島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

2月なのにカエルがいた

 今日、職場から帰るときのこと。

 グーグーという変な音が聞こえたので懐中電灯をあてたらカエルがいた。

140227toad.jpg

↑カエルがいた

 どうやら雨が降ったようであちこちには水たまりもある。カエルがおもてに出てくるにはよい条件である。

 しかし、暦はいまだ2月。カエルは春の季語らしいが、いくらなんでも早すぎるのではないかと驚いた。

  1. 2014/02/28(金) 00:41:48|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子国土Nextに段彩陰影図が表示される

 電子国土Nextに段彩陰影図が表示されることに気づいた。

140211topography.png

↑電子国土Nextの画面。識別標高図のレ点チェックを入れると段彩陰影図が表示される。

↑東京の地形マニアならおさえておきたい渋谷駅周辺の地図。

 坂マニア、暗渠マニアなど、微地形を見てモエモエできる人ならこれほどよい材料はない。Macだとカシミールも今昔マップ2も使えないし、諦めていたのだが、これを見られれば十分である。時間があいたときに見てモエモエするとしよう。

  1. 2014/02/27(木) 01:09:32|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

抹茶ラテがうまい

 抹茶ラテがうまい。

140223maccha.jpg

↑NESTEA抹茶ラテ黒糖風味

 ココアのようにただ水で溶くだけなのだが、これを牛乳で溶くと牛乳の味が濃厚でうまい。業務用と書いてあるが、ドンキホーテでもAmazonでも売っている。ただココアと違って普通のスーパーマーケットに売っていないのでちょっと希少な感じを味わえるのもよい。


ネスティー 抹茶ラテ 黒糖風味 300gネスティー 抹茶ラテ 黒糖風味 300g
()
ネスティ―

商品詳細を見る
  1. 2014/02/26(水) 00:49:50|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

書籍の再販制度が古く感じる

 書籍の再販制度について調べてみた。

 書籍はいつでもどこでも同じ価格で値引きすることも高騰することもないのは不思議に思っていた。再販制度という制度で価格が決められているというのは知っていたが、この再販制度が何なのか分かっていなかった。

 ちょっと調べてみると一般社団法人日本書籍出版協会という法人のサイトを見つけた。

Q. なぜ出版物に再販制度が必要なのでしょうか?

A. 出版物には一般商品と著しく異なる特性があります。

  1. 個々の出版物が他にとってかわることのできない内容をもち、
  2. 種類がきわめて多く(現在流通している書籍は約60万点)、
  3. 新刊発行点数も膨大(新刊書籍だけで、年間約65、000点)、などです。

 このような特性をもつ出版物を読者の皆さんにお届けする最良の方法は、書店での陳列販売です。書店での立ち読み風景に見られるように、出版物は読者が手に取って見てから購入されることが多いのはご存知のとおりです。再販制度によって価格が安定しているからこそこう したことが可能になるのです。

Q. 再販制度がなくなればどうなるのでしょうか?

A. 読者の皆さんが不利益を受けることになります。

  1. 本の種類が少なくなり、
  2. 本の内容が偏り、
  3. 価格が高くなり、
  4. 遠隔地は都市部より本の価格が上昇し、
  5. 町の本屋さんが減る、という事態になります。

 再販制度がなくなって安売り競争が行なわれるようになると、書店が仕入れる出版物は売行き予測の立てやすいベストセラーものに偏りがちになり、みせかけの価格が高くなります。また、専門書や個性的な出版物を仕入れることのできる書店が今よりも大幅に減少します。

再販制度 | 一般社団法人 日本書籍出版協会

 これを読むと、消費者の購入スタイルの変化に追いついていないように感じた。出版物が一般商品と著しく異なる特性として挙げられている項目はウェブページやblogでも十分兼ねられるものである。再販制度がなくなっても電子書籍が一般化すれば種類や値段の問題は解決する。というか、再販制度がある現在においてもベストセラーは売り上げを伸ばすが、売れない本は売れないという傾向は強いように感じる。また、再販制度があっても町の本屋さんが減っていっていると思う。それにはAmazonなどネット販売が一般化しているためだと思う。

 市場原理に任せてまずい理由がよく分からない。すでに古本市場というものがあり、絶版など希少な古本は高く、ベストセラーで売却されることが多い本は安い。出版・販売方法が多様化する現在において再販制度が保たれているのは誰かの既得権益の確保なのかなと邪推してしまう。

  1. 2014/02/25(火) 07:45:12|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

環状林道を伊ヶ谷林道から三ノ宮林道まで走った

 姉川ダムを訪れた後、環状林道を伊ヶ谷林道から三ノ宮林道まで走った。

140223kanjo-rindo_01.jpg

↑古びたコンクリート桁の伊豆見橋。その名に反してあんまり眺めはない。流れる沢は鮫ヶ淵沢。

140223kanjo-rindo_08.jpg

↑間川にかかる橋に水たまりができていた。

140223kanjo-rindo_11.jpg

↑川田沢支川を過ぎて振り返ると雄山最高点から北へ伸びる尾根がよく見えた。

140223kanjo-rindo_12.jpg

↑土佐沢付近にて。三ノ宮林道付近の丘が見えてきた。スコリア丘なのだろうか。

 この冬は強い雨が何度か降っているものの、思ったほど砂利道は削られておらず何とか走ることができた。伊ヶ谷伊豆神着はガスの影響が少なく樹冠が発達しているので、表面流出も少ないのかもしれない。

  1. 2014/02/24(月) 00:00:16|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

姉川ダムに行ってきた

 姉川ダムに行ってきた。

 姉川は伊豆地区に流れる川で、S氏によると、室町時代まで伊豆と神着の境だったそうだ。一周道路から少し入ったあたりに姉川神社があるが、川の名前が先なのか神社の名前が先なのか分からん。

 姉川ダムは伊豆の集落から山の中に入ったところにある。平成10年の完成で看板やベンチがあってできた当初は憩いの場を想定していたのかもしれない。ちょうど平成9年に河川法が改正されて治水・利水に加えて環境というキーワードが加わった頃だ。しかし、現在はヤブヤブしていて憩うには向かないところである。しかし、訪れる人も少なく、鳥の声も聞け、ヤシャブシの花など春を感じるものが見られた。

140223anegawa_01.jpg

↑姉川ダムの解説板。土砂の量がストレチア丸の船倉6杯分とか、ちょっと表現が古い。

140223anegawa_03.jpg

↑姉川ダムの除石工事をやっていた。

140223anegawa_05.jpg

↑ヤシャブシの花が若い緑色をしていた。春が近い。

140223anegawa_06.jpg

↑流路に向かう道の途中、謎の階段を見つけた。でもヤブヤブしていたのでいかなかった。

140223anegawa_07.jpg

↑平成17年に作られた姉川1号堰堤が見えてきた。

140223anegawa_10.jpg

↑下りてみるとなかなか立派。トンネルの排気口か地下鉄の入口かって感じ。

140223anegawa_11.jpg

↑中に入って上を眺めると現代建築のようである。

  1. 2014/02/23(日) 23:55:18|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「かやく」の意味

 今日は無性にペヤングのカップ焼きそばが食べたくなったので、超大盛を食べた。

 支度をするときにとったかやく袋を見てふと思った。「かやく」って何だろう。中身がカップ麺の具であることは知っている。しかし、漢字を考えてみても「火薬」しか思い浮かばない。しかし、明らかに火薬ではない。私の知らない「かやく」という言葉があるのだろうかと調べてみた。

140222kayaku.jpg

↑ペヤングのかやく袋

 加薬(かやく)とは、ラーメンやうどんなどに入れる香辛料や具を指す。一般的にはひらがなで表記されることが多い。

加薬 - Wikipedia

 ということで、加える薬味という意味らしい。字面を見れば一目瞭然である。どのカップ麺もひらがなで表記している気がするが、なんで漢字で書かないのだろう。

  1. 2014/02/22(土) 19:32:23|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和歌山県が三県境を大きくアピールしている

 和歌山県が三県境を大きくアピールしているようだ。

 何気なく、「県境」をキーワードにGoogle検索してみたら見つけた。

140209sankenkyo.png

三県境を宣伝するウェブページ

 和歌山県には北山村というまるまる飛地の村と新宮市の飛地があるため、三県境の数は6点と多い。これは長野県、岐阜県の7点に次ぎ、海あり県としては最も多い。ちゃんと調べていないけどたぶん。

 他県の三県境が山頂であることが多い(例えば、白馬岳三国境、三俣蓮華岳、八ヶ岳赤岳、甲武信ヶ岳、白砂山、雲取山など)のに対して、和歌山県の飛地による三県境は熊野川の支流北山川に沿っており、車でアプローチが可能である。3時間もあれば5カ所を回ることができる。

 このアプローチの容易さが、和歌山県が観光で推す理由であろう。ほとんどの人は見向きもしないかもしれないが、ニッチな趣味の人が訪れるようになり、知らない人が通りがけに気づけば幸いであろう。

 私も仕事は土木であるが、観光振興に携わることもあり、参考になる。

  1. 2014/02/21(金) 00:27:31|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何度も使うとアホっぽいことば「当然」「結局」「ちなみに」

 何度も使うと何となくアホっぽく見える言葉に「当然」「結局」「ちなみに」がある。

当然
道理の上から考えて,そうなるのがあたりまえであること。だれがどう考えても,もっともであること。また,そのさま。
結局
さまざまな曲折をへて,最後におちついたところ。結末。
ちなみに
それまで述べてきた事柄に関連して,本筋から離れた事柄を言い添えるときにいう語。関連して。ついでにいえば。
MacOSX付属の辞書.appのスーパー大辞林

 なんでアホっぽく見えるのか考えてみたが、それぞれ以下のようなことだと分かった。

当然
自分の考えがさも一般的なことであるかのようにふるまい、相手にその考えを押し付けるから。私の反応は「あなたはそう思っているかもしれないけど、他の人はどうだか知らんよ」
結局
結末は普通1つしかないので、何度も重ねて使うと結末が何なのか分からないから。私の反応は「で、結論は何なの?」
ちなみに
「ちなみに」のあとに本論を続けると、「ちなみに」の本来の使い方と異なるから。私の反応は「『ちなみに』じゃなくて、それは『私が言いたいのは』に変えるべきではないか」

 書いていてだいぶ度量の狭い人間だなと感じてしまった。少なくとも自分が頻繁に使うのはやめようと思う。

  1. 2014/02/20(木) 00:13:32|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十全文博原作、紺野比奈子漫画「妹のジンテーゼ」1巻

 十全文博原作、紺野比奈子漫画「妹のジンテーゼ」1巻を読んだ。

 少々変態的な兄から、論理的思考術を教え込まれた女子高生・知恵。名門女子校に入学するも、通学路で捨て犬を拾ったせいで初日から遅刻の危機に。その上、全力ダッシュの曲がり角で天然巨乳美少女と運命の激突!!恋愛フラグの立ちそうな状況にドキドキの知恵だが!?そして、2人を窓から見ているパジャマ姿の女子高生の正体は…?

 疾走するロジカル×コミカル学園ストーリー、MOVE ON!

十全文博原作、紺野比奈子漫画「妹のジンテーゼ」1巻裏表紙

 という、強大な敵に立ち向かうわけでもなく、スポ根でもない、恋愛物語でもない、かといって日常系とも表現できない何とも分類しがたい分野のストーリーである。

 恋愛の駆け引きをギャップ萌えの観点から説明したり、モノポリーで最も期待値の高い物件がオレンジだったり、クイズ界のジレンマをイノベーションのジレンマから説明したり、クイズ競技相手の得意分野をマトリックスで分析したりと、ちょっと普通じゃない高校生達のストーリーである。

 特に「1から100までの数字を全部足すといくつになるでしょう?」という先生の問いから展開するメタ思考の話は参考になった。回答時間1分という制限から単純な足し算よりも早い方法があることに気づけば101x50=5050と求められる、というものである。これは選択問題でも「…しなくてもよい」「すべて…である」など反例のあげやすい構文が間違いであることが多いことと似ている。つまり問題そのものの正誤が分からなくても答えられてしまう点でメタ思考と言えるだろう。私はこの「メタ思考」をしているときがあるが、「メタ思考」という言葉は知らなかった。

 私の周りにもちょっと変な傾向のある人がいる。テントとフライシートを一致させるために記号を導入したらひらがなで「まる」「さんかく」「しかく」と書いた先輩や、歩くのが疲れるなら大股で歩けば歩数が少なくなり疲れないと大股歩きを推奨した先輩、食料問題の解決案として人間が葉緑体を取り込めばよいと提案した先輩など、いろいろいる。なお、大股歩きは登山において疲れる歩き方とされている。これらの先輩は高校の山岳部の先輩方でもある。

 私自身がよく使うメタ思考としては、文句をいう人に「じゃどうしたいの」と問いかけることである。必要は発明の母であり、文句を言う人は概ね解決法も知っているのでその手伝いをするだけである。登場人物が多くて問題が複雑なときは「誰が困っているの」から課題の抽出を図ることもある。解決方法としては不足することもあるが、お互いの主張をゲーム理論的にぶつけることで対立点を洗い出すことは可能である。ただこの方法はコーディネーターとしては優秀だが、相手を論破させるには弱いことも知っている。

 この漫画の原作者は「もしドラ」の作者岩崎夏海と同じ人らしい。

 というわけで、十全文博名義でマンガ「妹のジンテーゼ」の原作をやっています。みなさま、よろしくお願いします。岩崎夏海‏@huckleberry2008

Twitter / huckleberry2008: というわけで、十全文博名義でマンガ「妹のジンテーゼ」の原作を ...

 あまのじゃくなので売れている本を読まない私は「もしドラ」を読んだことがないが、書評等で見る「もしドラ」の傾向と確かに一致していると感じた。

 あと、ジンテーゼって何だよ、と思っていたが、本の中に出てきたヘーゲルの弁証法で思い出した。syntheseという単語を見れば何となく「主題の統合」って感じがする。MacOSX付属のウィズダム英和辞典によれば反対語はanalysisらしい。そういや理系が現象を把握するときに使う手法は問題の細分化による個々の解決とその統合だよなとか、そんなことを考えた。


妹のジンテーゼ 1 (ヤングジャンプコミックス)妹のジンテーゼ 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2012/06/19)
紺野 比奈子

商品詳細を見る
  1. 2014/02/19(水) 00:45:48|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凡人診断というおもしろい診断

 凡人診断というおもしろい診断をねとらぼで紹介していたのでやってみた。

 あなたの“凡人度”を算出する「凡人診断」を、秋田公立美術大学が企画・開発しました。次々と出題される2枚の写真から好きな方を直感的に選んでいくと、その選択が独自の“才能偏差値”へ換算され、あなたに“凡人としての才能”がどれだけあるか割り出してくれます。

あなたは凡人? 奇人? 写真を選択するだけで「凡人度」を算出してくれる「凡人診断」 - ねとらぼ

 出身地鑑定方言チャートみたいな感じで自分の感性に合う写真を2択で選んでいけばよい。なんとなく集団と孤みたいなテーマの対立が多かった。

140216bonjin1.png

↑こんな感じの2択を20問ほど選ぶ。

140216bonjin2.png

↑凡人度85%、かなりフツーの感性の持ち主。

 結果は凡人度85%とかなり高い点をとった。日々凡人を目指し研鑽を積んでいる私としてはまあまあの点数である。クリエイティブな才能がないのは自覚しているし、そんな職にも就いていないし、趣味にもしていないのでよかった。解説があるとより高みを目指して凡人道を極めることができるのだが、診断結果には特に書かれておらずそれだけが残念である。

  1. 2014/02/18(火) 00:03:32|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

火山ガスの測定の仕方の直感的解釈

 ある人に火山ガスの測定の仕方を教えてもらった。

 気象庁では三宅島の火山ガスの観測を行っており、2000年噴火当時の日量数万トンから現在は500トン以下という数字を公開している(気象庁 | 三宅島の二酸化硫黄放出量)。これを受けて三宅村も高濃度地区の廃止などを行なっている。

 気象観測もやったことがある身として、ずっと気になっていたのだが、いったいどうやって測定しているのか分からなかった。火口から出る煙はあまりにオープンすぎてコントロールボリュームをどうやってとるのかまったく分からなかった。また、SO2のセンサーは存在しても点で測ることしかできず、空間的に捉えることができない。噴出口付近の何かを調べることで分かるのかなくらいに思っていた。このたび、それを尋ねる機会を得て、聞いてみたところ、疑問は氷解した。

 島一周をコントロールボリュームとし、火山ガスが紫外線を遮蔽することを利用し測るそうだ。聞いた内容を図案化してみた。

volcanic-gas1.png

↑雄山からSO2を含む噴煙が放出されている。

volcanic-gas2.png

↑コントロールボリュームを一周道路を投射面とする柱にとる。一周道路に観測車を走らせ、太陽を発生源とする紫外線強度を測る。

volcanic-gas3.png

↑一周の紫外線強度を調べると紫外線が弱い箇所がある。これがSO2によって遮蔽された分である。

 あとは紫外線の欠損分を周回積分してやり、なんか係数をかけてSO2濃度に変換し、テイラーの凍結仮説に基づき平均風速をかければ、系から出て行く火山ガスの量が分かる。コントロールボリュームの上面から出て行く煙は?と思ったが、島は風が強く、真上に煙が立ち上る日は少ないため、無視するのだろう。

 以上が私の解釈である。この方法を編み出した人は頭がいいと思った。見えないものを見ようとする努力が実った結果と思う。

  1. 2014/02/17(月) 00:06:29|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島から大島三原山や伊豆半島大室山の積雪まで見えた

 今日は快晴で富士山までよく見えた。おとといから昨日未明にかけての大雨のせいか空中のごみが全部落ちてしまったかのようだ。

140216fuji_01.jpg

↑赤砂利公園から眺める新島、利島、大島。足下は大久保浜。

140216fuji_04.jpg

↑新島、利島の拡大。利島の向こうに伊豆半島、その向こうに富士山が見える。利島の右は大室山だろうか。

140216fuji_09.jpg

↑大島の三原山にも雪が積もっているのが見えた。

140216fuji_19.jpg

↑夕暮れ時に伊豆岬に行った。夕日には間に合わなかった。夕方でも富士山が見えたが、昼よりぼやっとしていた。

 晴れの日でも三宅島から大島や富士山まで見えることは少ない。大室山や三原山の雪まで見えるのは島に来て初めてであった。八丈島や房総半島も見えたのかもしれない。めったにない好展望の日だったが、K-Xの風景モードで撮ったのだが、粒子が粗く、またレンズかミラーにゴミが付いているようであんまりいい写真が撮れなかった。買ったレンズも18-55mmで望遠には足りない。いろいろと見直してまたの晴れの日に備えようと思う。

  1. 2014/02/16(日) 23:02:36|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ぐち」の聞き方が分からない

 私は「ぐち」の聞き方が分からないことに気づいた。

 ネットを見ていて、【画像】愚痴の多い奴には気をつけろという記事を見つけた。そこでは「悩み」と「ぐち」の違いを分かりやすく説明していた。解決したい場合は「悩み」、ただ聞いてほしい場合は「ぐち」だそうだ。

 語意としては理解していたが、私はぐちを聞いても共感することなく、悩み扱いして解決方法を模索するので話が噛み合ない。しかし、私としては困っていることを話されるとじゃあ何とかしないといかんね、と思ってしまうので自分だったらどうするだろう、と不要なアドバイスを探してしまう。天災のようにどうしようもない場合「そうだね、大変だよね」と共感で終わることもある。しかし、ときには「それはあなたの考え方を見直すべきではないか」と主張することもあるので、私にぐちをこぼすのはその人にとって損である。

 私自身はどうかというと、ぐちをこぼすことは少ないように思う。悩みがあってもあんまり相談せず自力で解決を試みようとする傾向があるので、ことさらぐちをこぼすことは少ない。ほとんどぐちであっても話し相手に「じゃあ、私から上司に聞いてみようか」というような発言を期待しているので、それは「悩み」であろう。なんかそれはそれで精神衛生上よくない気がする。

  1. 2014/02/16(日) 00:10:00|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

iBootを使ったVirtualBoxへのMac OS X Server Snow Leopardインストールに失敗

 iBootを使ったVirtualBoxへのMac OS X Server Snow Leopardに失敗した。

 virtualbox snow leopardで検索すると、Windows上にMac OS Xをインストールしている事例がほとんどで、それらはiBootを使用している。私はiBootがWindows上にインストールするためのソフトウェアと思っていたので、これらを無視していたのだが、Mac OS X上でiBootを使用している事例を見かけたので試してみることにした。

 iBootとMultiBeastはwww.tonymacx86.comからダウンロード。会員登録が必要なのが少々面倒。

140203iboot1.png

↑設定メニュー>ストレージでコントローラー:IDEにiBoot.isoを選択。

140203iboot2.png

↑設定の一覧。

140203iboot3.png

↑起動させ、ディスクの入れ替えを行なったところ。

 ディスクをiBoot.isoからCD/DVDドライブに変更する。そのあとF5を押してメニューのリフレッシュを行なう必要があるそうだが、F5を押しても何も起こらない。Mac Book Airに備わるキーボード照明の明るさが少し弱くなるだけだ。

 F5はPC/AT互換機ではブラウザの再読み込みを示すコマンドというのは知っているが、Macには該当するキーがない。かといってメニューを見てもメニューをリフレッシュするコマンドは見当たらない。ブラウザにならってCommand + Rを押してもVirtual Machineのリセットを行なう、つまり再起動を行なうだけでメニューの再読み込みはできない。

 ここで作業はストップしてしまった。どうやったらメニューのリフレッシュができるのだろうか。このへんが諦め時か。

 続き:Mac mini Mid 2007 を購入した

  1. 2014/02/15(土) 22:24:32|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋「新橋大勝軒」特製もりそば大

 新橋「新橋大勝軒」に行ってきた。

 神宮外苑から新橋まで歩いた後、ラーメン屋を探した。魚介系のラーメンが食べたいのだが、とんこつラーメンの看板ばかりで見当たらない。駅から少し南に歩いて大勝軒を見つけたので入った。

140213taishouken_01.jpg

↑新橋大勝軒の店構え

140213taishouken_02.jpg

↑メニュー表

140213taishouken_03.jpg

↑特製もりそば大450g750円

 いろいろと創作ラーメンを作っているようなので、変わった味かと思ったが、大勝軒らしい魚介系の甘いスープであった。並と大が同額だったので大を注文し、お腹いっぱいになった。

  1. 2014/02/14(金) 06:14:16|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神宮外苑から新橋まで歩いた

 神宮外苑から新橋まで歩いた。

 仕事を終えた後、まだ船まで時間もあったため、どうしようか考えたが、考えがまとまらないのでとりあえず歩いてみることにした。そのまま新橋まで歩いてしまった。

140213jingu-gaien_01.jpg

↑神宮球場の下。無限に連なるようなアーチの連続が美しい。

140213jingu-gaien_02.jpg

↑神宮球場の横の非常階段。最近このタイプの非常階段を見かけない気がする。勾配が急だからだろうか。

140213jingu-gaien_04.jpg

↑有名な外苑の銀杏並木。ここへ来てこの辺りには初めて来たことに気づく。

140213kanni_01.jpg

↑青山通りから外堀通りを通って虎ノ門から環二を眺める。だいぶ工事が終わっているように見える。

 東京のあちこちを知ったつもりになっていても意外とまだ有名どころは歩いていないことに気づくいい機会だった。

  1. 2014/02/14(金) 06:13:43|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝田台「背脂らーめん宮本」背脂らーめん醤油2回目

 勝田台「背脂らーめん宮本」に寄った。

 おととし訪れて以来の2回目。

140213miyamoto_01.jpg

↑背脂らーめん宮本の店構え。勝田台南口の千葉銀行交差点。

140213miyamoto_02.jpg

↑メニュー表

140213miyamoto_03.jpg

↑背脂醤油680円

 新宿で飲んだ後、勝田台まで来てシメのラーメンに食べた。背脂を名乗っているので相当に脂っこいのだろうと思ったら、全然あっさりしていた。酔っぱらっているからかしょっぱさもあまり感じない。手元に醤油があったら一周かけたいくらい醤油を感じなかった。揚げニンニクがあったのでそれを入れながら食べた。前回は脂っこいことが印象に残っていたのに対し、対照的である。人間の感覚とはいかにあやふやで移ろいゆくものか。

 24時を回っていて店は客がいなかった。水曜日だが、昨日は休みだったし初日から帰りが遅い人は少ないようだ。

  1. 2014/02/13(木) 01:39:23|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島嶼会館に泊まった

140203tousho.jpg

↑島嶼会館の外観

 先日、島嶼会館に泊まった。

 平日だったこともありすいていた。昨年建った新しい建物できれいである。最上階6階に風呂があるのがビジネスホテルとの大きな違いか。朝食も注文すれば出る。

 島民であれば朝食付き6,300円なのでちょうどよいくらいの値段である。竹芝桟橋と浜松町駅のほぼ中間に位置することもあり、便利である。

  1. 2014/02/12(水) 00:02:59|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪で真っ白になった畑

140211hatake.jpg

↑先日の雪で真っ白になった畑

 久しぶりに通勤時に通っていた畑のようす。先日の雪で一面真っ白になっていた。畑を乱す人もおらず、平らかな面が数ha広がっていた。東京駅から30kmほどの風景とは思えない。

140210snow_02.jpg

↑昨日の団地のようす

 団地の中もだいぶ雪が積もっており、歩くには長靴がほしいくらい残っている。明日はまだ凍っているうちに家を出るとしよう。

  1. 2014/02/11(火) 22:14:42|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝田台-スポーツセンター路線に千葉内陸バスが参入している

 勝田台-スポーツセンター路線に千葉内陸バスが参入している。

 もともと京成バスの路線であったが、調べてみると、2013年6月から千葉内陸バスが共同運行しているようだ。共同運行って何が利点なのかよく分からない。京成バスのグループ会社も10社以上あるみたいだが、分社化する利点もよく分からない。

140211chibanairiku-bus.jpg

↑勝田台駅のバス停に停まる千葉内陸バス

 今回初めて乗ったのだが、京成バスと違って始発でも乗車時にPASMOをかざさないと降車時にエラーが出る。京成バスの場合は、降車時にPASMOをかざせば、勝手にそのバス停までの最長区間の運賃を引くのだが、千葉内陸バスにはその機能はないらしい。一つ前のバス停で降りた人もひっかかっていた。同じ会社がPASMOの機械を作っているだろうに、なぜ設定が違うのだろう。

  1. 2014/02/11(火) 22:09:24|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射第3号線目黒通りの拡幅・電線地中化完了を見てきた

 外苑西通りを南に歩き、目黒通りに出た。目黒通りの白金台付近は都市計画道路の名前としては放射第3号線であり、5年ほど前に仕事で少し携わっていた。

 そのときはあちこち工事中だったのだが、現在は工事はすべて終わっているようであった。

140211shirokanedai_01.jpg

↑外苑西通りと目黒通りの交差点、白金台交差点。外苑西通りに横断する下水管が撤去され、角地にあったガソリンスタンドは不動産屋さんになり、目黒方面から天現寺橋方面へ曲がる左折レーンができていた。

140211shirokanedai_02.jpg

↑東大医科学研究所前。歩道橋が架け替えられ、架空線が電線共同溝に移っているのが分かる。高輪よりの日吉坂にあったブックオフは閉店していた。

 道路事業は用地買収や他企業の支障移設の調整などめんどうが多いが、完成品を歩いてみることができるというのは埋設物管理者にはない魅力だと感じた。

  1. 2014/02/11(火) 21:52:11|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広尾散歩通り「らーめん匠力」味噌らーめん

 有栖川宮記念公園を出た後、外苑西通りを渡って広尾で飯を探した。何軒かラーメンはあったが、広尾散歩通りで見つけたらーめん匠力に入った。

140211shouriki1.jpg

↑らーめん匠力の店構え

140211shouriki2.jpg

↑味噌らーめん680円

 味噌ラーメンの店らしいので味噌ラーメンを注文した。濃厚な味噌だが、クリームっぽさは少なく味噌ラーメンらしいスープであった。麺は黄色っぽい中太のちぢれ麺で弾力がありおいしかった。行列ができるほど混むわけでもなく、席は8割がた埋まっていて入りやすかった。

  1. 2014/02/11(火) 21:36:34|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有栖川宮記念公園の散歩

 国立新美術館を出てテレビ朝日通りを南に歩き、有栖川宮記念公園に出た。

 先週の雪が残っていてなかなか風情のあるようすであった。島に来てから造園の仕事にも携わっているのでいろいろ参考にしようと見ながら歩いた。

140211arisugawamiya-park_01.jpg

↑流水の源頭。水量を見るとポンプアップしているようだ。原地形が谷になっているから水を流しているのかもしれないが、わざわざ電気使ってポンプアップしているのは構造デザイン的に美しくないと思う。

140211arisugawamiya-park_03.jpg

↑雪化粧した園内のようす。

140211arisugawamiya-park_05.jpg

↑「落枝注意」という看板。歩行者がケガしたときの予防線なのだろうか、注意を喚起していた。

  1. 2014/02/11(火) 21:27:17|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第17回文化庁メディア芸術祭を見に行った

 国立新美術館で開催されている第17回文化庁メディア芸術祭に行った。

140211mediaartsfestival_04.jpg

↑メディア芸術祭の会場のようす

 メディア芸術祭に行くのは平成22年度以来。芸術というと造詣の深い人には分かるけど、素人には分からない傾向がある気がするが、メディア芸術祭は人を引きつけることを目的としているものが多く感じる。観客にとって敷居は低く、子供も多い。芸術は楽しんでなんぼ、と感じる展覧会である。

 肝心の出展には、あんまり引きつけるものがなかった。いつもピタゴラスイッチみたいなへんてこりんなギミックで魅力ある展示品が1つ2つあるものだが、今年は特にひかれるものがなかった。どちらかというと展覧会の内装に興味があった。美術館ではだいたい仮設の壁を立てて順路をつくり、迷路のようになるのだが、今年のメディア芸術祭は天井に至る壁がなく、開放感があった。替わって天井には細い糸が何本も平行に配置され、美しい曲線を描いていた。

 マンガ・アニメーションで知っている作品はヱヴァンゲリヲン新劇場版、それでも町は廻っているくらいであった。劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語がヒットした割にないなあと思ったが、15回で大賞を受賞していた。それ町は最近1巻を読んでみてコミカルなのでまたほかの巻を読んでみようと思う。

  1. 2014/02/11(火) 21:26:51|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相手の反応を過剰に期待する既読スルー

 ネットを見ていたら既読スルーに関する記事があった。

 ついつい気にしてしまう人も多いLINEの「既読スルー」。以前「女性がLINEの「既読スルー」を極度に嫌がる理由」で、女性がもっとも恐れることは、怒鳴りつけたり嫌味を言われるよりも、相手との関係性を断つ「無視」であるとご紹介しました。だから、既読スルーを極度に嫌がる人が多い、というわけですね。

「女性のLINEのここが嫌!」ネットだからいえる男のホンネ大暴露 | ニコニコニュース

 私自身はスマホを持っていないのでLINEを使ったこともないし、そんなことに煩わされることもない。しかし、SNSではありがちな問題だし、ネットワークでは前からある現象ではないだろうか。2000年ごろはウェブページにカウンターをつけてキリ番とったら報告を、みたいなサイトが多くあった。

 グループウェアのLotus Notesでも受信者がメールを開いたことを送信者に知らせる「受信確認」というオプションがある。Lotus Notesの使用経験からすると、送信者が受信した、と分かったとたん、電話がかかってきて「メール読んだでしょ」と内容説明をされることがある。こちらの都合関係なしなので、「受信確認」機能を使う人のメールは開くことをちゅうちょしてしまう。これは送信者にとっては便利だが結果的に利便性を下げているような気がする。

 根底には相手に対する過度な期待があるような気がする。LINEであれば「私の書き込みを読んだのだから、何か返事するのが礼儀(?)でしょ」、キリ番なら「私の作品を鑑賞したのだから、当然何らかの感想を抱くでしょ」という期待である。そしてその期待は相手とつながりたいというSNSの趣旨を相手に強引に押し付けた結果のような気がする。

 ひるがえってこのblogは何なの、blogだってSNSの一種でしょ、あなたは相手に何を期待しているのと言われると、私はblogを使って人とつながりたいというわけでもない。知らない人との付き合いは煩わしいと感じるたちなので、積極的に連絡を取り合いたいとは思わない。じゃあ何のためにblog書いているの、というと、ことのはじまりが「山行記録置き場の跡地」なので、何のためかと問われても何とも答えにくい。

 しいてあげるなら自己顕示欲である。自己顕示欲だが、承認欲求はたいしてもっていないため、ただ書いているだけ、感想は求めない、という態度である。だからFaceBookやLINEみたいなSNSは積極的に使いたいと思わない。たぶん人に迷惑をかけているとは思わないのでこれがちょうどいいだろう。

  1. 2014/02/10(月) 01:28:47|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

今日も雪かきだけで家を出なかった

 結局、今日も家を出なかった。

 新美術館の文化庁メディア芸術祭を見に行こうかと思っていたのだが、京成線が全線運休していたのでやめた。

大雪の影響により、全線で運転を見合わせております。

尚、JR線・東京メトロ線・東武線・都営線・新京成線・北総線・東葉高速線での振替輸送を実施しています。

● 運転見合わせについて|京成電鉄

 バスも団地までは運行していなかったようだ。出かけたところで帰れないのなら出かけない方がいい。それにしても京成線が全線運休するのは珍しいものだ。2011年の震災を除くと、私が学生のとき実籾の踏切で交通事故があって夜から終電まで運休したが、全線運休ではなかったと思う。京成線らしくないできごとであった。

 しかたないので、今日も雪かきくらいしか家を出ていない。実家でゴロゴロしていた。ふだん運動しないので体が筋肉痛である。でも今日路面が見えるよう雪かきしたので家の前は凍結するおそれはないだろう。せっかくの実家なので豚バラ肉と大根の煮物の作り方を母に教えてもらった。

 明日はバス運行するだろうか。ダメなら歩いて駅まで行くとしよう。

  1. 2014/02/09(日) 21:55:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大雪で授業を遅刻した思い出

 まだ雪が積もっている。

140209snow1.jpg

↑雪かきしたのに、境目が分からないくらいまた積もってしまった

140209snow2.jpg

↑網戸には氷がはりついていた

 せっかく雪をかいたのに、どこをかいたのかわからないくらい積もってしまった。網戸には氷がついているし、明日は路面が凍るかもしれない。

 ニュースでは、千葉では16年ぶりの大雪と伝えていた。16年前、と考えてみると、私が高校1年生のときで確かに授業に遅刻した思い出がある。ふだん自転車で通学していたのだが、自転車では雪面を走れないため、バスに変更。しかし、みんな同じことを考えるのかバスは満員。見送っても次のバスも満員。しかたないので始発まで歩いてバスに乗ったが、のろのろ運転であった。授業には2時間目に到着した。意外にもそんな派手に遅刻したのは私だけだったので驚いた。それ以来、大雪の日は30分早く起きて駅まで歩くようにしている。

140209snow3.jpg

↑窓の下端以上に雪が積もっている

 たったいま屋根から雪が落ちてベランダに積もった。30cmほどの深さがあり、窓下端も雪に沈んでいる。ちょっと落ち着かない。

  1. 2014/02/09(日) 00:28:46|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

実家の雪かきをした

 全国的に雪のようだ。

140208snow.jpg

↑雪の積もった町

 今日は朝から晩まで雪。千葉の実家で過ごし、家から出なかったので困ることはなかった。積雪は10cmから20cmほど。

 夕方、運動を兼ねて玄関から公道までと公道の片車線を雪かきした。剣先スコップしかないため、きれいに路面が出るようには雪かきできなかった。それにかいてる端からどんどん積もるのできりがない。

 明日には雪が上がるようだが、路面凍結などで交通機関が動かないかもしれない。お出かけするかどうか悩む。

  1. 2014/02/08(土) 19:27:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「高みへのステップ」を借りてきた

 「高みへのステップ」を借りてきた。

 高校で地学の講義をする際、何をよりどころにするか考えた結果、「高みへのステップ」がよいだろうと村の図書館で借りたのである。もっとも内地からの取り寄せで、講義の直前に借りたため、講義にはうまく反映できなかった。

 登山の歴史にはじまり、リーダー論や動植物、気象・天文といった自然科学、雪面の歩き方やザイルの確保方法、幕営など、内容は多岐にわたり、かつ体系化されている。登山の入門書は数あれど、登山に関する技術いっさいを網羅した本はこれ以外に私は知らない。文登研の教科書として指定されている本であり、私は2001年の夏研参加の際にひととおり目を通した。

 惜しいのは少々古いことと、図が少ないこと。前者はすでに古いシットハーネスが図に現れていること、確保にエイト環を使っておりATCに触れられていないこと、肩がらみが「最も一般的で広く採用されている方法」として紹介されていることなどがある。後者は、古い本にしては図が多く分かりやすいのだが、文章に比して図が少なく、巻頭カラーを除きすべて白黒であることがもったいない。

 借りたのは平成11年の7版である。登山研修所を所管する文部省が著作する点に意義があり、大幅改定があったら1冊買いたいと思う。


高みへのステップ―登山と技術高みへのステップ―登山と技術
(2000)
文部省

商品詳細を見る
  1. 2014/02/06(木) 00:31:29|
  2. 書評 - 山岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近、太ったと言われた

 最近、太ったと言われた。しかも2人に。

 島に来る前の体重は65kg、今の体重は72kg。7kgの増加である。ふだん生活しているときは急に変化するわけではないので人に言われることはない。一方で、温泉に入ったときに72kgを記録したので、自覚はあった。

 内地に出張し、久しぶりにあった人から「太った」と聞かれた次第である。分かってはいたものの、人に言われるとショックである。子供のときはやせ気味だったこともあり、太っている状態はいまがはじめてである。

 原因は山に登っていないことだと思う。ふだん運動はせず、ご飯の量も変わらない。しいて言い訳するなら歳をとって新陳代謝が落ちたのかもしれない。でも運動する気も起きないし、飯の量を減らす気も起きない。よくないのだろうが様子見しよう。

  1. 2014/02/05(水) 23:33:10|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

引っ越した新宿西口「つけめん達翁」つけ麺

 新宿西口のつけ麺達翁に行った。

140203tatsuou1.jpg

↑ヤマダ電機の北側の通りに移った「つけ麺達翁」。地下になった。

140203tatsuou2.jpg

↑つけ麺400g、700円。

 以前はヨドバシカメラのカメラ館のあたりに立っていたのだが、いつの間にやら別の店になっていたので閉店したと思っていたら、別の場所に店を開いていた。地下にあって以前より分かりにくい。

 店内に入るとカウンター席とテーブル席のほかに座敷がある。看板には酒処の文字も見えるので飲み屋もやっているようだ。つけ麺食べている客は私のほかに1人だったが、座敷の扉の向こうには複数人の客が入っているようだった。

 食券を買う際、麺の量で迷う。200gも300gも400gも同じ700円なのでどれだけ食べられるか考えたが、食べ足りないより満腹になりたかったので400gを注文した。

 味は豚骨醤油。前に食べたときは魚介の味を感じたが、今回はあまり感じられなかった。味が三田製麺所と重なるから変えたのか、私の味覚が変わったのかは分からない。魚くさいとか味の画一化を招くとかネット上では評判の良くない魚介豚骨だが、私は魚介の味が好きなので少々物足りなく感じた。

 関連:新宿西口「つけめん達翁」つけ麺新宿西口「つけめん達翁」みそつけ麺

  1. 2014/02/04(火) 00:18:42|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「NOIR」1話から3話までを見た

 ニコニコ動画でアニメ「NOIR」を配信していたので1話から3話までを見た。

 NOIRは私が初めてはまった深夜アニメであり、音楽の梶浦由記を知ったアニメでもある。とはいってもTV放送時は20話くらいから最終話までしか見ていない。

 3話まで無料だったので、見返してみると、2クールもあったんだとか、ストーリーよりも雰囲気を楽しむアニメだなとか、ミレイユってはじめっからこんなにダメな子だったのかとか感じる。また、BGMがよい。これは放送当時も思ったことであり、知り合いからCDを借りてずっと聞きつづけていたので、出てきたBGMはすべて聞き覚えのあるものだった。canta per meやsalva nosが好きだが、キャラソンのエム・モアも透明感があってよかったような気がする。

  1. 2014/02/03(月) 01:30:18|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カニガ沢を登ってきた

 カニガ沢を登ってきた。

 天気もよく、ちょうどよい気温で山歩きを楽しめた。今回はちょっと変わった混成パーティーになったが、地学の専門の人がいると何気ない風景が溶岩流の先端部であるなどおもしろかった。

140201kaniga_19.jpg

↑泥流が磨き上げたナメ。

140201kaniga_48.jpg

↑三七橋で環状林道に上がる。

2014年冬 - 三宅島・カニガ沢下部
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2014/140201kaniga/
  1. 2014/02/02(日) 01:41:48|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

一昨年の三宅島三池の火災で警察が2人を書類送検

 山火事発生から1週間後の火事跡の続き。

 一昨年の三宅島三池の火災で警察が2人を書類送検したそうだ。

 伊豆諸島の三宅島(東京都三宅村)で平成24年11月に起きた山林火災で、治山工事中の作業で火花を散らし、枯れ草に引火させたなどとして、警視庁生活経済課は森林法違反(失火)容疑で、建設会社社員の43歳と58歳の男2人を書類送検した。生活経済課によると、いずれも容疑を認め、「燃え移るとは思わなかった」と供述している。

(後略)

24年の三宅島火災、工事で失火容疑の男ら書類送検 森林法違反 - MSN産経ニュース
121123oosawa_09.jpg

↑都道大沢橋から見た大沢上流側の火事跡。

 うわさ程度にはそれとなく聞いていたのだが、1年以上を経て書類送検という結論が出た。全然音沙汰がなかったので、立証できずに流れたのかと思っていた。

 三宅島はハチジョウススキをはじめ、枯れ草が多いので火がつくと燃えやすく、広がりやすい。特に冬は乾燥する上に風が強いため、延焼しやすい。ときには火災により森林の更新が行なわれていたのかもしれないが、島民の生活が脅かされるのは好ましくないことである。ここのところ消防団が火の用心を呼びかけているが、私自身も気をつけたい。

  1. 2014/02/01(土) 00:01:10|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0