島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

叶山から秩父市街地を結ぶ秩父太平洋セメントベルトコンベヤー

 八ッ場ダムのダムカードのこだわり技術の欄に以下の記述があった。

 セメントの主な材料となる「石灰石」は、群馬県多野郡の叶山から採取しており、骨材、水、セメントと群馬県産のものを使用しています。

八ッ場ダム ダムカード Ver.0.1(2016.09)

 叶山って二子山の近くにある石灰石の採石場になっている山だよな、と国土地理院地図で確認してみた。その叶山は多野郡にあるので合っていたのだが、地図に気になる線が載っていた。

 叶山から東南東に向かって伸びる線がある。秩父太平洋セメントベルトコンベヤーと書かれた線は長く伸び、旧吉田町で地上に出てクランク状にまた東南東に伸びている。終着はどこかと思ったら秩父鉄道沿いの秩父太平洋セメント工場であった。

 当たり前といえば当たり前の帰結であるが、山岳トンネルとしては非常に長い。調べたら全部で23kmあるそうだ。

 14kmと8.6kmのベルトコンベヤ(通称KLT1、KLT2)を使用し、群馬県多野郡神流町~埼玉県秩父市までの約23km間を運搬しております。

秩父太平洋セメント株式会社 事業概要 叶山鉱山

 メンテナンスの必要があるだろうから断面は人の入るサイズなのだろう。ベルトコンベヤと通路を含めると幅2m、高さ2mくらいのかまぼこ型だろうか。小断面・長距離のトンネル掘削だとずり出し速度が掘進のクリティカルになりそうだなとか余計なことを考えてしまう。

 このベルトコンベヤのところどころ地上に出ている箇所を追っかけているページも見られ、ニッチなマニアもいるものだと驚いた。それにしても秩父太平洋セメントはこのトンネルをよく公の地図に載せたなと思う。

  1. 2016/11/30(水) 21:07:16|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ッ場ダム(建設中)のダムカード

 八ッ場ダムの工事を見学したとき、ダムカードをもらった。

161123damcard1.jpg

↑建設中の写真が載った八ッ場ダム(建設中)のダムカード

161123damcard2.jpg

↑裏には諸元の書かれたダムデータ

 ダムカードをもらったのは初めてだが、色々な情報が載っていて面白い。重力式コンクリートダムはわかるが、クレストラジアルゲート×4門とかコンジェット高圧ラジアルゲート×3門とか横文字になるとよく分からない。でも専門用語も書いておくことがマニア心をくすぐるのだろう。

 表にはダム工事の状況として「仮排水トンネル」「掘削」「コンクリート打設」「湛水試験」と4つの囲みがあり、「コンクリート打設」が赤くなっている。状況ごとにカードを作っているのだろうか。マニアが4回も訪れることを期待しているのだろうか。

  1. 2016/11/28(月) 00:08:29|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

奥只見ダムとシルバーライン

 いたやのへぎそばと栃尾のあぶらげの関連。

 食い倒れ旅行の最初に奥只見ダムを訪れた。

161126niigata_07.jpg

↑重力式コンクリートダムの奥只見ダム

161126niigata_09.jpg

↑奥只見ダムの周辺はまだほとんど雪が積もっていなかった

 シルバーラインは通行可能だったが、奥只見ダムは観光としては営業終了しているようだった。お店もトイレも閉まり、当然ダムカードは配られていない。ダムへ行ってみても柵は取り外され、ゲートで作業していた人たちから「立ち入り禁止ですよ」と言われてしまった。「ヤッホー」などの奇声をあげていたので単によそへ行ってほしかったのかもしれない。

 奥只見ダムは堤高157mだそうで、先週行った八ッ場ダムの131mより高い。下流をのぞくと急な壁でメガネをずり落ちそうだった。見渡す限り山で周辺の地図を持って来れば山座同定できたのにと惜しんだ。

 シルバーラインを通ったのは初めてなのでトンネル続きの道は興味深かった。ダム建設のための道路だが、開放しているのは意外だ。奥只見ダムに住んでいる人はいないし、冬季にはほとんど来る人がいないだろう。道路として維持するコスト、トンネル老朽化による崩壊などのリスクに比べるとベネフィットはわずかである。誰でも通れるのはありがたいが、なぜ閉鎖管理しないのだろうか、と思った。

  1. 2016/11/27(日) 23:09:49|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「らーめん処潤三条店」海苔らーめん

 いたやのへぎそばと栃尾のあぶらげの続き。

161126niigata_28.jpg

↑らーめん潤の海苔らーめん880円

 新潟に日本酒を買いに行った後、らーめん処潤三条店へ寄り、最後のメシ。小豚らーめんがオススメみたいだが、そんなに食べられないと思い、海苔ラーメンを食べる。背脂の多い醤油とんこつだが、海苔の味でやさしく感じられる。海苔なしのガツンとした背脂も楽しみたかったが、空腹ではなかったのでよしとしよう。

 三条を出たのが20時すぎ。福生の家に着いたのは日付を回っていた。私は運転しなかったが、それでも正直疲れた。

  1. 2016/11/27(日) 23:03:27|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いたやのへぎそばと栃尾のあぶらげ

 新潟へ旅行に行ってきた。

「デブになる」ことを目標に行った職場の仲間の旅行で、私が参加するのは宇都宮の餃子房総の浜焼き食べ放題に続き、3回目。

 奥只見湖を訪れた後、いたやのへぎそばを食べに行った。全員で食べる大きなへぎかと思ったが、1人1人にへぎが用意された。1人で五合そば(2人前)と天ぷら(えび1本と野菜)を平らげるのはしんどかった。続々と客が訪れていて人気店のようだった。

161126niigata_15.jpg

↑いたやのへぎそば

161126niigata_22.jpg

↑R290道の駅とちおのあぶらげ

 国道290号を北上し、道の駅とちおであぶらげを食べる。あぶらげって味噌汁の具にするあぶらげでしょ、と思ってみると大きい。ペラペラではなく直方体で、切って食べるようだ。素揚げ、ネギ醤油、キムチの3種類を買って6人で食べた。

 続き:「らーめん処潤三条店」海苔らーめん

  1. 2016/11/27(日) 23:00:09|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月の東京に雪が降った

 11月の東京に雪が降った。

 真冬並みの強い寒気の影響で、関東甲信の各地で雪が降り、東京の都心では11月としては54年ぶりに初雪を観測したほか、明治8年の統計開始以降、初めて積雪を観測しました。

東京都心で初雪 11月の積雪 明治8年以降で初 | NHKニュース
161124snow1.jpg

↑11月24日朝の家の前のセブンイレブン

161124snow2.jpg

↑11月24日朝の東福生駅停車中の列車

 11月だと時には小春日和もあるくらいで、いくら寒くても雪が積もることは私も経験したことがない。予報を聞いても騒ぐほどは降らないんじゃないかと思っていた。

161125snow1.jpg

↑11月25日朝の富士山

161125snow2.jpg

↑11月25日朝の奥多摩の山

 しかし、実際に降ってみると視界を遮るほどの雪であり、積雪もあった。翌日朝は晴れたが遠くに見える富士山は真っ白に雪化粧していた。いよいよ雪山の季節が来たと思う。

  1. 2016/11/25(金) 22:49:30|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フラクタルなブロッコリーのロマネスコ

 フラクタルなブロッコリーはロマネスコと呼ぶそうだ。

161119yanba-dam_55.jpg

↑フラクタルなブロッコリー、ロマネスコ

 八ッ場ダムを見学しに行った日、沢渡温泉に泊まった。その晩御飯に出てきたのがロマネスコであった。フラクタルなブロッコリーだね、と話したのだが、名前が気になって「フラクタル ブロッコリー」で検索したら「ロマネスコ」と出た。

 ロマネスコの花蕾は幾何学的な配置となっており、個々の蕾が規則正しい螺旋を描いて円錐を成している。円錐はさらにそれ自体が螺旋を描いて配列し、これが数段階繰り返されて自己相似の様相を呈する。また、配列した蕾や円錐の数はフィボナッチ数に一致することも知られている。

ロマネスコ - Wikipedia

 フラクタルは自然界によく現れるというが、これほどキレイに見られる植物は珍しいと思う。

  1. 2016/11/25(金) 21:24:39|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本一短かったトンネル

 吾妻峡を歩いたときに日本一短いトンネルを見つけた。

161119yanba-dam_29.jpg

↑日本一短いトンネルだった樽沢トンネル

 旧国道から見えるトンネルで下から見ても向こう側が見えるくらい短い。7.2mのトンネルらしい。

 しかし、八ッ場ダム建設に伴うJR吾妻線付け替えで旧線となり、列車が通ることはなくなった。このため、日本一短いトンネルの座から下りることになったとか。まったくのトリビアだが、実際に目で見ていると覚えていられそうだ。

  1. 2016/11/24(木) 00:48:51|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カメムシをよく見かける

 先日、家の玄関にカメムシがいた。

161120kamemushi.jpg

↑カメムシ

 沢渡温泉でも2匹見かけた。秋に発生するのだろうか。

  1. 2016/11/23(水) 23:14:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不思議の国のアリス症候群みたいな夢

 不思議の国のアリス症候群みたいな変な夢を見た。

 22日6:00ごろ福島県で震度5弱の地震があったとき、福生も揺れて私も起きた。しかし、まだいつもの寝ているときなので2度寝した。そのときの夢。

111113tamadoubutsu_20.jpg

↑多摩動物公園の象

 大きさが普通の10倍くらいある象がいて、土が掘られた空堀にとらわれていた。象は図体に見合わずジャンプして土壁を乗り越えようと努力するが、失敗して尻もちをついていた。空堀には人もいて象の下敷きになる人もいたが、見ている場所が遠くてよく見えなかった。

 私自身はこれまたずっと高い50mくらいありそうな板壁の上にいた。板壁は厚さ5cmか10cmほどしかないので、私は干している布団のように板壁に腹ばいにぶら下がって見ていた。なぜか訓練という設定で他にも1人並んでいた。手足がぶらぶらしているのでバランスを取ろうと動かすと頭の方から落ちそうになった。しかし、落ちずになんとかとどまった。もし落ちてしまったら落ちた衝撃で死んでしまいそうだし、生きていても暴れる象に踏んづけられてしまう。冷や汗をかいた。

 そのあと、波のあるプールみたいなシーンがあったがよく覚えていない。

 スケールに違和感のある夢は風邪をひいているときに見る気がするが、特に風邪はひいていない。何だったのだろうか。

  1. 2016/11/23(水) 00:24:54|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

吾妻峡が深い

 吾妻峡が深い。

161119yanba-dam_38.jpg

↑吾妻峡の深い渓流

↑小蓬莱付近の吾妻峡

 八ッ場ダム工事を見に行く際、小蓬莱まで吾妻峡の遊歩道を通ったのだが、上流に長野原や草津の街があるとは思えないくらい狭くて深い。

 入口の橋に「増水するおそれがあるので川遊びに注意してください」という旨の看板があったが、この渓谷で遊べる人はそう多くないと思う。沢登りとしては押し流されてしまうので絶望的だ。カヌーなら何とか行けるだろうか、しかし上流部でカヌーを搬入できる箇所があるかどうか。少し上には遊歩道がつけられる程度の小段があるので、不思議な渓谷である。

  1. 2016/11/22(火) 00:19:26|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

箱島の湧水、榛名神社参り、榛名川上流砂防堰堤

 八ッ場ダムを見学したあとは沢渡温泉に泊まり、翌日は榛名神社へ参ってきた。

161120haruna-jinja_05.jpg

↑大量に流れ出している箱島の湧水

161120haruna-jinja_08.jpg

↑箱島の湧水で見た日差し

161120haruna-jinja_11.jpg

↑左側の三つコブが左から十二ヶ岳、中ノ岳、小野子山、右側の山が子持山、子持山の後ろが武尊山

161120haruna-jinja_27.jpg

↑榛名神社本殿の裏にある御姿岩

161120haruna-jinja_36.jpg

↑榛名湖に写る榛名富士

161120haruna-jinja_23.jpg

↑榛名川上流砂防堰堤

 榛名山近辺へ行くのは全く初めてで少し土地鑑ができた。神社のお参りも駐車場から30分ほど歩くにもかかわらず人も多く、人気の神社のようであった。榛名山近辺の山も車を持ったらハイキングに訪れてみたい。

  1. 2016/11/21(月) 00:01:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ッ場ダムの工事を見学してきた

 八ッ場ダムの工事を見学してきた。

161119yanba-dam_08.jpg

↑ダム堤体から下流にかけての工事のようす

161119yanba-dam_09.jpg

↑ダム堤体と上部のコンクリートプラント

 職場の仲間と行った徳山ダム立山砂防カルデラ博物館に続く、第3回。

 国土交通省の八ッ場ダム工事事務所では一般の人を対象にした見学会を行なっていて、そのコースの1つ、よくばりコースに申し込んで行ってきた。

 長野原草津口駅で用意されたマイクロバスに乗り、不動大橋、本体工事現場で下車し、詳細な説明を聞いた。写真を見て分かる通り、ダム堤体は床までの掘削が済み、コンクリートを打ち始めたところであった。右岸のステージからの見学は最近始まったそうで、現場を真上から見られる貴重な機会であった。コンクリート打設のために、砕石のベルトコンベヤをJR吾妻線の旧線に設置したり、ケーブルクレーンによるバケットを使用した打設などスケールの大きい工事である。毎日このような見学会を行なっているのもイメージアップについている金額が大きいのだろう。

 そのあと、吾妻峡から歩いて小蓬莱まで歩き、下流側からもダム工事を俯瞰した。

161119yanba-dam_42.jpg

↑吾妻峡遊歩道の終点、小蓬莱からダム工事を俯瞰する

 こちらは見学の展望台よりも低く、車と人の動きが常に見えた。プラントからレディーミクストコンクリートをバケットが受け取り、地上のホッパーに投入するとアジテータ車が受け取り、コンクリートポンプ車が打設し、作業員が養生の水撒きを行う様子を見ていると飽きなかった。

 土木の醍醐味は大きいことだと再確認できる工事であった。

  1. 2016/11/20(日) 23:54:28|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yahoo!で「三宅島 ブログ」を検索すると候補に中山の文字が見られる

 サーチエンジンで三宅島のブログを検索すると初めの方に見つかると何度か聞いたことがある。しかし、私が探してもなかなか見つからない。よっぽどニッチな単語を組み合わせて検索しているのだろうと思っていた。

 しかし、あるとき「Yahoo!で検索したら」と条件を教えてくれた人がいた。私は普段Googleを使っているので気付かなかったようだ。Yahoo!で検索したら候補に中山の文字が見られた。

161024yahoo.png

↑Yahoo! で「三宅島 ブログ」で検索すると候補に中山の文字が見られる

 Yahoo! で「三宅島 ブログ」で検索しても、Google同様、私のブログが高い順位で現れるわけではない。私は今は三宅島に住んでいないし、三宅島に住んでいる中山姓は、私ともう1人いたが、私とほぼ同時に島を離れた。その人はブログをやっていたとは聞かない。三宅島に中山という地名や山も聞かない。

 どういう需要で私の名前を使って検索している人がいるのか知りたいけど、ちょっと怖いような気持ちである。

  1. 2016/11/19(土) 06:38:54|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘違いしている人が多い日本語の言い回し

 勘違いしている人が多い日本語の言い回しが取り上げられていた。

割愛
○愛しいもの、惜しいと思うものを思い切って捨てたり手放したりすること|×重要でないから省く
敷居が高い
○義理を欠くことや迷惑をかけるようなことがあって行きにくい
姑息
○一時の間に合わせ|×ひきょうな手段
役不足
○本人の力量に対して与えられた役目が軽すぎる|×個人の力量に対し荷が重い
失笑
○こらえきれず吹き出して笑う|×あきれた
「失笑」は、ぜんぜん失笑じゃない!? 間違って使っている言葉5つ | ニコニコニュースから抜粋

 姑息と役不足は知っていたが、他は知らなかった。「敷居が高い」なんて、この本来の意味で使うことってあんまりなさそうだ。「失笑」はこれまた間違った意味と解釈されやすい「噴飯物」に近い意味だというのもややこしい。日本語に詳しい方だと思っていたが、まだまだのようだ。しかし、いずれこれらの言葉も誤った意味に取って代わられるのかもしれない。

  1. 2016/11/18(金) 00:20:07|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イソギンチャクは動ける

 ヒトデに遭遇したイソギンチャクの機動力が凄いという動画を見た。

 イソギンチャクって動けるのか、という驚いた。こんな風に動いているのをシュノーケル中に見かけたらびっくりして海水を飲んでしまいそうだ。

  1. 2016/11/17(木) 00:13:42|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-」を見ている

 Occultic;Nine -オカルティック・ナイン-  Site 05 「ここが新しい世界なのね」まで見た。

我聞悠太は高校2年生。
一攫千金狙いのオカルト板まとめ系アフィブログ“キリキリバサラ”を運営し、
世に数多存在する超常現象を科学的に「バッサリと斬り斬りしちゃう!」べく、日夜オカルトに挑んでいた。
(中略)
出会うはずのなかった彼らの運命が不思議と交差してしまう。
そして、彼らの周囲で巻き起こり始める、小さな小さな“違和感”の数々。
それらは次第に大きなうねりとなり、
やがて想像を絶する大事件へと発展していく──
Occultic;Nine -オカルティック・ナイン- [最新話無料] - ニコニコチャンネル:アニメ

 同じ作者の「シュタインズ・ゲート」を見ていて、オカルトが好きな私としては、こんなタイトルのアニメを見ないわけにはいかない。

 登場人物も多く、時系列もごっちゃになり、提示される情報も暗喩的で、全体像がなかなかつかめない。作品内で起こる井の頭池256人死体遺棄事件が一番の盛り上がりであり、謎になっている。ニコニコ動画では登場人物の何人かに影がないことからすでに死んでいるのではないかと書き込みがある。256人を人の手で殺していくのはあまりに手間がかかるから、集団催眠に近い状態を作り出したと考えるのが自然だろう。誰が、なぜ、どのようにして、そんなことをしたのか、これから明らかになっていくだろうが、楽しみである。

  1. 2016/11/16(水) 00:00:24|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「魔法少女育成計画」を見ている

 魔法少女育成計画 第6話「激レアアイテムをゲットしよう!」まで見た。

 巷で大人気のソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。ゲーム内の自分のアバターと同じ可憐な容姿、常人離れした身体能力。幼い頃から魔法少女になりたかった姫河小雪は、幸運にも魔法の力を得て、念願の魔法少女生活をスタートさせる。しかしある日、運営から「16人に増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届く。魔法少女としての資格を失うのは、一週間に一人。最初は人を助けることで得られる「マジカルキャンディー」の数を競い、キャンディー獲得数の少ないものから順次資格を剥奪されるはずだったが――。

魔法少女育成計画 [最新話無料] - ニコニコチャンネル:アニメ

 という、タイトルと正反対の絶望あふれるお話。

「魔法少女まどか マギカ」みたいにふわふわした魔法少女のイメージと血なまぐさい生き残りを賭けた争いのギャップを狙ったように感じる話。

 登場人物は16人と多いが、2話以降脱落者が続出する。6話時点で脱落者は4人。それでも各魔法少女は各自の考えで群れたり、1人で行動したり、人助けには興味がなかったりとキャラが立っている。「魔法少女まどか マギカ」でいうQB役にファブというこれまた畜生のような発想の奴が座っているが、後半にいたればファブが何をしたいのか明かされるのだろう。「話をでっち上げる」の意味のfabricateの意味なのだろうか。

  1. 2016/11/15(火) 21:24:48|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新田次郎「風雪の北鎌尾根・雷鳴」の各短編感想

 新田次郎「風雪の北鎌尾根・雷鳴」を読み終わった。各短編の感想を簡単に書く。「寒冷前線」「風雪の北鎌尾根」は別立てで感想を書いているのでそちらを参照のこと。

吉田の馬六
強力の馬六が稼いだ金を新しい妻に奪われる話。後味悪い。
霧の中
山で偶然会った男女が下界でまた偶然に再会する話。長編の第1章っぽいがそこで終わり。
寒冷前線
新田次郎「寒冷前線」参照のこと。
三つの遭難碑
北岳バットレス中央稜で死んだ3人の捜索費用の捻出に苦慮する山岳会の会長の話。1つの遭難碑を作ろうと思ったのに、大樺沢に赴くと遺族がそれぞれ遭難碑を建てていたという救われない話。
古城
スイスアルプスの古城に現れる幽霊の話。あんまり面白くなかった。
雷鳴
専門的な山登りとハイキングのプロセスのちがいに着想の妙を得たと裏表紙にあるが、単に女性を連れて山を歩くのに背伸びをして恥をかいたという話。
黒い雪の夢
就職して登山を始めた娘を持つ六城ふきは黒い雪が降る夢を何度も見る。娘がいずれ山で遭難死するのではないかと不安がるという話。結末は六城ふきにとって予想していない分、遭難死よりもショックが大きいかもしれない。
風雪の北鎌尾根
新田次郎「風雪の北鎌尾根」参照のこと。
モルゲンロート
津屋栄司は友人の結婚式で知り合った主人公の千穂にラブレターを送るなど熱心なアプローチを行っていたが、北鎌尾根を単独で縦走しようとして亡くなる。千穂は高校時代の友人の絢子、美津子、その従兄の柿崎順一と槍ヶ岳の見える山に向かう。千穂は大天井岳で津屋栄司からもらった手紙を誰にも見られぬよう焼いてしまおうとするが…という話。上の話とは違ってロマンチックな話。
雨の北穂小屋
北穂小屋の手伝い7年の鮎淵一雄ことアイちゃんが、何日も泊まる客の五瀬庄司の変わった言動に振り回される話。雨が上がることや遠くに見える縦走者の女が妊娠していることをどうやって看破したのかが明らかにされず歯切れが悪い。
牧草地の初雪
訳あって家を出ていたローゼが里帰りした際、村の若者が何人も求婚しようとする。ローゼには本命がいて何とかして2人だけで式をあげたいと試みる、という話。日本人旅行者が中立な立場でそのお手伝いをする。
チロルのコケモモ
スイスを旅行する日本人旅行者がドイツ人の新婚夫婦のケンカに振り回される話。バカップル勝手にやってろ的な結末。
風が死んだ山
双六池のテント場に水を飲みにくる幽霊の音をテント内のみんなが聞く。その真相を解明しようとするとある男の遭難死がわかり、集団催眠に陥った理由が明かされる。
  1. 2016/11/14(月) 00:27:10|
  2. 書評 - 新田次郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小学校でのプログラミング教育必修化

 2020年度から小学校でプログラミング教育を必修にするそうだ。

 文部科学省は19日、小学校でのプログラミング教育の必修化を検討すると発表した。2020年度からの新学習指導要領に教える内容を盛り込む方向で議論する。技術の進化が飛躍的に進む中、コンピューターを制御する能力の育成が重要と判断した。

 5月にも有識者会議を開く。プログラミングの新教科をつくるのではなく、理科や算数といった今ある教科の中に盛り込むことを話し合う見込みだ。現在の小学校では、課外活動として、パソコン画面上のキャラクターを動かすといったプログラミング体験はあるが、授業で教科として教えていない。

小学校でのプログラミング教育必修化を検討 文科省:朝日新聞デジタル

 現代ではパーソナルコンピュータに限らず、スマートフォンや自動車、家電製品の組み込みなど、様々な形でコンピュータがあふれている。政府によるIoTの推進やビッグデータの活用、スマートシティの実現など今後もコンピュータは私たちの生活に切っても切れない関係になっていくだろう。

09f-FORTRAN1.png

↑研究室のときに書いた観測データから下水の水・熱収支を算出するプログラム

 私もセンター試験では数学でプログラムを選んだし、大学ではFORTRANで観測データの統計処理を行なっていた。

 しかし、私は反対である。

 必ずしもその中身を知らなくても生活はできる。既存のもので表現するならば、アナログ放送の停波と地上波デジタル放送が何のためなのか知らなくてもテレビは見られる。使用しているワープロソフトがどのような言語で書かれているのか知らなくても文章は書ける。

 中身がわかっていた方がよいのは確かだが、自転車のパンク修理や包丁研ぎに比べてコンピュータはあまりに複雑である。多くの人にとってsin、cosやlogが日常生活でほとんど出てこないのと同様、プログラムも日常生活に使用することはまずない。よっぽど、漢字書き取りや四則演算の練習の量を増やす方が有意義だと思う。

  1. 2016/11/13(日) 23:55:28|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北陸3県をネタにした漫画「北陸とらいあんぐる」

 北陸3県をネタにした漫画があるそうだ。

 北陸3県出身の女子高生3人を主人公にしたスクールコメディー漫画「北陸とらいあんぐる」(月刊コミックフラッパーで連載中)が11月、大手出版「KADOKAWA」からコミックス化される。

 福井、石川、富山の“微妙な関係”を映し出す人間模様や、「北陸あるあるネタ」が満載で、北陸の読者を中心に笑いを運んでいる。

北陸自慢合戦、漫画で熱く…「微妙な関係」共感 : カルチャー : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

 「ComicWalker」(コミックウォーカー)で1話と最新話が無料で見られるので読んでみた。

 女子高生3人を主人公にしているか「お前はまだグンマを知らない」のような辛辣な自虐ネタはなく、ほんわかとした雰囲気の漫画である。

151003toyama_02.jpg

↑北陸新幹線E7系

 富山県出身の「黒部りつ」は石川県出身の「加賀ひまり」が石川県出身と聞くと「どうせ石川は富山と福井のことを田舎だってバカにしてるんでしょ!」と敵愾心をむき出しにする。でも呉東の人はそうかもしれんけど、高岡に住んでいると古城公園や利長公の墓があるので、むしろ富山よりも金沢に親近感が湧く気持ちもある。

 8番ラーメンは入ったことがあると思うのだが、一体どこの8番ラーメンに入ったのか全く覚えていない。富山駅構内にあっただろうか。残念ながらCMにあるという「なんでやろ8番」というフレーズは知らない。私が高岡に住んでいたのは1989年から91年までの間だと思うので、民俗も相当に変わっているだろう。

 どうせなら言葉も訛り言葉にしてしまえばいいのに、と思うが、「なーん、そんなことないちゃー(いいや、そんなことはない)」とか「だらや、だら(バカだ、バカ)」とか書くと読んでいる方が疲れてしまうかもしれない。

  1. 2016/11/12(土) 00:13:13|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

NHKドキュメント72時間「北アルプス 天空のテント村」

 NHKドキュメント72時間「北アルプス 天空のテント村」を見た。

 私もこの3連休に涸沢にいて、カメラも向けられたのでどんなもんかと思って見たが、私は映っていなかった。

161008panorama_88.jpg

↑10月8日の涸沢

 ちょうど雨が降った日でテントの数も3連休にしては少なかったし、撮影も困難だったのだろう。それでも撮影している人たちがいるな、と気付いたが、レポーターも見えないし何の撮影かわからなかった。カメラを向けられて初めてドキュメント72時間という番組とわかった。

 岩の間にテントを張っている人、飲み会をしている人、イルミネーションをつけている人、5歳の女の子を連れているお父さんなど、いろんな人がいた。さすが涸沢、単に登山しているだけでなく、変わったことをしている人も多いようだ。でももっと変わった人もいそうなものだ。

  1. 2016/11/11(金) 23:58:05|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トランプ氏の勝利による世界の変化

 アメリカ大統領選は多くのメディアの予想を裏切り、共和党のトランプ氏が勝利した。

 アメリカ大統領選挙は共和党のトランプ氏が勝利し、次期大統領の座を射止めました。敗れた民主党のクリントン氏は「アメリカは私たちが思う以上に分断されている」と演説し、敵対的な発言を繰り返してきたトランプ氏が国の融和を図れるのかどうかが大きな課題となっています。

米大統領選 トランプ氏勝利 国の融和図れるか | NHKニュース

 トランプ氏は、メキシコとの国境に壁を作るだの、日本に米軍駐留の費用をさらに求めるだの、TPPの枠組みから脱退するだの、対外的に過激な発言を繰り返し、終盤には過去のセクハラがネガティブキャンペーンとして取り上げられ、史上最低の大統領選と称された今回の選挙の中心にあった。私もメディアの報道を見てクリントン氏の圧勝だろうと思っていた。

 フタを開けてみたらトランプ氏が勝利した。「『隠れトランプ』の支持が世論調査に入っていなかった」ため「隠れトランプ」支持、世論調査に入らず : 国際 : 読売新聞という分析もあるが、言い換えれば世論調査に限界があることを示唆しているのだろう。隣国カナダの移民当局が運営する情報提供サイトが閲覧できない状態になったカナダの移民情報サイト、閲覧殺到でダウン : 国際 : 読売新聞という記事もあり、米国民が混乱しているようだ。

 これに似た混乱は半年前にも見た。イギリスが国民投票によりEUを離脱したことだ。これも国民が投票を行い、EU離脱はないだろうとの大勢の予想を裏切り、国民はEUを離脱することを選んだ。ロンドン市だけでもEUに残留したいという記事があったし、混乱をきたした。その後、金融を扱う企業がイギリスから大陸への支店展開を検討するなどの変化が始まっている。

 トランプ氏の過激な発言に比べて、世界の変化はごくゆっくりだろうと思う。大統領就任のその日に上のような発言が実現するとは思えない。任期中に達成できるものも多くはないだろう。2009年に現大統領のオバマ氏が核なき世界を目指すと宣言したが、2016年の今、劇的に核兵器が減ったとは聞かない。これと同様である。

 一方で、5年10年といったスパンで見ると転換期となるのかもしれない。ただ、それは経過してみないとわからないので予言はできない。

  1. 2016/11/10(木) 21:50:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横田基地からの出入国

 横田基地から日本に出入りする人がいるそうだ。

170121nyuukoku.jpg

↑東京入国管理局横田分室

東京入管横田分室

 米軍関係者の日本国内への出入国の多くは成田や羽田などの国際空港で行われ、一部が横田などの米軍飛行場が使われる。東京入国管理局横田分室は瑞穂町むさし野3丁目の国道16号沿いにいるが利用者が少なくいつもひっそりとしている。

 ここでの業務は日本人の出入国年間延べ700人程度、外国人は同5000人程度である。その中心は米軍がチャーターした民間機のクルー(乗務員)の出入国管理で、パスポートに捺印しないで一時の上陸を許可しているという。

西多摩新聞,第2563号,2016年10月7日(金)P.2

 横田基地には飛行場があるのでアメリカ本土から来る飛行機もあるわけだし、福生ではYナンバーの車もよく見かける。横田基地から外へ出る需要はあるだろうから出入国の管理が必要なのも当たり前といえば当たり前だ。

 しかし、入国審査をどの程度の頻度でやっているのだろうか。まさか週末福生駅前まで飲みに来る軍人さんがわざわざパスポートを見せて基地を出入りしているとは思えない。1ヶ月程度以上の滞在が見込まれる場合は基地に到着時点で入国審査を行うのだろうか。

  1. 2016/11/09(水) 08:04:15|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東大付属」を経由するバス

 新宿西口で「東大付属」を経由するバスを見た。

161026toudai-bus.jpg

↑東大付属の文字が見える京王バスの電光掲示板

 東大って言ったら本郷か駒場で、新宿と永福町じゃないだろう、そもそも東大付属って何だよ、と思って調べたら東京大学教育学部附属中等教育学校という学校があるそうだ。

 特に双子の研究をしていることで有名だそうで、双子の枠があるそうだ。FAQを見ると東京大学へ優先的に入学することはできますか?なんて質問があるが、できないそうだ。考えてみたら国立大学の付属高校でエスカレーターのところは知らない。

 そんな学校があるとは知らなかった。本郷か駒場にありそうなものだが、なんで中野区にあるのだろう。

  1. 2016/11/08(火) 22:42:53|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アシタバを取りに行った夢

 5日、涸沢でテント泊した際に見た夢。

 私は三宅島の社宅で上司と同居していた。部屋にホコリが落ちているので掃除しないと上司に悪いなと思っていた。と、その上司からこれから飲み会をやるから、と伝えられた。聞いていなかった私は居心地が悪いのと飲み会の準備を手伝おうと外へアシタバを取ってくると伝えた。

120408miyake_061.jpg

↑アシタバ

 外へ出ると10mくらいのブロックに区画整理された土地を歩いて行った。やや下り気味に歩いていくと海にぶつかる。堤防になっているので海には下りられない。左手が騒がしいので見てみるとちょうど船が出港するところであった。私はそのようすをぼんやりと眺めていた。

 午前1時半にトイレに起きたときに眠れずゴロゴロしていたので、4時に起きたとき寝ていたことに驚いた。夢を見るほど熟睡していて、起きたらテントの中なのでそのギャップにもびっくりした。

 ここのところ、起きてなお細かく思い出せるほど深い夢を2回も見た。心労でもあるのだろうか、それとも心労がないから脳が自由に夢を見ているのだろうか。

  1. 2016/11/07(月) 00:01:18|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

船尾に座って旅をする夢

 2日水曜日に見た夢。

 夢の世界に没入していて起きたときに自分がどこにいて何をしているのかわからなかった。そのくらいのめり込んでいる夢であった。おかげで日中は眠かった。

 私が仕事から社宅に帰るところ、2階に昇り、玄関に入ると仕出しのご飯がおいてあった。民宿のご飯のように豪華であったが、冷たくなっていた。私は注文したっけ、と思いながらどうしようかと思案にくれた。

 次の場面で私は地方のターミナル駅にいた。地下道のように天井の低い階段を昇り、右へ螺旋状に昇っていく。階段の右手にコインロッカーがあったが、荷物が大して多くのないので荷物の預けはケチった。

 何階か上がると廊下と小部屋がいくつかあった。小部屋にはごろ寝している人たちがいた。気づくとそこは駅ではなく大きな船であった。私は船尾に移動し、海を眺めながら旅行ガイドブックを開いた。私は八丈島へ向かっているようだが、持ってきた地図を見ると明らかに八丈島ではない。八丈島という名前の島が伊豆諸島とは別にあるようだ。波は立っておらず船は内海を走っているようだ。

150330tachibanamaru_03.jpg

↑船尾から見る風景

 どうしようかと思っていると船はずいぶん浅いところを走っている。船も喫水が低く、水面に手が届きそうだ。左手に10人くらいの中学生くらいの女の子たちがおり、彼女らは実に滑らかに海面に下りて浅瀬を走って行った。

 最後の場面、私は開墾された平たい土地を歩いていた。まだ岩や木がゴロゴロしていて歩きにくい。ハイキングというには快適さに欠け、登山というにはあまりに登攀意欲の湧かない土地であった。

 まとまりのない夢であるが、概して言えば旅に出たいのだろうか。

  1. 2016/11/06(日) 23:00:00|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

前穂高岳北尾根4峰まで登ってきた

 北アルプス・前穂高岳北尾根4峰まで登ってきた。

 年末山行のデポ設置と偵察を兼ねて前穂高岳北尾根を4峰途中まで登ってきた。4ピッチ登ったところで14時を過ぎ、引き返した。夏は4峰は巻いてピークを踏まなかったような気がするが、雪のルンゼを登っていくとピークを踏むルートになりそうだ。天気がよくてもルートファインディングが難しく、時間がかかりそうだとわかった。

161104maeho_083.jpg

↑4峰3ピッチ目

2016年秋 - 北アルプス・前穂高岳北尾根4峰[1/2]
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161103maeho/
  1. 2016/11/05(土) 22:04:02|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カレー屋さんKC's DINNING

 KC's DINNINGに入った。

 福生駅東口から続く富士見通り沿いにあるカレー屋さんで気にはなっていたのだが、客の見えない奥まった半地下の店構えに気後れしていた。しかし、今日は家でご飯を炊き忘れたこともあるしと入ってみた。

161020KCdining1.jpg

↑富士見通りにあるKC's DINNING

161020KCdining2.jpg

↑店の前の立て看板

 ドアを開けて階段を5段ほど下ると客席がある。厨房が通り側、客席が奥と変わった配置だ。テーブル席だけで15人くらい入れるが、店には誰もいなかった。メニュー表を見て基本的な組み合わせに見えたチーズナンとチキンカレーを頼む。カレーは4段階の辛さを選べ、甘い方から2番目の中辛を頼んだ。

161018KCdinning.jpg

↑チーズナン500円+チキンカレー800円

 客が私一人だからか注文してからカレーが出てくるまでが速かった。10分足らずだろうか。チーズナンはホカホカでチーズは溶けている。1枚を8つに切り分けているが、量は多め。カレーは顔に汗かく程度のやや辛め。チキンがゴロゴロ入っている。

 近所のグレートタージと比べると、量は多い、ナンは熱くておいしい、カレーも辛め、といった点は同じである。値段もだいたい同じ。人の入りも少ない。KC's DINNINGは23時までの営業、グレートタージは21:30までの営業くらいだろうか。差があれば使い分けたいと思ったが、貧乏舌か違いがあまりわからなかった。

  1. 2016/11/02(水) 00:15:08|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「盛り土」の読みは「もりつち」か「もりど」か

 「盛り土」の読みが「もりど」であることに疑問を呈する記事を見つけた。

 東京・豊洲市場で問題になっている「盛り土」の読みは、「もりつち」なのか「もりど」なのか。元首相の小泉純一郎さんからも質問が寄せられ、調べてみました。

盛り土の読み、なぜ「もりど」? 小泉元首相からも質問:朝日新聞デジタル

 土木工学ではこれを「もりつち」と呼ぶ人はいない。みんな「もりど」と読む。しかし、考えてみれば湯桶読みのような読み方で違和感を覚えるのも無理はない。私も新人のころ「土被り」を「つちかぶり」と読んで怒られた。「どかぶり」と教えられても違和感があったが、今ではすっかり慣れてしまった。

 調べてみると読み方はどちらでもよいようだ。Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林では表題が「もりつち」で作られ、「もりど」は「もりつち」参照するように書かれていた。

161030moritsuchi.png

↑Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林による「もりつち」

161030morido.png

↑Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林による「もりど」

 一般には「もりつち」が普通で、土木業界では「もりど」が使われているようだ。土木業界では「残土」「土のう」「土圧」のように「土」を「ど」と呼ぶ慣行がある。だから「盛り土」も「もりど」と呼んでいるのだろう。

  1. 2016/11/01(火) 00:08:19|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0