山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

トウガラシ収穫がてら散歩

 畑にトウガラシを取りに行くがてら散歩した。

141130tougarashi.jpg

↑いつものトウガラシ

141130cat_04.jpg

↑なんでネコは狭いところに乗っかるのが好きなのだろう。伊豆にて。

141130boutahashi_01.jpg

↑坊田橋から見る雄山もなかなか立派。

  1. 2014/11/30(日) 19:41:59|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊ヶ谷港線に流れる雨水

 客を伊ヶ谷港に見送りに行ったらひどく雨が降った。

141129heavyrain_01.jpg

↑伊ヶ谷港線が伊ヶ谷沢を渡る第二下原橋付近で水が流れていた。

141129heavyrain_02.jpg

↑伊ヶ谷沢と並行している箇所でも波のように流れていた。

141129heavyrain_03.jpg

↑伊ヶ谷沢もさることながら村道からの水もグレーチングから溢れていた。

 大雨洪水注意報が出ていて家に帰るまでの間に冠水しているところが何箇所かあった。船客待合所と車の間を行ってくるだけでびしょ濡れになってしまった。いまは寒冷前線も過ぎて月も見える。明日は寒くなりそうだ。

  1. 2014/11/29(土) 18:49:52|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

はじめて三七山に登った

 客が来たのでいっしょに三七山に登った。

 三七山は園地からだいぶ近く、山頂に何もないのが見えるし、大して展望もないだろうと登ったことがなかったのだが、なんとなく客をけしかけて登った。

141129sanshichiyama_02.jpg

↑三七山山頂から見た雄山

141129sanshichiyama_03.jpg

↑三七山山頂から見たひょうたん山

141129sanshichiyama_04.jpg

↑サタドー岬

141129sanshichiyama_01.jpg

↑振り返って三七山園地。

141129sanshichiyama_05.jpg

↑山頂自体はやっぱり何もない。

 大して面白いものもないのだが、雄山や三七山園地がよく見えてこういう視点で見たことがないので面白かった。しかし、1回登れば十分だと思う。

  1. 2014/11/29(土) 18:47:20|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

イメージキャプチャ.appが起動しないように設定

 MacOSX 10.10 Yosemiteをインストールしたあと、SDHCカードを挿すとイメージキャプチャとかいうアプリケーションが起動するようになった。

 邪魔なので消そうと思って調べたら以下のサイトがヒットした。これに従って起動しないように設定した。

141124imagecapture_01.jpg

↑SDHCカードを挿した直後、起動して読み込んでいる

141124imagecapture_02.jpg

↑デバイスを選択すると左下に上矢印が表示される

141124imagecapture_03.jpg

↑このカメラを接続時に開くアプリケーションのプルダウンメニューを選ぶ

141124imagecapture_04.jpg

↑割り当てなしを選択

 これでイメージキャプチャが表示されなくなった。

  1. 2014/11/28(金) 20:36:13|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「サイコパス2」に見る将来の戦争像

 アニメ「サイコパス2 #07見つからない子供たち」まで見た。

「#06 石を擲つ人々」で鹿矛囲がオンラインゲームと軍事ドローンの操作・画面をリンクさせることで、一般人に罪の意識なく殺人を犯すというなかなかクレイジーな方法を披露した。

 クレイジーと思う一方、将来的にそういう戦争の仕方が一般的になるのかもしれないと思った。前にNHKスペシャルで「貧者の兵器とロボット兵器」というテーマの番組を見た。そこには無人爆撃機がアフガニスタンを攻撃していて、操作しているのはUSA本土というものであった。

 危険な場所での作業を無人化し、遠隔操作によって作業するという考え方は労働安全衛生において一般的である。土木においても高圧下のニューマチックケーソン内での掘削作業を遠隔操作化しているのを見たことがある。人が入ってバケットを操作する場合、毎回調整室で高圧に慣れてからセントル内に入り、出るときも常圧に慣れてから出るというひと手間が必要になり、深くなると慣れに時間がかかるため無人化しているということだった。プレハブの部屋で20人ほどのオペレータが手元の画面を見ながらコントローラーを動かしている姿はなんとも変な感じであった。

 軍事においても操縦士を安全なまま攻撃できるのであればそれは有利である。そうすると無人爆撃機同士が遠隔操作で戦うのが将来の戦争では一般的になるのだろうか。究極的には手塚治虫「火の鳥 未来編」のようにコンピュータが考えた結果、お互いに核爆弾をしかけてお互いが吹っ飛ぶみたいなことになってしまうのだろうか。将来の戦争の姿を垣間見せるストーリーであった。

  1. 2014/11/27(木) 21:40:10|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「ウィッチクラフトワークス」

 アニメ「ウィッチクラフトワークス」が面白い。

 今期のアニメではなくて、2014年1月から3月にかけて放送されたアニメで、MXで再放送されているのを見て2話から見ている。

 何が面白いのかうまく説明できないのだが、表現してみよう。秩序を守る工房の魔女と好き放題に過ごす塔の魔女という2つの勢力の対立という背景のもと、主人公の多華宮仄に封印された魔女が発現しないようにヒロイン火々里綾火が守るという大まかなストーリーはある。しかし、工房の魔女と塔の魔女が同じ屋根の下に住んでいたり、工房の魔女同士でもけんかしていたりして、物語は単純でない、しかし複雑に考える必要もない。それぞれのキャラが立っているというか。火々里綾火の何よりも多華宮仄を守る行動、病的に兄を愛する多華宮霞、基本的には敵であるKMM団もドロンジョ様一味みたいに憎めないし、それぞれのキャラクターが勝手に動いてなんだかストーリーになっている。シリアスというよりコミカルなアニメである。原作が「Good! アフタヌーン」らしいが、いかにもである。

 エンディングテーマの「ウィッチ☆アクティビティ」も中毒性があるし、何が面白いのかよくわからないが面白いアニメである。

  1. 2014/11/26(水) 21:28:14|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ものごとをシリアルにしか行えない

 ものごとをシリアルにしか行えない。

 私はもともと複数のことを行うのが苦手で、音楽を聞きながら勉強するとか、電話を受けている時に来客が来たらどうするとか、車で右折するときに信号と対向車と歩行者を見るといったことが苦手だ。逆に集中すれば家族がテレビを見ているリビングで勉強もできる。より正確に言えば作業の切り替えが遅い。

 加えて私はものぐさなので、ものごとを一度に行おうとしてしまう。コタツに入っているときみたいに、郵便受けに新聞を取りに行くこととトイレを同時に済ますようなものである。ものぐさがさらに進み、その個々の作業を最適化しようと努力する。例えば、晩飯を食べて、風呂に入りながら歯を磨き、風呂の残り湯で洗濯する、といった形だ。

 料理するときはまな板、ガスコンロ、炊飯器、電子レンジのようすを見ながら、行動を最適化する。電子レンジが鳴ったら、使い終わったキャベツを冷蔵庫に入れて、冷蔵庫の上にあるレンジから下ごしらえした肉を取り出すみたいな感じである。

 段取りがよいと言えばよいのだが、これには1つ問題がある。最適化した行動がシリアルになってしまい、最初の行動を行わないと次の行動に移れない点だ。具体的に言うと、コタツを出したいと思っているが、その前に部屋掃除をしたい。そのためには荷物の整理をしたい、マンガは人に譲りたいが、譲る前にまた読んでおきたい、みたいな感じである。いつまでたってもコタツを出せないのだが、これらをすべて終わらせると得られるカタルシスも大きい。この3連休はアニメとマンガを消化するのに費やしてしまったが、これもシリアル作業の第一段階にすぎない。

  1. 2014/11/25(火) 00:03:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大久保浜にイソギクが咲いていた

 大久保浜にイソギクが咲いていた。

141124isogiku_01.jpg

↑村道大崎線とイソギク

141124isogiku_02.jpg

↑雨上がりであった

 そういえば内地の花屋さんにイソギクが1株230円で売られていた。島にいるとあちこちで見かけて希少価値を感じられないのだが、冬でも咲く花というとイソギクかツワブキくらいしか知らないので、冬でも華やかさを添えるという意味では貴重かもしれない。

  1. 2014/11/24(月) 14:05:22|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

減量した牛乳や野菜ジュースが売られている

 セブン&アイが900mlの牛乳を販売しているようだ。

 セブン&アイホールディングスが傘下のイトーヨーカドーなどで十月から販売している九百ミリリットル入りのプライベートブランド(PB)の牛乳が、インターネット上などで話題になっている。セブン側は「単身者や高齢者らが飲み切りやすい量にした」と狙いを説明するが、牛乳の原料価格は上昇傾向。「小売り価格を上げないために一リットルから量を減らした苦肉の策では」との声も多い。

東京新聞:牛乳パック 苦肉の900ミリ 値上げ回避?斜めデザイン:経済(TOKYO Web)
141123smartpet.jpg

↑カゴメ 野菜一日これ一杯 スマートPET

 似た例として野菜ジュースが減量したものを販売していた。Amazonで既存の900mlが見つからずしかたなく720mlのものを購入したのだが、ペットボトルのゴミが多くなるので私は否定的だった。ペットボトルのラベルには「3〜4日で飲みきれる」「持ちやすくて注ぎやすい」「冷蔵庫の中で場所をとらない」といった利点が述べられているが、小さくすることが利点なら500mlとか350mlで売ればいいし、方便だなと感じていた。記事にはこの野菜ジュースも触れられていた。

 飲料業界では牛乳以外にも商品の容量を変える動きがある。カゴメは四月から野菜ジュース「野菜生活100」で、容量を九百ミリリットルから七百二十ミリリットルに変えた容器を導入。こちらも「世帯人数が減る中、開封後に三~四日で飲み切れる量にした」(広報)。想定小売価格は九百ミリリットルに比べて11~13%下げたが、容量の減少率はこれを上回る20%になっている。

東京新聞:牛乳パック 苦肉の900ミリ 値上げ回避?斜めデザイン:経済(TOKYO Web)

 商売の戦略としては値上げを値上げと感じさせず、今まで以上に魅力を増すマーケティングをするのが当然であるが、消費者としては単に値上げの理由付けをされているようであまり面白くない。

  1. 2014/11/23(日) 21:03:04|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玄関の前にカラスバトがいた

 家に帰ったら玄関の前にカラスバトがいた。

141121karasubato1.jpg

↑テレビの配電盤の上に乗ったカラスバト

141121karasubato2.jpg

↑なかなか動かなかった

 カラスバトの「ホーウホーウ」という鳴き声は聞くことがあるが、姿を見たことはなかった。

 照葉樹林に多く見られ、ねぐらにはスダジイ林やスギ植林をりようする。季節によっていろいろな木の実を食べ、ハチジョウグワ、タブノキ、ヤブツバキ、スダジイ、ハチジョウイボタなどの実を求めて移動する。警戒心が強く姿を見づらい鳥だが、繁殖期にはよくディスプレイ飛翔を行う。三宅島での呼び名は「クロバト」。

三宅島の自然ガイド―エコツーリズムで三宅島復興!

 ということであんまり見かけない鳥らしい。こんな人の住んでいる中に飛び込んでくると思わなかった。電気を点けても全然動かないし、体を痛めているのかと思ったが、近づくとバッと逃げて行った。

  1. 2014/11/22(土) 22:05:26|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「巧遅は拙速に如かず」

「巧遅は拙速に如かず」という言葉が好きだ。

 できあがりがいくら立派でも遅いのは,できがまずくても速いのに及ばない(スーパー大辞林)という意味だ。

 何で知ったのか覚えていないが、ぐだぐだと議論しているよりはさっさと取り掛かるべきだと思うし、細々と完成度を高めるよりは早めに切り上げて次に取り掛かるべきだと思う。私は話し合いによって結論を出すのが苦手だし、細々とやっていることは後から考えると些末なことと感じることも多い。もちろん、じっくり時間をかけて結論を出したほうが後から手直しが少ないし、結局かける時間が少ないこともある。急がば回れ、急いては事を仕損じる、という諺があることも承知だ。

 性格の問題だと思うが、せっかちな私としては「巧遅は拙速に如かず」という言葉があると説得力が増してよい。

  1. 2014/11/21(金) 00:18:25|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福島第一原発トレンチの止水工事が失敗しているようだ

 /.Jより福島第一原発トレンチの止水工事、失敗

 東京電力が、福島第1原発2号機のタービン建屋と海側トレンチ(地下トンネル)との接合部の止水工事に失敗したことを発表した(毎日新聞)。

 トレンチには原子炉建屋から流入した汚染水が溜まっており、止水した上で汚染水を抜く計画だった。止水には配管を通し、そこに冷却剤を流して凍らせる手法を採用したもの、十分に水が凍結せず、そのため追加対策として氷の隙間を「特殊なセメント材」で埋める工事を実施したそうだ。しかし、その後もトレンチの水位は下がらず、汚染水流入を止められていないと考えられるという。

福島第一原発トレンチの止水工事、失敗 | スラッシュドット・ジャパン

 私も日経コンストラクションの記事を読んでいて凍結工法はうまくいかないだろうなと職場で話していた。私は凍結工法を監督したことはないが、隣接する現場の発進立坑の防護で施工しているのを見たことがある。聞くところによるとどこかしら凍結できていないところが発生してしまい完全に凍結させるのは難しいとか。

 地面の中は見えるものではないので難しいのだろう。地中に止水壁を作るなら立坑の要領で考えると鋼矢板、ライナープレート、鋼製ケーシング、地中連続壁などの方法がある。これらに薬液注入やCJGなどを併用すれば掘削も可能ではないかと思う。見えないものを管理するより見えるものを管理する方が楽だと思うので、いっそ掘削してみるのも手ではないかと思う。現場には専門家がたくさん集っているのですでに考えつくされているとは思うが、市井の土木屋もちょっと興味があるので専門誌ででももう少し詳しく特集してほしい。

  1. 2014/11/20(木) 23:25:34|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フェイク着信という携帯電話の機能

 KYOCERA GRATINAの機能にフェイク着信という機能があるのに気付いた。

141119fake.jpg

↑取扱説明書のフェイク着信機能のページ

 何のために使うのかわからず、友達のいない人が使うのか、わたモテのもこっちみたいな人が使うのだろうか、と考えた。取扱説明書のイラストを見ると、夜道に不審者に追われたときに牽制するために使うようだ。私は男なので思いつかなかった。携帯電話にはいろんな用途があるものだ。

  1. 2014/11/19(水) 21:45:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

BS-TBS「日本の旬を行く!路線バスの旅 #22イルカ跳ぶ外海の大自然 三宅島」

 BS-TBS「日本の旬を行く!路線バスの旅 #22イルカ跳ぶ外海の大自然 三宅島」を見た。

 三宅島のどのようなところを取り上げるのかと思って見た。アシタバ畑と天ぷら、大鼻の釣り、大路池のバードウォッチング、ドルフィンスイムと思いのほかただの観光より活動的であった。取材となれば行く先々に約束を取り付けているのだろうが、計画なくブラブラしているような体であった。ちょうどぶらり途中下車の旅みたいな感じである。でも宿も主人が「泊まるところがないっていうからそのままお連れしてしまった」と招き入れるし、ドルフィンスイムも築穴商店で話ししていたらおしどりに案内されるし、かなり手が込んでいた。

 この島でできるアクティビティをだいたい網羅していて、見がいがあった。でも1日5便しかないバスで島内を回るのはかなり難しいだろう。

 あと、都道を走るバスが構図次第でさまになるのが意外であった。車を入れると道の様子が映えるのでそういう写真も撮ってみたい。

  1. 2014/11/18(火) 22:32:44|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ふるさとの湯が営業を続けている

 三宅村のふるさとの湯が休業の続き。

 ふるさとの湯が営業しているようだ。

141115furusatospa3.jpg

↑工事延期を知らせるIP電話の表示

141115furusatospa1.jpg

↑ふるさとの湯の外観

141115furusatospa2.jpg

↑入口に貼ってあった11月の営業日カレンダー

 11月から3月まで工事のために温泉を閉鎖するとのことだったが、工事延期のために営業を続けるとのことであった。入札不調か予算不足だろうか。IP電話には3月までの営業スケジュールが載っていたのでそれまでは営業しているようだ。しばらくは温泉に浸かれそうなのでよかった。

  1. 2014/11/18(火) 00:43:55|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年はトウガラシの収穫が少ない

 トウガラシを収穫した。

 畑に行ったら作物がなぎ倒されていたが、しぶとく実を付けていた。

141115tougarashi1.jpg

↑トウガラシの実

141115tougarashi2.jpg

↑今年のトウガラシの収穫

 今年は3株植えたものの、1株はすぐ枯れて、1株はいったん葉っぱが全部落ちて復活した。残り1株が収穫のほとんどで植えた時期が遅かったこともあって収穫量は去年に比べて少ない。ある程度貯まったらまたラー油作りをしよう。

 続き:今年もラー油を作った

  1. 2014/11/17(月) 01:03:41|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島でツワブキが咲き始めた

 島でツワブキが咲き始めた。

141115tsuwabuki1.jpg

↑赤ジャリ公園の山側の斜面にて。

141115tsuwabuki2.jpg

↑厚手の蕗に菊みたいな花が咲いている。高山植物のマルバダケブキに似ている。

141115tsuwabuki3.jpg

↑斜面いっぱいに広がっていた。

 先日八丈島に行ったとき、ぐるりと案内してもらったのだが、あちこちでツワブキが咲いているのに気付いた。三宅島にも咲いているだろうと今日注意してみていたらあちこちに咲いていた。近所の一番の群落は赤ジャリ公園の都道挟んで南側の斜面であった。もとは赤ジャリの見える斜面だったと聞くが、いまは法枠吹付を行い枠内から生える植物で赤ジャリの景色はない。

 錆ヶ浜港の波も高いし、冬を感じる。

  1. 2014/11/16(日) 00:03:48|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

錆ヶ浜港の波が高い

 今日の錆ヶ浜港は高い波であった。

141115sabigahama1.jpg

↑錆ヶ浜港の桟橋にかかる波。

141115sabigahama2.jpg

↑船待付近で高い波が砕波していた。

 ここのところ西風が強く、船は錆ヶ浜港ではなく島の東側の三池港に着いている。昨日、八丈島から乗った船も三池港に着いたし、だいぶ揺れた。いよいよ冬らしい。

  1. 2014/11/15(土) 19:53:27|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LogitecのポータブルDVD LDR-PMG8U3LSVを買った

 AmazonでLogitecのポータブルDVD LDR-PMG8U3LSVを買った。

 Mac miniのCD/DVDドライブの調子が悪いのと2,900円と安いのにひかれて購入。

141110LDR-PMG8U3LSV_1.jpg

↑製品の中身。CDはMacでは使用できないライティングソフト。

141110LDR-PMG8U3LSV_2.jpg

↑つなげてみたところ。自作PCから取り出してきたかのようなコンパクトさ。

 とりあえずDVD-Rを試しに1枚焼いて作成できたのでよかった。

  1. 2014/11/14(金) 18:23:09|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ツワブキの名前の由来

 ツワブキの名前の由来が新聞に載っていた。

 名の由来は葉の光沢から艶葉ぶき、厚葉蕗の「あ」が省略されたもの、またはつわ蕗などの説があるが、どれも言い得ているようでおもしろい。

 この葉は薬用として使われ、そのままつぶしてあぶったものを腫れ物、湿疹、切り傷などの外用薬とし、また葉や根茎を乾燥したものを煎じて胃、下痢の薬として内服する。

読売新聞 2014年(平成26年)11月9日朝刊 P.33 千葉版13S
121123tsuwabuki_03.jpg

釜の尻にツワブキが咲きはじめたより。

 ツワブキは三宅島ではよく見かける植物で都道の脇にも植えられている。私が赴任してきた4月には花は散っていたが、つやつやした厚手のフキがあちこちに咲いているのを見て割りにすぐ覚えた。由来についてはあんまり考えたことがなかったが、どれも正しそうな感じがする。

 花の季節は冬でイソギクと並んで花の少ない冬に目立つ花である。ツワブキが咲けば冬のテッパツが吹き始めるだろう。

  1. 2014/11/12(水) 02:02:36|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京理科大のワンダーフォーゲル部が解散になったそうだ

 東京理科大WV、日高で鉄砲水に遭い3名死亡の関連。

 日高での事故により東京理科大のワンダーフォーゲル部が解散になったそうだ。

 人づてに聞いたので確かめるため一次情報を探したら、東京理科大学報第182号を見つけた。

 課外活動事故防止策とワンダーフォーゲル部の解散について

 昨年8月、本学ワンダーフォーゲル部の夏期合宿中において、部員3人の尊い命が失われるという極めて残念な事故がありました。学生部はこの事故を重く受け止め、ワンダーフォーゲル部員とともに事故の全貌を調査し、「安全管理」「クラブ運営のあり方」「基本的なクラブの体制」について繰り返し話し合いを行いました。また、学生部は、自然を対象とするスポーツクラブ・サークルの課外活動の円滑な運営のあり方について議論を行い、今後、自然災害による課外活動事故を未然に防ぐために、次の方策を実施するとの結論に至りました。

  1. 自然災害による事故が起こりうるスポーツクラブ・サークルを学生部が選定し、これらの団体が課外活動を行う場合には、OBや当該スポーツに精通した者が随行するか、事前に指導を受けるよう周知徹底すること。
  2. 学生課に提出する所定の合宿届のほかに、計画書の提出を義務付け、各地区学生部長は計画について詳細なヒアリングを実施すること。また、各部員は計画書を保護者に提示し、事前に参加の承諾を得ることを前提とすること。
  3. Ⅰ部体育局、Ⅱ部体育会顧問である体育科目担当教員の主催による、大学運動部活動のリスクマネジメント等をテーマとする講演会を実施し、全運動系クラブ・サークルの幹部部員の参加を義務付けること。

 一方、ワンダーフォーゲル部から学生部に、部を解散したいとの願い出があり、これを受けて学生部は、当分の間(部の解散日から起算して5年以上)、同様の活動を行う学生団体を承認しないこととし、平成23年3月10日付けをもってワンダーフォーゲル部は解散となりました。大学は、これからも危険を伴うスポーツに対して、安全管理の徹底指導に努めてまいります。

TUSJournal2011(H23).7.15vol.182(引用にあたり見やすいように箇条書き、段落分けを中山が行った)

 前にも理科大のワンゲルは会ったことはないものの、知床のコタキ川でTRWVの赤布を見つけるなど、東工大ワンゲルと活動内容が近いと感じていたと書いた。同じワンダーフォーゲル部で、活動も近いことから親近感があったのだが、解散とは意外であった。

 ワンダーフォーゲル部から解散の申し出があったということであった。いろいろ葛藤があったのだろうが、大学側から一方的に解散を命ぜられたわけではなさそうなので、そこはホッとした。

 新田次郎「聖職の碑」で木曽駒ヶ岳の児童の修学旅行の事故の後、長野県の学務課長が「登山は禁止などということは県の面目にかけてもできない」と述べていたことを引用したが、この理科大の件については少々残念な結果である。

 こないだ理科大ワンゲルに所属していた知り合い2人が残念がっていたが、それでも山をやりたいという学生がいれば形を変えて登る人が出てくるとは思う。探検部に所属するとか、社会人山岳会に参加するとか、ネット上で知り合いを作るとか、単独行にこだわるとか。

  1. 2014/11/11(火) 00:11:39|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

船橋ららぽーと「松戸富田製麺」濃厚つけ麺

 内地来たし、帰りにラーメン食べて帰ろうと思い、船橋競馬場のブックオフに寄るついでにららぽーとにある松戸富田製麺に行った。

141109tomita_01.jpg

↑船橋ららぽーとの松戸製麺富田の外観

141109tomita_02.jpg

↑メニュー表

141109tomita_03.jpg

↑赤みがかったチャーシューについて

141109tomita_04.jpg

↑濃厚つけ麺850+大盛り100円

 有名店らしくて中途半端な16時に行ったにもかかわらず5人ほど並んでいた。席数はあって退出する客がいたので少し待って入店した。食券買ってしばらく店内で待ち、案内された。

 濃厚つけ麺を大盛で頼み950円。まあまあのボリュームと文字通りの濃厚な魚介豚骨つけ麺でうまい。大勝軒と違って甘くないのもいい。チャーシューは生ハムみたいであった。

 おいしいのだが、並ぶこととやや高めの値段設定が気になった。人気店なので仕方ないが、私は並ばないところでいいかなと思った。

  1. 2014/11/10(月) 06:34:18|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モノレール天台駅近くの集合住宅の解体工事

 こないだ実家から千葉駅まで自転車で向かったときのこと。モノレールの天台駅のところで集合住宅の解体工事をやっていた。

141108tendai_1.jpg

↑モノレール天台駅の階段から眺めた集合住宅の解体工事

 単に破壊衝動が刺激されるのか、構造物を作ることはあっても壊すことはあんまりないのか、直感的にようすを見に行ってしまった。人間のX線画像みたいに建物が輪切りにされているようすはなかなか壮観である。ワイヤーソーみたいなものでカットして小分けにしている感じはせず、直接壊しているようだ。右側の白い機械がアームが長くてゴツいのでこいつが主に壊して左のオレンジの機械がさらに細かく砕いているのだろうか。

  1. 2014/11/10(月) 06:33:10|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話をKYOCERA GRATINAに機種変更した

 携帯電話 W55Tが壊れてきたので新しい携帯電話に機種変更した。

141105gratina.jpg

↑購入したKYOCERA GRATINA

 携帯の機種変更といっても6年半ぶりなのであんまりイメージがわかない。私の周りはタッチ式のスマートフォンが多く、従来の押しボタン式のいわゆるガラケーは少ない。私はMacを使っている都合、iPhoneにも興味がある。でもiPhone6は発売されたばかりなので、あんまり高いようならガラケーにしようと考えた。維持費が一番安いものという条件で機種を探すことにした。携帯電話の料金体系は複雑怪奇なので分からないが、聞くだけ聞いてみようとヨドバシカメラに行った。

 そこで驚いたのはスマートフォンの高さである。携帯電話を本体一括払いだと7万円とか8万円とかそのくらいのオーダーであった。確かにちょっとしたノートパソコンと同じだけの機能を手のひらに乗っかる小ささに収めたらそのくらいの値段になるのはうなづける。電車バスで高校生でもスマートフォンをいじっているようすからすると、ガラケー並みのお値段になってきたのかと思っていたが大間違いであった。本体一括払いで買っても、毎月の電話料金は4千円から5千円くらいなので、現状の3,100円より高い。

 いったんパンフレットをもらって考えた。維持費が一番安いものという条件からすればガラケーしかない。1日置いて考えようと思ったが、結論は変わらないと考え改めてガラケーを買うことにした。

 auだとガラケーは4種類。うち、簡単ケータイと子供向けを除くと2種類。店頭で手にとって角が当たらないKYOCERA GRATINAにした。使い勝手はもとのW55Tと変わらずメニューの項目もあまり変わらない。W55Tはボタンがシート式で押した感覚がいまいちわからなかったが、GRATINAはボタンが出っ張っているので押した感触がわかりやすい。また、防水・防塵機能が付いているのがよい。おサイフケータイは使わない機能なのでどうでもよいが、ワンセグが付いているのがいらない機能である。

 結局、GRATINA本体価格が33,479円、ACアダプタ967円の一括払いで買った。料金プランはプランS、EZ WINコースをつけて1,998円+αとなった。現状の毎月3,100円の電話料金より安くなるし、3年ほど使えば本体価格は元を取れる計算((3,100 - 1,998) x 36 = 39,672 > 33,479)だ。維持費が一番安いものという条件を満たしていると思う。

 スマートフォンが思いの外高い、ガラケーがの種類が少ない、本体価格1円みたいなセールはやっていないと、久しぶりの機種変更だと浦島太郎みたいな気分であった。

 ガラケーがここまで少なくなった今、ガラケーとしてはもう最終進化を遂げていると思うので機能としては十分である。また、ボタンのないスマートフォンは視覚障害者には使用が難しいだろうから今後も同等の機能を維持しながら残り続けると思う。次に携帯電話が壊れたとき、スマートフォンがガラケー並みの値段になっていればまた考えよう。

  1. 2014/11/09(日) 13:34:31|
  2. 携帯電話au W55T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「寡聞」の読み方

「寡聞」の読み方を知った。

 私はずっと「かもん」だと思っていたのだが、変換してもでてこない。「多寡」の「寡」と「聞く」で組み合わせて検索したら「かぶん」だった。

かぶん【寡聞】
見聞の狭いこと。主に謙遜の意で用いる。「―にして存じません」
MacOSX付属の辞書.appのスーパー大辞林

 幸か不幸か話し言葉で使うことはなく書き言葉で使うことが多いので、間違いに気づきもしないし恥をかくこともなかった。でも「かもん」だと思い込んでいたので驚いた。

  1. 2014/11/08(土) 11:40:28|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

橘丸の船内をうろうろしてきた

 今日の船は御蔵八丈欠航の三宅島着発であった。用あって島を出るため、朝6時の船に乗った。

 6月下旬に橘丸が就航してから初めて上り便に乗ったので4時間ほど寝た後、あちこち写真を撮ってきた。下り便は何度か乗っているが、定刻は夜発ですぐ寝てしまうのであんまりうろうろしたことがなかったのだ。

 週真ん中の着発とあって人は少なかった。伊ヶ谷港を出港してからだいぶ揺れたらしいが、幸い私は白河夜船だった。

141105tachibanamaru_36.jpg

↑竹芝に到着した橘丸。

141105tachibanamaru_16.jpg

↑真ん中は階段が多い。デザイン性はよいが、下船するときに並ぶ場所が狭い。

141105tachibanamaru_19.jpg

↑階段の前の案内所。

141105tachibanamaru_18.jpg

↑食堂。営業時間が決まっているようだ。

141105tachibanamaru_17.jpg

↑食堂前のラウンジ。ここは開いている。

141105tachibanamaru_20.jpg

↑現在位置を示すディスプレイ。

141105tachibanamaru_22.jpg

↑トリスおじさんがあちこちに飾ってある。

141105tachibanamaru_30.jpg

↑特2等の部屋には車両の継ぎ目みたいなところを通る。

141105tachibanamaru_31.jpg

↑途中荷物置きがあった。

141105tachibanamaru_01.jpg

↑特2等の通路の様子。廊下に荷物を置くと狭くなるので荷物置きに置くか、空いているところに置く。

141105tachibanamaru_32.jpg

↑特2等に寝っ転がってみたようす。カーテンと照明と電源もあるのでこもってパソコンなどで動画を見るにはいい。

141105tachibanamaru_10.jpg

↑最上階の排気塔のようす。

141105tachibanamaru_09.jpg

↑船の後ろ側。東京湾に造波抵抗がたなびく。

141105tachibanamaru_04.jpg

↑海ほたるが見えた。

141105tachibanamaru_35.jpg

↑ピカピカのトイレ。大は全部洋式だった。

141105tachibanamaru_25.jpg

↑シャワー室。さるびあ、かめりあ含めて使ったことがない。

141105tachibanamaru_26.jpg

↑子供向けのプレイルーム。

141105tachibanamaru_28.jpg

↑自動販売機。

141105tachibanamaru_38.jpg

↑今年架かった隅田川第一橋梁。

 全体的にさるびあ丸と比べて狭く感じた。トン数はさるびあ丸より橘丸の方が多いし、定員も増えているはずだが、真ん中のロビーがほとんどなく階段で占められていること、2等が小部屋の仕切りになって狭く感じることが理由だと思う。狭いけどかめりあ丸のトイレのように頭をぶつけることもない。狭く感じる分、あまり迷うこともないのはいい。

  1. 2014/11/06(木) 00:01:40|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新田次郎「聖職の碑」

 新田次郎「聖職の碑」を読んだ。

 伊那駒ケ岳稜線上に聳え立つ遭難記念碑…大正2年8月26日、伊那駒ケ岳登山中の中箕輪尋常高等小学校生徒ら37名は、突如襲った台風に遭難、11名の死者を出した。信濃教育界に台頭する理想主義教育と実践主義教育との狭間に、深い哀しみと問題を残したこの惨劇の実相を、著者自ら登攀取材した長編小説。

新田次郎「聖職の碑」(講談社文庫)裏表紙

 という小説。伊那駒ケ岳、木曽側から呼ぶと木曽駒ケ岳に私は登ったことがない。木曽御嶽山も登ったことがないが、少々遠くてそこまで足を延ばすなら南アルプスか八ヶ岳で満足してしまう。

 当時の天気予報の限界と結果的に撤退の時期を誤ってしまった遭難例を描いている。夏にもかかわらず悪天候に襲われ力尽きていく様子は2009年のトムラウシの遭難事故を思い起こさせる。学校の行事として行っていたが、現代で同じ事故があれば強く非難されるだろう。千葉県の高校でも冬山に行くなとか合宿は2泊3日までにしろとかうるさいらしい。役所らしい事なかれ主義なのだろうが、冒険心をそぐような真似は登山の醍醐味を奪っているように感じる。

 この小説でも同様の懸念が現れる。つまり事故を起こしたことにより、登山を禁止することにならないかと。生き残った有賀が長野県の学務課長にそれを尋ねるシーンがある。

「学務課長は修学旅行登山についてどのように考えておられるのでしょうか」

 ああそのことですか、渡辺の顔はややほころびたようだった。

「長野県は山国です。本県から山を取ったらなにが残るでしょうか。山をこどもたちの錬成の場と考えるのは誰でも同じです。学務課長もそのことについて反対してはおりません。周到な準備のもとに行われるならば、いっこうにかまわないと思います。登山は禁止などということは県の面目にかけてもできないことです」

新田次郎「聖職の碑」(講談社文庫)P.276

 まったく簡潔に修学旅行登山を継続する理由を述べている。これを読んで私もほっとした。好奇心や探究心同様、冒険心は抑えようと思っても抑えられるものではない。安全にも注意を払いながら山に登ることは健全な肉体と精神を養うのによいと思う。

 この小説は新田次郎には珍しく、「取材記・筆を執るまで」という60ページに及ぶあとがきがある。そこで触れている長野県民の気性が読んでいて面白い。

 私は、下諏訪町の湖国新聞の主筆をしている、市川梶郎氏を通じて、まず上伊那の箕輪町へ取材に行くにはどうやったら一番いいかを相談した。信濃というところはどこへ行っても前もって、ちゃんと筋を通しておかないと、

「おらあそんなことは知らねえぞ」

 とそっぽを向かれる可能性がある。

新田次郎「聖職の碑」(講談社文庫)P.297

「小説はもともと虚構でかためるものでしょう。私が真実を話したところで、そのとおり活字になるということではないから、むしろ私の話なんか聞かずに、あなたの思った通りに書いたほうがいいじゃあないですか」

 と云われた。これには参った。時々彼の顔を影のように走る冷笑にも心を許せなかった。語彙が豊富であり、表現が適確だった。頭脳のいい人だと思った。唐沢可作氏は温い人柄を感じさせたが、東城規矩男氏は今度の取材中でもっとも信州人らしいクールなタイプの人であった。

新田次郎「聖職の碑」(講談社文庫)P.332

 私も信州人の血が流れているのでなんとなく雰囲気はわかる。理屈っぽくて思い通りにいかないとヘソを曲げるのは私も同じだ。新田次郎も諏訪の育ちだからよくわかるのだろう。このへんはなんだかこっけいな感じで読めて面白かった。


聖職の碑 (講談社文庫)聖職の碑 (講談社文庫)
(1980/12/10)
新田 次郎

商品詳細を見る
  1. 2014/11/05(水) 00:29:16|
  2. 書評 - 新田次郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海のそばに咲く花の名前がワダンだった

 前に名前の分からない黄色い花と書いた花の名前が分かった。「ワダン」というそうだ。

141101wadan.jpg

↑三宅村議会だよりの最後のページに秋の植物として載っていた。

 ちょっと調べると漢字で「海菜」と書くそうだ。漢字から読みを解くのは難しいが、「海神」でわたつみと読んだりするので分からないこともない。短くてなかなか覚えられなさそうだが、海っぱたに咲いているので漢字から覚えよう。

  1. 2014/11/04(火) 23:45:13|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アカメイモを掘りに行った2014

 アカメイモを掘りに行った。

141103akameimo_01.jpg

↑葉っぱが枯れた畑のようす。

141103akameimo_02.jpg

↑蝶々のような枯れ葉。

141103akameimo_03.jpg

↑掘り起こすとミミズが出てきたが元気がない。もう冬か。

141103akameimo_04.jpg

↑15株ほど掘ってバケツ1杯分。

 今年は小粒だが数はあるように感じた。前は素手で芋を洗ったが、アカメイモを洗うと手がかゆくなるのでゴム手袋をつけて洗ったらかゆくならなかった。

  1. 2014/11/03(月) 14:50:54|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yosemiteをインストールしてからインターネットへの接続が不安定

 MacOSX 10.10 Yosemiteをインストールの関連。

141101inaccessible.png

↑Google Chromeのアクセスできなかった画面

 Yosemiteをインストールして以来、SafariとChromeを併用しているのだが、どうやらどっちも接続できないときがある。これがYosemiteをインストールしたせいなのか、最近無線LANの調子が悪くなったのかわからない。ただ、インターネットに接続できないときでもWiFiルータには接続できるので、Yosemiteのせいじゃないかと疑っている。

  1. 2014/11/03(月) 00:48:25|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蟲師 続章 第十二話「香る闇(かおるやみ)」と偕老同穴

 蟲師 続章 第十二話「香る闇(かおるやみ)」を見た。

 いつも出てくる蟲の姿は今回見えないが、廻陋という名前みたいでトンネルみたいな形で出てくる。時間の円環に囚われたカオルのお話で、子供時代から結婚、老年を過ごし、花の香りに誘われてトンネルを抜けるとまた子供時代ということを繰り返している。記憶はなくなるが、おぼろげながら既視感はあるようだ。ギンコの助言で円環を脱したカオルだが、怪我をしたイクを助けるために再度トンネルに入ってしまう。結果、カオルもイクも時間の円環に囚われて終わり、という話。

 救われたような救われないような、歯切れの悪い話であった。一方で、怪我をした嫁を助ける、というとイザナギ・イザナミの黄泉還りを想起させる。今回はまるでイザナギが冥界に引き込まれてしまったかのようだ。時間の関係する話はまどかマギカやシュタインズゲートなど何ともやりきれない話が多い。

 ところで、ニコニコ動画の登録タグに偕老同穴という言葉があった。何か昔の言葉かと思って調べたら生き物の名前らしい。

 カイロウドウケツ(偕老同穴、Euplectella aspergillum)とは、六放海綿類カイロウドウケツ科に属する海綿動物である。相模湾、駿河湾や土佐湾の100~1000mの深海底に生息している。

カイロウドウケツとは (カイロウドウケツとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 カイメンの仲間ではあるが海綿質繊維(スポンジ)は持っておらず、代わりに淡いクリーム色の二酸化ケイ素(ガラス質)繊維状骨片(骨格)を持つとか、地球上の生物と思えない。さらに、中にエビが住んでいるとか。

 カイロウドウケツの胃腔中には体長2~3cmのドウケツエビというエビが雌雄一対2匹住んでいる。このエビは幼生の時にカイロウドウケツ内に入り込み(幼生の時には性別は無く、先に入り込んだ先客の性別と反対の性別に成長するので必ず雌雄一対となる)、そこで成長して網目よりも大きくなるため、二度と外に出られない状態になる。このことから『詩経』に由来する「共に生きて共に老い、死んだ後は同じ墓穴に葬られること。転じて夫婦の信頼関係が非常に固いこと」を意味する偕老同穴という故事成語が和名に充てられ、結納の際の縁起物に使われる。

カイロウドウケツとは (カイロウドウケツとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 クマノミとイソギンチャクとかコバンザメみたいな共生関係は聞くけど、出られないほど一緒に生活する生き物がいるとは驚きである。生物の世界は広いもんだ。

  1. 2014/11/02(日) 00:19:37|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カップラーメンが更にうまくなる魔法の粉

 こないだ、ドン・キホーテで「カップラーメンが更にうまくなる魔法の粉」という長い名前の商品を見つけたので買ってきた。

141101pepper1.jpg

↑「カップラーメンが更にうまくなる魔法の粉」を乾麺の日清ラ王の使ってみた。

141101pepper2.jpg

↑スプーンで入れてみた。

 インスタントラーメン自体にある程度味がついているのかあんまり旨味を感じなかった。なので一番強く感じるのはコショウ。煮干かたくち鰯、鯖節や鰹節など魚粉とコショウ、ブドウ糖が原材料のようだ。粉だけで舐めるとコショウと旨味を感じるのだが、コショウの方が強い。入れすぎるとこしょう辛い。この粉で酒が飲めそうだ。

 いっそのことコショウ抜きの魚粉ばかりで売ったほうが、消費者がたくさん入れて回転が上がって売れ行きも伸びそうだ。


カップラーメンが更に旨くなる魔法の粉 ブラックペッパー味 90gカップラーメンが更に旨くなる魔法の粉 ブラックペッパー味 90g
()
味源

商品詳細を見る
  1. 2014/11/01(土) 20:05:13|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0