島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

三宅島の「のり」

 三宅島の特産の1つに「のり」がある。

121029nori1.jpg

↑のり

121029nori2.jpg

↑焼きそばにふりかけた。

 パッケージの写真の通り、板状ではなく、ガサガサとした状態で売られている。

 カップ麺にいれてよし、そばにふりかけてよし、焼きそばにもよし、と何にでも使える。阿古の土屋食品ではのり弁当が売られている。これもまたうまいので、船に乗るときは毎回買って船で食べている。

  1. 2012/10/31(水) 00:02:24|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

沖原海岸の夜景

 今日、坪田のボルダリングに行った帰り、沖原海岸で夜景を撮ってきた。

 今日は満月の翌日で明るい。本当の目的は月が海面を照らして道のように映る「月の道」を見に来たのだが、月はとっくに仰角60度くらいのあたりにいてダメだった。月が出てしばらくの間でないと撮れないようだ。

 また、三脚がグラグラで固定できなかった。新しい三脚をAmazonで注文している。

121030okiharakaigan_31.jpg

↑沖原海岸のあづまや。

121030okiharakaigan_07.jpg

↑御蔵島の灯り。

121030okiharakaigan_01.jpg

↑露光時間30秒にしたら昼みたいな写真が撮れた。

 うまく撮れれば観光協会blogみたいな写真が撮れるようだ。

 なお、ボルダリングの成果はなし。青の6と青の7が登れそう。前回登れたピンクの11は再度挑戦して登れた。

  1. 2012/10/30(火) 23:33:24|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーズケーキづくりに凝っている

 最近、チーズケーキづくりに凝っている。

121028cheesecake1.jpg

↑小麦粉をスプーン2杯しか入れなかった場合。ゆるい。

121028cheesecake2.jpg

↑炊飯器からキレイにはがれなかった。またゆるくて泡状でスフレのようであった。

121028cheesecake3.jpg

↑小麦粉をスプーン3杯入れた。泡状になるのを避けるため、メレンゲはたてず、全卵を泡だて器で適当にかき混ぜた。

121028cheesecake4.jpg

↑今度はそれなりの固さになった。

 材料の配合を変えるとチーズケーキの固さや味が変わるので、プログラムをカスタマイズするような面白さがある。作業自体は混ぜて焼くだけ、それも炊飯器で2回炊くだけといたって簡単。炊飯器を使う理由はオーブンレンジがないからである。プログラムのコンパイルみたいなものである。

 いまのところ、経験的に分かっているカスタマイズ。クリームチーズ200gに対する所感である。

 続き:チーズケーキ作りの写真

  1. 2012/10/29(月) 00:08:03|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

釜の尻にあるペリドットという石

 釜の尻にはペリドットと呼ばれる石があるそうだ。

121027kamanoshiri_10.jpg

↑釜の尻にあったペリドットらしきもの

 釜の尻にある看板にはそう書かれているが、ぱっと見ると釜の尻の浜には黒い碁石みたいな石しかみあたらない。しかも釜の尻にあるペリドットは宝石になるものと比べて黒く濁っているそうだ。

 釜の尻から逢の浜まで歩いてきた際、探してみたらそれっぽいものがあったが、細かいし、確証がない。

  1. 2012/10/28(日) 22:20:22|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

釜の尻から逢の浜まで歩いてきた

 釜の尻から逢の浜まで歩いてきた。

 途中、アノウ崎は波が高かったが、上から巻いた。三建プラント裏には浜があり、赤場暁には天狗の鼻のように屹立したスコリアの柱があった。ひょうたん山の下には波しぶきのかかる台地の磯があり、サタドー岬の下で仏沢・御子敷沢をたどって都道に帰った。

 変化に富んだ海岸歩きであった。

121027kamanoshiri_44.jpg

↑赤場暁にあった天狗の鼻のようなスコリア柱。

2012年秋 - 三宅島・釜の尻〜逢の浜
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2012/121027kamanoshiri/
  1. 2012/10/27(土) 20:10:31|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ノギクが咲いている

 涼しくなる今日この頃、咲いている花もセンニンソウからノギクに変わってきた。

121023nogiku.jpg

↑ノギクが咲いている。

121023senninsou.jpg

↑センニンソウはすっかりほおけてしまった。

121023ashitaba.jpg

↑アシタバは花も終わり。

 これからは寒くなって花も少なくなるだろうか。

  1. 2012/10/26(金) 23:51:09|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロボティクス・ノーツ第2話を見た

 ロボティクス・ノーツ第2話を見た。

 シュタインズ・ゲートと同じ志倉千代丸が原作というので見ている。

 いまのところ、廃部寸前のロボ部再興に向けたROBO-ONE優勝に向けて、ロボ部部長・瀬乃宮あき穂ががんばり、幼なじみの八汐海翔がゲームをしながらそれを冷静に見ているという青春モノになっている。瀬乃宮あき穂が最近のアニメに珍しい猪突猛進のタイプで見ていて面白い。

 ときおり9年前の事件というのが登場人物の後遺症として現れるが、そのうち深刻な世界の危機っぽいの現れるのだろう。シュタインズ・ゲートも13話くらいまでのんびり日常の生活を描いていたので、大きく話が進展するまでは長いのかもしれない。でもこれはこれで面白い。

 種子島はロケット発射場があるからか、アニメ「秒速5センチメートル」にも登場していた。世が世なら伊豆諸島の新島が舞台になっていたのだろうか。アニメは聖地巡礼する観光客を呼べるので観光振興にはよいのかもしれない。それにしても種子島でもパッションフルーツを作っていたとは知らなかった。

 すごくどうでもいい話だが、瀬乃宮あき穂の後ろ髪がポニーテールのような、しかし扇のように広がっているのが気になる。どういう結び方したらあんな髪型になるだろう。おそろしく髪が硬いのだろうか。

  1. 2012/10/25(木) 00:19:12|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

干したトウガラシが辛い

 畑のトウガラシが赤くなっていたの関連。

 干したトウガラシが辛くないと書いたが、今日、鶏もも肉のソテーに刻んで入れてみた。ソテーといっても電子レンジで塩コショウ振って火を通すだけなのだが、合わせてトウガラシを刻んでかけてみた。

 鶏肉自体は辛くはなかったが、かけらを食べてみたら火を吹くほど辛かった。しばらく水を口に含み、氷をほおばって何とか鎮火した。

 干してあるトウガラシをちぎって食べてみても辛くないのだが、何が違うのだろう。火を通すことか、水分を与えることか。「実はシシトウなんじゃないか」と疑っていたが、つらい思いをした。

続き:トウガラシを粉にする作業が失敗した

  1. 2012/10/24(水) 00:03:07|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

坪田のボルダリングのピンク11番が登れた

 やっぱりハングが登れないの続き。

121023pink11.jpg

↑ピンク11番。傾斜は三宅島フリークライミングクラブのfacebookの写真のほうがわかりやすい。

 最も簡単なピンク色で1つだけ登れなかった11番が登れた。

 前回、前々回ともハングで引っかかるのが精一杯だったピンク11番だが、今回1番最初に取り組み、1度落ちたものの、2度目で登ることができた。赤いホールドをつかむときに足が離れてしまったが、まだ腕力があるうちだったので何とか落ちずに登れた。これでピンクは全部登れた。

 前回は1つも新規に登ることができず、練習嫌いな私は諦めかけていたのだが、今回登ることができてよかった。その勢いで青(ピンクの次に難しい)の13と青の32も登れた。3つ目のホールドが難しい青の6も登れる人から足の置く場所を教えてもらったので、次回は登れそうだ。

 ところで、今日は壁が混雑していた。聞くと山野井夫妻が訪れていた。ムーブを見ていたが、急がず、止まらず、ゆっくりだけど安定した動きで登っていた。身体も柔らかく、ヨガみたいなポーズにもなっていた。山野井夫妻はいずれも凍傷で指を何本か切った、と私の凍傷を診ていただいた金田先生から聞いたが、それをまったく感じさせない動きであった。そんな情熱を傾けられるなんてうらやましいと思う。

  1. 2012/10/23(火) 22:30:45|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

100対100の合コンで成立するカップルは1組

 ネット上の面白い画像を紹介するサイトで東京理科大のパンフレットらしきものの画像があり、そこに算数の問題があったので解いてみた。

 [理工学部]

5対5でも、100対100でも、

合コンでは、平均1組のカップルしか

誕生しないことを証明する。

ねたたま : ★ちょwww東京理科大www - ライブドアブログ

 とりあえず、最も簡単な2対2の全組み合わせを考えてみた。

 男の名前をA, B、女の名前をX, Yとする。各人好きになる相手は2人ずつなので、考えられる全組み合わせは24 = 16通り。すべての組み合わせを表1に示す。

組数
Aの好きな相手Bの好きな相手Xの好きな相手Yの好きな相手
1(X)X(A)A1
2(X)X(A)B1
3X{X}{B}A1
4X{X}{B}B1
5(X)Y(A)A1
6(X)[Y](A)[B]2
7XYBA0
8X[Y]B[B]1
9<Y>XA<A>1
10YXAB0
11<Y>{X}{B}<A>2
12Y{X}{B}B1
13<Y>YA<A>1
14Y[Y]A[B]1
15<Y>YB<A>1
16Y[Y]B[B]1
16
表1 2対2のときの全組み合わせ

 ( )はA-Xの組み合わせ、{ }はB-Xの組み合わせ、[ ]はB-Yの組み合わせ、< >はA-Yの組み合わせを示す。

 全組み合わせ16組中、成立しうるカップルの組数は16組なので、平均すると16/16=1組のカップルが誕生することになる。

 次に男女の数を一般化する。

 男の数をa人、女の数をb人とする。男の名前をA, B, C, D, …、女の名前をX, Y, Z, W, …とする。このとき、全組み合わせは、男性a人が女性b人を選ぶので男性サイドはba、女性サイドはab、掛け算するとab·baとなる。

 次に成立しうるカップルの組数を数える。Aの好きな相手がX、Xの好きな相手がAとしたとき、他の男女の取りうる相手の数を考える。Bの好きな相手はb通り、Cの好きな相手はb通り、Dの好きな相手はb通りなので、男サイドはba-1通り(表2 1行目参照)。女サイドはab-1通り。

 Aの好きな相手はX以外にもYやZやWなどb通りとることができる。さらにAだけでなく、BやCやDについてもカップル成立を考えるとAのケースがa通りとることができる(表2 1列目参照)。

Aの好きな相手Bの好きな相手Cの好きな相手Dの好きな相手Xの好きな相手Yの好きな相手Zの好きな相手Wの好きな相手
Xb通りb通りb通りba-1通りAa通りa通りa通りab-1通り
YA
ZA
WA
b通り
AB
XB
YB
ZB
W
AC
XC
YC
ZC
W
AD
XD
YD
ZD
W
a通り
表2 男a人、女b人が参加する合コンでの成立する組み合わせの検討

 すべてを掛け算すると、a·b·ba-1·ab-1 = ab·baのカップルが成立しうることになる。

 全組み合わせab·ba組中、成立しうるカップルの組数はab·ba組なので、平均するとab·ba / ab·ba=1組のカップルが誕生することになる。

 a = 100、b = 100でも上記の議論は成立するので、100対100でも合コンでは、平均1組のカップルしか誕生しない。

 A-XカップルとB-Yカップルを重複してカウントしていると考えて、重複をのぞくために面倒な計算をしていたが、数えているのはあくまでカップルの組数だったので、重複は関係なかった。そのプロセスに3時間くらいかかった。こういう算数の問題を考えるのは楽しいが、遠回りして疲れた。

  1. 2012/10/22(月) 00:11:29|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑のトウガラシが赤くなっていた

 今日、海岸を歩いた後、畑へ行った。

121021okura.jpg

↑まだしぶとくオクラがなっていた。7本ほど収穫したが、2本ほどは筋っぽくて食べられなかった。

121021satoimo.jpg

↑最近草むしりもせずほったらかしのサトイモ。葉っぱが黄ばんできた。

121021tougarashi1.jpg

↑摘んでいないトウガラシがやっと赤くなってきた。でもほとんど青いまま摘みきってしまった。

121021tougarashi2.jpg

↑詰みきったトウガラシはほとんどが赤く染まった。でも辛くない。

続き:干したトウガラシが辛い

  1. 2012/10/21(日) 21:40:27|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下根崎から釜の尻まで歩いた

 下根崎から釜の尻まで歩いた。

 ミノワ沢で切り上げるつもりが、ミノワ沢に気づかず釜の尻まで歩いてしまった。美茂井沢先の巨岩帯の通過がアスレチックのようで面白かった。

2012年秋 - 三宅島・下根崎〜釜の尻
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2012/121021mimoi/
  1. 2012/10/21(日) 21:39:58|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オリオン座の写真を撮った

 星の写し方が分からないの続き。

 オリオン座流星群に合わせて職場で星の観察をした。その際、私のカメラPENTAX K-Xで星の写真を撮ってもらった。

121021orion_20.jpg

↑天の川。露出モードマニュアル、露出時間30秒、F3.5、ISO感度6400。

121021orion_26.jpg

↑オリオン座と冬の大三角。露出モードマニュアル、露出時間30秒、F3.5、ISO感度6400。

121021orion_38.jpg

↑オリオン座と冬の大三角。露出モードマニュアル、露出時間30秒、F4、ISO感度1600。

121021orion_41.jpg

↑オリオン座と冬の大三角。露出モードマニュアル、露出時間30秒、F3.5、ISO感度400。

121021orion_47.jpg

↑路上にカメラを置いて天頂を撮った。露出モードマニュアル、露出時間30秒、F3.5、ISO感度1600。

 今回は三脚を借りて撮影した。今までは車の上とか路上に置いて撮っていたので、風の影響などでぶれて撮れなかったのかもしれない。でも三脚から外して路上に置いて撮ったら星が写った。何がダメだったのか分からない。とりあえずSLIK F740という三脚が安価で便利だというのでこれを買ってみようと思う。

  1. 2012/10/21(日) 21:38:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

タオルをススキで染めた

 三宅島大学で染め物してきたの続き。

 その後、三宅島大学で染め物した有志で染め物をした。といっても私はほとんど準備を手伝わず染めただけであるが。染める材料としてススキ、アシタバ、玉ねぎを集め、煮詰めて染め液を作った。

121021somemono.jpg

↑ススキで染めたタオル

 今回はタオル1枚を染めた。染めている最中は全部ススキ色に染まってしまい、白い部分が残らないかと思ったが、輪ゴムを外してみると意外と白い部分が残っていた。アサガオの花みたいな模様が残り、満足の出来であった。

  1. 2012/10/21(日) 21:34:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

敬語を使う相手は目上の人ではなくなってきている

 昨日は13時間ぐっすり寝た。

 朝起きてNHK「週刊 ニュース深読み 「知ってトクする!知らないとコワ~い!?ことばの話」」を見ていたら、敬語を使う相手が変わってきているという話があった。

以前
目上の人に対して敬語を使う 67%
現在
知らない人に対して敬語を使う 79%

 私も知らない人に対して敬語を使っていることがあるのに気がついた。言い換えると上司の人に敬語を使わないことがある。例えば「これ、誰から聞いた話?」という質問に対して「◯◯さん」と答える。急いでいるときに敬語を使わない傾向があるが、使ったあとはあんまりよくなかったと感じている。

 番組では、敬語を使わないことで親しみを感じていることを表現すると説明していた。「カリスマ美容師さんから敬語ではなくタメ口で話しかけられてうれしい」という例えを出演者が話していた。そう考えると私は冗談を言えるくらい親しい相手であれば、気が緩んで敬語を使わないことがある。だから、私が敬語を使わないことがある上司と、必ず敬語を使う上司ははっきり分けられる。

 このあいだもある年上の人をからかった後、その人のいないところで別の人から年上に対してよくからかえますね、と言われたことがある。そこまでになるといくら親しくても親しみではなく失礼になるだろうか。

  1. 2012/10/20(土) 10:26:08|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台風21号の対応で徹夜した

 昨日は台風21号の対応で、車による島内巡回とそのお留守番で夜も仕事をしていた。

 朝6時に帰って8時まで寝たが、久しぶりに徹夜に近い夜を過ごした。

 巡回した結果、落ちた枝葉を道路から避けたり、崩れそうなところが特に変化なかったり、カエルがたくさん車に轢かれていたりするのを確認したが、朝4時の巡回は助手席で半分くらい寝ていた。他の人たちは私ほど居眠りしてはいなかったが、私はもうヘトヘトである。

 それでも以前は徹夜なぞできなかったが、歳とってからできるようになった気がする。よいことなのか悪いことなのか。

  1. 2012/10/19(金) 17:01:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国土地理院の三宅島の火山地図

 「活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹」の関連。

 三宅島は2,000年に噴火したこともあり、上記の書籍以外にもインターネット上には火山に関する資料がヒットする。特に国土地理院が公開している火山の地図は充実している。他の火山で公開されている火山基本図、火山土地条件図に限らず、三宅島噴火地形図(1:5000)、1:25,000災害現況図が公開されており、特に三宅島噴火地形図(1:5000)は5m間隔の等高線で表現されており、登山者が見慣れている25,000分の1地形図よりも詳細な地形が読み取れる。

 見事な火口の地形が描かれているので、地形図が好きな人は飽きないだろう。

  1. 2012/10/18(木) 00:11:08|
  2. 書評 - 科学・技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹

 「高校生、三宅島の火山地形を探る」で参考文献に載っていた「活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹」を買った。

121007volcano.jpg

↑三宅島のページは4ページ割かれている。あちこちに火口があるのがわかる。

 真ん中の2000年カルデラをはじめ、大路池、新澪池、甑穴、高校のある八重間爆裂火口などがくっきり見える。また、金曽沢や三池浜がカールであるとか、鉄砲沢・夕景沢の溶岩流の流れなど、知らなかった地形が見えてくる。

 欲を言えば解像度が2倍くらい高いと、雨裂の筋がよく見えてよい。眺めていて飽きない地図である。


[最新版] 活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹[最新版] 活火山 活断層 赤色立体地図でみる 日本の凸凹
(2011/08/25)
千葉 達朗

商品詳細を見る
  1. 2012/10/17(水) 00:28:28|
  2. 書評 - 科学・技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

アニメ「サイコパス」を見た

 アニメ「サイコパス」を見た。

 攻殻機動隊のような近未来を舞台としたサイバーパンクもの。まどか☆マギカの虚淵玄が脚本を務めているので見た。

 犯罪に関する数値も“犯罪係数”として計測され、犯罪者はその数値によって裁かれる。

 治安維持にあたる刑事たちは常に、犯人を捕まえる実動部隊となる“執行官”と、執行官を監視・指揮する“監視官”のチームで活動する。自らが高い犯罪係数を持ち、犯罪の根源に迫ることのできる捜査官こそが優秀な“執行官”となりうる。

物語 | TVアニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」

 と犯罪者、執行官、監視官が複雑に絡み合うストーリー。主人公の新米監視官、常守朱は犯罪係数によって犯罪者を裁くことに抵抗があるようだが、ストーリー上どう変化していくのだろうか。また犯罪係数の高い人間がなぜ執行官を務めるのかそのきっかけが気になる。犯罪者を教育した人間、ドロップアウトした監視官なのか。今後のストーリーも組織の矛盾を追求するうちに管理社会に抵抗するのか、管理社会の目論見通り犯罪者のいない社会が達成されるのか、楽しみである。

  1. 2012/10/16(火) 22:57:29|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

干したトウガラシが赤くなった

 畑で採ったトウガラシを干してみたの続き。

121013tougarashi.jpg

↑赤くなったトウガラシ

 干したトウガラシはもともと青かったのだが、干し始めて1週間、赤く色づくトウガラシがちらほら出てきた。辛いのかな、と思って一つちぎって食べてみたが、苦いばかりで辛くない。湿気で腐り始めているのだろうか。だとしたら吊るしてあるのが全滅してしまうので困る。

続き:畑のトウガラシが赤くなっていた

  1. 2012/10/15(月) 01:36:55|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肉じゃがをつくった

121013nikujaga.jpg

↑鍋からあふれる肉じゃが

 肉じゃがをつくってみた。

 じゃがいも3個と玉ねぎ2個があり、どうしようか考えたのだが、カレーはありきたりでおもしろくない。違ったものを作ってみようと思い、肉じゃがをつくってみた。

 今晩と明日の晩と思い、2食分を作っていたら鍋からあふれた。カレーを作ったときと同様、男の料理は分量が適当だからだろう。味は問題なかったが明日になればじゃがいもに味がしみてうまいだろう。

  1. 2012/10/14(日) 22:33:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯ノ浜漁港から下根崎まで歩いてきた

 湯ノ浜漁港から下根崎まで歩いてきた。

121014akonzaki_42.jpg

↑湯舟大橋から見た下根崎の海岸

 区間は短いが、そこそこ険しく、波も打ち寄せ、歩きがいのある区間であった。

2012年秋 - 三宅島・湯ノ浜漁港〜下根崎
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2012/121014akonzaki/
  1. 2012/10/14(日) 22:32:20|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑の途中にアサガオが咲いていた

121013asagao1.jpg

↑畑へ行く道でアサガオを見かけた。

121013asagao2.jpg

↑クズみたいな葉に囲まれて育つ、野良のアサガオだ。

121013asagao3.jpg

↑木に登っているアサガオもいた。

121013okura1.jpg

↑肝心の畑はオクラが3本なっていた。もう10月、オクラもおしまいだ。

121013okura2.jpg

↑オクラの実にアリが付いていた。おいしいのだろうか。

 畑の夏シーズンはおしまいである。そろそろ冬の野菜の準備をしたい。冬の野菜というと大根、ネギ、白菜あたりだろうか。葉っぱものは虫がついて難しそうだ。

  1. 2012/10/14(日) 16:54:11|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「WE RIDE 三宅島 エンデューロレース」を観戦してきた

 「WE RIDE 三宅島 エンデューロレース」を観戦してきた。

121013enduro_013.jpg

↑12:25頃、スタート。

121013enduro_041.jpg

↑七島展望台に登るバイク。

 会場は七島展望台を中心とする村営牧場跡。100台くらいのバイクがオフロードを走っていた。歩いても足元の悪い溶岩原をバイクで軽快に駆け抜けていくさまは、うまく運転するなあと感嘆した。展望台の名の通り景色もよく、走る人にとっては面白いのだろう。

 私自身は原付バイクも乗ったことがないが、見ていて面白かった。また、出店のイセエビのみそ汁やホットドッグがおいしかった。ただ、風が強く寒かった。

 関連:エンデューロレースのコースを歩いてみた

  1. 2012/10/13(土) 18:16:49|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やっぱりハングが登れない

 ボルダリングでハングが登れないの続き。

 今週も行ってきた。11は大きくハングしており何日かあけて腕力が回復すれば登れそうとか偉そうなことを書いたが登れなかった。スタンスを意識しすぎて足場を探して腕が疲れてしまった。

 ブレイクスルーが必要だが、それには時間がかかりそうだ。来週は仕事で行けなさそうなので、しばらく離れて挑戦しよう。

 続き:坪田のボルダリングのピンク11番が登れた

  1. 2012/10/11(木) 23:20:59|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新中央航空のドルニエ機による調布飛行場への乗り入れ検討

 なぜかいつもアクセスランキングに載っている羽田ー三宅島路線の廃止と調布ー三宅島路線の早期開設に向けた協議の関連。

 先週、三宅村の作成した「平成24年度 住民懇談会(報告)」という冊子が家のポストに入っていた。

 その中に「三宅島航空路線の確保にかかる村の方針について」という資料があった。課題と検討内容と方針がわかりやすいので抜粋しよう。

課題

  • 全日本空輸は、DHC8-Q300型機を平成25年3月末に退役させる計画である。
  • 全日本空輸は、後継機種をDHC8-Q400型機としており、現三宅島空港(1200m)の滑走路では就航不可である。(1800m程度必要)

検討内容

三宅島〜羽田間の航空路の確保
小型機での羽田空港乗り入れは不可、DHC8-Q400型機では三宅島空港離着陸不可
DHC8-Q300型機の後継機種の確保
ドルニエ機(新中央航空)での運行(三宅〜調布)、回転翼機(ヘリ)での運行(三宅〜新木場 or 三宅〜大島、八丈島)
三宅島空港の整備及び新空港の建設
拡張等整備期間に15年、費用に約920億円、新空港建設には整備期間15年、費用約300億〜500億円

方針

 新中央航空のドルニエ機による調布飛行場への乗り入れ

 平成26年4月就航を目指す。

  • 三宅島〜調布飛行場 3往復/日
  • 火山ガス規制条例解除による就航率向上
  • 地元、三市(調布、府中、三鷹)の合意が不可欠
三宅村.三宅島航空路線の確保にかかる村の方針について.平成24年度 住民懇談会(報告).平成24年9月

 機体が古いなら新しい機体にすればいいじゃない、では済まない複雑な事情があるのがわかる。利用客サイドからすると、火山ガスの発生に影響されない恒常的な運行で、現行と同じくらいの輸送客数で、現行と同じくらいの料金だとよいのだが、いずれかは妥協しなければいけないのだろう。個人的には調布から実家に帰るのは遠いので、羽田だと帰りやすいのだが、しかたない。

続き:調布〜三宅島の航空路線開設が決まったらしい

  1. 2012/10/10(水) 23:27:57|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近、カエルが多い

 最近、カエルが多い。

121006frog1.jpg

↑伊豆のトイレで見たカエル。

121006frog2.jpg

↑すぐそばにいた別のカエル。暗かったのでピンぼけしているが人のコブシぐらいのサイズだった。

 雨の日に道路を車で走っていると、あちこちにいる。近づかないと見えないし、急に飛び跳ねるのでよけるのも難しい。車で踏んでしまった人の話だと、けっこう骨太なものを踏んづけた感触があるという。

 梅雨でもないのになんでこんなにいるのだろう。両生類だから水辺にしか住めないはずだが、火山の島にそんなに水たまりがあると思えない。早く寒くなってカエルが冬眠しないだろうか。未だに蚊も飛んでいるし。

  1. 2012/10/09(火) 00:41:39|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブランコからの靴飛ばし時の飛距離の計算

 もう少し式を簡略化したので、MathJaxで書き直して別記事としてアップロードした(2013年12月31日追記)。

 昨晩眠れず、ブランコからの靴飛ばしについて考えていた。今日雨降って暇だったので数値計算してpLaTeXに打ち替えた。

 考え方は高校物理の力学の初歩だが、計算量が多かった。久しぶりの科学・技術カテゴリの計算であったが、ゴリゴリ計算しまくった。

buranko-fig.png

↑イメージ図

buranko1.png buranko2.png buranko3.png buranko4.png buranko5.png buranko-graph.png

↑Grapherによる数値計算の結果

 結論はブランコの振れ幅36°のときに靴を飛ばすのが一番飛距離があり、ブランコのチェーンの長さの3.2倍飛ぶということだったが、意外と低いと感じた。また、グラフを見ると極大値1つの単純な弓なりではなく、90°近くになるといったん短くなった飛距離が伸びるという不思議な現象が現れた。ブランコの振れ幅分(x1)が大きくきいているのだろうか。

texソース
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/buranko/buranko.tex
dviファイル
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/buranko/buranko.dvi
pdfファイル
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/buranko/buranko.pdf
  1. 2012/10/08(月) 23:02:04|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑で採ったトウガラシを干してみた

 トマトに花が咲いたの続き。

 畑で採ったトウガラシを干してみた。

121007tougarashi.jpg

↑干したトウガラシ

 前に採ったトウガラシは常温でほっといたら腐ってしまったので、保存する方法を考えた。簡単なのは冷凍しておくことだが、冷凍してしまうと使うのに解凍しなければならないので、干してみることにした。

 結び方はよく知らないので、登山で使うクローブヒッチで結んでみた。ちまちまと縫い物をするようにして3列ぶら下げてみた。これで乾燥するだろうか。島の気候は湿っぽいので、ぶら下がったまま腐ると雰囲気悪いのだが、とりあえずこれで放っておくことにしよう。

続き:干したトウガラシが赤くなった

  1. 2012/10/08(月) 19:17:55|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅島大学で染め物してきた

 三宅島大学の「手作りの三宅島記念品」という講義に出席してきた。

 アシタバやハンノキなどの島を代表する植物を使い、絞り染めのお土産を作ります三宅島大学通信 平成24年10月号)という講義。25名、無料。

 三宅島大学の講義には出たいと思っていたのだが、出る機会がなかったのでこれに出席した。正直なところ、何が何でも出たいとは考えていなかったのだが、布を絞った形と出来上がりの模様がなかなか想像が付かず面白い。出来上がりをイメージしながら布を絞っても、思い通りのものができない。小学校の図画工作を思い出した。

121007somemono1.jpg

↑生地を折りたたみ、両端を割りばしと輪ゴムで止め、内側を紐でしばる。ヤシャブシの染め液に漬けた。

121007somemono2.jpg

↑上を引き上げたもの。

121007somemono4.jpg

↑一回洗濯して干したらこんなのになった。点々とある黄色いのは別段硬貨などを挟んだわけではないのだが、なぜかついた。

121007somemono3.jpg

↑納得行かなかったのでもう1枚つくることにした。今度はアシタバの染め液に漬けた。

121007somemono5.jpg

↑今度はえらい薄くなった。模様も判然としない。

 まっすぐな絣模様が欲しかったのだが、いずれも思い通りにならなかった。この難しさが面白い。

 続き:タオルをススキで染めた

  1. 2012/10/07(日) 20:13:28|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月と木星の大接近

 職場の人からお誘いがあり、月と木星の大接近を見た。

121006jupiter.jpg

↑今朝5時頃、月と木星

 朝4時にセットした目覚ましには起きず、4:30ごろ地震の自動配信メール(千葉県北西部震度1だった)で起きた。

 望遠鏡で月面や木星の縞が見えるくらい見せてもらったが、望遠鏡でそこまで見えるものかと驚いた。子供の頃は天体の本を読んだりプラネタリウムに行ったりするのは好きだったが、天体観測をしたことはなかった。ずっと空を見ていると、動いていないように見えて動いている雲や星が、異なるスピードで動いていた。当たり前のことなのだが、天体を複数のレイヤーで考え、惑星に「惑星」という名を付けた昔の天動説の人はなるほどもっともと思った。

  1. 2012/10/06(土) 17:28:57|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥多摩湖には2箇所ドラム缶橋がある

 奥多摩湖には2箇所ドラム缶橋があるそうだ。

 私が知っているのは小河内神社バス停から三頭山入口にかかるドラム缶橋。こちらは私が高校2年生くらいのときに渡っている。もう1箇所、留浦にもドラム缶橋がかかっているという話があり、私はそんなところにはないと思う、あるとしても渡る人がいないのではないか、と主張した。

 議論していても真実はわからないので、奥多摩湖周辺に務めていた人に聞いてみたら、確かに留浦にもかかっているとのこと。言われてみたら、トイレのある駐車場から降りていく階段があったような気がする。さらに、鴨沢の諸畑橋がかかる前はそこにもドラム缶橋がかかっていたそうだ。

 私が都県境の縦走のため大寺山に登ったときは留浦に橋がかかっていることなど知らず、鴨沢の諸畑橋から回っていった。知っていたら興味もあるし、都県境尾根も近いので留浦でバスを降りただろう。留浦からドラム缶橋を渡った先には人家はないのは知っていたので、まさか橋がかかっているとは考えなかった。

 Google Mapの航空写真でははっきりしないが、国土地理院の国土画像情報閲覧システムで昭和51年の空中写真を見ると、確かに2箇所とも写っていた。湖面に影が写っていないので水面に橋があることがわかる。

  1. 2012/10/05(金) 20:06:56|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ボルダリングでハングが登れない

 坪田の体育館の室内クライミングに行ってきたの続き。

 1ヶ月ぶりに坪田のボルダリングに行ってきた。

 課題だったピンク(一番易しい)の9と10は登れたのだが、11は登れなかった。11は大きくハングしており何日かあけて腕力が回復すれば登れそうだが、もっと大きな課題が見つかった。ハングでスタンスがとれない。他の人の動きを見ているとハングでも足をしっかり立ちこんで三点支持しているのだが、私は腕力でぶら下がるのが精一杯で、足は摩擦で何とかしがみついているような状態だ。したがって片手でぶら下がりながらもう片手で次のホールドをつかむ、うんていのような体重移動になってしまう。

 しかし、ハングでぶら下がりながら足で支えるというのはニュートン力学にケンカ売るような行為だと思うのだが、何でみんなぶら下がりながら三点支持できるのだろう。

 続き:やっぱりハングが登れない

  1. 2012/10/04(木) 23:06:05|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

靴の底面に穴が開いた

 今日の三宅島は雨。

 朝、出勤時にいつも履いている安全靴を履いて、階段を降りていると左足の靴下がすぐ濡れてきた。水たまりは意図的に避けているはずだが、浸透が早い。

121003shoes1.jpg

↑個人的に持っている安全靴

121003shoes2.jpg

↑底面にあいた穴に輪ゴムを通してみた。

 出勤してから調べてみたら、靴の底面に穴が開いていた。私の靴の壊れ方はだいたいかかとの底面が擦り切れたり、かかとの布がほつれたりして壊れることが多い(参考:スニーカーを捨てた)。なのでこんな壊れ方をしたのは初めてだ。

 江古田に引っ越してから買ったので、まだ1年くらいだし、安全靴なのでよかったのだが、残念である。2,000円くらいだったので仕方ないか。

  1. 2012/10/03(水) 22:53:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

脳の部位と記憶の対応 - 別冊日経サイエンス「時間とは何か?」

 時間は存在しない - 別冊日経サイエンス「時間とは何か?」の関連。

 A. R. ダマジオ「心の時間」という項目で脳の部位と残る記憶の関係が示されていた。

全脳基底部
この領域が傷つくと、多少の出来事を覚えることはできても、それらがいつ起こったかを思い出せなくなる。このことから、全脳基底部は昔の出来事が起こった時期を確定するのに関与すると考えられている。
側頭葉
海馬を取り囲む側頭葉部分が傷つくと、逆行性健忘になる。逆行性健忘の患者は古い記憶を呼び起こせなくなる。とくに、特別なときに特別な場所で起こった特殊な出来事に関連する記憶の回復が難しい。
海馬
側頭葉の内側表面に接している海馬が傷つくと、新しい記憶をつくることができない前行性健忘になる。
A. R. ダマジオ.心の時間.別冊日経サイエンス「時間とは何か?」2011. P.136

 脳の部位が時期や逆行性、前行性といった記憶の要素と結び付けられているのは不思議な感じである。人間を一種の機械と考えれば、部分部分で担う役割が異なるのは自然であるが、記憶という実態のないものとリンクしているのはやはり不思議である。このような研究を進めれば、いずれは心の在り処もわかってしまうのではないかと思うと恐ろしくなる。

 それぞれの部位を見ると、小説でも登場する特徴がある。「博士の愛した数式」であれば海馬の損傷、「酔歩する人」であれば前脳基底部の損傷ではないかと推定できる。アニメ「シュタインズ・ゲート」では海馬に情報を直接作用させることになっていたが、上の説明を読むと少々無理があるかなと思う。


時間とは何か? (別冊日経サイエンス 180)時間とは何か? (別冊日経サイエンス 180)
(2011/08/09)
吉永 良正

商品詳細を見る
  1. 2012/10/02(火) 23:33:23|
  2. 書評 - 哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅村のガイド「三宅島を歩こう~火山と森と野鳥の島~」

 三宅村が「三宅島を歩こう~火山と森と野鳥の島~」というガイドを発行した。

 PDFでも見ることができる。

 だいたいの場所はすでに見ているが、椎取神社に奥の院があるのは初めて知った。周囲がヤシャブシに覆われており、道があるとは知らなかった。今度訪れてみよう。

  1. 2012/10/01(月) 23:42:37|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0