島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

石川酒造「JAPAN BEER 明治復刻地ビール」

 石川酒造「JAPAN BEER 明治復刻地ビール」を飲んだ。

150428beer.jpg

↑石川酒造「JAPAN BEER 明治復刻地ビール」

150422ishikawashuzou.jpg

↑福生市観光マップ「FUSION TOWN FUSSA」の記事

 福生市に地ビールがあると、福生市のフリーペーパーで読んでいたので飲んでみようと思っていた。福生駅の酒屋さんで見かけ、購入した。風呂上がりに一杯。味が濃くてしかも喉ごしがいい。アルコールは5.5%と普通だが、いい感じに酔っ払えそうだ。

  1. 2015/04/29(水) 12:31:27|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「つまずく」と読む漢字

「つまずく」と読む漢字を間違って覚えていた。

 私は危険な突起につまづくイメージから「跪く」を「つまずく」と読むと思っていたのだが、「つまずく」は「躓く」、「跪く」は「ひざまずく」と読むそうだ。

150421tsumaduku.png

↑Mac OS X付属の辞書.appで「つまずく」を引く

150421hizamazuku.png

↑Mac OS X付属の辞書.appで「ひざまずく」を引く

 またひらがなで「つまく」だと思っていたら「つまく」らしい。これは漢字を検索するときにヒットしないので気づいた。辞書には爪突くの意とあるので原義からすれば「つまづく」なのだろうが、なんで辞書の見出しは「つまずく」なのだろう。現代仮名遣いでは「つまづく」のように「づ」を用いて書くこともできるそうだが、旧仮名遣いはよくわからない。

 ついでに足篇がつきそうな「ずく」シリーズとして「うずくまる」が思い当たったのでこれも調べてみた。

150421uzukumaru.png

↑Mac OS X付属の辞書.appで「うずくまる」を引く

 これは蹲踞という言葉を知っていたのでなんとなくわかる。でも「躓く」=「つまずく」、「跪く」=「ひざまずく」は今後も間違えそうだ。

  1. 2015/04/26(日) 15:58:08|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲取山に登ってきた

 雲取山に登ってきた。

150425kumotori_27.jpg

↑雲取山山頂にて記念写真。5年ぶり6回目の雲取山。

 内地に戻ってきてからの登山第1弾だが、日帰り8時間、30kmの行程で疲れた。でも歩けることが確認できたのは自信になった。

2015年春 - 奥多摩・雲取山
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2015/150425kumotori/
  1. 2015/04/26(日) 15:52:30|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャネの法則の極端な例

 7年前にウェーバーの法則とフェヒナーの法則の関係をジャネの法則に適用する(2)という記事を書いた。私自身この7年間が子供のときに感じた7年間に比べて短いと感じている。

 その理由は、年をとるにつれて新しい体験が減り、本人にとってできごとが繰り返しになり個々のできごとが判別つかなくなるからと思う。例えば毎年富士山に登っていると、全員登頂したのがいつの年だったのか、体調悪くてテント番をしていたのがいつの年だったのかわからなくなってくる。それでも初めて富士山に登ったときのことはもっとも印象深く覚えているので、そのことばかりが思い起こされる。

 日頃の生活だって、毎日朝飯に味噌汁を飲んでいたら、今朝の味噌汁の具が何だったのか思い出せないのももっともだし、通勤列車の座席でうつらうつらして隣の人に迷惑かけたのがいつかも思い出せない。

 でも「異常気象」を語るのは中高年に多い気がする。単に昔と異なる、例えば昔の夏はこんなに暑くなかったという表現をするように感じる。そもそも平均的な気象を語るためには統計的に有意な年数の気象を知る必要があるから、ある程度歳をとらないと異常気象を語ることはできない。しかし、最近10年くらいの移動平均として夏が暑いなどの傾向が見られるなら、もうそれは異常とは言えない気がする。

 毎年、昔の気象と比較するのであれば、去年や一昨年の記憶は必要ない。その場合、時間感覚は去年と今年で変わらないのだから、ジャネの法則は対数曲線ではなく、定数関数になってしまうのかもしれない。そう考えると毎年異常気象を語る人はジャネの法則の極端な例なのかもしれない。

  1. 2015/04/26(日) 15:52:05|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原作うえお久光、作画綱島志朗「紫色のクオリア」1巻2巻

 原作うえお久光、作画綱島志朗「紫色のクオリア」1巻2巻を読んだ。

 もともと電撃文庫か何かのSF小説で、それを漫画化したもののようだ。

 毬井ゆかりは、ニンゲンがロボットに見える

 それは、変えることのできない彼女の絶対条件ーーー

「紫色のクオリア」1巻裏表紙

 この文章を読んでマンガが好きな人ならピンと来るはずだ。手塚治虫「火の鳥 復活編」も主人公レオナが事故の後遺症で人間が土くれに見えてしまう。ただ、この「紫色のクオリア」の主人公毬井ゆかりは、生まれつきすべての人間がロボットに見えるという設定だ。

 著者はSFが好きなのか、哲学的ゾンビやシュレディンガーの猫、フェルマーの原理といったいかにもSFのネタをあちこちに盛り込んでいる。ストーリーも小林泰三「玩具修理者」「酔歩する男」に似たシーンが出てくる。下敷きが学園マンガっぽい分、時間スケールの吹っ飛び方がSFらしい。1人の色んな人生が出てきて混乱するとも感じた。どうやって風呂敷をとじるのか気になるマンガである。

 続き:原作うえお久光、作画綱島志朗「紫色のクオリア」3巻

 関連:マンガ「紫色のクオリア」2巻の数学の問題

紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)紫色のクオリア 1 (電撃コミックス)
(2012/02/27)
うえお 久光

商品詳細を見る
  1. 2015/04/26(日) 15:50:57|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

世の中に美容室が多い気がするがどうやって利益を出しているのだろう

 世の中に美容室が多い気がするがどうやって利益を出しているのだろう。

 私は床屋に行くので美容室に入ったことはない。でも駅前にも何軒かあるし、住宅街にも何軒かある。スーパーマーケットのように同じ客が毎日訪れる店でもないから簡単に売り上げが伸びる商売ではなさそうだ。あれだけ密集していて客を取り合わないのだろうか。どうやって収益を上げているのだろうと疑問に思った。

 支出は人件費、土地建物代、光熱費など、客の数によらず固定費でかかりそうだ。だからある程度客の見通しがとれないと採算がとれない。

 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」という本を読んだときは、いくつか似たような業種の疑問が載っていた。

さおだけ屋はなぜ潰れないのか
さおだけ屋は配達の帰りに放送して帰るから
住宅街にある洋食屋はなぜ潰れないのか
日中、厨房を使って主婦向けに料理教室を開くから
ふとん屋はなぜ潰れないのか
近隣の学校の合宿などにふとんを貸し出しているから

 ふとん屋はテレビなどの違うソースだったかもしれない。この辺を組み合わせるなら、成人式や七五三などの着付けがかきいれどきなのか、あるいは結婚式場に出前をしているのだろうか。

 そもそも美容室なんて行かない店なので客がよく入っているのかどうかもわからず、私には難しい問題だ。

  1. 2015/04/26(日) 15:50:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OLYMPUS STYLUS TG-835 Toughを買った

 OLYMPUS STYLUS TG-835 Toughを買った。

 PENTAX WG-3 GPSが充電できなかったり、起動しなかったりで面倒なので新しくカメラを買うことにした。海中でのOLYMPUSの写りがキレイなのを見て10年ぶりくらいにOLYMPUSに回帰した。私が大学生の頃は防水カメラのバリエーションが多いのがOLYMPUSだったのだが、沢登りのゴルジュなど暗がりではオートフォーカスがうまくいかずピンボケした写真が多かった。そのころPENTAX W20は暗がりでもキレイな写真が撮れたのでPENTAXに鞍替えした経緯がある。

 OLYMPUSの防水カメラのうちどれにするか考えたが、現行のSTYLUS ToughシリーズでGPSが付いていて比較的安価なTG-835 Toughを買った。Amazon.co.jpで19,800円であった。

150421TG835Tough1.jpg

↑OLYMPUS STYLUS TG-835 Toughの箱

150421TG835Tough2.jpg

↑安かったブルーを買った。

150421TG835Tough3.jpg

↑設定画面

150421TG835Tough4.jpg

↑家の中を撮ってみた。

 仕事でもTG-3 Toughを使ったことがあるので、使い方にはそんなに困っていない。山で使ってみようと思う。

 続き:OLYMPUS STYLUS TG-835 Toughを山で使ってみた

  1. 2015/04/26(日) 15:49:18|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東福生駅の鳩

 東福生駅に鳩がいた。

150418pigeon.jpg

↑跨線橋の下にいるハト

 近所の東福生駅は無人駅の橋上駅である。近くにはハトが住んでいると聞いていたが、跨線橋の下に何羽かとまっていた。ホーム直上は糞害を避けるため網がかかっていたが、線路の上などは網がなくハトがとまっている。ベランダや自転車などはいまのところ糞害を受けていないが、たくさんいると匂いもあるしちょっと嫌だ。

  1. 2015/04/26(日) 15:48:42|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

21時に流れる福生市の防災無線

 21時に福生市の防災無線が流れる。

150429speaker.jpg

↑近所のスピーカー

 内容は「お休みの前に火の元、戸締まりを確かめましょう」というもの。

 子供なら寝床に就く時刻にピンポンパンポーンと流れ、「こちらは防災福生です」と名乗るからちょっとドキドキしていまだに慣れない。火の元を確認するのはともかく、戸締りも確認せねばならないのは都会だなと感じる。島にいたときは家の鍵をかけなかったので、島は平和だったと思う。

  1. 2015/04/26(日) 15:48:17|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yosemite 10.10.3と写真.app

 Mac OSのアップデートの通知があり、Yosemite 10.10.3にバージョンアップした。

150413yosemitev10103.png

↑このMacについて

 写真.appというソフトウェアが新しく追加されていた。iPhotoに代わるものだろうか。

150413photo1.png

↑写真.appとかいうソフトウェア

150413photo2.png

↑写真について

 iPhotoは写真が増えてくると動作が重くて面倒なので、データが飛んだのを機に使うのをやめてしまった。今は年月日でフォルダ別に整理してあるのでプレビューとクイックルックでことが足りている。試しに写真.appを使ってみようとしたが、オンラインでないと使えないようだ。iCloudと密接に関係あるのだろうか。別段プレビューとクイックルックで不満もないしほっとこうと思う。

 それにしてもかなり普遍的な一般名詞をアプリケーション名に使ったものだ。Mac OS X付属のプレビューの操作についてオンラインで検索して探すときも「Mac」などのキーワードで限定するが、写真.appの方が難しそうだ。

  1. 2015/04/19(日) 16:54:29|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿東口「桂花」桂花拉麺

 先日、新宿東口で飯屋を探したときのこと。空腹だがさほどではなく、うろうろした結果、桂花に入ることにした。

150412keika1.jpg

↑メニュー表

150412keika2.jpg

↑桂花拉麺720円

 桂花は初めて食べたとき、薬品っぽい味がしてどうも苦手だったが、久しぶりに食べてみると、少し味の変わった豚骨ラーメンでおいしかった。硬めの太麺もよかった。

  1. 2015/04/19(日) 16:52:28|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1/fゆらぎとコルモゴロフの-5/3乗則は同じもの?

 ふと、1/fゆらぎとコルモゴロフの-5/3乗則って何で累乗の指数が違うんだろうと思った。

 1/fゆらぎを知ったのは高校の地学の授業にて。自然風など一見不規則に見える乱れに一定の法則があると学んだ。フラクタル図形といっしょに学んだ。

 1/fゆらぎ (エフぶんのいちゆらぎ) とは、パワー(スペクトル密度)が周波数fに反比例するゆらぎのこと。ただしfは0よりおおきい、有限な範囲をとるものとする。

(後略)

1/fゆらぎ - Wikipedia

 1/fゆらぎは一般に知られる言葉のようで、1/fゆらぎを利用した製品もある。例えば自然に近い「1/fゆらぎ」風を採用した扇風機など。

 一方、コルモゴロフの-5/3乗則は、境界層内における乱流スペクトルの慣性小領域が-5/3の傾きとなるという法則。表現は違うが、自然風を対象とする場合、同じものを指すはずである。コルモゴロフの-5/3乗則はメソ気象では有名な法則だが、1/fゆらぎに比べ一般に知っている人は少ないように思う。

 しかし、1/fゆらぎの1/fの表現を変えればf-1であり、いわば-1乗則である。-1 ≠ -5/3なので、異なる傾きということだ。コルモゴロフの-5/3乗則は乱流境界層に限られた法則だが、1/fゆらぎは風に限らず音とかさまざまな現象で現れるらしいので、だいたい-1乗で、-5/3乗もその範囲ということなのだろうか。

 誰か研究者が手を出してそうだが、Googleで探しても見つからなかった。マニアックな話題なのか、あまりにもつまらない結果が出て発表する気にもならないのだろうか。

  1. 2015/04/19(日) 16:47:44|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天下になくてはならぬ人になるか、あってはならぬ人になれ

 TBS「林先生の痛快!生きざま大辞典」の最終回で河井継之助という人を取り上げていた。

 幕末の長岡藩の家臣で、藩士の石高平均化など次々と改革を打ち出していった人だそうだ。この人は30歳くらいまで藩に勤めることなく周遊していたとかで天才肌の人のようだ。その人の言葉として林先生が紹介していた言葉が以下である。

天下になくてはならぬ人になるか、あってはならぬ人になれ

 天才らしい言葉である。

 これは私は凡人でありたいという願望山ノ中ニ有リblog 凡人願望と非社交性維持の葛藤)を持つ私としては対極的な言葉であった。もっとも明治維新という変革期にあっては身分の違いも関係なく、本人の努力次第で革命的な行為に携わることができただろうからいかにして頭角を現すかが求められた時代なのかもしれない。

  1. 2015/04/12(日) 01:05:12|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

買った冷蔵庫が届いた

 買った冷蔵庫が届いた。

 武蔵村山のヤマダ電機で26,000円ほど。先週、買い物に付き合ってくれた人がいろいろと交渉してくれた。冷蔵庫を買うのは初めてだったが、おかげで安く買えたように思う。

150411refrigerator.jpg

↑据え付けられたSHARPの冷蔵庫

 100リットルほどで1人暮らしには十分なサイズだ。これで少しは料理しようと思う。

  1. 2015/04/12(日) 00:49:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちめんのなのはな

 バス停から実家に歩いて行く途中、菜の花が咲いていた。

150411nanohana.jpg

↑一面の菜の花

 詩のタイトルを忘れたが「いちめんのなのはな」を思い出した。

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

かすかなるむぎぶえ

(後略)

 国語の教科書に載っていて、家で音読するよう宿題になっていたから親に聞かせながら読んでいたのだが、単純ですぐ覚えてしまった。今思うと、この詩は字面を見て「いちめんの」なのはなを楽しむものなのではないかと思う。まあ、地面が一色に覆われたようすはラベンダーにしろ、芝桜にしろ美しいものだと思う。

  1. 2015/04/12(日) 00:45:11|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「純潔のマリア― 最終話 愛は全てに勝つ ―」を見た

 アニメ「純潔のマリア」を見たの続き。

「純潔のマリア ― 最終話 愛は全てに勝つ ―」を見た。

 概ね原作に沿った形で終わりを迎えた。原作にはない地上の教会もちょっとアレな結果になったりしてまあ大団円といったところだろうか。

 ミカエルのセリフでおや、と思ったところがある。

どうやらそなたはこの地において理の一部になりつつあるようだ。

天の教会は良き隣人として迎えよう。

 これは遠藤周作っぽいキリスト教観だなと感じた。最終話までお堅いセリフしか言わなかったミカエルは、いかにも一神教らしいユダヤ教から続く神だなと思っていた。しかし、ここへきてその地域での信仰の対象として認めるのは日本人っぽい。日本人の作るアニメだから日本人っぽいキリスト教の神になるのは当然だが、ちょっと意外であった。

  1. 2015/04/12(日) 00:38:58|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安田まさえ「数学女子」第1巻

 安田まさえ「数学女子」第1巻を読んだ。

博士の白衣女子攻略論」とか「℃りけい。」とか理系女子を題材に扱ったマンガはあるが、数学はその中でもかなりニッチなジャンルだと思う。実験も巡検もない、教室の中で済んでしまう学問で、見せどころも思いつかない。数学ガールみたいに難解な理論を小説形式で説明するならまだ扱える題材だが、このマンガは普通の四コマ漫画にしていた。

 フィボナッチ数とかコスト/ロスモデルとか数学っぽい話題を挟みつつも、基本はただ四コマ漫画で、理系のキャンパスにありがちなことや理系の考えそうなことが話題になっている。

 大学の数学として群論、線形代数、位相幾何などを挙げているところや進学、就職が学内ワースト1などと書いているところを見ると、著者は本当に数学科を出ているようだ。確かに理学部で特に就職先が想像できないのは数学科と地学科の2つだ。私にとって大学の数学はε-δ論法でつまづいてあとは訳が分からないのでこのくらいならマンガの範囲で楽しめる。


数学女子 1 (バンブー・コミックス)数学女子 1 (バンブー・コミックス)
(2010/09/07)
安田 まさえ

商品詳細を見る
  1. 2015/04/11(土) 22:55:50|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福生駅東口「BAKUTEN 麦天」つけ麺

 福生駅の東口、やなぎ通りを渡って少しのところ、シュトゥーベン・オータマの手前にある。本日つけ麺500円と書いてあるのを見て入った。

150409bakuten_01.jpg

↑店構え

150409bakuten_02.jpg

↑メニュー表。つけ麺中盛り・野菜普通を注文した。

150409bakuten_03.jpg

↑つけ麺中盛り・野菜普通。

 つけ汁が片栗粉を使っているんじゃないかと思うくらいドロドロでそこそこしょっぱい。極太麺と絡ませるが、それでもしょっぱいと野菜を食べて口の中で合わせる感じ。でもちょうど麺とスープが同時になくなったのでスープ割りを聞くことはなかった。食べ応えがあるのでお腹が空いているときはいい。

  1. 2015/04/11(土) 22:52:41|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

4月8日木曜日、福生に雪が降った

 8日木曜日、福生に雪が降った。

150408snow_01.jpg

↑福生駅東口の交差点。積もってはいない。

150408snow_02.jpg

↑福生駅ホームに降る雪。

 東京は春に雪が降るのはわかっているつもりだが、島帰りにはひどく寒く感じる。こないだアイスを食べていたのが遠い昔のようだ。三寒四温の振れ幅が大きいと風邪ひきそうだ。

  1. 2015/04/11(土) 22:51:44|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福生駅西口「よしめん」ネギラーメン

 引っ越してすぐは道具も調味料も揃っておらず、冷蔵庫もないのでしばらく外で食べる日が続いた。

 駅の西側によしめんというラーメン屋があったのでそこに入った。

 18時すぎにもかかわらず客はおらず、お店は2人で切り盛りしていた。ネギラーメンを注文する。1点サービスするというので卵を選んだ。麺の太さが選べるとのことなので太めにしてもらった。

150402yoshimen1.jpg

↑注文表。でも壁に貼ってある方を見てくれと言われた。

150402yoshimen2.jpg

↑ネギラーメン

 家系の醤油とんこつらしいが、さほど味の濃さは感じることがなく、思ったよりあっさりしていた。家系を期待するなら味濃いめと注文したほうが良いかもしれない。

  1. 2015/04/11(土) 22:50:37|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コカコーラライフというコーラ

 コカコーラライフというコーラが売っていたので飲んでみた。

150328cocacolalife.jpg

↑緑のラベルが目立つコカコーラライフ

 ステビアを使っていてカロリーを抑えているようだ。私は健康志向とかはなく、味が違うのかなと思い飲んでみた。味が薄く感じられ、特にカラメルの味が感じられなかった。コーラとしてはあんまりおいしくないので、健康のことを気にしないなら普通のコーラがよさそうだ。

  1. 2015/04/11(土) 22:49:46|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福生市に引っ越し

 仕事の都合で福生市に引っ越した。

 住んでいる場所も仕事もまだよく分からないが、しばらくこのまま暮らしてみる。

150331fussa1.jpg

↑転入届を出しに行った福生市役所

150331fussa2.jpg

↑引っ越した直後の部屋のようす

 引越しに伴い、しばらくネット環境がなくなる。家に光ファイバーを引こうかどうか考えているが、近所にネットカフェがあればそれでいいかと思う。ネット環境があるとだらだらとネットを続けてしまう。前にネット環境を整えずに2年間過ごしたこともあるし、大丈夫だろう。ということで今後、更新は月に1回くらいになる。

 また、島から戻ってきたのでblogのタイトルを変えた。正確には元に戻した。

 戻ってきたはいいけど、体力的に山に登れるかどうかはわからない。とりあえず4月25日に谷川岳西黒尾根に行く予定だ。

  1. 2015/04/11(土) 22:38:21|
  2. 福生
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0