島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

八丈島の牛乳せんべい

 八丈島の牛乳せんべいは三宅島で作っているそうだ。

141221senbei.jpg

↑簡易包装の八丈島の牛乳せんべいがまぎれていた。

 あるとき牛乳せんべいを買いに行ったときに数枚くれる簡易包装のせんべいに、八丈島の牛乳せんべいがまぎれていたことで気づいた。

 聞いてみたら八丈島の牛乳せんべいも三宅島で作っているとのこと。三宅島のせんべいとの違いは金型と八丈島の牛乳を使っている点だそうだ。どちらかといえば三宅島のみやげでも三宅島で作っていないものがあるから、その逆があるとは思わなかった。

  1. 2014/12/31(水) 12:03:50|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戮力協心という言葉

 戮力協心という言葉を知った。

りくりょく-きょうしん【戮力協心】
全員の力を結集し、一致協力して任務に当たること。▽「戮」には合わせる、一つにする意があり、「戮力」は力を合わせること。「協心」は心を乱さず、調和をはかること。「協心戮力きょうしんりくりょく」ともいう。『墨子』尚賢中
戮力協心の意味 - 四字熟語辞典 - goo辞書

 組織の規律みたいな文書のはじめに載っていた。戮という言葉は殺戮くらいでしか知らないので物騒な言葉かと思ったら一致団結みたいな意味であった。実際、「戮する」だと人を殺すという意味らしい。

りくする【戮する】
(動サ変)《文サ変りくす》人を殺す。罪人を死刑にする。「日に千人の小賊を―して」〈草枕漱石〉
Mac付属の辞書.appのスーパー大辞林

 あんまり2つの意味が重ならないヘンテコな言葉だ。たぶん使わないけど見てわかる程度に覚えておこう。

  1. 2014/12/30(火) 16:04:46|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

J.S.Bach ピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052 第1楽章

 【YouTube】バッハの音楽凄すぎワロタ BIPブログというまとめサイトを見ていてピアノ協奏曲第1番 ニ短調 BWV1052 第1楽章という曲があるのを知った。

 Youtubeで聞いてみると短調らしいもの悲しげな旋律がいい。導入部の主旋律も私の好きなオルガン曲っぽい。クラシックは図書館でCDを借りることができてしまうため、図書館にあるレパートリーしか知らずピアノ協奏曲があることを知らなかった。いい曲を知った。

  1. 2014/12/29(月) 22:55:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

『寄生獣 セイの格率』第12話「こころ」

 『寄生獣 セイの格率』第12話「こころ」を見た。

 新一にベタ惚れしていく加奈が寄生獣に殺されてしまう話。寄生獣が近いことが直感でわかる加奈に新一が近づかないよう注意するが、お互いが見えていなくても新一と寄生獣の違いは直感でわかると主張する加奈は聞く耳を持たない。加奈自身は新一を思うあまり自らも寄生獣に見つかってしまう信号を発するようになってしまう。待ち合わせ場所に向う途中、新一が近いと感じた加奈は駅と違う方向へ行き…、という話。

 寄生獣は大学のときにマンガを1回読んだきりで設定は覚えているもののストーリーはほとんど覚えていない。アニメを見るときはほとんど頭の中まっさらで見ることができてよい。アニメ化でタイトルに「セイの格率」がくっついたり新一や里美、加奈などのデザインが変わっていたり、改変点はあるが大筋は変わらない。「セイの格率」って何だろうというくらい。評判の高い原作に対してうまく作っていると思う。

 フラグ立てまくりでああ殺されてしまうんだなと視聴者に理解させた状態で、勘違いしたまま空き地に向かっていく加奈がなんとも寂しい。加奈が原作より美人になっている分、いとおしさは一層強い。BGMのピアノ曲がマッチしていいので調べてみたら「NEXT TO YOU」というそうだ。原作の評判の高さに流されてつまらなくなったら視聴をやめようと思っていたが、面白くて見続けている。年末までの1クール目としてはいい区切りだと思う。年明けの2クール目が楽しみである。

150104追記:ニコニコ動画で改めて見たらストーリーの順序を間違えていたので少し書き換え。

  1. 2014/12/28(日) 20:28:17|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平山沢の左俣を登ってきた

 平山沢の左俣を登ってきた。

 今回は2人といっしょに登った。左俣は途中で登れない滝に出てしまい右岸をずっと藪漕ぎしたので疲れてしまった。予定では伊ヶ谷沢を下るつもりだったが、時間が足りなくなったのと思った以上に藪が濃そうなのとで諦めて伊ヶ谷林道を下った。

141227tairayama_13.jpg

↑樋状に磨かれた平山沢を登る

141227tairayama_17.jpg

↑右岸側がえぐれたようになっている

141228追記:以下をアップしました。

  1. 2014/12/27(土) 17:59:57|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

jettison : 放棄する

 ヱヴァンゲリヲン新劇場版『Q』冒頭でアスカが初号機の奪還に宇宙へ向かうが、その際、オペレータから「第2段、ブースターユニットをジェットソン」というセリフがあった。

 この「ジェットソン」って何だろう、ジェットエンジンの用語なのだろうかと思っていたのだが、この間乗ったヘリコプターでそのスペルを見た。

141125jettison.jpg

↑ヘリコプターの「WINDOW JETTISON」の文字(青枠の中)

 調べると放棄するという意味らしい。

jettison/dʒétɪs(ə)n/
  1. 〈計画など〉を放棄する, 撤廃する; «…に/…から» 〈物〉を廃棄する «into/from» ; 〈人〉を切り捨てる.
  2. (緊急時に船飛行機などから)〈搭載物〉を投げ荷する, 捨てる.
Mac付属の辞書.appのウィズダム英和・和英辞典

 どうやらジェットエンジンとは直接関係ないらしい。意外と身近なところで意味がわかってよかった。

  1. 2014/12/26(金) 00:01:46|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島内鮫ヶ渕沢と平山沢の渓相の違いに関する考察

 鮫ヶ淵沢と平山沢を歩いていた時のこと。

 なぜ流域の隣接する鮫ヶ渕沢と平山沢でこれほど渓相に違いがあるのか平山沢を下りながら考えていた。植生のようすも全体的な傾斜も大きな差はない。平山沢のような一枚岩を磨いたような沢は火山ガスの影響を強く受けた坪田のカニガ沢やとんび沢などに限られていると思っていた。なぜ火山ガスの影響をほとんど受けていない伊豆・伊ヶ谷の標高の低い箇所に平山沢のようなナメがあるのか不思議であった。

141207tairayama_55.jpg

↑樋状に磨かれた平山沢のゴルジュ

 解決のヒントになったのはカニガ沢下部を歩いた時のK先生の言葉である。

 表面が磨かれたナメ。三宅島にこれほどのナメを形成する水量はないので不思議に思っていたが、K先生曰く、泥流が一枚岩を磨き上げているとか。摩擦を考えれば水より泥流の方が削れるのは納得。

2014年冬 - 三宅島・カニガ沢下部

 つまり、泥流が発生したか否かがポイントである。平山沢は2000年噴火の際、泥流が押し寄せ、旧平山橋を損壊させている。現在架かっている平山橋は2002年完成である。一方、鮫ヶ渕沢には2000年噴火の際、泥流が押し寄せたとの記録は知らない。泥流が流れれば堆積した土砂を洗い流し、一枚岩を磨きあげる。メカニズムとしては、「平成12年三宅島火山災害への取り組み ー道路・海岸・砂防事業ー」に示されている。

141221deiryu.png

平成12年三宅島火山災害への取り組み ー道路・海岸・砂防事業ー 平成18年3月 東京都建設局 東京都三宅支庁 P.1-34 図2.15 泥流発生の仕組み

 これまで雨が浸透していた斜面に火山灰が降り積もり、目が詰まったようになった斜面の表面を雨が流れ下る。これが泥流になり、地面を侵食するようだ。泥流が発生するかどうかは風向きによる降灰の分布や地層の褶曲、各層の厚さなどによるのだろうか。

「平成12年三宅島火山災害への取り組み ー道路・海岸・砂防事業ー」には泥流が発生した沢として以下の21の沢が挙げられている。

表2.10 渓流の被災状況
番号 渓流名 現状 備考
1 間川 泥流発生の痕跡が見える。
2 川田沢 都道および集落への泥流被害は少ない。 流路に隣接する貯水池は周囲から泥流が流入し満砂状態 である。 家屋被害
3 釜の尻沢 新たに、都道の上下流で泥流による家屋被害が甚大であ る。都道橋梁の高欄および周辺の側溝の一部が泥流により 破損している。 家屋・都道被害
4 椎取神社付近 泥流は神社屋根や鳥居上端まで堆積しており、都道上は土 砂が数十メートルにわたり堆積している。 都道被害
5 地獄谷 堆積土砂は広域にわたっているが、泥流は2本の小流路を 形成し、その一部は海に流出している。 都道被害
6 カニガ沢 (三七沢) 都道上流の堆積土砂には、小流路が形成されており、道路 上に土砂やコンクリート片が散乱している。 家屋・都道被害
7 仏沢 道路復員の海側 2/3 が 15 メートル程度損壊しており、車 両の通行は困難な状況である。道路上には土砂が堆積して いる。 都道被害
8 御子敷付近の沢 泥流によりビニールハウスが損壊している。 家屋被害
9 大沢 大きな変化はない。 都道被害
10 三池地区の沢 大きな変化はない。 家屋被害
11 とんび沢 泥流被害は発生していないが、下流流路の河床コンクリー トが破損している。 家屋被害
12 金曽沢 数箇所の小流路から都道へ泥流が流出している。 都道被害
13 筑穴沢 既設ダムは依然余裕があるが、上流域は火山灰の堆積厚が 大きい。
14 道の沢 既設ダム2基が満砂状態であり、ダム下流流路も泥流によ り埋塞している。
15 タデノ沢 村道直上の土砂溜施設が満砂状態である。流木の発生の可 能性は少ないと思われる。
16 榎木沢 (北支川を含む) 榎木橋付近は土砂が若干堆積しているが、構造物に被害は ない。ダムは満砂状態である。 下流流路に泥流の痕跡は ない。
17 伊ヶ谷沢 共栄橋上流の家屋は 10 戸程度が泥流の被害をうけてい る。都道伊ヶ谷線は一部損壊している。 家屋・都道村道 被害
18 伊豆岬への沢 泥流痕跡はわずかだが都道橋梁部が狭窄である。
19 伊豆川 泥流発生の痕跡はわずかである。
20 坊田沢 都道直上流で泥流が発生し、家屋数件が被害をうけてい る。泥流厚は1m 程度であり、流路の埋塞が上流に続い ている。 家屋・村道被害
21 西川 都道および集落への泥流被害は発生していない。
平成12年三宅島火山災害への取り組み ー道路・海岸・砂防事業ー 平成18年3月 東京都建設局 東京都三宅支庁 P.1-45

 このうち、私が入ったことのある沢は川田沢(川田沢支川)、地獄谷、カニガ沢、仏沢、大沢、とんび沢、金曽沢、坊田沢である。このうち金曽沢、坊田沢を除き、泥流が岩盤を磨いたと思われる跡があった。

 歩きやすいナメを求めるなら、この「平成12年三宅島火山災害への取り組み ー道路・海岸・砂防事業ー」が参考になるかもしれない。

  1. 2014/12/25(木) 21:46:26|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿から富士山が見えた

 新宿から富士山が見えた。

141222fujisan.jpg

↑新宿の高層ビルから見た富士山

 新宿にいると冬に富士山が見えるのはそう珍しいことではない。手前の山並みと雲を区別しながらあのへんが丹沢、その右に奥多摩、と大まかに山座同定するのは楽しい。

  1. 2014/12/24(水) 00:04:42|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西新宿七丁目「黒門」つけそば

 西新宿七丁目「黒門」に入った。

141222kuromon-menu.jpg

↑「黒門」のメニュー表

 前にも入ったことがあった気がするが、メモ書きはしていなかった。連休の谷間の22日、13時過ぎとあって店は空いていた。店員さんは女性2人。シフトの都合かもしれないがラーメン屋にしては珍しい。お腹の減り具合は普通だったのでつけそば並680円を頼む。

141222kuromon.jpg

↑つけそば680円

 酸味のあるつけ汁が特徴で、太めの麺をつけて食べる。私は酸っぱいのがあまり好きではないので少々苦手だが、一般にはすっきりした味わいとして楽しめるのだろう。噛みごたえのある太めの麺はよかった。

  1. 2014/12/23(火) 22:18:03|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mac miniを廃棄した

 Mac miniのCD/DVDドライブが壊れてLogitecのポータブルDVDを買ったので、Mac miniが不要になった。もともとクラリスワークスの遺産を移行するために購入したので、DVDドライブが使えないなら手持ちのMac Book Airで十分だ。

 というわけで使わないMac miniを廃棄した。廃棄方法を考えたが、普通に捨てるのは有償なのでリサイクルをしているというパソコン回収.comに送った。

141221macmini.jpg

↑Mac miniをパソコン回収.comに送った

 無料で着払いなので全然お金はかからないし、再利用してもらえるならその方がケチな私としても嬉しい。逆に考えると、有償で処分している行政のやり方はどこに金がかかっているのだろう。利益が出るビジネスモデルがほかにあるならやめてしまえばよいのに、と思ってしまう。

  1. 2014/12/22(月) 00:11:56|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「もっと知りたい御蔵島」というパンフレット

 このあいだ御蔵島に行ったとき、村役場に「もっと知りたい御蔵島」というパンフレットが置いてあったのでもらって帰ってきた。

141214mottoshiritai_01.jpg

↑御蔵島村役場に置いてあった「もっと知りたい御蔵島」というパンフレット。

141214mottoshiritai_02.jpg

↑火山に関するページ。

141214mottoshiritai_03.jpg

↑島内のお店に関するページ。

 意外と内容が充実しており、御蔵島の紹介にありがちなドルフィンスイムと少々の宿、飯屋、登山道の紹介にとどまらず、火山などの地学、先祖まつりなどの民俗、子供たちのようすなど幅広い切り口で記述がある。写真も多く、見やすくまとめられているので何度か御蔵島に行ったことのある人間には興味深く読める。

 私が知らなかったのは以下の点である。

島南東部に冬季に白煙を吹き上げる穴が多数見つかっているが、火山性ではなく風穴によるもの
カツオドリの穴があるのは知っているが、白煙を吹き上げる穴は知らなかった。中が暖かくて湿っぽいのだろうか。
島で作っている豆腐
よく御蔵荘に泊まると朝飯に豆腐としょっぱめの味噌がかかったものが出てくるが、これが弾力があって美味しい。あんまり意識していなかったが、島で作っているとは知らなかった。今度行ったら味わって食べようと思う。
ほうろく焼きの起源が明治のころ
富岡製糸場で働いていた島の女性たちが養蚕技術とともに持ち帰り、伝えたと言われていますということだ。材料の種類が少なさそうなのでもっと昔からあるのかと思っていた。食べると素朴な味である。

 民俗はなかなか踏み込まないとわからないことが多いが、知るとおもしろいものだ。

  1. 2014/12/21(日) 23:00:47|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

里芋を掘った後12時間寝た

 休みをもらって里芋を掘ってきたあと、ひどく眠くて12時間寝てしまった。19:30に寝て7:30に起きた。それでも目覚ましで起きた。

 寒い中での作業だったのでそうとう体にこたえたようだ。肉体労働を終えた後の眠気と長時間睡眠は気持ちがいい。一方、今日は休日にもかかわらずあんまり眠れず6時間くらいで起きた。頭脳労働は疲れはするものの、考え事が続いてしまうと眠れない。今日は船で帰るのに事前に準備することを考えていたら起きてしまったようだ。早寝早起きの秘訣は肉体的な疲れなのだろうか。

  1. 2014/12/20(土) 10:55:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ありえないということばの非科学的態度

「ありえない」という言葉を聞くことがある。この言葉を聞くたびに決めつけのように感じて好きになれなかった。私自身が使うこともあまりないと思う。

ありえ◦ない【有り得ない】
(連語)あるはずがない。「そんなことは―◦ない」 →有り得る
Mac付属の辞書.appのスーパー大辞林

 なんで好きになれないのか考えてみた。可能性を排除してしまうのが乱暴に感じる。それは科学的な態度でないことに気づいた。現象から帰納的に法則を導き出していくのが科学的な態度、神の全能性から演繹して現象を説明するのが宗教的な態度と私は考えているが、私は科学的な態度が好きである。「地球が動く(地動説)なんてありえない」「哺乳類が卵を産むなんてありえない」と決めつけるのは自由だが、視野を狭めるだけであんまり得がないと思う。

 論理的に否定されるならともかく、多くのことは前提か過程か結論のいずれかがまちがっているので、それを整理すべきだと思う。あんまり乱発すると相手の言葉を受け入れないと言っているように私は感じるのでこれからも使わないようにしようと思う。

  1. 2014/12/19(金) 20:21:26|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

休みをもらって里芋を掘ってきた

 今日午後休みをもらって畑で里芋を掘ってきた。

141218satoimo.jpg

↑ベランダで干し始めたサトイモ

 サトイモと言えば正月に食べるものだろうと思い、週末に実家に帰る前に掘りに行った。そのスケジュールに気づいたのが日曜日の散歩だったので休みをとった。

 すでに茎が枯れて見えないものが多く、畝を手当たり次第ほっくりかえしていた。おかげでいくつかはスコップで切ってしまった。寒風吹く中、畑で2時間かけて里芋の皮を粗くむいて持って帰った。量が多く風呂の湯船を使って洗ったが、干し始める頃には薄暗くなっていた。寒くて苦痛だが、農業とは大変なものだ。私には務まらないと常々思う。

  1. 2014/12/18(木) 18:21:55|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

YAMAPというスマホを中心としたサービス

 YAMAPというスマホを中心としたサービスがグッドデザイン賞を受けたそうだ。

141214yamap.png

無料登山地図のYAMAPのサイト

 私はスマホを持っていないのであんまり興味がないのだが、ガジェットとして気になったので調べてみた。どうやらスマホをGPSロガーとして使用し、即時画面表示も可能としたものらしい。しかもサービス、地図とも無料とのこと。つまり、旧来のGarminみたいな登山用GPSがスマホでタダ(通信料別)で使えるというもの。たぶん、スマホを持っていて登山用GPSを欲しいと思っている人には福音となるだろう。

 紙への印刷も可能なので、印刷して道に迷ったときだけスマホを起動し現在地確認することもできるようだ。ときどき道を間違える私としては10m程度の解像度で場所が特定できるなら有用だと思う。でも私はスマホを持っていないし、そういった文明の利器を使うことに抵抗があるのでなかなか使わないと思う。

  1. 2014/12/17(水) 00:27:07|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話の2年契約プランの違約金は適法であるとの判決

 携帯電話の2年契約プランの違約金は適法であるとの判決が出た。

 携帯電話の2年契約プランを途中解約した場合の解約金が消費者契約法に違反するかが争われた3件の訴訟の上告審で、最高裁第1小法廷(桜井龍子裁判長)は15日までに、消費者団体側の上告を退ける決定をした。適法として携帯大手3社側の主張を認めた高裁判断が確定した。決定はいずれも11日付。

 NPO法人「京都消費者契約ネットワーク」(京都市)などがNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社を訴えていた。携帯電話の解約金条項を巡る判断が最高裁で確定したのは初めて。

 3社はいずれも2年間の継続利用を条件とした割引・格安プランを導入している。契約は自動更新され、途中で解約すると9500円に消費税を加えた解約金が請求される。消費者契約法は、消費者が支払う解約金が解約で会社が受ける損害を上回る場合の契約は無効としている。

携帯電話の中途解約金は適法、最高裁 大手の2年契約巡り:日本経済新聞

 パンフレットで料金のモデルプランに2年契約の割引をあげていることを考えると、消費者の感覚としては2年契約の割引後の料金が通常料金であるかのような印象を受ける。私自身、機種変更するたび2年契約の割引を適用している。中途解約による違約金というのは違和感がある。むしろ、中途解約に9,500円の手数料がかかり、2年に1回だけ手数料がかからない乗り換えキャンペーンを行っているととらえる方が消費者にはわかりやすい。

141216waribiki_01.jpg

↑auの料金のモデルプランに「誰でも割」がある

141216waribiki_02.jpg

↑「誰でも割」とは2年契約を前提とした割引プラン

 消費者の感覚と法律が異なるなら、消費者の感覚が間違っているか、総合的に判断して販売者の利益が優先されているか、法整備が整っていないかのいずれかだろう。どれだかわからないが、釈然としない。

  1. 2014/12/16(火) 23:49:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「ロック 〜わんこの島〜」を見た

 映画「ロック 〜わんこの島〜」を見た。

 三宅島2000年噴火を背景とした事実に基づく映画と知っていたが、なかなか見る機会がなく、かといって一人で見る気も起きず、先日職場の人たちと見た。

140830sunset_05.jpg

↑民宿たいようのセットを置いたらしいメガネ岩付近の夕焼け

 ロックとの生活、噴火による離別、内地での犬の救護所への通い、そして帰島とだいたいストーリーは想定していたものであった。映画の中で帰島のニュースが流れたときは私もその喜びに感情移入してしまった。私自身は犬を飼ったこともないし、避難したときの島内も知らない。しかし、こうやって全島避難を題材にした映画が作られるというのは多くの人の支えがあってできるものだし、それだけの人たちが注目してくれるのは嬉しい。実際、ある人に三宅島に赴任していると伝えたときに出てきた話題がこの映画であり、見ていなかった私は少々罰が悪かった。

 DVDの特典映像では平成23年に阿古体育館で島民に試写会を行ったときのあいさつが収録されており、知り合いの顔を何人か見つけることができた。夏の暑い体育館で満員だったので、島の人もまたこうやって応援しているのはうれしいと思う。

  1. 2014/12/15(月) 00:03:34|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

村道伊豆上道線の散歩

 今日は投票がてら伊豆を散歩した。

141214izu1.jpg

↑村道伊豆上道線の谷積みにツタみたいなのが覆っているようす。

141214izu2.jpg

↑コンクリートを使わず切土に石積みしているのも美しい。

141214ookubo.jpg

↑今日の大久保浜。湾内の波は高くないが、外海は波が高かった。

 村道大崎線から神着に上がっていく道が風が強く寒かった。

  1. 2014/12/14(日) 23:18:35|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本最長の旅客フェリーの乗船記録が興味深い

 日本最長の旅客フェリーの乗船記録が興味深い。

 現在の日本最長航路はマルエーフェリーが運航する貨客船「飛龍21」の沖縄~東京間。総距離は1743キロ。直行便ではなく途中で鹿児島県の名瀬港と志布志港に寄ると、乗船時間は上り約47.5時間、下りは約50時間、どちらにせよ2泊3日船の上にいることになる。寄港地以外はほぼ電波が圏外で、通話もネットも使えないので、かなり暇に悩まされる乗り物だ。

 とりわけ恐ろしいのはコストパフォーマンス。沖縄~東京間の運賃は、最安の2等客室で片道2万7230円になっている。

 今のご時世、閑散期の格安航空券を狙えば、沖縄~東京間は片道約2時間・1万円以下で行けてしまう。飛行機に変えるだけで約45時間と約1万7000円も余る! これを使って、ゴーヤーチャンプルーにソーキそば食べて首里城行っておみやげ用のちんすこう買って安宿に1泊、なんて全然余裕。おせじにもフェリーは合理的とはいえない交通手段なのだ。

沖縄から東京まで片道50時間! フェリーの日本最長航路「飛龍21」に乗ってみた (1/2) - ねとらぼ

 私も国内のフェリーには何度か乗っている。三宅島に住んでいる都合、竹芝〜三宅島間の橘丸/さるびあ丸/かめりあ丸は何十回も乗っている。この航路は6時間半の航路だ。長い路線だと25時間半で竹芝〜父島を結ぶおがさわら丸、18時間で大洗〜苫小牧を結ぶさんふらわあに乗ったことがある。しかし、この記事の沖縄~東京間50時間はあまりにも長い。

 乗客はわずか9人とのこと。いろんな部屋を見せてもらったり、他の客に話しかけたりしていたようだが、飛行機に乗れない、または車かバイクで移動しなくてはならないといった、フェリーで移動しなくてはならない事情を抱えていたということだった。幸い船はあんまり揺れなかったようなので読書と睡眠に費やしていたようだ。これはおがさわら丸でゲロゲロに酔った私としてはうらやましい。酔うほど揺れないなら1度くらいそんなところでゴロゴロしてみたいとちょっと思う。でも乗ったらもういいやと感じそう。

  1. 2014/12/13(土) 16:48:58|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

日本人の有給休暇の取得率が低いらしい

 日本人の有給休暇の取得率が低いそうだ。

 2013年の労働者の「有給休暇」の取得率が48.8%だったことが分かった。厚生労働省が11月中旬に公表した「就労条件総合調査」の結果だが、ここ5年の有休取得率はいずれも50%を切っている。

 政府は2020年までに有休取得率を70%にすることを目標にかかげている。だが、調査結果によると、この目標を超えた業種は「電気・ガス・熱供給・水道業」のみで、70.6%だった。ツイッターでは「有休の買い取りを義務化すべき」「消化率が低い企業には罰則を。遵守している企業には優遇を」といった意見も出ている。

有給休暇を取らない「日本人」 取得率を上げる「対策」として何が必要か? | ニコニコニュース

 よく言われていることなので特段驚きはない。私の今年の年休の取得率は66%の見込みであり、平均よりは高いが70%よりは低い。それでも1日でも休暇を捨てるのはなんともやりきれない。

 8月11日が山の日に制定されたときも感じたが、祝日を増やしても行楽客の列車や車が混むだけで出かけても疲れるばかりである。その点、制度的に有給休暇は労働者が曜日にとらわれずに取得できるはずなので、行楽客の混雑は避けられるはずである。また、旅館や遊園地や博物館などの従業員の負担も平準化される。

 隗より始めよとは思うが、なかなか休暇を消化できない点は私も日本人だと思う。

  1. 2014/12/12(金) 18:56:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平山橋の斜面にぶら下がって点検している人たち

 鮫ヶ渕沢下部を歩く際に平山橋の伊豆寄りの斜面に3人ほどロープでぶら下がっているのを見た。

141207samegafuchi_03.jpg

↑平山橋の斜面にぶら下がっている人たち

 平山橋から鮫ヶ渕沢へ向かって歩きながら見ていたらどうやらハンドドリルで穴を開けたりして調査しているようだ。宙ぶらりんになるのは怖くないが、冬にああいう体を動かない仕事をするとひどく冷えそうだ。特にハーネスで血流が弱くなっている爪先はすっかり冷えそうである。島は内地ほど寒くないとはいえ、つらい仕事だと思う。

  1. 2014/12/11(木) 19:57:16|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「サイコパス2」に出てきた全能の逆説

 アニメ「サイコパス2 #9 全能者のパラドクス」冒頭で、タイトルの全能者のパラドクスという簡潔だが面白いパラドックスに触れていた。

雑賀「全能者のパラドクスってやつだな」

雑賀「全能者は自分でも持ち上げることができない重い石を創造できるか?」

常守「パラドクス」

雑賀「そう」

雑賀「もし持ち上げることができない石をつくり出せたなら石ができた時点で全能者ではなくなってしまう」

常守「そして石がつくりだせないならその時点で全能者ではない」

雑賀「まあどちらにしても矛盾が生じてしまう」

アニメ「サイコパス2 #9 全能者のパラドクス」

 はじめに聞いたときは、ラッセルのパラドックスの変形版かなと思っていたが、よく考えたら違っていた。調べてみたら、結構有名なパラドックスらしい。Wikipediaには全能の逆説というタイトルで長い記事が書かれており、上の表現は古典的な表現だそうだ。そこにはいろんな人がこのパラドックスを論じ、また引用しているようだ。

 簡潔で覚えやすいパラドックスなので覚えておこうと思う。

  1. 2014/12/10(水) 00:09:42|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

白票の投票を呼びかけることの賛否

 今日、18時台のニュースを見ていたら、白票の投票を呼びかけるサイトが話題となっていることが取り上げられていた。

 話題となっているのは「mirai-senkyo.com」というドメインに設けられたサイト。制作者は「日本未来ネットワーク」と名乗っている。そのページの一番上には「黙っていないでNO!と言おう」という呼びかけ文があり、次のような説明が記されている。

「投票所にいって、何も書かない『白票』を投じるのは投票したい立候補者がいないという意思表示です。その1票にも、今の社会を変える力があります」

「白票」を呼びかける謎のサイトーー白紙でも政治への「意思表示」と言えるのか? | ニコニコニュース

 このニュースやオンライン上のニュースでは白票を投じることやこのサイトに否定的な見解が述べられていた。

 この問題は2つに分けて考えるべきである。

  1. 白票を投じることの賛否
  2. 白票を投じることを呼びかけることの賛否

 白票を投じることの賛否について、私は賛成である。自分の意見に近い候補者がおらず特定の名前を書きたくない、しかし自分で立候補はしたくない、という場合、選挙権を有する者は2つの態度をとることができる。白票を投じるか、棄権するかである。近い候補者もいない、立候補もしない、というのは甘えかもしれない。だからといって無理に自分の意見に近い候補者を探すのは本人の意思に反するし、かといって、すぐに職をやめ、供託金を用意して立候補するというのも簡単ではない。そういう人の選択肢として白票を投じる権利はあると思う。

 実際、私は白票を投じたことがある。棄権せず白票を投じることのメリットは政治の意見を述べることができることである。熟慮の末、白票を投じたのであれば、当選した政権や首長の政策に意見する権利はあると思う。白票も棄権も同じだと考える人には意見する権利はないと思うかもしれないが、それならば候補者を決められない人に無理のない選択肢を提示すべきである。

 白票を投じることを呼びかけることの賛否について、私は反対である。白票を投じることを呼びかけることが認められるならば、白票を投じないことを呼びかけることも認められるべきである。それは白票を投じることを賛成とする私の態度と対立する。私は私の態度を自分で決めるので人にとやかく言われたくはない。だから反対である。

 1に反対の人は当然2に反対なのでこの問題はごっちゃになりやすいが、私は分けて議論すべきだと思う。

  1. 2014/12/09(火) 00:20:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

クローズアップ現代No.3590「“建設残土”が家を襲う」の疑問

 クローズアップ現代No.3590「“建設残土”が家を襲う」を途中から見た。

 建設残土による崩落事故は2月に大阪、3月に福岡と全国で起こっている。大阪の事故を追うと、建設残土が産業廃棄物に指定されておらず、処理の責任が曖昧になっていることや、近年処分場が減って処分費用が高騰し、そこへ安値で引き取って荒稼ぎする悪質な業者が出てきて、事故を引き起こしていたことが浮き彫りになってきた。(抜粋)

放送予定 - NHK クローズアップ現代

 風呂上りだったので全部を見られなかった。今後、リニア中央新幹線などで発生土が増える問題、君津市が決めた市外からの建設発生土の搬入を禁止する規則などの紹介があった。建設発生土の問題をどう解決すべきかアナウンサーが専門家に尋ねたところ、発注者が発生土処分費をコストとして計上すべきということを繰り返していた。今まで谷あいや海面を埋立地としていたが、環境保全の観点から好ましくないとした上で、やはり発注者が処分にはコストがかかることを自覚すべきと唱えていた。

 それを見ながらこの人は何言ってんだろうと疑問が湧いてきた。私の経験では公共工事で発生土処分費を計上するのは当たり前だし、受入施設によっては事前調整しなければ受け取ってもらうこともできない。処分費を計上していないとか適正に処分されていないとかそんなことがあったら、工事監査や会計検査で指摘されるだろう。調べてみたら、平成18年に国土交通省から建設汚泥処理土利用基準という基準が通知されており、各自治体はこれに従っているようだ。

 そこまで考えてから公共工事ではなく民間工事のことかもしれない、と気がついた。民間の開発者も山や丘を削って住宅地やマンションを建てることはよく見かけるので、民間工事かもしれない。

 にしても、発注者の自覚に訴えるだけでなく、法整備を進めるとか、法律があるのに遵守されていないなら事業者にインセンティブを与えるとか他にも提案すべきものがあるだろうに、何かもう少し話しをしてくれればいいのにと思った。もっとも私も後半しか見ていないから専門家の意見は以上だけと考えるのは早計であるが。

  1. 2014/12/08(月) 20:30:08|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島鮫ヶ淵沢と平山沢

 久しぶりに山を歩いてきた。

 鮫ヶ淵沢を環状林道まで登り、伊豆と伊ヶ谷の間の平山沢を下ってきた。鮫ヶ淵沢は支庁管内図に名前のない不遇な沢だが、それなりに谷が深く気になっていた沢である。平山沢は最近行った人が泥流の磨いた見事なゴルジュの写真を見せてくれたので興味があった。前情報のない鮫ヶ淵沢を登りにとり、途中村道まで登られている平山沢を下りにとった。

141207samegafuchi_20.jpg

↑鮫ヶ淵沢標高95m付近の滝。岩が左右に広がり、右から高巻いた。

141207tairayama_23.jpg

↑平山沢右俣260m付近。岩を伝って下りられないので真ん中の白い丸太にまたがってずり下りた。

141207tairayama_36.jpg

↑村道くぐった後に見かけた水路。西原貯水池に導水するのだろうか。でも乾いていた。

141207tairayama_53.jpg

↑平山沢標高190m付近。二連ボックスカルバートにみたいになった箇所。右をビビりながら下ってきた。

141207tairayama_64.jpg

↑平山沢標高75m付近。右岸を高巻いて降りた。

 昨日のソフトバレーボール大会の疲れも残っており、いい感じで疲れることができた。上に示すように何箇所か難しいところがあったが、何とか帰ってこられて良かった。

 141208追記:以下の記録を作成した。

  1. 2014/12/07(日) 19:01:06|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

車の走行距離が77777kmになった

 車の走行距離が77777kmになった。

141129_77777km.jpg

↑走行距離の表示が77777kmを示している。

 車を買って島に来たときは60000kmくらいだったと思うので2年半で17000kmほど運転している計算になる。一周30kmの島でゼロが1つ多いような気がするが、客が来たときは島2周くらい運転しているしそんなもんかもしれない。

  1. 2014/12/06(土) 20:35:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京電力の屋上にあるカメラを見つけた

 東京電力の屋上にあるカメラを見つけた。

141130toudencamera_01.jpg

↑東京電力の屋上にあるカメラ

 台風18号のとき、三宅島の映像として流れる場所がどこだかわからずだいぶ悩んだのだが、途中でやっと東京電力の交差点の映像とわかった。

 ときどきNHKで流れる三宅島の映像は東京電力の交差点から大久保港線を眺めたものが見られた。

島ノ中ニ有リblog 台風18号の影響で船は着発、飛行機は全便欠航

 とはいえどこにカメラがあるのか気になったので、散歩がてら探してみたら東京電力の建物の屋上にあった。人が上がって操作するのではなくたぶん自動で撮影ができるのだろう。なんでこの場所なのかと思ったが、東電なら確実に電気が得られそうだし、交差点だから車の走る様子も撮れるのかもしれない。

  1. 2014/12/05(金) 23:32:43|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

亡くなった叔父さんの日記が暗号で書かれてて読めないけど誰か!?という記事が面白い

 亡くなった叔父さんの日記が暗号で書かれてて読めないけど誰か!?という記事が面白い。

 日記らしいカタカナの羅列を読んだ人が解読に挑戦していく様子がTogetterにまとめられているのだが、はじめは出てくる文字の数や規則を探しているものの、なかなか解読できない。そんな中、ある人が和文モールス信号のトン・ツーを逆転させたものと看破し前半部分は解読される。続いて、後半部分がいろは歌の一字ずらしとわかり、解読が完了する。読んでいくとその逡巡から解決までのカタルシスがよい。

 文章は天気の話など、本当に日記なのだが、なんで暗号化して残したのだろう。日記は確かに人に見られたくないことが多いが、内容はさほど隠す内容には思えない。趣味で暗号を使っていたのか、あるいはだいぶ歳の方で戦時中に使っていたのか、意図がわからない。でもこうやってネット上の人々が考えてあっという間に解かれてしまうとは思っていないだろう。

  1. 2014/12/04(木) 22:40:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

12月になっても蚊を見かける

 未だに蚊が出てくる。

 色の薄い蚊で刺してくる元気がないくせに、耳元で飛んで睡眠を妨げる。

141130mosquito.jpg

↑たたくときかすっただけで落ちてきた蚊

141130katorisenkou.jpg

↑蚊が出ると蚊取り線香を焚く

 しかたなく蚊取り線香を焚くが、それでも飛んでいるので煙はあんまり効かないのかもしれない。

  1. 2014/12/03(水) 00:14:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

椎取神社にコウガイビルがいた

 椎取神社に変なヒルがいた。

141129hiru.jpg

↑頭がシュモクザメみたいに分かれている。

 椎取神社の奥宮に行ったら階段にいた。白っぽいコンクリート打ちの上を黒い姿でノタノタ歩いていたのでよく目立っていた。この島でヒルを見たり刺されたことはない。調べてみたら、どうやらコウガイビルという動物だが、ヒルとは異なるようだ。

 コウガイビル(笄蛭)は、扁形動物門ウズムシ綱ウズムシ目コウガイビル亜目コウガイビル科コウガイビル属に属する動物の総称である。広義にはコウガイビル亜目に属する動物の総称である。往々にして数十cmを超える陸上動物で、外見的に扇形の頭を持つ。名前にヒルとあるが、環形動物に属するヒルとは全く異なった動物である。

コウガイビル - Wikipedia

 乾燥に弱いらしい。雨が降っていたからノタノタ出てきたのだろうか。

  1. 2014/12/02(火) 21:02:59|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御笏神社の猫

 御笏神社に猫がいた。

141129cat_01.jpg

↑イチョウとネコ。雨の中、縁側にたたずむ。

141129cat_02.jpg

↑にらまれた。

141129cat_03.jpg

↑ガン見しながら耳の後ろをかいていた。そのうち縁側の下に逃げていった。

141129aonokumatakeran.jpg

↑奥社にはアオノクマタケランが赤々と実っていた。

  1. 2014/12/01(月) 00:51:14|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0