島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

最近名前を知ったヒメオドリコソウ

 新聞でヒメオドリコソウという名前を知った。

130415himeodorikosou1.jpg

↑バス停に生えていたヒメオドリコソウ

130415himeodorikosou2.jpg

↑ヒメオドリコソウの小さな花

 イヌフグリと同じくらい雑草としてあちこちに見かける花だが、名前を知らなかった。4月13日の読売新聞夕刊での立体視のコーナーで、ヒメオドリコソウの写真を使った立体視の問題があったため、そこで知った。

 花の名前は言葉と違って検索のしようがないので、人に聞くかこういった機会に覚えるしかないのが歯がゆい。しかもセンニンソウみたいに特徴がないとすぐ忘れてしまう。

  1. 2013/04/30(火) 00:53:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島の案内をすると新鮮に感じる

 この3連休は島に友人が来て、案内して回った。

130427miyakejima_06.jpg

↑大路池北岸にてエゴノキ。

130427miyakejima_07.jpg

↑エゴノキ拡大。

130427miyakejima_08.jpg

大路池北岸にてサルトリイバラ。

130427miyakejima_09.jpg

大路池北岸にてカジイチゴ。まだ熟していない。

130428miyakejima_39.jpg

↑三本岳と新鼻新山。逆光になるし、構図の難しい取り合わせだと思った。

130428miyakejima_57.jpg

↑ふるさとの湯にて夕暮れ。体重を量ったら人生初めての70kg越え、それも72kgだった。島にいると車で移動して運動しないのが原因と思われる。

130429miyakejima_09.jpg

↑今朝アシタバを採りに行ったらヒヨドリのような鳥がいた。

 休みは何も用がないとダラダラと寝て過ごすが、朝船のお迎えしたり食事処に案内したりと島内をグルグル回った。気を使うのと同時に人に見られているという自覚で朝も8時ごろに起きたし、夜には寝たし、新鮮な過ごし方であった。こういう変化があるのは生活に刺激があってよいと思った。

  1. 2013/04/29(月) 15:45:26|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

代々木二丁目「風雲児」つけ麺大盛り

 こないだ新宿に行ったとき、昼飯にラーメンを食べた。11:30ごろ早めにお昼をとることができ、いつも混んでいる「風雲児」に入れた。

130423fuuunji1.jpg

↑店構え。半地下の入口。全部カウンター席。

 つけ麺を食べたかったのでつけ麺を頼む。

130423fuuunji2.jpg

↑つけ麺大盛り

 濃厚な魚介豚骨でスープ割りでだいぶ薄く伸ばしたと思ってもまだ濃いくらいだった。コシのある太麺とからんでおいしかった。行列ができるのもうなづけた。でも私は混んでいたらよそへ行ってしまうと思う。

  1. 2013/04/27(土) 00:16:14|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛行機の2Cの座席に座った

 この間の飛行機のこと。

130423boardingpass.jpg

↑2Cの座席の搭乗券

 キャンセル待ち3番目で運良く乗れたのだが、場所はANA側で決められ2Cとなった。私は乗れればどこの席でもかまわなかったのだが、そこは先頭よりの向かいあわせの4席のうちのひとかどであった。

 すぐ脇で階段が閉まり、CAが救命ジャケットの説明をして、補助席みたいなところにCAが座っていた。

 あとから聞くとこの席は事前に予約できるものではなく、座りたくてもなかなか座れない席だそうだ。

 そう言われるとなんだか得した気分になるが、三宅島にいる限りは飛行機が飛ぶこと自体が運のいいことなのでそれで満足である。

  1. 2013/04/26(金) 22:33:40|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽田空港から都庁までリムジンバスに乗ってみた

 22日、飛行機に乗った際、羽田空港から都庁までリムジンバスに乗って行った。

130422limousinebus.jpg

↑羽田空港で乗ったリムジンバス

 よく見かけるがLimousineのスペルがなかなか読めずもどかしい思いをしていた。「リムジンバス」と読めるようになってからも実家が京成線ぞいのため乗ったことはなかった。羽田空港から都庁へ急いでいたので今回使ってみた。

 羽田空港から都庁まで1200円。新宿西口までは40分ほどであった。新宿西口のあとはハイアットリージェンシーに停車し、終点はワシントンホテルであった。京急+山手線だと590円、40分程度なので少々高い。乗り換えしづらい大荷物を持っている人、各ホテルへ向かう人、座席に座りたい人はリムジンバスがよさそうだ。

  1. 2013/04/26(金) 01:32:19|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マックシェイク抹茶味を飲んだ

 マックシェイク抹茶味を飲んだ。

130415shake.jpg

↑マックシェイク抹茶味Mサイズ190円

 抹茶味好きとしてはおさえておきたい品であり、運良く内地にいる間に飲むことができた。飲んだ第一印象は意外と抹茶の味がすること。うっすら感じるくらいかと思ったら意外と苦味を感じた。ただ、飲んでいると舌が慣れてきてだんだん抹茶の味が薄れていくのが残念なところか。

  1. 2013/04/25(木) 00:14:51|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

船で海際の公園に着いた夢

 昨日の夜の船に乗り、今朝三宅島に入った。

 酒を飲んでいたせいもあってよく眠れたのだが、割にはっきりした夢を見た。

120413camellia_01.jpg

↑かめりあ丸

 夢のなかでも私は三宅島に向かう船に乗っており、客室で寝ていた。船底が何かにあたったような揺れを感じたが、1回だけだったし、その後も航海を続けているので何の問題もないようだった。

 三宅島に着くと、いつもの突堤ではなく、段々に護岸された公園のようなところに出た。船を降りてもまだ暗く、荷物をとって公園の森の中へ向かった。森の中は真っ暗であったが私は道を知っているようですたすたと歩いていった。

 一度途切れて次の場面。コの字型に塀で囲まれた袋小路のつきあたりに民家のドアがあり、私は塀の上から道を眺めていた。道にはネコがいたが、ドアから出てきた人がネコを抱え上げていた。

  1. 2013/04/24(水) 22:03:53|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

御蔵島・八丈島間引き返しの船

 17日の震度5強のあと、余震もおさまり、昨日の雨でも崩れが進行するところもなく、三宅島は平穏である。でも地震のせいで5月連休の宿の予約は減ったと聞く。残念だが、しかたない。

 今日の船は御蔵島・八丈島間引き返し。午後船は三池港12:30。飛行機は欠航。

 今日、島を出るので御蔵島着発と踏んで夜更かししていたが、耐えられず寝た。御蔵島港のライブカメラでかめりあ丸が着いて特に着発のようすがないのを見てまた寝た。中途半端に寝たり起きたりで眠い。

130421miikekuriage.png

↑東海汽船ホームページの繰り上げ出航の表示

 同日16:30追記:船が欠航になってしまった。三池港は波が洗っていて到着したら欠航であった。明日島を出るが、明日飛びそうな飛行機は満席、船はまた着発の恐れあり。明日はまた5時に起きなければならない。つらい。

130421kekkou.png

↑東海汽船ホームページの欠航の表示

  1. 2013/04/21(日) 11:17:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

三宅島で震度5強の地震があった

130417jishinsokuhou.jpg

↑次々と来る地震速報のメール

 三宅島で震度5強の地震があった。午前中から震度3が何度かあり、揺れることに慣れた17時すぎに強い揺れがあった。棚が倒れたりビンが割れたりといった被害はなかったが、こりゃ大きいなと思ってテレビをつけると震度5強であった。

 私が三宅島に来てから昨年は震度1が神着であったのと、今年1月に小噴火があったが、これほど大きな地震は初めてである。

 その後も震度1、2の揺れが何度もあり、仕事の都合、地震があるとメールが入るようにしているのだが、すぐメールボックスが地震速報でうめつくされてしまった。

 といっても島内はさほど騒がしいこともなく、ところどころで小さながけ崩れがあった程度で、都道には通行止めもなかった。島の人が気になる噴火についても気象庁は「(火山活動との)関連はないものとみている。地震波形も火山に起因するようなものではない」時事ドットコム:三宅島で震度5強という発表をしている。日中に山を見ても雲がかかっていて噴煙が上がっているのかどうかも分からないし、特別ガスの匂いが濃いところもない。

 これから寝るけど、寝ている間は揺れないでほしい。

  1. 2013/04/18(木) 01:31:54|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

4月9日三宅島停電時の東京都防災のTwitter書き込み

 4月9日の停電は東電さんがてんてこ舞いしたばかりで、あんまり島民へは影響がなかったようだ。少なくとも事故とが怪我があったとは聞かない。

 当日、東電のウェブサイトでも三宅島が停電とは発表されていなかった。福島第一原発の大事に比べれば瑣末事という判断だろうし、島民も騒いでいないからだろう。新聞やテレビでも報道はなかった。

 逆にこれだけ騒がしくないと停電があった事自体がなかったかのようで狐につままれたような感覚である。どうせ島内のblogが騒がしくなる程度だろう、と「三宅島 停電」で検索をかけてみた。

 そうしたら東京都防災のTwitterの書き込みを4件見つけた。

130415tokyo_bousai.png

↑東京都防災のTwitterの第一報

 【三宅島停電情報】4月9日18時47分に三宅島で大規模な停電が発生しました。東京電力からの復旧見込みの情報によると、健全が確認できた部分から順次送電しますが、今のところ早朝までかかる見込みとのことです。続いて復旧情報をお伝えします。 #tokyo_bousai

東京都防災@tokyo_bousai 2013年4月9日 - 10:32

 【三宅島停電情報】東京電力からの情報によると、4月10日1時現在の復旧状況は、(1)三宅島西側①三宅島村 伊豆、伊ヶ谷および阿古地区の一部まで送電②錆が浜港より南側は停電中、(2)三宅島東側①三宅島村 神着、三池地区まで送電②三宅島空港より南、坪田地区は停電中、とのことです。

東京都防災@tokyo_bousai 2013年4月9日 - 10:34

 【三宅島停電情報】続報です。東京電力からの情報によると、随時復旧作業をしておりますが、4月10日3時10時点で、伊豆地区の一部伊豆岬周辺については現在も停電継続中とのことです。復旧見込みについては情報が入り次第お伝えします。 #tokyo_bousai

東京都防災@tokyo_bousai 2013年4月9日 - 11:30

 【三宅島停電情報】続報です。4月10日3時10時点で、停電中だった伊豆地区の一部伊豆岬周辺については4時10分に復旧しました。これで三宅島の停電はすべて解消しました。 #tokyo_bousai

東京都防災@tokyo_bousai 2013年4月9日 - 12:41

 東電もしくは公的な機関からの報道はこれくらいのようだ。

 1番目の書き込みにリツイートがあるが、少々発信が遅いように感じる。最初の書き込みがすでに復旧後の時刻なのに、停電しているという第一報になってしまっている。夜中のうちに書き込めとは言わないが、復旧後だったら「4月9日18時47分に三宅島で大規模な停電が発生しました。4月10日4時10分に全島復旧しました。」という1行のツイートで済みそうな気がする。

 原稿を作ったのが夜中で、発信の承認を受けたのが翌日だったのだろうか。2報のあと、3報、4報までそれぞれ1時間ほど経っているのを見ると、1報の時点では復旧を把握していなかったのかもしれない。まだTwitterによる情報発信は猪瀬知事の音頭で始めたばかりだから、きっと今後よくなっていくだろう。

  1. 2013/04/15(月) 21:35:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

りんかい線東京テレポート駅からJR京葉線南船橋駅まで歩いてきた

 りんかい線東京テレポート駅からJR京葉線南船橋駅まで歩いてきた。

130415minamifunabashi_070.jpg

↑浦安総合公園。広くて気持ちよかったが、長かった。

130415minamifunabashi_085.jpg

↑三番瀬にて鴨っぽい鳥。

130415minamifunabashi_130.jpg

↑JR京葉線南船橋駅に到着。

 これで千葉県の外周をすべて歩いたことになる。

 久しぶりに30km歩いたら足が疲れた。持ち歩いた3DSによると今日は47144歩歩いたらしい。落ち着いたら写真と記録を整理しよう。

 同日23:48追記:整理しました。

2013年春 - 東京都・江東区青海〜千葉県・船橋市南船橋
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2013/130415minamifunabashi/
  1. 2013/04/15(月) 21:09:12|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中央防波堤に行ってきた

 中央防波堤に行ってきた。

 中央防波堤に行くのは2回目。1回目は建設発生土再利用センターに、今回は環境局中防合同庁舎に行った。前回は車に乗っけてもらったのだが、今回はあまり乗らない都バス、波01に乗って行った。

130415chubo_05.jpg

↑波01は東京テレポート駅から出発。

130415chubo_10.jpg

↑終点の中央防波堤バス停で下車。バスが転回するだけで特段何もない。東京テレポート駅から10分ほど。

130415chubo_12.jpg

↑ひと駅戻って環境局中防合同庁舎前バス停へ。路線のバス停は少ない。

130415chubo_13.jpg

↑朝と夕は便があるが、日中は少ない。日曜日は1便しかないのだが、すぐ帰ってしまうし、どういった用途を考えているのだろう。

130415chubo_14.jpg

↑環境局中防合同庁舎10階より西側。運河の左手に臨海トンネル入口。もっと左が羽田空港。

130415chubo_16.jpg

↑環境局中防合同庁舎10階より東側。中央にゲートブリッジ。

 見回したところ環境局中防合同庁舎が中央防波堤で最も高い建物のようだ。四角い建物の四辺がガラス窓になっており、眺めが良い。申しこめば入れてくれるそうだ。きっと海の森が開業すればもう少し見どころも増えてアプローチもよくなるだろう。

  1. 2013/04/15(月) 21:04:54|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京ゲートブリッジを歩いて渡っても中央防波堤には降りられない

 私は県境の縦走を趣味にしているが、千葉県の海岸部も歩いている。今は三宅島に来て事実上中断しているが、ひとつ気になっていることがある。

120913camellia_10.jpg

↑かめりあ丸から見たゲートブリッジの灯り(2012年9月13日撮影)

 今年開通した東京ゲートブリッジのことである。この橋を渡り中央防波堤から臨海トンネルをくぐることができればだいぶ短絡することができる。

↑若洲と中央防波堤外側を結ぶ東京ゲートブリッジ。

 東京ゲートブリッジは歩行者が通行することが可能だ。しかし、臨海トンネルは歩行者が通ることはできない。また、青海と中央防波堤を結ぶ第二航路トンネルも歩行者は通れない。したがって、若洲から東京ゲートブリッジを渡った歩行者は、若洲へ戻るしかない。

Q.東京ゲートブリッジは歩いて渡れますか?

A.歩行者は若洲側昇降施設より橋上の歩道部へ昇ることができますが、中央防波堤側へは、降りることはできません。若洲側に戻ってください。また、歩道は都心側のみに設置されています。

東京ゲートブリッジQ&A(東京都港湾局)

 臨海トンネル、第二航路海底トンネルについては以下のように書かれている。

Q4. 臨海トンネルを歩いて渡ることや自転車通行ができないのか

A4. 歩行者や自転車が通行するための通行帯の整備をしていないため、通行できません。

東京港臨海トンネル|よくいただく質問集|東京都港湾局公式ホームページ

Q3. 第二航路海底トンネルを歩いてわたることや自転車通行ができないのか。

A3. 歩行者や自転車が通行するための通行帯の整備をしていないため、通行できません。

第二航路海底トンネル|よくいただく質問集|東京都港湾局公式ホームページ
110602gatebridge_09.jpg

↑建設途中だったころのゲートブリッジ(2011年6月2日撮影)

 さらに、東京テレポートから運行している都バス波01系統で終点の中央防波堤で降りても、東京ゲートブリッジを歩いて渡ることはできない。今後、海の森あるいは東京港臨港道路南北線が整備されれば、中央防波堤からゲートブリッジに上がることができるだろうか。

  1. 2013/04/15(月) 00:45:37|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山の入山料徴収の問題

 富士山の入山料徴収が問題になっているようだ。

120728fuji_15.jpg

↑富士吉田口山頂直下の渋滞(2012年7月28日撮影)

 富士山の世界文化遺産登録の可否が6月に決まるのを前に、山梨、静岡両県で富士登山者から入山料を徴収する計画が浮上している。夏山シーズンには約30万人が訪れ、登山者に列ができる混雑ぶりだが、登録が決まれば、さらに観光客が増えて環境保全の財源が必要になるとの理由からだ。しかし、地元の合意形成や金額設定、徴収方法など課題は山積している。

富士山入山料に難題 環境か観光か 金額・用途未定, 夕刊読売新聞, 2013年(平成25年)4月13日, 3版, P.14

 記事を読むとごみ処理、トイレ利用の増加、渋滞解消が問題となっているようだ。一方で観光業者からは登山者が減って売上が減るという問題があるとのこと。

 私は登山道の渋滞解消と山小屋の窮屈さ解消のために集金してもよいと思う。私は吉田口しか登ったことがないが、7合目花小屋前と9合目〜浅間神社までの渋滞は毎年のことである。ただ、どのような手法で徴収するかは難しいと思う。記事のコラム欄には屋久島、乗鞍山麓五色ヶ原の森の例があった。前者は1人500円協力金を、後者はガイド同行のもと1人8,800円を徴収しているそうだ。

 私が知っている料金徴収の例だと、ニュージーランドのミルフォードトラックがテント泊不可、宿泊者完全予約制にして、入山規制をしている。また、御蔵島では自然保護と観光利用の両立を目的としてガイドをつけており、半日4,000円を徴収している。趣旨は少々異なるが、日光の男体山は拝観料として500円を徴収している。

 いずれも自然保護が料金徴収の目的となっているが、料金徴収の方法は場所によって大きく変わると思う。ミルフォードトラックや御蔵島の場合、船で渡航する必要があり、船に課金すれば100%徴収可能であるし、入山者の数を抑えることができる。一方、富士山のような場合、車で行って登れてしまうし登山者の数も圧倒的に多いので、全員公平に入山料を徴収するのは難しいと思う。駐車料金に上乗せするのが妥当だろうか。

1012fuji_119.jpg

↑冬はこんな感じで空いているんですけどね。(本八合にて、2010年12月5日撮影)

  1. 2013/04/13(土) 21:50:00|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵前「北地蔵」醤油らーめん

 蔵前をぶらぶらしてラーメン屋に入った。北地蔵、というラーメン屋である。

130412kitajizou1.jpg

↑蔵前橋通りと江戸通りの交差点から鳥越神社方向へ少し入ったところにある。

130412kitajizou2.jpg

↑醤油らーめん700円

 札幌ラーメンらしいので味噌ラーメンを頼めばよかったと少し後悔する。コクがあるが、油っけもなくさっぱりとしていた。

  1. 2013/04/12(金) 19:19:44|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

広がる地下迷宮 ~都市の地下開発最前線~ - NHK クローズアップ現代

 広がる地下迷宮 ~都市の地下開発最前線~ - NHK クローズアップ現代を見た。

 話は地下鉄から始まった。先月施工された東急東横線渋谷駅の切り替えから始まり、銀座線開削の際の路面電車の軌道日々撤去設置、東西線でのシールド工法の採用、地下水対策の圧気工法、新宿三丁目駅の副都心線と新宿線の離隔が11cmという流れであった。

 次に首都圏外郭放水路、道路台帳、国道の共同溝の説明があり、最後に大深度法を適用した神戸市の水道管、リニアモーターカーの地下駅建設、東京外かく環状道路といった具合であった。

130411subway1.jpg 130411subway2.jpg

↑スタジオに用意された模型

 私には目新しい話はさほどなかったが、スタジオに設けられた模型がすごかった。地下鉄だけだが、地下の輻輳状態がよく分かる模型であった。1個ものだろうから相当金がかかっているのだろう。

  1. 2013/04/11(木) 00:52:39|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島が停電している

 三宅島が停電になっている。

130409teiden.jpg

↑時刻がリセットされた風呂の制御盤

 18:45ごろ、全島で停電。ボルダリングに行こうと坪田に向かっている途中、三池の信号が消えているのに気づき、引き返した。神着、坪田の一部、と復旧してきてはいるが、21:00過ぎの村内放送によると東電が阿古、坪田で復旧作業を行なっているようだ。おととい7日夜にも阿古で夜21:00ごろから1時間ほどの停電があったが、これほど大規模な停電は初めてである。昨年は7月19日に停電があったが、15分で復旧した。

 雨は降っていないし、風はおとといに比べて弱い。落雷もない。停電の理由は天候によるものではなさそうだ。

 御蔵島にいる人と連絡をとると、三宅島の南側がよく見えるらしく、私のいる北側よりも停電の状況がよく分かるらしい。なんだか不思議なものだ。

 130411追記:4月10日4:40に全島復旧したそうだ。

  1. 2013/04/09(火) 23:30:27|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」を見た

 アニメ「ジョジョの奇妙な冒険」を見た。

 言わずと知れた週刊少年ジャンプの長編漫画であり、人気も高い。アニメは第1部と第2部を2クールかけて放送していた。

 漫画は第1部、第2部、第3部、第5部が大学の部室にあったのでひと通り読んでいるが、細かいところは覚えていない。私が小学生のころは第4部を連載していたが、絵が苦手なのとスタンドという概念が理解できずいつも読み飛ばしていた。大学の部室で第1部から読むと絵も今ほどの個性はなく、スタンドもなく、すっと理解できたし、面白かった。

 アニメの内容はよかった。1つに原作に忠実であること。ジョジョの特徴の一つに登場人物の特徴的な動きや擬音語がある。ツェペリのおっさんがあぐらかいたままジャンプするとか、カエル殴るときにメメタァといったりとか、エシディシが腕を切られたあと本気で泣いてスッキリするとか、ちょっと常識と外れたところが面白い。それらがアニメできちんと再現されていた。

 もう1つは展開が早いこと。原作が決まっており、しかも2クールで収めるには少々ボリュームが大きい。このため、オープニングなしでストーリーが始まったり、回り道のストーリーがカットされたりと間延びするようなところがなかった。それでいてストーリーの核はおさえており、一度マンガを読んだことのある私もストーリーに引き込まれた。

 最終回では第3部の導入部が放送されたが、第3部もつくるのだろうか。ぜひ見てみたい。

  1. 2013/04/09(火) 00:04:59|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

窓の外で鳥が鳴いていた

 昨日のこと。窓の外がピーチクパーチクうるさい。鳥の多い島ではあるが、今日は特にさえずりが大きい。

130406bird.jpg

↑風呂場の窓の外にいた。頭隠して尻隠さず。

 畑から帰ってきて風呂に入ったら、すぐ窓の外にいた。どうやら雨が降ってきたので雨宿りしていたようだ。鳥は動くのでほとんど写真を撮ったことがないのだが、こんなに近づいて撮ったのは初めてだ。残念ながら何という鳥かは分からないが、島に来て1年してやっとバードアイランドに来たという気がする。

  1. 2013/04/08(月) 00:40:49|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トビウオを刺身にした

 トビウオをもらった。

 面倒だからウロコとって塩焼きにしようと思ったら、グリルの火がつかない。しかたないので三枚に下ろして刺身にした。

130407tobiuo.jpg

↑トビウオを刺身にした

 見てくれはなんだが、自分で食べる分だからよしとしよう。味の方はまあまあ。

 それと別にガスコンロの着火用の単一電池を入手しよう。

  1. 2013/04/07(日) 23:47:55|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

低気圧が近づく前の三宅島のようす

 今日は昼近くまで寝て、雨が降る前に用をすませた。

130406hatake.jpg

↑雨が降る前に畑で草取り。

130406izumisaki.jpg

↑伊豆岬へ続く村道。波はさほど高くないが、今朝は着発、今晩は欠航。

130406oyama.jpg

↑雄山には黒い雲。

 これから低気圧が近づいてくるが、相当天気が悪くなりそうだ。今晩の船は欠航が決まり、明日の晩もたぶん欠航だろう。

  1. 2013/04/06(土) 13:19:51|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

3ヶ月ぶりのボルダリング

130404wall.jpg

↑新しい壁

 久しぶりにボルダリングに行ってきた。1月に行って以来なので3ヶ月ぶりである。

 2月に改装を行ったそうで、ホールドの配置が変わっていた。ルートがリセットされたので、2番目に簡単な青のナンバーをいくつかやってみる。3つ4つは登れたが、青の1と2は登れなかった。今後の課題にしよう。

  1. 2013/04/04(木) 22:37:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃料を噴射しながら水平移動する物体の速度

 最近、日本テレビの鉄腕ダッシュでペットボトルロケットの車を動かしている。

 そこで、燃料を噴射しながら移動する物体の速度を計算してみた。

rocket.png

 方針:運動量保存の法則で立式する。

 ロケットは水平に移動するとする。ある時刻\(t=t\)のとき、ロケットの質量を\(M\)、速度を\(v\)とする。微小時間\(dt\)が経過した後、噴出した燃料の質量を\(\Delta m \cdot dt \)、速度を\(V\)とする。微小時間\(dt\)に吹き出す燃料は時刻によらず一定であり、噴出した燃料の速度も一定であるとする。このときのロケットの質量は\(M - \Delta m \cdot dt \)、速度は\(\displaystyle v+\frac{dv}{dt}dt\)である。

 運動量保存の法則に基づき、\(t=t\)のときと\(t=t+dt\)のときの運動量が等しいとして立式する。途中で二次の微小項を省略している。

\begin{align} Mv &= \Delta m \cdot dt \cdot V + ( M - \Delta m \cdot dt ) \left( v + \frac{dv}{dt} \cdot dt \right) \\ Mv &= \Delta m \cdot dt \cdot V + Mv + M \frac{dv}{dt} dt - \Delta m \cdot dt \cdot v \\ M \frac{dv}{dt} dt &= \Delta m \cdot dt \cdot v - \Delta m \cdot dt \cdot V\\ M \frac{d}{dt} ( v - V ) dt &= \Delta m ( v - V ) dt \\ \frac{1}{ v - V } \cdot \frac{d}{dt} ( v - V ) &= \frac{ \Delta m }{M} \\ \int \frac{d(v-V)}{ v - V } &= \int \frac{ \Delta m }{M} dt \\ \ln |v-V| &= \frac{ \Delta m }{M} t + C \\ v-V &= A e^{\frac{ \Delta m }{M} t } \\ v &= V + A e^{\frac{ \Delta m }{M} t } \end{align}

 \( t = 0 \)のとき、\( v = V_0\)とすると、比例定数\(A\)は\(A = V_0 - V\)であり、求める速度\(v\)の式は以下のようになる。

\begin{equation} v = V + (V_0 - V) e^{\frac{ \Delta m }{M} t } \end{equation}

 というわけで、指数関数で速度が上がるのが分かった。

 大学の時にもペットボトルロケットを作ったので、そのときに重力を考慮した運動方程式を立てたはずだが覚えていない。ちょっと調べたら重力による運動量の差を力積として加味すればよさそうだ。

  1. 2013/04/03(水) 00:24:46|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蚊取り線香に火を点けた

130331katorisenko.jpg

↑煙を上げる蚊取り線香。

 蚊が飛ぶようになったので、蚊取り線香を出した。煙臭いのが落ち着く。でもまだ桜が咲いている季節なんだよな。

  1. 2013/04/02(火) 00:29:57|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

島とワンダーフォーゲル

 三宅島に来てから1年が経過した。

 生活環境は大きく変わった。コンビニもないし、商店街もないし、商品の種類も内地に比べると少ない。飛行機は飛んだり飛ばなかったり、船もときどき欠航したり、島内のバスも本数は少ない。一方、職住近接だし、海もあるし、山もあるし、畑もできる。一長一短だが、私は島の生活が気に入っている。もともと登山をしていたから不便な環境には慣れているし、都会の騒がしさもない。

121104tatsune_s44.jpg

↑立根沢のどんづまりにて。

 登山もおやすみして1年である。雄山は登れないが、これまで島を歩いて一周したり涸れた沢を登ったり防空壕にもぐったりシュノーケルしたりといろんなことをしてきた。

 やっていることを書き連ねてみると山以外でも何かしら楽しみを探していることに気づく。そしてそれは登山というより、ワンダーフォーゲル的な活動に近い。ヤブを漕いだり、海に出たり、ただ歩いたりとフィールドは山岳に限らない。大学のワンダーフォーゲルも藪こぎあり、カヌーあり、里ワンありと野外の活動であれば何でも活動として認めていた。島とワンダーフォーゲルの活動は非常に相性がよいと思う。遊ぶところを探せばいくらでも遊べるところである。島へ来てよかったと思う。

  1. 2013/04/01(月) 23:17:52|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0