている。しかも1段の幅が1mから2mくらいしかなさそうだ。

 宇和島市遊子(ゆす)の山の斜面には、削り取られたような不思議な景色が広がります。近づいて見ると、石垣を要塞のように積み上げたジャガイモの段々畑が!この土地で生きていくため、先人たちが築き上げた”知恵の結晶”です。その貴重な畑にいま迫り来る”危機”が!それを守るために奮闘する地元生産者と、手を貸そうと立ち上がったイタリアンシェフの物語。

食彩の王国◇番組内容

 次に思ったのは畑とはいえ休耕期には何も生えていない裸地なので、これだけ急な斜面が崩れることはないのだろうか、という疑問である。見たところ石積みも空石積みなので練り石積みやコンクリート壁に比べると安定性に欠ける。でも昔からあるみたいだから崩れないのだろう。

 当初はサツマイモ、桑を植えていたが、現在ではジャガイモを植えているそうだ。瀬戸内海の島の斜面にはミカンの木が多いが、なんでミカンにしなかったのだろう。番組内容に触れていた危機は耕した畑に木が生えて森になり、畑が30haが2haまでに減ってしまっていることだそうだ。耕す人がいなければ緑に還るのは仕方ない。

  1. 2017/05/21(日) 21:55:31|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋烏森口「ローストビーフ油そば ビースト」

 新橋烏森口「ローストビーフ油そば ビースト」に入った。

170517beef1.jpg

↑メニュー表。ローストビーフを乗せるだけあって普通の油そばより高い値段設定。

170517beef2.jpg

↑肉増しダブル税込1,300円+麺大盛り100円

 ちょっと高そうだなと思いながらも島にいるとあんまり贅沢することもないので、肉増しダブルを頼んだ。麺が見えないくらいにローストビーフが乗せられていてひっくり返さないと麺が出てこない。最後に無料の追い飯をもらったが醤油ざらに盛られた程度の量であった。タレにからめて食べる。

 これだけ肉があるならポン酢かわさび醤油でもつけてご飯をたくさん食べたほうが幸せな気がしたが、貧乏性だろうか。

  1. 2017/05/20(土) 14:58:29|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋駅にかけている大屋根

 新橋駅に大屋根をかけていた。

170517shimbashi.jpg

↑烏森口から見た新橋駅の大屋根

 遠目にもう1層上に線路を引くのかなと思うくらい大きな屋根が列車からはみ出すくらいに乗っかっていた。

 上野東京ラインの開業により更なる乗降客の増加が見込まれるため、バリアフリー化・コンコースの整備・耐震補強に加え、老朽化した旅客上家を大屋根に建て替える工事を平成22年より実施してきました。

JR新橋駅 大屋根スライド工事|巴コーポレーション

 あまりにも大きいのでどうやって搬入しているのか気になる。大きなトレーラーで持ってきて吊るのだろうか。終電から始電までの短い時間で施工するのは大変そうだ。

  1. 2017/05/19(金) 21:37:18|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登山における事故対策と震災対策の相似

 だいぶ前の話だが、ある大学の雪崩事故報告会を聞いてきた。

 現役部員はとりあえず年度内は対策を含めた報告書の作成に専念し、登山を行わないということであった。顧問の先生からは「危ないから登山を行わない、というのでは登山で得られてきたものもこれから得られるものもなくしてしまう」と部の存続の意見を聞けたので少しホッとした。某大ワンゲルのように解散する、というのは登山を志向する学生の選択肢を1つ消してしまう訳でなんとももったいない。とはいえ、どのように部を運営するかあるいは運営しないかは実際に活動する現役の一存で決めるべきものだし、ただOBの私が部がなくなることの郷愁に浸っているだけかもしれない。

 OBからはいくつか意見が出ていたが、web上で雪崩について「非常に危険な状態」と指摘していたにもかかわらず、なぜ登山を行なったのか、という問いがあった。回答として、それがスキーヤー向けの情報であり参照していなかったこと、別の情報では「注意して行動せよ」という指摘だったことが挙げられた。

 この指摘は原因究明に向けて大いに役立つと思う。しかし、一方で粗探しをするように細かな失敗をもって原因とし、同じ行動を避けるだけというのは登山の本質から目を背けていると思う。なぜならば登山は常に危険と隣り合わせであり、どんな実力や装備を持ってしても事故の可能性を排除することはできないからだ。これは著名なクライマーでも山で死んだ人がいることでも分かるし、岩崎元郎氏も同じことを指摘している

 山を知ることに、「もう十分」ということはない。相手は自然なのだ。どんなに経験を積んだベテラン登山者でも、ひとたび山に入れば100パーセント安全だという保証はどこにもない。

岩崎元郎.登山不適格者.P.28. 日本放送出版協会.2003.

 事故そのものは完全に避けることのできないものと認識した上で、事故発生の可能性を限りなく低くし、事故が起こった場合でも最小限の被害に抑えることを念頭に置いた対策をすべきだと思う。ちょうど片田先生が提言する震災時の避難三原則が通用するように感じる。

  1. 想定にとらわれるな
  2. その状況下で最善を尽くせ
  3. 率先避難者たれ

 これをもって対策とするにはあまりに理念に偏っているのは承知である。しかし、天気予報などの想定にとらわれず、その状況下で最善を尽くし、事故後にパーティーを率いて脱出すると読み替えれば十分に通じるのではないかと思う。

  1. 2017/05/18(木) 19:57:41|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

藺灘波島のドローン空撮画像

 藺灘波島のドローン空撮画像を見た。

140915inambajima.jpg

↑藺灘波島(2014年9月15日撮影

 藺灘波島は遠く、険しいため訪れる人は少ない。釣り好きがまれに訪れるくらいだと聞いている。三宅島から見える藺灘波島は水平線に親指の第一関節がのぞいているような形で文字通り取り付く島もない。

 職場でそんな話をして航空写真などより近づいた写真を見たくなった。調べたらダイバーがドローンで撮った映像があった。

 南側に波が穏やかなら上がれそうな磯があり、あとは絶壁である。岩はもろそうで、てっぺんは比較的平地がある。海鳥が営巣しており、天敵がおらず楽園だろう。クライマーが挑戦しているだろうかと思ったが、登れそうなルートは私には見えなかった。

 伊豆諸島には無人島がたくさんあり、それぞれ違った顔があるので興味をそそる。

  1. 2017/05/16(火) 21:22:26|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮囲いの減った調布駅

 久しぶりに調布駅に行った。

 翌日の出張のため三宅島から飛行機で出た。調布飛行場からバスで15分ほど調布駅に着いた。

170514choufu_01.jpg

↑囲いが減った調布駅北口

170514choufu_02.jpg

↑駅は新宿寄りのビルに含まれていて目立たない

170514choufu_03.jpg

↑北口と南口の道路は結ばずにそれぞれロータリーにするようだ

 3年前にはすでに地下化されていたが仮囲いが並んでまだまだ工事中であった。3年ぶりに見た調布駅は仮囲いが減ってはいたがまだ残っていた。調布駅はビルの一部になっていたが、ビルは開業しておらず仮設っぽい入り口であった。北口と南口に道はあるが、両者は繋がずに独立したロータリーになるようでちょっと不思議な駅前風景になりそうだ。

  1. 2017/05/15(月) 00:24:59|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植えた種に芽が出てきた

 植えた種に芽が出てきた。

170514seedings.jpg

↑上側がオクラ、下側がキュウリ

 畑に植える野菜は苗を買ったほうが根付きやすいし、育ちも早いのだが、単価が高い。種なら単価が安いが苗まで育つ割合が少ない。

 今まで直接畑に種を蒔いたことがあったが、芽が出ないことが多かった。時間がかかると芽を見ても雑草と区別がつかない問題もある。

 先日、内地のホームセンターで苗作りの集合ポットを売っていたので種と一緒に買ってベランダに植えて置いた。13日は強い雨が降ったのでひっくり返らないか不安だったが、14日に見ると芽が出ていた。

 もう少し芽が大きくなったら畑に植えるとしよう。

  1. 2017/05/14(日) 21:33:48|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アカメイモが芽を出した

 今日の三宅島は一日雨。小止みになった昼に買い物ついでに畑の様子を見に行った。

170513akame1.jpg

↑アカメイモの畑。遠目には変化が見られない。

170513akame2.jpg

↑近づいてみると芽を出していた

170513akame3.jpg

↑小さくても水を弾いている

170513potato.jpg

↑先週ジャガイモを植えたが変化なし

 今週は草むしりをしないので来週が大変そうだ。

  1. 2017/05/13(土) 17:56:17|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビとMacを無線でつなぐ方法の模索

 Macとテレビをつなぐケーブルの続き。

 そもそも有線でMacとテレビをつなぐ発想が前時代的な気がしたので、テレビとMacを無線でつなぐ方法を探してみた。

 テレビの入力切替を見ると以下3つのそれらしき入力があったのでそれぞれを試す。

170430input.jpg

↑Bluetooth、Miracast、コンテンツマネージャーの3つの入力

 Miracastは残念ながら私の持っているMacBook Air 13インチ Mid 2013は非対応。他にもAppleのAir PlayやGoogle Castといった技術があるみたいだが、それぞれハードウェアを購入する必要があるようだ。

 Bluetoothの接続はできた。設定の仕方がわかりにくかったが、右クリックで接続できた。ただ、Macから送信できるのは音声のみ。画像や動画、デスクトップ画面を転送することはできない。音楽ならMacで聞けばよいのであまり有用ではない。

170430bluetooth.jpg

↑Bluetoothで接続してiTunesから音楽を流しているところ

170430bluetooth.png

↑Bluetoothでデバイスが表示されてから右クリックで接続を選ばないと接続できない

 コンテンツマネージャーはUSB接続。USBメモリに画像、音楽、動画をコピーし、テレビ背面のUSB端子に挿すとそれぞれ再生することができる。当然のことながらUSBメモリに画像等データをコピーする必要があるのでめんどくさい。一応、テレビのリモコンで早送りや一時停止は可能であった。

170430usbmemory1.jpg

↑USBメモリからJPEG画像を表示

170430usbmemory2.jpg

↑USBメモリからMPEG4動画を再生

 たぶん、私が解決したいMacとテレビのミラーリングはMiracastに類する技術を使った接続だろう。その中でもFire TV Stickが安価でミラーリングも可能なようだ。配送料が定額になるAmazonプライムと動画が見られるAmazonビデオにも興味がある。

 ガジェットをいじっているのは楽しいが、目的を忘れてしまう。何かを購入する際は目的を思い出して買おうと思う。

  1. 2017/05/12(金) 00:01:35|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那智の瀧が意匠された280円切手

 もらったゆうパックに貼られた切手に滝が意匠されていた。

170430nachi.jpg

↑那智の瀧が意匠されている280円切手

 どこだろう、華厳の滝かなと調べてみたら那智の滝であった。日本郵便のサイトによると吉野熊野国立公園(那智の滝)普通切手一覧 - 日本郵便だそうだ。205円は屋久島国立公園、310円は利尻礼文サロベツ国立公園、500円は十和田八幡平国立公園と高額切手は国立公園が並ぶ。

 考えてみると私は日本三名瀑を一つも見たことがない。いろは坂は何度も過ぎているが華厳の滝は立ち寄っていない。どれか1つくらいでも見ておきたいものだ。

  1. 2017/05/11(木) 23:57:47|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弁天橋のたもとのミズキの花

 弁天橋のたもとにミズキが咲いている。

170505mizuki1.jpg

↑ミズキの花

170505mizuki2.jpg

↑弁天橋アーチの赤とミズキの白の対比

 こんなところに花を付ける木があるとは知らなかったが、赤い橋に白い花が映えるので気づいた。花の形は柑橘類に似ているが、色が違う。花の色はガマズミに似ているが、葉が違う。特に香りもしない。調べてみたらミズキのようだ。特色が弱くて覚えにくいが、場所は覚えたので通るときに思い出して覚えようと思う。

  1. 2017/05/10(水) 22:20:21|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高津川と花見川の合流点にあった「鯉の産卵場」という看板

 高津川と花見川の合流点に「鯉の産卵場」という看板が立っていた。

170505koi-sanran.jpg

↑鯉の産卵場を示す看板

鯉の産卵場

 花見川と高津川の合流点周辺の浅瀬は我国でも数少ないめずらしい鯉の産卵場です。

 4月〜5月は産卵期を迎えます。餌を与えず静かに大切に見守りましょう。

  • 千葉市花見川区町内自治会連絡協議会
  • 花見川を元気にする会
  • 鷹の台自治会 環境部
  • 千代の台自治会 環境部

 以前はなかったので気づいた。花見川で鯉を見たことはないが、あんまり綺麗な水ではないので鯉が住んでいるのは不思議でない。釣りを楽しむ人もいるけど、鯉を目的にしているのだろうか。ブラックバスとか外来種もいそうだが、鯉は食べられたりせずに共存しているのだろうか。

 自治会では高津川と呼んでいるのも勉強になった。八千代都市下水路という名前では情緒もないので妥当だろう。

  1. 2017/05/09(火) 21:38:12|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市道横戸町23号線の一部が2車線になった

 市道横戸町23号線の一部が2車線になっていた。

170504yokodochou23_1.jpg

↑手前が未拡幅、奥が拡幅済み

170504yokodochou23_2.jpg

↑市道の交差点を過ぎて馬橋よりも30mほど拡幅されていた

 国道16号から弁天橋に抜ける市道の交差点の前後100mほどだろうか。なかなか進まないが、それでも少しずつ進んでいるようだ。平成29年4月から花まわる号というバスも走るようでバスにとってはかなり窮屈な道路だと思う。

 ちょっとでも道路整備が進んで利便性が高まるとよいと思うが、一朝一夕には進まないのだろう。

  1. 2017/05/08(月) 21:59:52|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

田んぼに反射する太陽の光

 勝田川沿いの田んぼに水が引かれてまぶしかった。

170504tanbo.jpg

↑水田に反射する日差しとコンクリート工場のシルエット

 まだ水を引かれたばかりで田植えは始まっていない。東邦レミコンの施設のシルエットがアクセントになっていい景色であった。

 写真の構図としてみると左側に太陽、コンクリート工場、田んぼに反射した太陽の3つのアクセントが固まっているのであまり面白くない。撮ってみて気づいた。

  1. 2017/05/08(月) 00:31:27|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

習志野の空挺団のヘリコプター

 習志野の空挺団のヘリコプターを見かけた。

170504helicopter.jpg

↑3機並んで飛んでいたヘリコプター

 勝田川を渡るときに見かけた。この辺をプロペラ2つのヘリコプターが編成をなして飛ぶのはたぶん習志野の空挺団だろう。勝田台のあたりを南から北へ飛行していた。ときどきヘリコプターが飛んでいる音を聞くことがあるが、飛んでいるのを見たのは初めてのような気がする。

 世間は連休だが、北朝鮮もきな臭いし訓練に勤しんでいるのだろう。出番がないに越したことはないが、お疲れ様である。

  1. 2017/05/08(月) 00:30:43|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボルダリングのワールドカップ2016の大会の映像を見た

 スポーツクライミング ワールドカップ2016 ボルダリング ミュンヘン大会 男子ボルダリング決勝を見た。楢崎智亜選手が優勝した試合である。

 私はあんまりスポーツ観戦をしないが、登れるか登れないかのごくシンプルなスポーツだけに没頭して見た。平山ユージ氏が解説するようにまさに忍者のような動きであった。ほとんどすべすべのホールドに手や足をかけて登っていく様子を見ると壁が外傾しているとは思えない。あれだけ登れると面白いだろうなと思う。

 4つの課題、4分の持ち時間、完登/トライ数/ボーナス/トライ数による順位づけなどルールを知ることができたのも良かった。

  1. 2017/05/07(日) 22:32:47|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝田台南口「虎太郎」辛味噌ねぎラーメン

 勝田台南口のラーメン屋「虎太郎」に入った。

170503kotarou1.jpg

↑あら焚き豚骨虎太郎のメニュー表の一つ。他にもつけ麺、油そば、丼、定食などがあった。

170503kotarou2.jpg

↑辛味噌ねぎラーメン800円

 豚骨ラーメンで味噌はめずらしいが、豚骨と味噌の濃い味同士でこってりとしていた。無料の刻みニンニクを頼み、パンチを効かせて食べた。

  1. 2017/05/06(土) 00:01:03|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

blogタイトルをまた「島ノ中ニ有リblog」に変えた

 blogの名前を変えた。

 もともと「山ノ中ニ有リblog」というタイトルだったが、2012年に三宅島に来たときにblogタイトルを「島ノ中ニ有リblog」に変えた。2015年に赴任を終えて内地に戻って「山ノ中ニ有リblog」に戻したが、また2017年に三宅島に赴任することになり、「島ノ中ニ有リblog」に変えた。だから2年前の名前に戻したとも言える。

170505blog-title1.png

↑元のブログタイトル「山ノ中ニ有リblog」

170505blog-title2.png

↑新しいブログタイトル「島ノ中ニ有リblog」

 合わせてプロフィールの「都内在住」を「東京都三宅島在住」に変更した。

 何年赴任するかわからないが、島にいる間はこのタイトルを続けようと思う。

  1. 2017/05/05(金) 22:02:16|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橘丸上り便が大島元町港に着いた

 5月3日の橘丸上り便は珍しく大島元町港に着いた。

 三宅島への赴任後、連休で実家に帰ることにした。飛行機ではなく安価な船に乗る。5月連休中は大島に寄港するようで竹芝着は20:45と遅い。

 大島寄港は岡田港しか経験していないので、元町港に着いた物珍しさで甲板に出た。一方で、竹芝に行くのに元町港は遠回りだなと残念な気分もあった。

170503motomachi_07.jpg

↑大島元町港

170504motomachi_02.jpg

↑2013年の土砂災害の跡にはだいぶ緑が生えてきているように見える

170503motomachi_03.jpg

↑元町港から見る利島、新島、神津島。式根島は利島に隠れて見えない。

170504motomachi_09.jpg

↑橘丸の後に着岸したジェットフォイル

 連休だけあってジェットフォイルから降りる乗客は多かった。折り返しの上り便に途中で追い抜かれるので、乗り換えるリッチな客を見ずに2等船室に引っ込んだ。風がまだ寒かった。

  1. 2017/05/04(木) 12:53:48|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スイス人登山家ウーリー・ステックが亡くなった

 スイス人登山家ウーリー・ステックが亡くなったそうだ。

 ウーリー・ステック氏(登山家)世界最高峰エベレストを登山中に滑落し、4月30日に死去、40歳。ネパール当局者が明らかにした。

 常人離れした速さで登頂することから「スイス・マシン」とも呼ばれていた。2008年にヒマラヤの難所アンナプルナ南壁で遭難した登山家の救助に向かった一人で、後に映画化された。(ニューデリー=共同)

ウーリー・ステック氏が死去 登山家  :日本経済新聞

 アイガー北壁を2時間47分で登った動画を見たときはあまりに驚異的な速さで、まるでこの人だけかかっている重力の向きが違うんじゃないかと思うくらいであった。あれだけ速く登れるならロープワークは不要だし、軽量化の対象だろう。

 そんな天狗みたいな人が亡くなったと聞いて驚いた。具体的な状況の報道がないが、雪崩や雪屁など避けるのが困難な状況で滑落したのだろうか。単に急なところで落ちたとは思えない。40歳というのも意外であった。あれだけのスピードを出せるのは20代くらいだろうと思っていた。どんなベテラン登山者でも絶対に安全とは言えないと改めて感じるできごとであった。

  1. 2017/05/02(火) 23:46:01|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビでYouTubeを見た

 テレビでYouTubeを見た。

 テレビの機能をいろいろ探っているうちにLAN接続により動画配信サービスが使えることがわかった。TSUTAYA.TV、クランクイン、NETFLIX、U-NEXT、DMM.com、Huluなどが用意されているが、いずれも有料サービスなので使うには二の足を踏む。そんな中に無料のYouTubeがあったので見てみた。

170430youtube.jpg

↑AQUOSでYouTubeに接続したところ

 テレビ番組に飽きてYouTubeにアップロードされている動画をテレビの画面で見るにはいい。ブラウザで見るYouTubeと異なり、音楽やエンターテイメントなどカテゴリ分けされているものの、テレビのリモコンだと操作性が悪く、見たい動画を探したり検索するのが困難だ。

 コメディーの項目にローワン・アトキンソンのロンドンオリンピックでのパフォーマンスを見た。

 ローワン・アトキンソンは私が唯一知っている海外のコメディアンであるくらい有名だが、ロンドンオリンピックでパフォーマンスを演じているとは知らなかった。コンサートの最中に一音をずっとキーボードで打鍵し続ける面倒だが退屈な役でいかにもミスタービーンらしい結末だった。ミスタービーンはテレビの枠の中にいるからこそ大事に至らずコメディーとして成り立つ面が大きいが、こういう本番の舞台で笑いにしてしまうのはプロだと思った。

  1. 2017/05/02(火) 00:02:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Macとテレビをつなぐケーブル

 Macとテレビをつなぐケーブルを買った。

170430Thunderbolt.jpg

↑ThunderboltーHDMIケーブルによるミラーリング

 Amazonで1,099円と安いので使えなくてもいいやと買ったら使えた。これでMacに表示した動画をテレビで見ることができる。

 物理的にMac側のThunderboltとテレビ側のHDMI端子をつなぐだけで勝手に最適なディスプレイサイズを選んでくれたので設定不要であった。頭使わなくていいのが楽だ。ただ、3mなのでテレビから離れて使うにはやや短い。長いケーブルを買うか、Thunderbolt / HDMIの延長ケーブルを買うかしかないようだ。

  1. 2017/05/01(月) 00:11:59|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0