山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

江古田「らーめん どっと屋」

 江古田「らーめん どっと屋」に入った。

110828dotto1.jpg

↑「らーめん どっと屋」の外観。マンションの1階のようだ。

110828dotto2.jpg

↑二郎系のトッピングメニューが並んでいた。

110828dotto3.jpg

↑らーめん600円、野菜多め、にんにく

 江古田では他に見当たらない二郎系のラーメン屋。駅の南口から池袋方向に歩いて行くとある。

 店は主人一人で切り盛りしているようで、1日の終りだからかあまり元気がなかった。

 らーめんで十分量があり、お腹いっぱいになった。とんこつベースの醤油味でしょっぱめ。麺はもやしのように太い縮れ麺。なかなかうまかった。

 日曜日は20時までの営業なので、遅いと入れない。今日は私が最後の客だった。


大きな地図で見る
  1. 2011/08/28(日) 22:40:23|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丹沢・玄倉川小川谷廊下に沢登りに行ってきた

 丹沢の小川谷廊下に行ってきた。

11ogawadani_166.jpg

↑小川谷廊下の東沢出合手前のゴルジュ

 27日に遡行し、入渓点に幕営して28日に帰ってきた。

 雨だったが、気温は高く、ずぶ濡れになれてよかった。

 小川谷廊下は7年ぶりの遡行だったが、大岩のあたりが様子が変わり、大岩の下を歩けるようになっていた。

2011年夏 - 丹沢・玄倉川小川谷廊下
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2011/11ogawadani/
  1. 2011/08/28(日) 22:12:43|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロム・インターナショナル編「教科書にも載っていないーーー日本地図の楽しい読み方」

 ロム・インターナショナル編「教科書にも載っていないーーー日本地図の楽しい読み方」を読んだ。

 日本地図の不思議な箇所を紹介している本である。私も前にblogで触れたことのある静岡県磐田郡水窪町の幻の池伊豆半島大瀬崎の神池長野県南佐久郡臼田町の海から一番離れた地点那須岳の殺生石などがとりあげられている。

 秋葉原の名前の由来などは勉強になる。

 もともとの名前の由来が、明治2年(1869)の葛西での焼け跡に、翌年、秋葉神社がつくられたことにある。

 それ以来、「秋葉ヶ原」が通称になっていたが、明治23年(1890)に日本鉄道が上野から線を延長して貨物駅をつくったとき、秋葉原駅ができたのだ。おかげで、名前の由来となった神社は台東区松が谷に移転を余儀なくされている。

ロム・インターナショナル編「教科書にも載っていないーーー日本地図の楽しい読み方」(河出書房新社,1997)P.203, 204

 また、興味深かったのは東京の谷の名前である。

 日本橋台地は地下に埋もれているものの、台地状の地形が認められるのは、両側を20メートルにもなる深い谷がはさんでいることによる。西側は皇居前広場から日比谷公園を通っている丸の内谷と呼ばれる谷、東側は現在の昭和通りに沿って位置している昭和通り谷と呼ばれる谷。

ロム・インターナショナル編「教科書にも載っていないーーー日本地図の楽しい読み方」(河出書房新社,1997)P.98

 靖国通りから北、神田駿河台のあたりは名前の通り台地になっており、東西両側は相対的に谷になっているのは知っている。しかし、恥ずかしながら「丸の内谷」「昭和通り谷」という呼び方は知らなかった。googleで検索すると少ないながら「丸の内谷」「昭和通り谷」いずれもヒットした。は私はそれぞれ「日比谷」「楓川」と思っていた。

 どうも調べた感じだと、形成された年代とスケールによって異なるようだ。「丸の内谷」「昭和通り谷」は沖積層が形成された年代、「楓川」は江戸時代のようだ。こういうとらえかたは地質学では当たり前なのかもしれないが、私には新鮮であった。

 一方、根拠の弱さも少々気になった。細かに出典が出ていればよいのだが、出典は終わりにずらっとならべてあるだけで、引用なのか著者に意見なのかよく分からない。


日本地図の楽しい読み方 (ペイパーバックス)日本地図の楽しい読み方 (ペイパーバックス)
(2006/11/15)
ロム・インターナショナル

商品詳細を見る
  1. 2011/08/28(日) 22:08:51|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マウントレーニア・抹茶マキアートを飲んでみた

 伊藤園抹茶ラテを飲んでみたの関連。

 マウントレーニア・抹茶マキアートを飲んだ。

110823maccha.jpg

↑マウントレーニア・抹茶マキアート

 マウントレーニアも好きだし、抹茶味も好きな私としては実に楽しみである。

 私は「マウントレーニア」のブランドで「抹茶」を作ったのかと思ったら、そうではなくて「抹茶コーヒー」を作ったようだ。抹茶だと思っている私は最初の一口で「あれ、コーヒー?」と気がついた。

 どちらかというと抹茶よりもコーヒーの味が強い気がする。初めは甘いコーヒーの味、後味に抹茶の苦さが残る。

 できれば抹茶とコーヒー別々に飲みたいなと思うのは私だけだろうか。

  1. 2011/08/28(日) 21:45:58|
  2. 食べ物・飲み物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

献血時の血液検査のハガキ

 はじめての献血の関連。

 だいぶ前に届いたはがきだが、献血したときに希望した血液検査の結果がハガキで来た。

110823bloodtest.jpg

↑届いた血液検査のハガキ

 血液型はA型、Rh+であった。

 生化学検査、血球計数検査ともすべての指標で標準値以内であった。

 私の高山病は血のせいではないようだ。赤血球数もヘモグロビン濃度も問題ない。肺での酸素交換が下手なのだろうか。

  1. 2011/08/28(日) 21:43:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月23日の新宿の西側の夕暮れ

110823twilight.jpg

↑8月23日夕、新宿の西側の光景

 8月23日の夕暮れ、新宿から見る西の空が明るかった。

 雲の端が輝き、燃えているようだった。

  1. 2011/08/28(日) 21:40:54|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

落橋防止装置

 前に何なのだろう、と書いた橋脚と橋桁を結ぶワイヤーないしチェーンだが、どうやら「落橋防止装置」というようだ。

110818rakkyo.png

↑落橋防止装置のGoogle検索結果(画像)

 画像を検索してみると、鋼棒やピストンのようなもので結ばれたものがある。

 橋は振動などで桁が壊れないように、片側固定端、片側自由端にしているのは構造力学で習った。きっと自由端で橋桁が落下しないように結んであるのだろう。

  1. 2011/08/21(日) 21:31:45|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

工大祭のマスコットが決まったそうだ

 「東京工業大学「工大祭」のマスコットキャラクターが決定! 可愛らしい女の子「テック」ちゃん」だそうである。

 前にも触れたが、エンサイクロペディアの記事の充実(?)っぷりを見れば、むしろなんで今までマスコットを作ってなかったのか不思議なくらいである。

 東京電機大学もシュタインズ・ゲートのアニメに協力しているみたいだし、なんであれ話題になるのはいいことだと思う。名前の知られていない大学は特にそう思う。

 最近大学行ってないなあ。行く用もないけど。

工大祭2011マスコットキャラクター募集採用作品 - 工大祭2011公式サイト
http://koudaisai.jp/offer/mascotcharacter/
  1. 2011/08/21(日) 21:30:43|
  2. マンガ・アニメ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山と渓谷2011年9月号を立ち読み

 山と渓谷2011年9月号を立ち読みした。

 特集は「近くてよい山、谷川岳」。その中で「そこはヤブと熊の宝庫――上越国境、縦走日記という紀行文があった。内容は白毛門山から巻機山までの縦走路を女性2人で前夜発3泊4日かけて走破したというものだ。この区間は私も22008年に前夜発1泊2日で行っている。読んでみるとどうやら1泊目・大烏帽子岳南のコル、2泊目・檜倉乗越から柄沢山の間、3泊目・米子頭山~巻機山の登りのようだ。基本的にヤブなので、2度は行きたくないところである。

 あと、ラインホルト・メスナーの伝記映画「ヒマラヤ 運命の山」が上映されているそうだ。内容はナンガ・パルバットのルパール壁初登攀をめぐる悲劇のようだ。池袋と有楽町でやっているそうなので、見てみたい。

映画『ヒマラヤ運命の山』公式サイト 予告編
http://www.himalaya-unmei.com/trailer.html

 関連:映画「ヒマラヤ 運命の山」を見てきた


山と渓谷 2011年 09月号 [雑誌]山と渓谷 2011年 09月号 [雑誌]
(2011/08/12)
不明

商品詳細を見る
  1. 2011/08/21(日) 21:22:57|
  2. 書評 - 山岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥秩父の笛吹川久渡沢ナメラ沢を遡行してきた

 奥秩父の笛吹川久渡沢ナメラ沢を遡行してきた。

11namera_043.jpg

↑ナメ滝にて私

 雨の中であったが、なかなかナメを楽しめた。ただツメが長かった。

 泊まりは破不山避難小屋で私たちだけであり、帰りは鶏冠山林道東線から下った。

2011年夏 - 奥秩父・笛吹川久渡沢ナメラ沢
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2011/11namera/
  1. 2011/08/21(日) 21:14:57|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東工大入試前期88年の問題を区分求積法で解いた

 東工大入試前期88年の問題が解けない東工大入試前期88年の問題を解いたの続き。

 2011/08/07(日)の「単線トンネル2本か複線トンネル1本か - 持田豊「青函トンネルから英仏海峡トンネルへ 地質・気質・文化の壁をこえて」」の記事にコメントがあった。

今さら昔の記事引っ張り出してきて恐縮ですけど、2010年10月11日の記事の88年東工大数学について

与式の自然対数とって、各項の和の形にして、丁寧に変形してやれば、区分求積の形に帰着できて、

log((2+x)/(1+x))

の0~1区間の積分になるので、それを計算すると27/16の結果が出ました。

とても綺麗で感動したので、もしよろしければやってみてください!

2011/08/07(日) 00:20:19 | URL | natto-

 前のときもいまいち納得できていなかったのだが、このコメントでやっと解けた。

 とはいえ、「区分求積法って何だっけ?」というレベルだったので、まずそこから勉強しないと解けなかった。本屋の立ち読み少々で何となく理解する。現役の受験生にとっては誘導なしの設問でもサラっと解けるのだろうか。解けてしまえば大して難しくないが、ヒント無しには解けなかったなあ。

 あと途中、lim と ln の順序を交換しているのだが、これはOKなのだろうか。大学入試レベルならOKなのだろうか。

 コメントを書いて下さったnatto-さんありがとうございました。

nyuushi88_3_1.png nyuushi88_3_2.png
texソース
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/nyuushi88_3/nyuushi88_3.tex
pdfファイル
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/nyuushi88_3/nyuushi88_3.pdf
  1. 2011/08/18(木) 21:38:08|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿西口「三田製麺所」

 新宿西口「三田製麺所」に行った。

110818mitaseimenjo1.jpg

↑店の様子

 昼どきで混んでいたが、一人だったので入れた。

110818mitaseimenjo2.jpg

↑メニュー表

 つけ麺大を注文。

110818mitaseimenjo3.jpg

↑つけ麺大700円

 麺は極太だが、昼どきだからか注文して大して待たずに出てきた。スープはドロドロの魚介とんこつ。おいしい。近くの「つけめん達翁」と同じような味だが競合しないのだろうか。

 極太の分、多くなさそうに見えたが、食べてみると多くて少し残してしまった。山から下りたら1日2日はこのくらい食べられるのだが。歳かなあ。

  1. 2011/08/18(木) 21:33:03|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八幡平・葛根田川北ノ又沢に行ってきた

 八幡平・葛根田川北ノ又沢に行ってきた。

11kakkonda_073.jpg

↑お函の滑床を歩く

11kakkonda_216.jpg

↑北ノ又沢を詰め上がった大場谷地

 予定は秋田側の大深沢にも行く予定だったが、天気が悪く、葛根田川北ノ又沢を遡行したあとは縦走して網張温泉に出た。

 沢はおだやかな渓相で難しいところもなく楽しめた。大深沢が宿題になったので、また行ってみたい。

2011年夏 - 八幡平・葛根田川北ノ又沢[1/2]
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2011/11kakkonda/
  1. 2011/08/18(木) 21:28:53|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

江古田「大吉屋」

 江古田「大吉屋」に入った。

110813daikichiya1.jpg

↑千川通りに面した大吉屋の店構え

110813daikichiya2.jpg

↑店の角にあった看板

110813daikichiya3.jpg

↑らーめん中吉700円

 家系ラーメンで、券売機には小吉、中吉、大吉と盛りの種類が書かれていたので、ちょっとビビって中吉にした。

 麺はつるつるしていてスープも脂濃さがない。家系ラーメンはあとから脂濃さが腹にたまって箸が鈍ることがあるのだが、これは食べやすく、スープも完食した。

  1. 2011/08/13(土) 20:33:25|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

夏用のスラックスを3本買った

 夏用のスラックスを3本買った。

 夏用のスラックスは2本持っているのだが、1本のポケットに穴が開いてしまった。以前、スラックスの尻の部分がすり切れて捨てたことはあるのだが、ポケットははじめて。どうやら携帯電話の角が常に当たっていたためのようだ。

 それで夏用のスラックスを近所のアオキに買いに行った。2本買うと値引き、3本目は無料、というので3本買った。裾上げ合わせて19,000円ほど。スーツって複数買うと値引きというのが多いが、頻繁に買うものではないから数少ない販売機会に一度に買ってもらおうという戦略なのだろうか。

  1. 2011/08/13(土) 20:28:59|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペットボトルのキャップが白くなった

110813cap.jpg

↑白くなったペットボトルのキャップ

 ペットボトルのキャップが白くなった。

 東北のキャップを生産する工場が被災し、日本全体のキャップの生産能力が落ちてしまったそうだ。以前から作っていたデザインの入ったキャップをデザインなしの無地に変更することにより、生産能力を確保したと、だいぶ前にラジオで伝えていた。

 ペットボトルのキャップなんてふだん気にとめないが、こういったところにも震災の影響が現れていると思うと、震災の大きさと都市生活が各地の産業によって成り立っているのを思い知らされる。

  1. 2011/08/13(土) 20:28:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

部屋の中が暑い

 ゆがんだ避暑方法の模索の関連。

 部屋の中が暑い。風もない。

110813temperature1.jpg

↑エアコンのリモコンは33℃を指していた

110813temperature2.jpg

↑PROTREKは32.6℃を指していた

 午後3時のエアコンのリモコンの表示が33℃、PROTREKの表示が32.6℃。

 なんとなく睡眠も浅い気がする。

 ずっと水風呂に浸かっていればいいのか?

  1. 2011/08/13(土) 20:27:36|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿西口「山頭火」

 新宿西口にある山頭火に入った。

 前に行ったときは混んでいて入れなかったが、この日は空き席が2つあって1人だったので入れた。私が入った後、何人か並んでいるようだった。

110809santouka1.jpg

↑新宿西口山頭火の店構え

110809santouka2.jpg

↑塩らーめん850円

 塩、醤油、味噌、辛味噌と4種類ある中で、一番上に書いてあった塩らーめんを注文。

 スープは淡い味わいながら、とんこつの風味を残していた。牛乳のような柔らかな味で食べやすい。麺は細い縮れ麺。

 おいしいけど、一番安いラーメンが850円なのは少々高いかな。メニューには「チャーシューめん」1,050円や「特製とろ肉らーめん」1,250円があったが、ラーメンに1,000円出す気はしないな。

  1. 2011/08/13(土) 20:26:26|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「あまねく」の漢字

 技術士試験のときに「下水道はあまねく国民が等しく享受できるインフラであらねばならない」みたいなことを書いたのだが、そこで「あまねく」という言葉を使った。

 とりあえず回答用紙にはひらがなで書いたのだが、しばらく「どんな漢字だっけ」と頭の中でぐるぐる考えていた。

 試験が終わってもあえて携帯で調べず、考えていた。最初に思い浮かんだのは「全」。でも訓読みは「すべて」しか知らない。なんか違う。次に思い浮かんだのは「汎」。意味はあたってそうだが、確証がない。しかも「凡」と混同して訓読みは「およそ」と思っていた。

 結局調べてみたら「遍」か「普」だった。

あまねく【遍く・普く】

〘副〙《形容詞「あまねし」の連用形から》もれなくすべてに及んでいるさま。広く。一般に。「世間に―知れわたる」

大辞泉, 2006

 「普遍」という言葉の意味を考えれば、確かに「あまねく」と読むのは納得する。でも「遍く」も「普く」も読めないだろうなあ。

  1. 2011/08/13(土) 20:25:26|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

8月6日の西武池袋線池袋~所沢間運転中止

 技術士第二次試験を受けた後、ブックオフ寄って、ジュンク堂で葛根田川の地形図買って、ラーメン食って、さて帰るかと思って西武池袋駅に行ったら列車の運行が止まっていた。

110807ikebukuro.jpg

↑時刻表示のない電光掲示板。下部には「落雷による停電」を伝えるテロップ

 16:30ごろの落雷のため、池袋・所沢間運転中止、再開のめどは立っていないとのことだった。時刻は20:30。もう4時間もストップしているようだ。駅構内のは座って運行を待つ人たちが多い。しかたないので、埼京線で新宿に出て大江戸線で新江古田に出た。

110807bouhancamera.jpg

↑防犯カメラ作動中の貼り紙

 久しぶりに埼京線に乗ったら「防犯カメラ作動中」という貼り紙を見た。痴漢対策だろうか。でも車内を見渡してもカメラは見当たらなかった。どこに設置してあるのだろう。

  1. 2011/08/13(土) 20:24:55|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

池袋東口「ちゃぶ屋」

 池袋東口で「ちゃぶ屋」に入った。

110807chabuya1.jpg

↑店構え

110807chabuya2.jpg

↑券売機横のメニュー表

 細長いカウンターのみの狭い店内で、食券式。

110807chabuya3.jpg

↑ちゃぶとんらぁ麺700円

110807chabuya4.jpg

↑すりごま、胡椒、フライドエシャロット、一味唐辛子といろんな香辛料が置いてあった

 とんこつスープだが、脂濃さやくどさはない。とんこつラーメンにはめずらしく縮れ細麺。替え玉が30円と安い。

  1. 2011/08/13(土) 20:23:17|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

技術士第二次試験(上下水道部門:下水道)を受けてきた

 技術士第二次試験を受けてきた。

 部門は上下水道部門、分野は下水道。

 一昨年は、技術士第二次試験を受けるかどうか悩んで、結局申し込まなかった。去年、同期で合格した人がいたため、受験してみた。

 午前の必須問題は過去に出題の多い水循環の話かと思ったら、電気使用量の削減という意外にニッチな分野であった。しかし、福島第一原発をはじめとして国内の原発があちこちで停止し、節電が叫ばれる今、時代の流れには乗っているのかもしれない。

 水道のハード面ではポンプ運転の高効率化、排水施設の改良によるポンプ負荷の軽減、ソフト面では住民への節水のPRをあげた。水道はよく知らないから思いつくままでっち上げた。

 下水道のハード面では、NaS電池を使った夜間電力の充電・使用、汚泥処理で発生するガスで発電、放流渠での水力発電、下水を使った地域冷暖房、ソフト面では打ち水への再生水の使用をあげた。どれも深くは知らないので浅く広くあげたつもりだ。

 午後の選択科目ではAグループから「I-1-1 市街地での開削工法の安全対策」「I-1-2 地震時のBCPの概要と検討すべき事項」、Bグループから「I-1-6 窒素とりんを除去する処理プロセス(嫌気無酸素好気法)」、I-2は「I-2-1 小規模下水道の計画・設計(未普及地域対策)」を選んだ。

 地震時BCPと嫌気無酸素好気法は準備していたので書けた。また、市街地での開削工法の安全対策は昨年保安部会で交通対策と地下埋設物対策の発表(の手伝い)を行ったので勉強しないで書けた。

 想定外だったのはI-2。600字×3枚と量が多いのでこれは外したくないと思い、「下水道BCP(地震編)」「水系水質リスクへの対応」「浸水対策」の3本を勉強して用意していたのだが、出題は「未普及地域対策」「下水処理場のネットワーク化」「下水道施設の空間(処理場の上部空間、管渠内空間)利用」と見事に空振った。

 未普及地域対策として、圧送式・真空式の検討、小口径管の採用、道路線形に合わせた埋設、露出配管、流動化処理土による埋戻し、改良型伏越し、膜分離活性汚泥法と思いつく限りあげてなんとか回答用紙を埋めた。でもあとで他の受験者から「それはクイックプロジェクトとは違うんじゃない?」と指摘が。

 今回はじめての受験なので、合格は難しいかな。私なんかより経験豊富そうな人がたくさん受けていたし。

 続き:技術士の面接試験

  1. 2011/08/13(土) 20:22:17|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑にとうもろこしが茂っていた2011夏

 畑が耕された2011夏のつづき。

110807toumorokoshi.jpg

↑青々と茂るとうもろこし

 久しぶりに実家近くのバス停から勝田台行きのバスに乗った。途中の畑にはとうもろこしが青々と茂っていた。今年も飼料にするのだろう。

  1. 2011/08/13(土) 20:18:33|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地域のお祭に参加していた熊谷市長

 実家に帰った8月6日、近所の公園で祭りをやっていた。

 千葉市の熊谷市長が来ているというので野次馬しに行ってきた。

110806kumagai.jpg

↑祭り会場にスーツ姿だったのですぐ見つけられた

 各テントを回ってあいさつしていた。警備で物々しい感じはなく、親しみやすい雰囲気だった。

 うちの実家は市内でも交通の便の悪いところなのでこんなところまで来るとは思わなかった。市内あちこちでこんな祭りはやっていると思うが、夏の間あちこちまわっているのだろうか。土日なのにお疲れ様である。

 それにしても若い。私とあんまり歳変わらないんだよなあ。

  1. 2011/08/13(土) 20:17:55|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士吉田駅が富士山駅に改称していた

 いつの間にやら富士急の富士吉田駅が富士山駅に改称していた。

 調べると、今年の7月1日に駅舎のリニューアルと合わせて改称したようだ。

平成23年7月1日 「富士山駅」が誕生します!

 デザイナー水戸岡鋭治氏(弊社では「富士登山電車」や「下吉田駅」などのデザインを担当)の全面的なサポートのもと、富士山の玄関口として、「富士山に一番近い鉄道」富士急行線にふさわしい健康的て魅力的な公共空間となるよう、駅施設の一部をリニューアルいたします。

富士急行株式会社 富士急行線 平成23年7月1日 「富士山駅」が誕生します!
111210fuji_01.jpg

↑富士山駅(2011年12月10日撮影

 「富士山駅」というと漠然と「富士山の麓」というイメージで、それが山梨側なのか静岡側なのか分からない気がするのは私だけだろうか。確かに列車の終点にビッグネームを据えることで乗客が迷う心配はないだろう。でもほとんどの登山客は富士急行ではなく、自家用車かバスで一気に五合目まで登っているので登山者にはあまり恩恵はないと思う。

 終点でその場所の地名よりもっと広い地名を示している例として、富山地方鉄道の立山駅(旧称・千寿ケ原駅)やJR青梅線奥多摩駅(旧称・氷川駅)がある。確かに立川駅で「氷川行き」の列車を見かけても、その列車が自分の目的地(例えば拝島とか河辺とか)に停まるのか、初めての人には不安である。

 でも使っていればそのうち慣れると思うのだが。京成沿線の人はまず行く機会のない「西馬込」行きに慣れている。それに、富士吉田市は駅名から「吉田」の名前が消えることに反対しなかったのだろうか。

  1. 2011/08/06(土) 23:35:34|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二重の虹を見かけた

 昨日、八千代台から実家へ歩いて帰るとき、二重の虹を見かけた。

110805rainbow.jpg

↑柏井町の谷地で見かけた虹。よく見ると外側にも虹が出ている。

 蒸し暑かったが、虹が見えるほど大気中の水分量が多いとは思わなかった。家に帰って聞くと、この日は何度か強い雨が降ったとのこと。道理で虹が見えるわけだ。

  1. 2011/08/06(土) 23:14:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西新宿七丁目「俺の麺 春道」

 新宿小滝橋通りから一つ入った通りにある「俺の麺 春道」に入った。

110805harumichi1.jpg

↑「俺の麺 春道」の店構え

110805harumichi2.jpg

↑店の前に置いてあった看板。昼と夜で味が変わるようだ。

110805harumichi3.jpg

↑期間限定の味噌味のつけめん750円

 極太の麺で量が少ないように見えたが、食べたら腹一杯になった。味噌味と魚介とんこつの組み合わせはあまり見ないが、おいしかった。

 ちなみに近くにある以前入った「とんこつらぁ麺 翔」は店をたたんで、今は居酒屋になっていた。

  1. 2011/08/06(土) 23:09:51|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東北の大渓谷でサバイバル沢登りをするチャレンジャーのドキュメント

 Youtubeで「東北の大渓谷でサバイバル沢登りをするチャレンジャーのドキュメント」という動画を見た。

 朝日連峰の八久和川下部(ムカゲ沢出合~小国沢出合)の遡行を試みている。私も2006年に八久和川に行ったが、下部は水量が多く小国沢出合の手前まで八久和峠から1日半、獣道を巻いている。動画では雨のため増水しているようでさらに厳しそうだ。しかし、果敢に水に飛び込み泳いで取り付く姿は心強いし、なにより楽しんでいるようすだった。

 帰りはチュービングという収縮可能なタイヤのような浮き輪を使い下る予定だったが、鉄砲水に遭い獣道から巻いてフタマツ沢を渡って帰ったようだ。

 山行を題材にして撮った動画はYoutubeにもけっこうあるが、写真をつなぎあわせたものが多い。また機材が濡れる恐れのある沢登りの動画は少ない。その中でこの動画は絵もよく撮れていたし、編集もストーリーだてていて見やすかった。

 最後のスタッフロールで「企画」に「サワイバーズ、東京農業大学農友会探検部、ECTUA」とあった。東京農業大学のOBのグループなのだろうか。

  1. 2011/08/06(土) 01:04:45|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

木の細工で演奏するバッハのカンタータ

 テレビを見ていたら、ピタゴラスイッチのような仕組みで曲を演奏するものがあった。木でできた階段を木の球が転がり、階段の段を打つたびに木琴のように音を奏でている。

 DocomoのCMでTOUCH WOOD SH-08Cという携帯電話の宣伝らしい。

 流れている曲はJ. S. Bachのカンタータ「主よ人の望みの喜びよ」(BWV147)。iTunesに入れてあると思って探したらなかったのでちょっと自信がない。

 音量の設定は考えなくてよいものの、音階とリズムの設定が難しそう。スローで映像を見ていると、階段の手前の板の長さで音階を調節し、リズムは階段の勾配で調節しているようだ。これだけ音符(板)があるとそれらの微調整がひどく難しそうだ。球を転がしては「この音符が半音ずれている」「この音符が遅い」と陰解法のように何度も挑戦したのだろうか。雨降って濡れたら音変わっちゃうしなあ。やっぱり難しそう。

 映像だけでいいからメディア芸術祭に出展するといいなあ。

  1. 2011/08/06(土) 00:58:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月27日NHKクローズアップ現代「大人がハマる“数学ブーム”の謎」

 7月27日にNHKクローズアップ現代で「大人がハマる“数学ブーム”の謎」という話題を取り上げていた。

 私は飲み会の席で遠目にテレビ画面を見ていただけなので、内容はよく分からなかったが、オイラーの公式 e i π = -1 を導出しているようだった。

 レベルとしては大学1年レベルだが、マクローリン展開さえ分かれば高校3年生でも導出できる。 f(x) = ex f(x) = sin x のマクローリン展開は入試でもモチーフになることがあるので、さほど難しくはないと思う。

 番組では数千もの公式や定理の上に、美しいオイラーの公式があると触れていたそうだ。そんなに公式のたぐいがあるのだろうか。似たようなものとして電磁気学のマクスウェルの方程式は美しいと私は感じるのだが、積み重ねるステップが多すぎていまだによく分からない。古典的な電磁気学の集大成であると同時に、特殊相対性理論の入り口にもなっているので一回手で追ってみたいと思うのだが、やってない。

 私もときどき物理や数学のちょっとした問題を思いついて自分で考えているが、最近は運動量保存式からロケットの速度を算出しようと考えている。前に公務員試験のときにそんな問題を解いて面白いと思ったので考えているのだが、答えは出ていない。web上で見ると速度vは時間tの対数関数で表せるようなのだが・・・。

  1. 2011/08/06(土) 00:49:29|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0