島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

三宅島へ引っ越し

 仕事で三宅島へ引っ越すことになった。

 今晩の船で向かう予定だが、今日の天気は春の嵐で雨風ともに強い。初めて東京の島に行くのだが、いきなり条件付出航というたどりつけるかどうか分からない出航である。

120331toukaikisen.png

↑東海汽船のホームページ。☆マークが「条件付出航」らしい。

 三宅島への異動に伴い、blogの更新はどうなるかわかりません。

 また会う日まで。

  1. 2012/03/31(土) 17:39:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

手塚治虫「鉄腕アトム 地上最大のロボット」

 手塚治虫「BIG COMICS SPECIAL 鉄腕アトム」5巻を読んだ。

 浦沢直樹「プルートウ」の原作となった「地上最大のロボット」が掲載されている。

 プルートウはだいたい読んだのだが、細切れで読んでいるので、私の頭にはストーリーがつながっていない。しかし、プルートウが世界中の強いロボットを撃破していくことや天馬博士がアトムの修理を行うことなど、見た場面がいくつか出てきた。

 今回原作を読んだのだが、なんとなく後味の悪い作品であった。一言で言えばただ強いロボットがあったとしても、その力に合った目的がないとむなしい、ということだろうか。しかし、プルートウとボラーを作ったゴジ博士もまた◯◯◯◯であったり、両者相打ちだったり、何かむなしさのある作品であった。浦沢直樹が題材にしたのも何となく分かる。


鉄腕アトム (05) (Big comics special)鉄腕アトム (05) (Big comics special)
(2003/07/30)
手塚 治虫

商品詳細を見る
  1. 2012/03/31(土) 17:31:20|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

野村宗弘「そう言やのカナ」

 野村宗弘「そう言やのカナ」を読んだ。

 「とろける鉄工所」と同じ作者。コワモテの37歳の旦那と若い奥さんの新婚生活を描いた作品。のっけから旦那が失業中で奥さんがアルバイトをしており、読み進めると奥さんが正社員になり旦那は期間付きで主夫業に専念することになる。

 夫婦の会話の中で旦那が「そう言やのカナ」と奥さんに昔話やその日にあったことを語る。じゃがいもで作ったハンバーグや小麦粉で作った唐揚げ、目で見て覚え後で弟の前で再生する「目ビデオ」など、貧乏暮しの話が多い。小さな話だが、面白い。

 後ろに収録されていた「十カ所くらいの穴」も面白かった。結婚前の女性の気持ちを描いた作品。初詣で旦那のご両親と会うときの車の席の配置を気にしたり、苗字が「佐藤 Satou」から「斉藤 Saitou」になるので「I(愛)が増す」とダジャレを言われるんだろうなと気にしたり、披露宴に呼ぶ人を10人から8人に絞るのに苦慮したりと、他人にとっては小さいようでも本人にとっては一大事の話が読む人に小さな笑いを呼び起こさせる。


そう言やのカナ 1巻 (ニチブンコミックス)そう言やのカナ 1巻 (ニチブンコミックス)
(2011/02/09)
野村 宗弘

商品詳細を見る
  1. 2012/03/31(土) 17:29:47|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝田台「丸長」が営業していた

 勝田台「丸長」の関連。

120331marucho.jpg

↑看板を出していた勝田台丸長。

 今日、まったく別用で勝田台に行ったら丸長が営業していた。

 貼り紙があり、つけ麺などのメニューや、列の並び方などが書いてあった。営業しているのを見たことがなかったので驚きである。

  1. 2012/03/31(土) 17:28:30|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

電子国土基本図に送電線が復活

 電子国土基本図で変わったこと - 岳人3月号の関連。

 電子国土基本図から消すことになった送電線の表示だが、利用者の声を反映し載せることになったそうだ。

 朝日新聞デジタル:送電線、地図に復活へ 地理院「電力各社に拒まれても」 - 社会より。

 国土地理院は地図から削除した送電線や記念碑などの表記を復活させることを決めた。電力各社に提供を断られた送電線の位置情報は新年度に再依頼、拒まれても独自に載せる。利用者からの批判を受け、見直すことにしたという。

朝日新聞デジタル:送電線、地図に復活へ 地理院「電力各社に拒まれても」 - 社会

 記事によると、テロの恐れを理由に電力会社から電力線データの提供を断られたそうだ。しかし、登山の目印として活用されている、送電線は誰でも見られるといった理由から電力会社へのデータ提供を求めていくそうだ。

10shirasuna_120.jpg

↑稲包山近くの上越国境を越える送電線(2010年秋 - 上信越・野反湖~稲包山

 登山者としては送電線が掲載されていると、現在地確認に非常に役立つ。稜線や谷を歩いているときに送電線がクロスすれば現在地が一点に絞れる。湯檜曽川本谷や尾瀬では送電線のお世話になった。一方、稲包山では上越国境を越える送電線の巡視路に迷い込んだこともある。

 登山者にとってはありがたい話だ。

  1. 2012/03/31(土) 15:05:32|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊本の地図が出てきた

 古いスーツを出したら、学生のときに行った熊本の地図が出てきた。

120331kumamoto1.jpg

↑ホテル周辺の地図

120331kumamoto2.jpg

↑水前寺公園の拝観券

 2004年の水工学論文発表会で熊本に行ったのだった。そのときはまだB4で発表はしなかったが、共著で論文を出していた(ひたすらデータ整理していたともいう)ので、行ったのであった。

 でもその割に熊本の地理をほとんど覚えていない。少々もったいない気もするが、また訪れると新鮮だろう。

  1. 2012/03/31(土) 15:04:41|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacBook用のバッテリーを買った

 MacBookの電源ケーブルを替えるとバッテリーに充電されるの続き。

 MacBook用のバッテリーを買った。

 MA254J/A用のバッテリーMA561J/Aと互換性のあるA1185-S-Hというバッテリー。ロワジャパンというオンラインショップで3,280円。

120331A1185-S-H.jpg

↑購入したバッテリー。製造者は書いてない。

120331battery-status.png

↑システムプロファイラを見るとSony製っぽい。

 また、前は状態情報の欄が「バッテリーを確認」となっていたが、新しいものは「良好」となっている。

 これでしばらく食いつなごう。

  1. 2012/03/31(土) 14:13:29|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

皇居を歩いて半周した

 気象科学館を出た後、皇居を半周し、四谷に出た。

120324koukyo_01.jpg

↑気象庁前の案内板を見ていたら皇居に「帰宅困難者避難場所」の文字があった。本当に災害時に開放するのだろうか。

120324masakado_05.jpg

↑将門の首塚を訪れると花が捧げられていた。他にも5, 6人訪れていた。

120324masakado_07.jpg

↑ビルの谷間だが、楠が枝を伸ばしていた。

120324koukyo_05.jpg

↑皇居の坂下門付近。雨が上がり、いわし雲が広がっていた。

120324koukyo_08.jpg

↑しばらくすると晴れてきた。松の木と丸の内のビル群。

120324hibiya_01.jpg

↑日比谷公園にカンヒザクラが咲いていた。

120324hibiya_02.jpg

↑日比谷公園ではウメも咲いていた。

 このあと、国会議事堂前を通り、新宿通りを通って四谷に出た。

  1. 2012/03/25(日) 21:45:38|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気象科学館に行った

 気象庁にある気象科学館に行った。

 建物に入ると職員だけが入れるよう自動改札があるが、守衛さんに聞くと入れてくれた。以前、研究のためデータ閲覧に来たときは自動改札はなかったのだが。14時頃に入ったが、他に人がおらず、館内の人に案内してもらった。

 気象庁の一室に設けられており、100m2くらいの部屋であるが、観測機器、雨粒の形を観察する機械、集中豪雨の体験、観測船の模型、火山灰の展示、津波と波浪の発生器などが置いてある。平成23年の東日本大震災の震度マップなどの最新情報もあった。

 一方で、火山灰の情報は2002年ごろのデータらしく、三宅島は避難中という記述であった。昨年は新燃岳の噴火もあったし、更新してもらいたい。

  1. 2012/03/25(日) 21:44:32|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江古田「麺工房あさか」スタミナらーめん

 江古田「麺工房あさか」へ行った。

120323sutamina.jpg

↑がっつり!スタミナらーめん800円

 この日は人に会う約束がなかったので「とにかくニンニク」という言葉に惹かれて注文した。

 具の上に揚げニンニク、スープにはおろしニンニクが入っていて、ニンニクが強い。スープはあさからしい濃い魚介スープ。量も多く、満足した。

  1. 2012/03/25(日) 21:43:01|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿小滝橋通り「モチモチの木」つけ麺

 新宿小滝橋通り「モチモチの木」へ行った。

 大学の研究室のとき、大久保に住んでいたドクターの人が強く勧めていたので一度行ってみたいと思っていたが、どこにあるのかわからず訪れたことはなかった。

 昨日、会社の帰り、同僚と階段を下りながら、飯食いに行くかという話になり、私からモチモチの木を提案し、彼も行ったことがないのでここに決まった。奇遇にも彼も同じ大学であった。

 スマートフォンで場所を調べながら店へ向かったが、職安通りより北側とは思わなかった。しかも地下。店はラーメン屋らしくなく、木を多用したカフェかバーのような雰囲気であった。人気店だが空いていた。

120322mochimochi.jpg

↑つけ麺(中)2玉 880円

 つけ麺を注文する。麺はのど越しのよい中太。スープは節の味と何か酸味のようなもの、野菜だろうか。薄いと感じたが、飲んでみるとそこそこ濃い味であった。

 おいしいのだが、人気店というバイアスを通してみると、特別おいしいとも感じられなかった。少々お値段が高めというのもあるかもしれない。でも店員さんは美人だった。

  1. 2012/03/23(金) 12:34:56|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿小滝橋通り「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」小ラーメンヤサイニンニク

 新宿小滝橋通り「ラーメン二郎 新宿小滝橋通り店」へ行った。

120319jirou1.jpg

↑角地にあるラーメン二郎。隣もラーメン屋のようだ。

 カウンター席がほとんどだが、奥にテーブル席が2つある。混んでいたが、1人だったので座れた。食券を買って席で待つ。

120319jirou2.jpg

↑小ラーメンヤサイニンニク700円

 二郎らしい盛り方で野菜がてんこ盛りである。下から麺を引きずりだして食べる。麺は平たい。とんこつ醤油の味付けもよく、ガシガシ食べる。

 食べ終わるころには店内に行列ができていた。さすが二郎、人気が高い。

 でもよく考えると「ラーメン二郎」に入るのは初めてだと思う。二郎インスパイア系の奥州麺処秘伝とか、江古田のどっと屋は入ったことがあるが、一番近いのは「ラーメン 神田店」くらいか。三田の本店は前を歩いたことが何度かあるが、閉店しているときしか見たことない。

  1. 2012/03/20(火) 19:13:58|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「+チック姉さん」

 YouTubeに載っていたアニメ「+チック姉さん」が面白い。

 ある学校の「もけい部」(原文ママ)に所属する女子学生3人が送る日常を描いたギャグマンガだが、模型をつくっている描写はない。登場人物はかわいい女子学生で、絵だけ見れば萌え系であるが、頭の上になぜか模型を載せており、模型もときどき動く。部室では模型が壊れてみたり、好きな子の話しをしたり、模型を撮影しようとしたらなぜか腕相撲になったり、荒唐無稽なストーリーである。絵柄とストーリーのギャップが面白い。

 3人の中で常識人に見えるマキマキが一人妄想にふけり、それを姉さんとオカッパにいじられる第3話が好きだ。

  1. 2012/03/20(火) 19:13:21|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacBookの電源ケーブルを替えるとバッテリーに充電される

 MacBookのバッテリーが充電されないの続き。

120320battery-remain.png

↑バッテリー充電中の表示

120320battery-status.png

↑システムプロファイラを見るとバッテリー充電中になっている

 電源ケーブルを替えたら充電されるようになった。

 土日に実家に帰ってMacBook Airの電源ケーブルを借りていたのがよくなかったようだ。

 でもMac本体に給電されるのに、バッテリーには充電されないとはどういう状態なんだろう。

 まあ、先走ってバッテリーをオンラインで購入してしまったので、もう交換してしまおう。

 続き:MacBook用のバッテリーを買った

  1. 2012/03/20(火) 19:11:59|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落合尚之「罪と罰」がドラマ化される

 落合尚之「罪と罰」がドラマ化されるそうだ。

 2年前に触れた、落合尚之「罪と罰」だが、すでに全10巻で完結している。7巻と10巻を読んでいないのだが、10巻程度でまとまってよかったと思う。Wikipediaによれば大筋以外は別物の作品になっているそうだ。原作がよくわからなかった私には判別がつかないが。

 でも、このマンガは派手なアクションはない代わりに、登場人物の心象描写が重要である。役者さんの演技力が求められると思う。もっともWOWOWだから見られないけど。

落合尚之先生『罪と罰』連続TVドラマ化決定!!
http://webaction.jp/news/120228.html
  1. 2012/03/18(日) 13:40:11|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacBookのバッテリーが充電されない

120318battery-rest.png

↑残量0%

 1年ほど前にそろそろ新しいMacBookがほしいという記事を書いたが、その中でMacBookのバッテリーがすっかり容量切れと書いた。

 それでも充電容量は示されていたのだが、とうとう電源ケーブルをつなげていても0%と表示されるようになった。しかもシステムプロファイラを見ると「充電中」が「いいえ」になっている。Apple Portables:バッテリーの充放電回数を確認するによれば、最大充放電回数は300回なっているが、システムプロファイラによればまだ88回であるので、まだまだ使えることになるのだが。

120318battery-profile.png

↑システムプロファイラ画面。充電中が「いいえ」になっている。また、充放電回数が88回。

 今年の5月で購入してからまる6年になる。新しいMacBookがほしいと書いていながら、まだ買っていない。今年の夏に出るという新しいOS Mountain Lionあたりがちょうどいい機会だろうか。それともバッテリー交換でまだ食いつなぐか。

 続き:MacBookの電源ケーブルを替えるとバッテリーに充電される

  1. 2012/03/18(日) 13:32:35|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学で「I love you」を伝える方法

 ITMediaで数学で「I love you」を伝える方法という記事が載っていた。

 一見何だか分からない数式が書かれているが、その上半分を消すと、そこに'I love you'の文字が並ぶというスマートな告白方法。

 意外性があっておもしろい。

  1. 2012/03/17(土) 17:01:44|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

USB給電機能を搭載したキャンピングストーブ

 /.Jより。USB給電機能を搭載したキャンピングストーブが紹介されていた。

 YouTubeのデモンストレーションビデオを見ると、製品の缶に木切れなどを入れ、焚き火を行うのと同時に熱電モジュールなる装置から電源を得ることができるようだ。

 山ではヘッドランプ、ろうそく替わりのランタン、ラジオに電池を使う。そういったものに使えればいいと思うが、そこまで起電力はないだろうな。また、これだと焚き火の輻射熱であたたまることができないのが残念だ。

 アイディアはいいと思う。

  1. 2012/03/17(土) 17:01:14|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GPS機能付きカメラ2012春モデル

 デジタルカメラの2012年春モデルが店頭に並ぶようになった。

 前にもGPS機能付きカメラがほしいと書いたが、新製品を見て物欲が再燃している。

 調べてみると、防水仕様のカメラとして以下3つがあるようだ。

 PENTAX Optio WG-2 GPSはOptio WG-1 GPSの後継機種のようだ。GPSロガーとしても使用でき、Google EarthやGoogle Mapで使用できるKML形式で出力が可能である。ちょっと横長で持ちにくい。実勢価格40,000円ほど。

 Panasonic LUMIX FT4はGPSだけでなく、方位計、気圧計、高度計、水深計も内蔵したカメラ。ほぼ直方体で握りやすい。移動経路の書き出しはできないようだ。実勢価格40,000円ほど。

 FUJI FINEPIX XP150は撮ったときの方角も記録することができる。移動経路の書き出しができるものの、MyFinePix StudioというWindows専用のソフトウェアが必要なようだ。ほかに比べて安く、実勢価格26,000円くらい。

 なお、OLYMPUS TG-810はGPS機能付きであったが、後継機種と思われるTG-820にはGPS機能が付いていない。あんまり売れなかったのだろうか。

  1. 2012/03/17(土) 17:00:40|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都庁展望台に行った

 映画「はやぶさ 遙かなる帰還」を見たあと、都庁展望台に行った。

 夜になっていたので、第一庁舎北側だけが開いていた。エレベーターに乗って55秒で45階の展望台へ。

120311tocho_01.jpg

↑見下ろした新宿西口駅前の通り。

120311tocho_02.jpg

↑新宿西口方面を望む。

120311tocho_05.jpg

↑南東側を望む。月が明るい。

  1. 2012/03/12(月) 21:49:55|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

映画「はやぶさ 遙かなる帰還」を見た

 ニコライ堂のあと、靖国通りに下って、神保町駅から都営新宿線に乗った。新宿三丁目で降り、「はやぶさ 遙かなる帰還」を見た。

 1回目のタッチダウン失敗、イトカワ離陸後の通信途絶、イオンエンジンのスラスタ・中和器クロス運用など、主だった困難に触れてあってよかった。どちらかと言うと肉体派に見える渡辺謙も好演していた。「はやぶさ」に関しては3つの映画が公開されており、新聞には以下のような比較があった。

 「HAYABUSA」はにぎやかなエンターテインメント作品。東映の「遙かなる帰還」は男臭いプロジェクトXタッチ。一方、「おかえり」には、アットホームな雰囲気が漂う。

読売新聞2012年3月9日(金)夕刊3版P.11

 私はこの「遙かなる帰還」しか見ていない。しかし、技術者の端くれか、プロジェクトXタッチの映画は携わる人の努力と汗が伝わってきてよかった。欲を言えば、CGとナレーションなどを使用し、はやぶさの損傷状況を逐一説明してくれるとよかった。

 都庁展望台に行ったへ続く。

  1. 2012/03/12(月) 21:49:32|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニコライ堂を訪れた

 神田明神のあと、ニコライ堂を訪れた。

 動線からいうと湯島聖堂も訪れるべきだったかもしれないが、階段降りて袋小路に入るようになるので行かなかった。御茶ノ水駅近くのリンガーハットでお昼を食べてニコライ堂へ。

120311nikoraido_05.jpg

↑ニコライ堂。これも旧岩崎邸庭園洋館と同じく、ジョサイア・コンドルの設計らしい。

 拝観料は300円。薄暗い堂内にはろうそくが灯されていた。黒い服を来た神父さんがこまめに動いていた。薄暗かったのでついついベンチでうつらうつらしてしまった。せっかく教会に来たので、パイプオルガンが流れていたらよかったのだが、無音で静粛な雰囲気であった。

 映画「はやぶさ 遙かなる帰還」を見たへ続く。

  1. 2012/03/12(月) 21:48:18|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田明神に参った

 湯島天神のあと、神田明神に参った。

 北側の蔵前橋通りから階段を登っていく。蔵前橋通りを車で走っているとき、いつも気になっていた道だ。登りつくと本殿の裏側に出た。

120311kanda-myojin_02.jpg

↑神田明神

120311kanda-myojin_05.jpg

↑たくさんの絵馬にアニメの絵が書かれていた。しかもみんなうまい。秋葉原が近いからみんな描くのだろうか。

 ニコライ堂を訪れたに続く。

  1. 2012/03/12(月) 21:47:13|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯島天神へ参った

 旧岩崎邸庭園のあと、湯島天神へ参った。

120311yushima_01.jpg

↑春日通り側の入口は人だかり。

120311yushima_03.jpg

↑梅の季節。白梅が咲いていた。

120311yushima_07.jpg

↑梅園のようす。

120311yushima_08.jpg

↑白く燃え上がるように咲いた白梅。

 神田明神に参ったに続く。

  1. 2012/03/12(月) 21:46:05|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

旧岩崎邸庭園へ行った

 旧岩崎邸庭園に行った。

 上野駅から歩いて15分ほど。不忍池の南側を回っていった。朝10時は空いていたが、出る11:30ごろにはけっこう混んでいた。なお、入園料は400円。

120311iwasakitei_01.jpg

↑旧岩崎邸庭園入口

120311iwasakitei_02.jpg

↑入口からの園路にあったフキノトウの群生。写っているのはすべてフキノトウ。でも誰も見向きもしていなかった。植えたのだろうか。土をおこしたら勝手に生えたのだろうか。

120311iwasakitei_03.jpg

↑旧岩崎邸洋館。発注者は岩崎久彌、設計者はジョサイア・コンドル。

120311iwasakitei_07.jpg

↑旧岩崎邸庭園から見た洋館。奥の建物は東大病院。

 湯島天神へ参ったに続く。

  1. 2012/03/12(月) 21:44:48|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災時のドイツ人からのメール

 東日本大震災から1年が過ぎた。

 1万人を超える死者が出て、いまだに行方不明者の方もいる。津波で壊滅的な被害を受けたところは野原のままだし、福島第一原発近辺は立入禁止が続いている。

 私が生まれてからの現代史の中で大きな転換期は3回あったと思う。

  1. 冷戦の集結を象徴するベルリンの壁崩壊
  2. テロ組織との開戦のきっかけとなった9.11アメリカ同時多発テロ事件
  3. 自然の圧倒的な力を思い知らされた東日本大震災

 これらの事件はいずれも私の印象に残っている。「ベルリンの壁崩壊」は小学生の私のは意味はわからなかったものの、壁を乗り越えて歓喜の声をあげる人たちの姿に何か嬉しさを共感した。「9.11アメリカ同時多発テロ事件」はWTCに2機目の飛行機が突っ込んだ様子を見てその意味がわからなかった。被害者の方には失礼かもしれないが、映画のワンシーンを見ているかのように現実味が感じられなかった。そして、東日本大震災。陸前高田の広大な畑を黒い波が走っていく様子を見て同じ気持ちになった。これは一体何なのか。「津波」と言葉ではわかっていても感情として受け入れられなかった。

 「戦後」は終わり、これからは「災後」という言葉が使われることがある。日本人にとって東日本大震災は戦後最大の事件であると思うし、少なくとも私の経験した中では最も忘れることができない事件である。

 1年が経ったので、今だから書けるドイツ人の友人のメールのことを書こうと思う。

 震災から3日ほど経ったころ、福島第一原発からの放射性物質漏れのことが国内外のマスコミで報道されるようになった。そのとき、各国の大使館は放射性物質の影響を危惧し、駐在している外交官を引き上げさせた。欧米にはチェルノブイリの悪夢が蘇ったのだろう。

 そのドイツ人の友人のメールにはだいたいこんなことが書いてあった。「原発が決定的な状況(critical situation)にあることを非常に心配している。すべてがうまく行けばよいが、もしある状況があるならば」と断った上で、where you might think that you and your family might have to leave Japan, you are of course welcome in Germany in my family.、つまり、私と家族がもし日本を離れるならばドイツへ迎え入れる用意がある、と。確かに福島第一原発はいままで日本人が体験したことのないレベルの事故を起こしている。しかし、爆発したのは建屋であって原子炉そのものではないから、直ちに人体に影響を与えるほどの放射性物質は放出されていない。日本人は第二次世界大戦からも、阪神・淡路大震災からも立ち上がってきた。今回も大丈夫だ。申し出はありがたいが、日本を離れるつもりはない。心配ありがとう、といった旨をメールにて返事した。

 このメールで海外では日本の様子がどのように報道されていたのか、よく分かった気がする。海外から見ると、もう日本は絶望的な状況だったのだろう。そんな中、避難の申し出をしてくれたゲラルドさんには本当にありがたいと思っている。

 参考:3月11日地震後の私の行動

  1. 2012/03/12(月) 21:43:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

技術士第2次試験に合格していた

 技術士の面接試験の続き。

 技術士第2次試験に合格していた。

 受けたときに以下のように書いていたので、ダメだろうと思っていたが、驚くことに合格していた。

 下水道の予算の話とか、知らない質問もあり、何度か「わかりません」と答えてしまった。

 面接官も首をかしげた場面があったし、合格の手応えはないなあ。

山ノ中ニ有リblog 技術士の面接試験

 2度目を受けるだけの元気がなかったので、受かっていたのは正直嬉しかった。

 しかし、その後の技術士会への登録がかなりめんどくさい。役所へ行って2枚証明書を買いてもらう必要がありそうだ。いったん得た資格を失うわけではないので急ぐ必要もないが、めんどくさい。

  1. 2012/03/12(月) 21:17:31|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小林泰三「玩具修理者・酔歩する男」

 小林泰三「玩具修理者・酔歩する男」を読んだ。

 「玩具修理者」は第2回日本ホラー小説大賞短編賞を受賞した著者の第一作。文庫本で37ページと短いが、人の体をも解体し組み立てる玩具修理者、生物と無生物の境界の議論など、ホラー小説に哲学的な要素が加わり恐怖を深めている。

 「酔歩する男」はタイムリープをテーマとした小説。ホラーの要素はないが、登場人物は過去に失った恋人を助けるためにタイムリープを成功させる。そのプロセスが独創的である。タイムマシンを必要としないのだ。必要なのは粒子線癌治療装置である。

 以下、ネタバレ。

全文を読む
  1. 2012/03/10(土) 02:08:27|
  2. 書評 - 小説
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西新宿四丁目「肉そば屋フクロウ」温かい肉中華

 西新宿四丁目「肉そば屋フクロウ」に行った。

120308nikusobaya1.jpg

↑店の外観。十二社通りに面している。

120308nikusobaya2.jpg

↑店の前の看板。

120308nikusobaya3.jpg

↑温かい肉中華700円+麺大盛り100円。

 十二社通りと方南通りの交差点、熊野神社前の近くにある蕎麦屋兼ラーメン屋。そばも出すし、ラーメンも出すという変わった店。「肉そば」というのは山形のものらしい。

 鶏とサンマ節を使ったというスープは澄んでいて、ダシが濃厚である。手打ち風の麺と合う。ただ少しお値段が高いかな。

  1. 2012/03/10(土) 02:07:55|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近、東京チカラめしという店が増えている

 最近、東京チカラめしという店が増えている。

120307tokyo-chikara-meshi.jpg

↑江古田駅の南側にある店。前は酒屋だった。

 新宿西口にもあるし、江古田には北側と南側に1店舗ずつある。2回ほど入って食べたが、店内は牛丼屋のようなつくりで、焼いた牛肉を丼に載せた焼き牛丼を売っている。安い丼で280円とご飯にしてはかなり安い。

 ひとりで入れる店が増えるのは、独身者にとっていいことである。

  1. 2012/03/10(土) 02:07:20|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光・志津小屋に行ってきた

 日光の志津小屋に行ってきた。

 予定は女峰山であったが、裏男体林道の雪があまりに多く、志津小屋にたどりつくのが精一杯であった。

 天気はよかったのだが、残念である。

120304shidukoya_14.jpg

↑志津乗越で男体山を背景に私

2012年春 - 日光・志津小屋
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2012/12shidukoya/
  1. 2012/03/04(日) 21:31:24|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間は存在しない - 別冊日経サイエンス「時間とは何か?」

 別冊日経サイエンス「時間とは何か?」を読んでいる。

 私にしてはめずらしく古本屋でない本屋で躊躇せずに買った本である。時間論の本には財布の紐はゆるい。

 この時私たちは、2つの物理的な物体の相関を、世界時を介在させることなく、直接記述しているのだ。「私の髪は時がたつにつれて白くなる」と言うかわりに、同じ現象を衛星の軌道運動によって表現することもできるし、「野球のボールは10m/s2で加速する」という代わりにその運動を氷河の変化と相関させて記述することもできる。時間を介在させずに「変化」を語ることは可能だ。時間は余計者なのだ。

(中略)

 お金もそうだ。お金があるおかげで、私たちはコーヒー1杯買うたびに何と物々交換するかを交渉しなくてすみ、便利に暮らせる。だがお金は価値があると認められるものの代理として発明されたものにすぎず、それ自体に価値があるわけではない。

C. カレンダー.時間は存在するか? 別冊日経サイエンス「時間とは何か?」2011. P.30

 これを読むと絶対的な時間というものは、導入するとニュートン力学を説明しやすくなるというだけであって、必要とは限らないと感じる。相対性理論は観測者によって時間の進み方が変わることを示唆しており、それらを結ぶ絶対的な時間について議論するのは見たことがない。

 しかも、量子力学では時間変数のない式があるそうだ。

 正準量子重力理論は1950年代から60年代に、アインシュタインの重力の方程式を「正準量子化」という手法を用いて書きなおすことで生まれた。「正準量子化」とは、古典的なマクスウェルの電磁気学を量子電磁気学に移行する際に用いられた手法だ。

 この仕事は1960年代に、物理学者ホイーラー(John Wheeler)とデウィット(Bryce DeWitt)によってなされたが、極めて奇妙な結果が得られた。ホイーラー・デウィット方程式と呼ばれるその式には、時間という変数が全く存在しない。時間を表す「t」という記号が完全に消えてしまったのだ。

 その後、数十年にわたって、この式は物理学会を困惑させた。一体どうすれば、時間があっさり消えるなんてことが起こり得るだろうか。

C. カレンダー.時間は存在するか? 別冊日経サイエンス「時間とは何か?」2011. P.30

 「時間は存在しない」論で素人向けにわかりやすい説明がなされているものに、橋元淳一郎「時間はどこで生まれるのか」がある。この本では、マクロには温度という概念があるが、ミクロには温度という概念がない。ミクロの物質の運動の激しさが、マクロの温度という概念に反映される、同様にマクロには時間という概念があってもミクロにはないのではないかということを述べていた。

 研究者の世界でも時間変数がない式があるというのは、方法は別にしても「時間は存在しない」という同じ結論を得たということであり、実に不思議だが、面白い。

 関連


時間とは何か? (別冊日経サイエンス 180)時間とは何か? (別冊日経サイエンス 180)
(2011/08/09)
吉永 良正

商品詳細を見る
  1. 2012/03/04(日) 21:30:41|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落合南長崎「山藤屋」ラーメン

 落合南長崎「山藤屋」へ行った。

 名前の通り、家系ラーメン。中に入るとカウンターのみで主人ひとりで切り盛りしていた。

120229yamafuji_01.jpg

↑店の外観。

120229yamafuji_02.jpg

↑メニュー看板。

120229yamafuji_03.jpg

↑ラーメン中盛1.5玉750円。ライス、もやし無料。

 麺の固さ、味の濃さ、脂の量を選べるが、これは全て普通。

 家系ラーメンの脂っこさやくどさは感じられず、食べやすかった。海苔が3枚入っているのもよかった。

  1. 2012/03/04(日) 21:25:59|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿に雪が積もった

 雪が積もった。

 区部は思えないくらいたくさん雪が降っていた。今年は本当に雪が多い。

120229shinjuku_01.jpg 120229shinjuku_02.jpg 120229shinjuku_03.jpg 120229shinjuku_04.jpg
  1. 2012/03/04(日) 21:25:24|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿小滝橋通り「らーめん古武士」つけ麺

 新宿小滝橋通り「らーめん古武士」に入った。

 3年ぶりに訪れたのだが、店は閑散としていて、私が入ると2人ほど店に出て、店には私だけになってしまった。

120228kobushi_1.jpg

↑店の外観。

120228kobushi_2.jpg

↑メニュー表。

120228kobushi_3.jpg

↑麺は特盛400gまで同額。

120228kobushi_5.jpg

↑つけ麺特盛400g750円。

 前に食べたときは、節の味が強かった気がするのだが、この日はそれほど感じられなかった。甘みが強く感じられ、大勝軒のつけそばに似ていた。のどごしの良いつるつるした中太の麺であった。

  1. 2012/03/04(日) 21:24:55|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原「福の軒」特製らーめん

 秋葉原「福の軒」に入った。

 場所は駅の南東。いつも薄暗い公園の前。

120226fukunoken_01.jpg

↑店の看板

120226fukunoken_02.jpg

↑メニュー表

120226fukunoken_03.jpg

↑特製らーめん380円

 普通のとんこつラーメンであった。替え玉にラーメンスープをかけすぎてしょっぱくなってしまった。

  1. 2012/03/04(日) 21:23:21|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラオックス「ザ・コンピュータ館」跡のAKIBAカルチャーZONE

 小石川植物園に行った後、バスで上野公園に出て、中央通りを歩き、秋葉原に行った。SDHCカード、eneloopを購入するためである。

 そしたら秋葉原のラオックス「ザ・コンピュータ館」が閉鎖されてだいぶ経ったが、AKIBAカルチャーZONEという建物になっていた。

120226akiba.jpg

↑AKIBAカルチャーZONE

 1階だけ通り抜けたが、そこは本屋でマンガやライトノベルが並んでいた。エスカレーターの位置などは変わっていないが、電化製品は置いていない。

 万世橋のたもとのビルも以前はラオックスだったが、いまはパチンコ屋などの雑居ビルになっている。つくばエクスプレスが通り、東口にはヨドバシカメラができ、市場跡はクロスフィールドとか大きなビルが建っている。

 秋葉原は東京でもこの10年で大きく様子がかわったところだと思う。駅前にバスケットボールのコートがあったなんて30代じゃないと知らないだろうな。もっとも市場があったころまでは私も知らないが。

  1. 2012/03/04(日) 21:22:50|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小石川植物園へ行った

 小石川植物園へ行った。

 1, 2年前は仕事で千川通りを通ることが多かったのだが、小石川植物園に入ったことはなかった。母が行ってみたいというのを機会に私も一緒に行ってみた。

120226koishikawa_02.jpg

↑サザンカ。少しすぼんだ様子で一枚ずつ花びらが落ちるのがサザンカ、開ききっていて花ごと落ちるのがツバキらしい。

120226koishikawa_07.jpg

↑カラスが多かった。

120226koishikawa_10.jpg

↑あと、もぐら塚も多かった。

120226koishikawa_17.jpg

↑梅が見頃だった。

120226koishikawa_19.jpg

↑こちらは白梅。

120226koishikawa_20.jpg

↑名前忘れたがまっすぐな木。

  1. 2012/03/04(日) 21:22:01|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0