山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

湿度計の仕組み

 三宅島に引っ越す前に100円ショップを物色していたら、温度計と湿度計が一体になったものを見つけ、購入した。

120802hygrometer1.jpg

↑100円ショップで売っていた温度計・湿度計。温度28℃、湿度71%。

 背面のマグネットをテレビ台に取り付けて使っているのだが、マグネットが弱く、テレビ台を動かしたときに剥がれ落ちてしまった。落ちたらパカっと割れて目盛りの背面を見ることができた。

120802hygrometer2.jpg

↑温度計・湿度計の背面のゼンマイ

 思いのほかチャチな仕組みで驚いた。また、温度計に金属の伸び縮みを使用しているのはわかったが、湿度計に金属の伸び縮みを使用しているのは疑問であった。湿度で伸び縮みする金属があるのだろうか。伸び縮みするとしても、温度による変化のほうが大きいのではないか。

 調べてみると、金属の伸び縮み、というかバイメタルを使用した湿度計があるようだ。

 温度計の応用といえば応用だが、都合よく湿気を吸いやすい、しかも安定した物質があったものだ。

  1. 2012/08/02(木) 22:02:02|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0