島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

Google MapでKMLファイルの読み込みができなくなった

 Google MapでKMLファイルの読み込みができなくなった。

131117googlekml.png

↑「ファイルが正しい形式のCSVやTSVになっていません」というエラーメッセージ。

 WG-3 GPSのGPSログを読み込ませようとしたのだが、Google Map側から拒否されてしまった。以前は読み込めたのだが、Google Maps EngineとかいうシステムになってからKMLファイルは読めないようだ。

2. [インポート] をクリックします。CSV ファイル、TSV ファイル、XLSX ファイル、マイマップ、Google ドライブのスプレッドシートをインポートできます。KML ファイルのインポートは現在サポートされていません。

データをインポートする - Google Maps Engine ヘルプ

 地図上にデータを表示させることは可能らしいが、手順通りやっても上の画面になってしまい、アップロードできなかった。Google Mapの更新を待とう。

続き:Google Mapで以前のマイマップを使用したKMLファイルの読み込み

  1. 2013/11/30(土) 00:06:49|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

十字路を示すXingという語

 実家から志津方面に向かうときに気になっている交差点がある。上志津十字路である。

131103xing.jpg

↑英語の表記が気になる上志津十字路。Kamishizu 4way Xing

 初めて見たときは'Xing'て何だよ、ピンインかよ、と思ったが、たぶん'crossing'と呼ばせたいのだろう。なら'crossing'って書けよ、あと4wayって何?見れば確かに4つの道路があるけど、言葉だけだと4つの手段があるの?十徳ナイフかよ、とつっこみどころ満載であった。どうせ日本人が書いた英語だろ、とここまで強気で書いて不安になってきた。

 Mac付属の辞書.appのウィズダム英和・和英辞典によると、以下の通り。

Xing, xing
C 横断歩道, 踏切(crossing) (!交通標識で) .

 Xingに「十字路」という意味はないが、crossingという表記があるので意味は同じであろう。ちょっとびっくりした。なお、十字路を辞書.appでひくと以下の通り。

じゅうじろ【十字路】
a crossroads.

 4 wayは辞書.appで調べても分からなかった。ただ、可算名詞らしいので4が数詞ならwaysである。ひょっとしたら不可算名詞として辞書に載っていない意味があるのかもしれない。

  1. 2013/11/29(金) 00:03:22|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

京都市の水道水を飲んだ

 京都市の水道水をもらった。

130918kyotowater.jpg

↑京都市上下水道局の水道水「京の水道 疎水物語」

 シンプルなデザインの缶ボトル。水もくせのないあっさりした味。当然においもない。あっさりしすぎてごくごく飲むとなんだかもったいないが、飲みやすい水である。

 タイトルの「疎水」は土木屋なら知ってる琵琶湖疎水。南禅寺に水道橋がかかっているのは有名である。また、作った人が帝大出たばっかりの若い土木技術者なのだが、すぐ名前を忘れる。

 調べたら田邉朔郎だそうだ。覚えていなかった。しかも、帝大ではなくて工部大学校だった。工部大学校って何だよ、と思ったら東大工学部の前身だそうだ。

  1. 2013/11/28(木) 00:04:38|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

露が降りる季節になった

 露が降りる季節になった。

131117dew.jpg

↑車の上についた露

 地獄谷に行く朝のこと、寒い寒いと思いながら手を袖に引っ込めて外に出たところ、車の上に露が下りていた。カメラに収めるとデスクトップピクチャにありそうな写真が撮れた。家に帰ってからこたつを組み立て冬に備えた。

 冬になれば島にも雪が降る。秋が短く、早くも冬が近いようだ。

  1. 2013/11/27(水) 00:24:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤシャブシがたくさん実を付けている

 ヤシャブシがたくさん実を付けている。

131124yashabushi1.jpg

↑鈴なりのヤシャブシ。

 赤場暁を中心にたくさん生えているが、2000年噴火直後は何も生えていなかったとか。Wikipediaによるとヤシャブシ類は根に根粒菌を共生させていることから、痩せ土でもよく生育することもありヤシャブシ - Wikipedia)ということなのでパイオニア植物なのかもしれない。

131124yashabushi2.jpg

↑実を付けていない株もあった。

 実を付けていない株もあったので、イチョウみたいに雄の木と雌の木があるのかと思ったが、雌雄同株、雌雄異花ヤシャブシ - Wikipedia)らしい。個人差が大きいのだろうか。

131124yashabushi3.jpg

↑ぱっくりと割れているものもあった。さながらパックマンのよう。

  1. 2013/11/26(火) 00:00:23|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今年も三宅島観光協会のカレンダーを買った

 三宅島観光協会のカレンダーを買った。

131123calendar.jpg

↑左がグランプリの水鏡。

 今年もフォトコンが開催され、入賞作品が三宅島観光協会発行のカレンダーになっている。グランプリは「水鏡」という大路池に映るスダジイであった。大路池はよく風で波が立っており、鏡のようになることは少ない。水面に落ちるスダジイと湖面に映る姿が調和している。色合いも構図も美しい。私はもともと水たまりや水面に映る世界が好きなこともあり、すばらしい作品だと思う。

 私も以下の3枚を出したのだが、案の定落選していた。

130807ookubohama_60.jpg

↑大久保浜の夕凪

130913togahama_43.jpg

↑キビナゴの群れに光射す

130913togahama_52.jpg

↑サンゴとキビナゴの群れ

 夕日部門、海部門、それぞれすばらしい作品が入賞していたので、仕方ない。またよさそうな被写体を探すとしよう。

 関連:「三宅島フォトカレンダー」を買った

  1. 2013/11/25(月) 00:01:41|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島から藺灘波島と八丈島が見えた

 昨日、七島展望台から林道を下る際、藺灘波島が見えた。

131123inamba.jpg

↑藺灘波島。シルエットがくっきり。

 藺灘波島は御蔵島の南西約35キロメートルの海上に位置する無人島藺灘波島 - Wikipedia)。三宅島からだと約50km。天気にいい日には見えることがある。カメラに収めるのは初めてだと思う。

↑藺灘波島の位置。

 これだけ天気がよいなら八丈島も見えるのではと思い、目を凝らすと八丈島らしき島が見えた。

八丈島

↑八丈島らしき島の影のようなもの。左端の島かげは御蔵島。Mouseoverで輪郭を表示。

 八丈島までは藺灘波島までの倍の100kmである。見えていれば初めて三宅島から八丈島を見ることになるが、何とも頼りない。八丈島がキレイに見えることがあればカメラに収めたい。

 140915追記:七島展望台から八丈島の撮影に成功した。詳しくは七島展望台から伊豆諸島の有人島7島が見えたにて。

  1. 2013/11/24(日) 17:20:09|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小笠原村の西之島近くに新しく島ができた

 小笠原村の西之島近くに新しく島ができたようだ。

 小笠原諸島・西之島近くで確認された新しい島について、20日よりも、面積などがさらに大きくなり、マグマ供給が続いていることがわかった。

 海上保安庁が21日、上空から調査したところ、島の大きさは、南北400メートルで、20日よりも100メートルほど大きくなっていて、高さも20メートルから30メートルほどに成長しているという。

 東京工業大学火山流体研究センターの野上健治教授は「きのうに比べたら、ずいぶん大きくなったというイメージ。まだ、下からマグマの供給は続いていると。そう簡単に終わりそうではないというのが、僕の印象です」と語った。

 また、数メートルぐらいある大きな塊を飛ばす噴火が続いていることから、島の成長速度は速く、今後も観測を続けていく必要があるという。

FNNニュース: 小笠原諸島・西之島付近に新島

 この間、パキスタンでも地震の後、島ができた。もうもうと煙や噴石を上げながら広がっていく島は地球の力強さを感じる。西之島は過去にも噴火により新島ができ、本島とくっついたことがある。多分に噴火活動が活発なところである。SFの導入部のような新たな島の出現にワクワクする一方、自分のいる島が噴火すると困るなという現実的な心配もある。

 小笠原村では名前を検討しているとか。また本島とくっついちゃうかもしれないし、明神礁みたいにすぐ消えてしまうかもしれないし、どのみち上陸するのは大変だし、観光って言ったってちょっと拙速な感じはする。でも、「新島」だと伊豆諸島の人は「にいじま」と読んでしまうので新島ではない表記方法がほしい。

 小笠原村では、新しい島の周辺で、マッコウクジラが1年を通して見られるということで、観光の目玉としても期待していて、島の名前については、村民から意見を集約したうえで、村議会で決める方針。

「新島」誕生 小笠原村、村民の意見集約し議会で島名決定へ

 山の名前では昭和新山(有珠山)とか平成新山(雲仙岳)みたいに発生時の和暦の名前を付ける場合があるが、島は何と名づけるのだろう。昭和島だったら東京都大田区にあるけど、平成島って検索する限り見当たらない。

  1. 2013/11/23(土) 00:12:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江口 夏実「鬼灯の冷徹」第1巻

 江口 夏実「鬼灯の冷徹」1巻を読んだ。

 東洋的な表紙の枠、ストーリー漫画らしいタッチの絵なので、冷たい性格の表紙の主人公が地獄に送られてきた人と織りなすヒューマンドラマ的なマンガと思っていた。ちょうど高額な医療費を請求するブラックジャックみたいなストーリーのイメージであった。

 しかし、ふたをあけてみると中身はまったくのギャグ漫画であった。閻魔大王の第一補佐官を務める主人公鬼灯の周辺でおこるできごとをおもしろおかしく表現している。道場破りみたいなことをしにきた桃太郎を成敗したり、携帯電話のワンセグからサダコが逃げ出したり、桃源郷の白澤との下らない確執の始まりなど天国や地獄の知識を織り交ぜながらストーリーが進む。もっけの熊倉隆敏がギャグを書いたらこんな感じになるだろうか。

 2014年冬からアニメ化されるそうだ。


鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)鬼灯の冷徹(1) (モーニングKC)
(2011/05/23)
江口 夏実

商品詳細を見る
  1. 2013/11/22(金) 19:37:46|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

森繁 拓真「となりの関くん」

 森繁 拓真「となりの関くん」1巻を読んだ。

 授業中、いつも何かして遊んでいる不真面目な男子生徒・関くん。しかしその内容は、どれも職人的なこだわりと芸術家的な完成度を追求したものばかり。本気ドミノ、オリジナルルールの将棋、そして音声付きパラパラ漫画……。”机のプロ”関くんの遊びには、隣の席のマジメ女子・横井さんもついつい見入ってしまうのです。

コミックフラッパー となりの関くん オフィシャルサイト

 授業中に机で遊んでいる関くんとそれをはらはらしながら眺めるとなりの横井さんという、まったくニッチな分野の漫画である。読み切りの1話しかストーリーができないような気がするが、関くんがあの手この手の内職を繰り広げ、横井さんも読者も飽きさせない。空前絶後のブルーオーシャン戦略に驚きである。単行本も4巻まで出て2014年冬からアニメ化されるらしい。


となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)となりの関くん① (MFコミックス フラッパーシリーズ)
(2011/04/23)
森繁拓真

商品詳細を見る
  1. 2013/11/21(木) 08:12:21|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣山 真也「学校のせんせい」

 巣山 真也「学校のせんせい」1, 2, 3巻を読んだ。

 せんせいだって女の子。

 紫月サクラと緑川あかね、桃園ゆり子の3人は今日から新人教師!高校時代から腐れ縁で一緒に過ごし、一緒に同じ職を志望し、一緒に暮らし始めてしまった3人はまだまだ学生気分! それでも先生は今日から先生なのです! 「悪魔事典」の巣山真也が送るガールズコメディ新登場!

学校のせんせい 1巻 公式サイト: 巣山真也: ガンガンコミックスONLINE: スクウェア・エニックス

 もともと知らないタイトルだったが、ブックオフで手に取ってパラパラと読んで買った。あっさりとした絵と新人教師同士の下らない掛け合いがおもしろい。特に「美人だしスタイルいい」ゆり子が、エロゲや同人誌に通じていて、彼氏ができないなりに楽しんでいるようすが残念でおもしろい。主人公のサクラはつっこみ役で、男女関係にうぶなサクラがゆり子にからかわれたり、まじめないつみの授業に赤面したり、彼氏がいたことのあるあかねに嫉妬したりとそれぞれキャラが立っている。1話1話で完結しているが、真面目なシーンもオチがあり、どれもよくまとまっていて構成もよかった。


学校のせんせい 1 (ガンガンコミックスONLINE)学校のせんせい 1 (ガンガンコミックスONLINE)
(2009/10/22)
巣山 真也

商品詳細を見る
  1. 2013/11/20(水) 19:36:33|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FileZillaを使ってみた

 FileZillaというFTPクライアントを使ってみた。

 2013年秋 - 三宅島・地獄谷の記事を書くにあたり、MacBookからMacBook Airに乗り換えて初めてwebページの更新をした。以前はRBrowserというFTPクライアントを使っていたのだが、どうも最近はメジャーではないようだし、英語だとメッセージ読みにくいしで乗り換えることにした。

 webで調べてみるとフリーウェアではcyberduckとかFileZillaとかがあるらしい。cyberduckはバージョンアップのたびに重くなっているという記事も読んだので、FileZillaを使ってみることにした。

131116filezilla.png

↑FileZillaの使用画面

 たいして難しい設定も要らず、すぐに接続して使えた。左にクライアント、右にサーバのディレクトリ構成が出るのでFinderのフォルダからのドラッグアンドドロップが要らず、画面がごちゃごちゃしないで済む。とりあえず不満はないのでFileZillaを使いつづけてみよう。

  1. 2013/11/19(火) 00:04:49|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

またラー油を作ってみた

 トウガラシを種と皮に分けたの続き。

 トウガラシの皮を友人に頼んで粉にひいてもらった。これを使ってまたラー油を作ってみた

131115rayu1.jpg

↑友人にお願いして粉にしてもらったトウガラシ。毒々しい赤。

131115rayu2.jpg

↑熱した油に投入する。蛍光色のような赤が溶けていく。すぐに焼けて油は真っ黒になった。

131115rayu3.jpg

↑すりおろしたショウガ、ニンニクを入れた後にネギを加えて香りをつける。

131116rayu_01.jpg

↑できあがったラー油。黒いつぶつぶはこげたトウガラシ。

131116rayu_02.jpg

↑ごま油を足してジョウゴでこして完成。

131116rayu_03.jpg

↑真っ黒な液体ができた。

131116rayu_04.jpg

↑横から見ても真っ黒。直ちに健康に害はないと信じたい。とりあえず辛い。

  1. 2013/11/18(月) 22:37:39|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地獄谷に行ってきた

 地獄谷に行ってきた。

131117jigokudani_32.jpg

↑地獄谷の環状林道下にあるセルダム

 くもり時々雨の予報だったが、晴れで気温も高かった。2回目の遡行だったが、ペリドットを見つけるなど新たな発見があってよかった。

2013年秋 - 三宅島・地獄谷
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2013/131117jigokudani/
  1. 2013/11/17(日) 22:54:55|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

1年ぶりに三宅島でレベル3の警報を聞いた

 1年ぶりに火山ガスのレベル3が出た。

131116gas.jpg

↑三池・沖ヶ平地区でレベル3、1時現在SO2が2.39ppm。

 寝ようと思ったのに、外でいつもと違う警報が鳴っているのに気づき、窓を開けて聞いたら火山ガスのレベル3であった。三宅村のHPによると、今日の0:55に発令されたようだ。

 HP内で表示される地図をみると、島内の各所でレベル1が発令されているようで、風が弱いようだ。でも三池・沖ヶ平地区がとりわけ高い濃度になる理由がよく分からない。地形的にはスオウ穴のある神着地区が火口の淵で最も低いだろうし、単に西風が強く吹けば三池・沖ヶ平地区でしか観測されないだろうし、考えても分からない。

 それにしても昨年は私が赴任した4月以降3回レベル3を聞いているが、今年は11月半ばにして1回目である。ガスの量はだんだんと減ってきているのだろうか。まったく出ないようになってほしいものだ。

  1. 2013/11/17(日) 01:13:32|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阿古の錆ヶ浜で貝殻を拾った

 阿古の錆ヶ浜で貝殻を拾った。

 友人がNPOの活動か何かで貝殻がほしいというので、探しにいった。三宅島は黒い玉石ばかりで貝殻はほとんどないのだが、探せばないこともない。

131116shell_01.jpg

↑欠けて穴があいている巻貝を見つけた。

131116shell_02.jpg

↑上から見ると同心円。

131116shell_03.jpg

↑下から見ると渦巻き状。フィボナッチ数列を彷彿とさせる模様。

131116coral_01.jpg

↑これは何でしょう。WG-3の顕微鏡モードで撮影。

131116coral_02.jpg

↑ちょっとひくと穴がたくさんあります。

131116coral_04.jpg

↑答えはこれ。サンゴのかけら。

131116isogiku_01.jpg

↑花芽が膨らんできたイソギク。

 童心にかえっていろんな小さなものを見つけられおもしろかった。

  1. 2013/11/16(土) 21:20:48|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

御蔵島の夕焼けがキレイだった

 仕事で御蔵島に行ってきた。

 西川とか小島分川のあたりとか行ってきたのだが、昨日の夕焼けがキレイだった。

131114mikurashima2.jpg

↑御蔵島の夕焼け

131114mikurashima1.jpg

↑御蔵島港から西を眺める

 昨日はヘリから藺灘波島や八丈島も見え、視界がよかった。特に八丈島は底土港に着岸した状態でさるびあ丸から眺めたことしかなかったので、三宅島・御蔵島からも見えるのが確かめられてよかった。

  1. 2013/11/15(金) 20:01:25|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PDFを圧縮するオンラインサービスcompress.smallpdf.com

131113compresssmallpdf.png

compress.smallpdf.comの画面

 メールに添付する文章を作っていたときのこと。アップルワークスで作成した文字だけのPDFがなぜか3MBもあり、メール添付するには大きすぎた。以前、取り上げたプレビューの保存オプション、'Reduce File Size'を試したが、まったく小さくならなかった。

 オンラインで調べてみると、PDFのサイズを小さくするソフトウェアはいくつかあるようだが、このためにソフトウェアを導入する気も起きない。そこでオンラインでPDFのサイズを小さくするcompress.smallpdf.comというサービスを使ってみた。

 使い方はいたって簡単。圧縮したいPDFファイルをドラッグアンドドロップするだけ。あとは勝手に圧縮済みのファイルがダウンロードされていた。結果は532KBと小さい。無料の割に広告もうるさくないし、日本語だし、ありがたいシステムだ。

  1. 2013/11/14(木) 00:10:31|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道16号沿いにいるグレーの猫

 こないだ実家に帰ったときのこと。自転車で志津方面に向かっていたのだが、国道16号を渡るときにグレーの猫が寄って来た。

131103cat1.jpg

↑ほぼ黒に近いグレー

131103cat2.jpg

↑なんかくつろいでいる

 毛並みがよいので飼い猫だな、見たことある気がすると思い、調べてみたら4年前にも見た猫であった。

090916neko.jpg

↑4年前に見たとき

 変化は赤い首輪をしているかしていないかくらいで元気なようすであった。

  1. 2013/11/13(水) 20:53:50|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原「豚骨醤油ラーメン太善」ラーメン大盛り

 日比谷公園でつくられた江戸城と日比谷公園の地形を見そびれた後、定期船が出るまでヒマなので秋葉原のブックオフへ行った。その後、ラーメン屋に入った。

131110taizen1.jpg

↑総武線に沿って昭和通りを渡ったところにある豚骨醤油ラーメン太善

131110taizen2.jpg

↑ラーメン大盛り720円を注文

 大盛り無料、ライス無料なので、どちらもお願いした。店の中の説明書きには「豚骨醤油といえば家系が有名ですが・・・」とあったが、家系とは違った野菜のうまみが出たスープで醤油っぽさがむしろ少なかった。チャーシューも箸で持ち上げようとすると切れるくらい柔らかかった。

 電気屋と反対側なので、少々遠い。でも昭和通り沿いも店が多いので、飯を探す人にはすぐ見つけられていいと思う。

  1. 2013/11/12(火) 00:03:42|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「つくられた江戸城と日比谷公園の地形」を見られなかった

 日比谷公園開園110周年記念『つくられた江戸城と日比谷公園の地形』という展示が日比谷公園の緑と水の市民カレッジで開かれるというので見に行った。しかし、日曜日は休館日だった。

131110hibiya1.jpg

↑緑と水の市民カレッジは日曜休館だった

131110hibiya2.jpg

↑日比谷公園の池

 展示ってだいたい休日に多く人が入るものなので、当然土日も営業しているだろうと思い調べていなかった。紅葉川、築地川、会仙川とかあのあたりの原地形を知るのにいい機会だと思ったのだが、残念である。残りの会期中に内地に行く用はない。

  1. 2013/11/11(月) 06:12:23|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JR東による東京駅ー羽田空港路線整備検討の記事

 2020年の東京五輪・パラリンピック開催をにらみ、JR東日本が、東京都心と羽田空港を結ぶ新しい鉄道路線の整備を検討していることが分かった。

 山手線の田町駅付近と、羽田がある湾岸地区を結ぶ東海道貨物線(現在は休止中)を活用する案が有力だ。空港ターミナル地下に駅を新設し、トンネルで直結させることを検討している。

都心と羽田結ぶ新路線…五輪にらみJR東が検討 : 東京五輪2020 : 五輪 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
131110hanedashinsen.jpg

↑朝刊に載っていたルート図

 という記事が今朝の朝刊に載っていた。

 ルートは田町から大井埠頭にある貨物ターミナル駅までの路線を使うようだ。これを使えば半分くらいは線路を新設しなくて済む。

 東京モノレールがJR東の傘下に入っているので、競合路線の新設は意外だ。これまでモノレールに空港快速を新設したり、1時間15本を宣伝したりと羽田空港で見ていると京急に対抗しようと力を入れているのが見えていたので、モノレールがないがしろにされてしまいそうだ。

 また、国交省が調査している都営浅草線の東京駅経由の短絡線との競合も気になるところである。JR、浅草線いずれかがあれば東京駅から羽田空港へ直通する列車は足りるので、オリンピック・パラリンピックとはいえ過大な社会資本投資になりそうな気がする。

  1. 2013/11/10(日) 13:13:33|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夜行列車が減少する理由

 杉山淳一の時事日想:夜行列車はなぜ誕生し、衰退したのか (1/5) - Business Media 誠という記事が示唆に富んでいる。

 私は山へ行く都合、夜行列車にお世話になることが多い。急行アルプス/快速ムーンライト信州、快速ムーンライトえちご、急行能登、快速ムーンライトながら/大垣夜行など、数々の夜行列車に乗ってきた。しかし、急行能登をはじめ、夜行列車は減少傾向にある。特に寝台列車にその傾向が強く、この記事はあけぼのの廃止から書き始めている。

1012otensho_001.jpg

2010年冬 - 北アルプス・大天井岳[1/2]の際に使った快速ムーンライト信州

 夜行列車がなぜ減るのか、私はあまり考えたことがなかったのだが、考えてみると、いくつか思いあたる。乗る人が減っているからとか、安価な夜行バスとの競争に負けているとか、夜の貨物列車の支障になるとか、運転手、車掌、駅員を夜間勤務させるコストが高いとか。

 しかし、この記事では夜行列車が必要とされる理由が導入当時と比べて変化したからと説明する。

 しかし、「夜出発して朝着く便利さ」と「旅情」は、もともと夜行列車の役割ではなかった。鉄道会社が夜行列車を運行した最初の理由は、「当時の列車の速度では、目的地まで昼も夜も走り続ける必要があった」からだ。

杉山淳一の時事日想:夜行列車はなぜ誕生し、衰退したのか (4/5) - Business Media 誠

 乗客にとって、「夜を移動する道具」+「寝る道具」としては料金が高すぎる。鉄道会社にとって、「お客さまに旅情を楽しんでいただく列車」としては採算が悪すぎる。これがブルートレインブーム以降の寝台特急の現実だ。

杉山淳一の時事日想:夜行列車はなぜ誕生し、衰退したのか (5/5) - Business Media 誠

 確かにこれだけ新幹線があちこちに伸び、夜行列車に翌日の朝一番の新幹線で追いつくなら、速達性の優位が少ない。いずれ夜行列車はなくなっていくのだろう。

  1. 2013/11/10(日) 01:14:46|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

劇場版まどか☆マギカの冒頭に出てくる近未来的な駅はベルリン中央駅らしい

 劇場版まどか☆マギカの冒頭に出てくる近未来的な駅はベルリン中央駅らしい。

06germany_127.jpg

↑2006年に建築中だったベルリン中央駅

 2006年にベルリンに行ったことがあるが、そのときはまだ建築中でホームも一部しかできていなかった。下車もしていない。確か東ベルリンと西ベルリンをつなぐ路線にできるとかで、新たに駅を設置するようすだった気がする。

 ドイツの駅はアーチを多用したシェル構造が美しい。いかにもヨーロッパのイメージに合い、海外に来たと思わせる構造である。

 しかし、よくまあ映画のシーンから特定できる人がいるものだ。ドイツに滞在していた人が映画を見たのだろうか。

  1. 2013/11/09(土) 10:24:48|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ANAのアンケートに答えた

 今日、また内地へやってきた。今回は火山ガスによる飛行機欠航のため、定期船に乗ってきた。

 飛行機を予約した際、アンケートのお願いというメールが来たので答えてみた。

131107anaquestuonaire.png

↑アンケート画面

 搭乗カウンターや機内のサービスについて5段階評価を行なうというものであった。今回飛行機に乗っていないが、しょっちゅう乗っているし、先週も乗っているので、そのときの記憶をもとに答えた。

 客対応はよいのだが、あとは就航率がなあ。欠航の際、いちいち連絡しないと払い戻ししてくれないのも客としては納得いかない。それにしても全日空の羽田ー三宅島路線は今年度いっぱいだし、最高の評価をしても最低の評価をしてもあまり意味がないのが残念である。

  1. 2013/11/08(金) 23:50:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島絵図という絵地図

 三宅島絵図という絵地図をもらった。

131106miyakejimamap_01.jpg

↑三宅島絵図全体

131106miyakejimamap_02.jpg

↑2000年噴火のため今はない雄山山頂部

131106miyakejimamap_03.jpg

↑水があったころの新澪池

131106miyakejimamap_04.jpg

↑奥付。昭和44年初版、昭和56年改訂。

 地名がたくさん載っており、それぞれの解説が旗揚げで書かれており、読み応えのある地図である。また20年周期で噴火する三宅島は噴火のたびに地形が変わっており、過去の地形が分かるのもおもしろい。じっくり眺めてみようと思う。

  1. 2013/11/07(木) 20:39:48|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

苗床から芽が出たけど枯れた

 先週作った苗床から芽が出てきた。しかしほっといたら枯れた。

131104hakusai.jpg

↑枯れる寸前の白菜

 台風来ても新聞紙で覆ったままほったらかしにしていたら、芽が出たことは確認したが、そのままぐったりしてしまった。とりあえずまた新しい新聞紙で包んで風よけにしてほったらかしにしている。復活しないかな。

  1. 2013/11/06(水) 21:35:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑に蓼の花が咲いていた

 畑に蓼の花が咲いていた。

131013tade.jpg

 植えたわけではなく、勝手に生えていた。花は小さく頼りないが、群落になっているとそれなりに様になる。よく見る花だが名前が分からず、親に聞いたらタデの一種ではないかとのことであった。覚えておくとしよう。

  1. 2013/11/06(水) 00:38:51|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

11月3日の竹芝ターミナルが3連休中日なのに混んでいた

 11月3日日曜日、竹芝のターミナルに向かったときのこと。3連休の中日なのでたぶんすいているだろうと思っていたら意外と混んでいた。

131103takeshiba.jpg

↑11月3日夜の竹芝

 客層を見るとヘルメットを持つ土木屋さんとおぼしき人、バックパックを背負う人がいる。想像だが大島に向かう人であろう。実際、三宅、御蔵、八丈航路は混んでいなかった。

 今日、ニュースによると大島の土砂崩れは、政府が激甚災害に指定したそうだ。いまだ行方不明者はすべて見つからず、連休中はボランティアも活動していたとテレビは伝えていた。今後も土砂崩れ防止のための工事が数カ年にわたって続くのだろう。

  1. 2013/11/05(火) 23:39:44|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

凡人願望と非社交性維持の葛藤

 この間、大学の後輩の結婚式に出てきた。華やかな式と新郎新婦の幸せなようすに満足していたのだが、一方で何か空虚な感じも持っていた。帰りの電車で千葉まで帰る後輩と話しながら考えを整理していたのだが、その結論が凡人願望と非社交性維持の相克であった。

 私は今年で32になり、同年齢や年下の人も結婚するようになってきた。もらう年賀状の差出人が1人ということはない。たいがいが連名で「結婚しました」とか「子供が生まれました」とかメッセージが載っている。親からこそ言われないものの、周りの人からはいい人いないのか、とか聞かれることもある。私自身、独り身で年老いたらとか、入院したらとか、不安はある。

 また、私は凡人でありたいという願望が強い。といっても、私が天才だとか馬鹿だとかそういう自覚はなく、いま生きているようすを誰が見たってただの一市民であることは重々承知している。願望はすでに達成されているのだが、私が望むのは究極の凡人である。あまりに凡人過ぎて、いなくなっても簡単に替わりがきき、亡くなっても誰も悲しまないくらいの凡人になりたいのである。そこには平均的な人生を送りたいという飾らないただ平凡な願望がある。生涯未婚の割合が増えているとはいえ、結婚している人の方が多いわけで、多数派に混ざりたいという陳腐な願望は捨てきれない。

 一方で、私はひどく人との関わりを避ける傾向にある。それは昔からで友達と遊ぶよりも家や図書館で一人で本を読んでいることを好む子供であった。今も同じで放っておけば土日家から出ずにずっとネットを見ていることもある。人と会って話しをし、信頼関係を構築し、維持する、それが私には面倒だし、苦手で、それをしていると背伸びをしている自分に気づく。

 異性はおろか同性であっても同じ傾向なので、人付き合いは最小限にとどめている。山だって単独行でもよく行くし、人に患わされない開放感に単独行ならではの満足を得る。考えれば考えるほど根暗な性格なのだが、三つ子の魂百まで、変えられないし変える気もない。

 それが葛藤となって出たため息が空虚という言葉であった。機会があればおつきあいするし、なければいいか、そのくらいの気持ちを持っていよう。

  1. 2013/11/05(火) 22:35:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「スティーブ・ジョブズ」を見てきた

 映画「スティーブ・ジョブズ」を見てきた。

 羽田空港「イノベーション探求展 ースティーブ・ジョブズの軌跡ー」を見てきたの関連。

 羽田空港で展示を見てきたこともあるし、Apple信者として見ておこうと思い、見てきた。ジョブズの伝記は一度読んだことがあるのだが、ほとんど覚えていない。

 話はジョブズが大学を中退した後からAppleに復帰するまで。ジョブズ役のアシュトン・カッチャー、スティーブ・ウォズニアック役のジョシュ・ギャッドが見かけも演じ方もいかにも本人そっくりで違和感なくストーリーに没入できた。ジョブズがいきなり解雇を言い渡したり、Apple Iをロジックボードのみでパーツ屋に売りつける口ぶり、妊娠したと伝える彼女に俺のせいじゃないと言い切るクズっぷりといい、いかにもジョブズらしい。また、理想主義のジョブズに対してウォズニアックの口べたなりに現実をボソボソ伝える感じも、振り回されながらも人のいいところも、一見正反対の2人の組み合わせがうまくいったのがよく分かる。

 映画はタイトル通り、Macintoshの開発というより、人物伝に主眼を置いている。であればジョン・スカリーを呼び込んだ砂糖水のくだりはもっと印象的にすべきだろうし、NeXT低迷のことも描いた方がいいと思う。また、Apple復帰後のiMac、iTunes、iPod、iPhone発表等のジョブズの活躍を示してこそ立志伝としてキレイにまとまると思う。こきおろしたビルゲイツから資金提供を受けたり、Newton開発を即時中断させといてしれっとiPhone売ったり、IntelよりPPCのほうが速いとさんざん宣伝しておいてIntelに乗り換えたりとかジョブズのわがままなところが出てくるとよかった。役者がハゲにするのをいやがったのだろうか。

 少なくともジョブズについて知っているApple信者なら楽しめるし、ジョブズが偏屈ものであることを知っている人ならおもしろいと思う。

 関連:2016年公開の映画「スティーブ・ジョブズ」を見に行った

  1. 2013/11/04(月) 07:36:22|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」を見てきた

 「魔法少女まどか☆マギカ 第10話『もう誰にも頼らない』」を見た魔法少女まどか☆マギカの最終話は贖罪がモチーフかの関連。

 「劇場版 魔法少女まどかマギカ[新編]叛逆の物語」を見てきた。

 前編、後編はテレビ版の焼き直しと聞いていたので見なかった。新編の事前情報としては「叛逆の物語」というタイトル、まったくの新しいストーリー、新キャラのデザインくらいであんまりヒントがなかった。ネットを見ていても謎解き的な書き込みもなく、かといってタイトルからして大円団という感じでもなさそうだし、もやもやしていた。ちょうど内地に来ていて休みをとった1日は1,000円で映画が見られるので見てきた。

 実際に見てきて、私の感想はやはり同じで映画を見れば大筋は分かるから謎解きの要素も少ないし、大円団というには暗い結末だし、確かにまどかがいなくなった後の話だし、叛逆の物語だし、とネタバレせずに感想を書くのは難しい。コレから見る人に言えるのは、最初は「え、よくわかんない」と思うが、その不明点は劇中でも疑問とされ、あとで解消される。

 以下、ネタバレ含む3つ。

全文を読む
  1. 2013/11/03(日) 11:23:17|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽田空港「イノベーション探求展 ースティーブ・ジョブズの軌跡ー」を見てきた

 ここのところ、羽田空港に行く機会が多く、その1室で「イノベーション探求展 ースティーブ・ジョブズの軌跡ー」という展覧会があったので、これを見に行った。

 60m2くらいの大して広くない、第2ターミナル出発ゲートの一番端で人も少なかった。

131031stevejobs_01.jpg

↑入口のようす。黒で統一されている。

131031stevejobs_02.jpg

↑ノートパソコン。初代iBookは当時ほしいと思ったが、最近のシンプルなMacに見慣れていると奇抜なデザインに見える。

131031stevejobs_03.jpg

↑20th Anniversary Macとかボンダイブルーとか。なんとかディスプレイは驚くほど透明なプラスチックを使っていた。

131031stevejobs_04.jpg

↑Apple II。昔のパソコンにしてはかなり小さくまとまっていると感じた。

 文字は少なく、Macの展示だけであったが、シンプルでよかった。飛行機を待つ人にとっても10分か15分くらいで無料で見られるしいいと思う。

 たぶん映画「スティーブ・ジョブズ」の宣伝のためなのだろう。

 続き:映画「スティーブ・ジョブズ」を見てきた

  1. 2013/11/02(土) 11:38:38|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

WORLD UNTITLEDのCMで流れたBWV1002 Sarabande

 テレビを見ていたらCMでJ. S. Bachとおぼしき曲が流れていた。

 ほとんど文字が表示されないCMだったが、WORLD UNTITLEDの文字から検索したらやはりBachであった。Partita No.1 in B minor, BWV1002 Sarabande(パルティータ第1番ロ短調 サラバンド)というらしい。BWV1002から調べてみると、私がmp3で持っているのはBach: Sonatas & Partitas For Solo Violin [Disc 1]に含まれるもので、演奏者はHenryk Szeryngであった。編曲されてだいぶシンプルな旋律になっている分、CMとして印象に残るようになっているように感じる。私がだらだらとiTunes垂れ流しにしていても、ハッと気づくことはいままでなかった。優れた編曲だと思う。

 参考:CM曲「WORLD UNTITLED 安室奈美恵」 - MUSIC NET

  1. 2013/11/01(金) 23:58:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0