島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

大みそかの過ごし方

 今日は昼近くに起きて、山の後片付け、部屋の掃除に終始した。部屋の掃除は窓ふき、棚の整理までは順調にいったのだが、書籍の整理でつい本を読んでしまってあまり進まなかった。

 読書管理では本を減らすことを決心したものの、いまだに本を捨てられていない。本棚がほしいが、置くスペースもない。蔵書はしばらく段ボール箱に詰めたままになりそうだ。

 しかし昼近くまで寝ていて、昼寝もしたのに眠い。

 山の疲れが取れていないのだろう。

  1. 2009/12/31(木) 23:27:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剱岳早月尾根登ってきた

0912hayatsuki_248.jpg

↑剱岳山頂のほこら

 剱岳行ってきますのつづき。

 剱岳に登ってきた。

 日本海側には珍しく天気がよく、山頂では富士山などが見えた。

 大変疲れて眠いので寝ます。

2009年冬 - 北アルプス・剱岳早月尾根
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2009/0912hayatsuki/
  1. 2009/12/30(水) 23:18:10|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

剱岳行ってきます

 今晩から急行能登に乗って北アルプス剱岳へ行ってくる。

 ルートは偵察通り、馬場島から早月尾根。

 明日の天気は雨のようで、入山時に濡れてしまう可能性がある。その後ザックや着ているものは乾かないと思うので最悪の天気。

続き:剱岳早月尾根登ってきた


大きな地図で見る
2009年冬 - 北アルプス・剱岳早月尾根
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2009/0912hayatsuki/
  1. 2009/12/25(金) 19:00:34|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小型天気図帳から高層天気図の用紙がなくなった

09p-tenkizucho_01.jpg

↑新しい小型天気図帳

 小型天気図帳から高層天気図の用紙がなくなった。

 この天気図帳には、当初、地上天気図と高層天気図が綴じてありましたが、平成17年3月31日限りで、高層天気図の放送が中止されたため、地上天気図のみの天気図帳として改訂版を発行致しました。

 ということである。

 私は天気図を描くのが苦手なので、漁業気象以下、低気圧、高気圧、等圧線は直接天気図にプロットせず、高層天気図の右の記事欄にメモしてから、放送終了後に天気図にプロットしていた。しかし、この天気図ではメモするスペースがないのでこの技が使えない。直接天気図に書き込めるよう練習しなければならないのだろうか。

 ただ、私は高層天気図を取っていなかったし、地上天気図の欄が2倍に増えたのはうれしい。

09p-tenkizucho_02.jpg

↑新しい小型天気図帳の中身。見開き両側とも地上天気図。

09p-tenkizucho_03.jpg

↑古い小型天気図帳の中身。見開き左が高層天気図と記事欄、右が地上天気図。

  1. 2009/12/25(金) 18:28:04|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

守谷洞窟

 2009年冬 - 千葉県・鴨川市鴨川~勝浦市勝浦の関連。

09katsuura_096.jpg

↑守谷洞窟

 上総興津から勝浦へ歩いていたら地図に守谷洞窟という表示があり、寄ってみることにした。これまた特に看板もなく知っている人しか辿り着けないような場所。


大きな地図で見る
09katsuura_093.jpg

↑入口には白い錆びた看板がかかり、コンクリートの道がある。

09katsuura_102.jpg

↑コンクリート造りの道は幅50cmくらいで向こうから人が来たら行き違いはできない。柵もないしちょっと緊張する。

09katsuura_094.jpg

↑コンクリート造りの道を回りこむと小さな磯。その先にさらに洞窟。

09katsuura_096.jpg

↑守谷洞窟

09katsuura_097.jpg

↑抜けた先は引き潮の磯。

09katsuura_098.jpg

↑地層がよくわかる岸壁が立ち上がっていた。

09katsuura_099.jpg

↑反対側には釣りしている人と渡島。ちなみに守谷海岸は日本の渚百選に選ばれているらしい。

  1. 2009/12/24(木) 01:37:11|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行川アイランド跡

 2009年冬 - 千葉県・鴨川市鴨川~勝浦市勝浦の関連。

09katsuura_087.jpg

↑行川アイランドの入園改札跡


大きな地図で見る ↑Google Mapにはまだ詳細な園内路が残っている

 JR外房線に行川アイランド駅という駅がある。その名の通り、行川アイランドの最寄り駅なのだが、当の行川アイランドはすでに廃業し、駅だけが残っている。

 駅前だけうろついたのでいくつか写真を紹介する。

09katsuura_082.jpg

↑行川アイランド駅。無人駅だが、Suicaは使える。

09katsuura_083.jpg

↑行川アイランドの入り口。車止めのバリケードがある。

09katsuura_084.jpg

↑入園券売場にはカーテンが引かれていた。

09katsuura_086.jpg

↑「行川アイランドにクジラ出現!?」のポスター。

09katsuura_088.jpg

↑行川アイランドに通じるトンネル。封鎖されていて入れない。

 そもそも行川アイランドって島じゃないから「アイランド」と名乗るのも変な気がするのだが。

 どうやって入ったのか分からないが、廃墟になったあとの行川アイランドの動画をYoutubeで見つけたのでリンクを貼っておく。

「行川アイランド」 - Namegawa Island - 完全版
http://www.youtube.com/watch?v=j5n-rpvX6u4
  1. 2009/12/24(木) 01:22:26|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おせんころがし

 2009年冬 - 千葉県・鴨川市鴨川~勝浦市勝浦の関連。


大きな地図で見る
09katsuura_078.jpg

↑おせんころがしの碑。

 「おせんころがし」というと何を思い浮かべるだろうか。せんべいが坂を転げ落ちていく「おむすびころりん」のようなようすだろうか。

 私はその名前を聞いたことはあったが、その場所に行ったことはなく、今回行ってみてその物語を知った。そこにあった看板によると以下の通りである。

おせんころがし

 高さ20m、幅4kmにもおよぶこの「おせんころがし」には、いくつかの悲話が残されています。

 豪族の一人娘お仙は日ごろから年貢に苦しむ領民に心痛め、強欲な父を見かねて説得しましたが聞き入れてくれません。ある日のこと、領民が父の殺害を計画し機会をうかがっているのを知ったお仙は、自ら父の身代わりとなり領民に断崖から夜の海へ投げ込まれてしまいました。領民たちは、それが身代わりのお仙であったことを翌朝まで知りませんでした。悲嘆にくれる領民たちは、わびを入れ、ここに地蔵尊を建ててくようしました。さすがの父も心を入れかえたということです。

 平成12年3月 勝浦市

 ひらがなで何やら不思議な名前とは裏腹に悲しい話である。私は断崖絶壁の地形から親不知子知らずのような物語かと思っていたので、全然違う話に驚きもあり、悲しみもあった。

 091225追記:「おせんころがし」の名前の由来はほかにも諸説あるらしい。デイリーポータルZに詳しい。

@nifty:デイリーポータルZ:「おせんころがし」のまとめ
http://portal.nifty.com/2007/07/18/c/
09katsuura_072.jpg

↑大沢集落から見たおせんころがし。断崖絶壁が続く。

09katsuura_076.jpg

↑おせんころがしから見下ろす大沢漁港

09katsuura_080.jpg

↑おせんころがしから東側の磯

09katsuura_079.jpg

↑おせんころがしの西側の道のようなもの

 昭文社の県別マップル道路地図ではおせんころがしに海岸沿いの道があるように描かれているが、実際には見当たらなかった。強いてあげるなら上記の道のようなものだが、このサイトは山いがではないのでここは行かなかった。

 091225追記:すでに山いがで取り上げられていた。あんな崖歩くなんて気が狂ってる(褒め言葉)。

道路レポート 国道128号旧道 おせんころがし
http://yamaiga.com/road/r128_osen/main.html

 この道のようなものはともかくとして、行川アイランド駅からも歩いて300mほど、車でも行きやすい名所である。舗装も看板もなくひっそりしていて騒々しい観光名所を好まない人にはいいだろう。崖という点でもその悲話という点でもおすすめの名所である。

  1. 2009/12/24(木) 01:11:00|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トンネルと橋が複雑に交差する地形

 今日、また房総半島を歩いてきたのだが、橋とトンネルが交差する複雑な地形があった。前回歩いた南房総市野島崎~鴨川市鴨川と合わせて載せる。

09kamogawa_085.jpg

↑JR江見駅とJR太海駅の間にある房州大橋西のトンネルと橋。歩道用トンネルと車道用トンネルの上を橋が乗っ越している。たぶん橋が旧道でトンネルが新道。


大きな地図で見る
09katsuura_073.jpg

↑おせんころがしの西、大沢集落にあるトンネルと橋。集落と漁港を結ぶトンネルを橋台にして、国道が縦断方向に乗っ越している。何やら不思議な風景。


大きな地図で見る

 切れ落ちた海岸線に車道を通すための工夫だろう。それぞれ後から通した方はかなり複雑な構造計算を行ったと思う。インフラ整備は大変だ。

2009年冬 - 千葉県・南房総市野島崎~鴨川市鴨川
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2009/09kamogawa/
2009年冬 - 千葉県・鴨川市鴨川~勝浦市勝浦
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2009/09katsuura/
  1. 2009/12/23(水) 23:24:04|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵前「ぶためし うすゐ」

 蔵前「らーめん元楽」の関連。

09p-butameshi.jpg

↑焼ぶためし定食大880円

 ラーメンではないのだが、訳あってラーメンカテゴリに入れた。

 ひと月ほど前に蔵前の江戸通り沿いに「ぶためし」という看板を出した店が開いた。店名は「うすゐ」というそうである。道路側はガラス張りでおしゃれな構えの店である。私は「ぶためし」と聞いててっきり同じ蔵前にある「らーめん元楽」の「ぶためし」を出す店ができたのかと思っていた。「らーめん元楽」の「ぶためし」は簡単に言うとチャーシュー丼でご飯の上に角切りのチャーシューとネギとのりを載せたもの。

 一方、「うすゐ」の方は薄切りの豚肉を油で揚げたものを定食として出したのが「ぶためし」らしい。似ても似つかぬ「ぶためし」に面食らってしまった。

 「うすゐ」の「ぶためし」もおいしいのだが、材料費に比べると少々高いと思う。あと味付けがしょっぱい。ご飯はすすむのだが、もう少し薄い味付けがいい。私は「らーめん元楽」の「ぶためし」の方が好きだ。

 で、似ても似つかぬ「ぶためし」のメニューに「商標登録」と書かれていたので、おやと思い調べてみた。確か「らーめん元楽」の「ぶためし」も「商標登録」とあったはずだ。

 東京カレンダーGoogleキャッシュによるとどうやら「らーめん元楽」と「うすゐ」は同じ系列らしい。

 都内に6店舗を構える「らーめん元楽」。中でも客の心を虜にしたメニューが『ぶためし』だ。それを新しい切り口で進化させた、ぶためし専門店がついに浅草蔵前に誕生。

登録商標 ぶためし うすゐ | 感動への晩餐へのご招待 | 東京カレンダー(リンク切れ)

 ややこしい。同じ系列なら「らーめん元楽」の「ぶためし」もおいてくれればいいのに。

  1. 2009/12/22(火) 21:10:41|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

SilverlightとYahoo! JAPAN IDが必要なルートラボ

 2009年冬 - 千葉県・南房総市野島崎~鴨川市鴨川の記録を書くにあたり、ALPSLAB routeのサービス終了を受けて後継サービスにあたるルートラボを利用してみた。

 ルートラボはALPSLAB routeでは不要だったSilverlightYahoo! JAPAN IDを求められる。めんどう。

09f-routelab1.png

↑最新版のSilverlightを求められた

09f-routelab2.png

↑ルートの保存にはYahoo! JAPAN IDが必要らしい

 しかもルートを描くとき、クリックで経由点がプロットされない、機能としてある経由点の削除がうまく行かない、道のりに沿ってプロットした際最短と思われるルートを選択しないなどの問題がある。

 MacでGoogle Chromeを使用している場合だけかもしれないが、ほかのブラウザでも同じ症状ならこの状態でALPSLAB routeを12月21日にサービス終了してしまうのは尚早だと思う。

  1. 2009/12/21(月) 00:50:38|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

冬富士登山右京さん同行2名遺体確認

0812fuji_022.jpg

↑風が雪を巻き上げていく。2008年小御岳流しにて。

 富士登山していた片山右京さんとメンバー2人のうち、行方不明になっていた2人が遺体で発見されたそうだ。

 富士2人死亡、「全部自分の責任」右京さん

 発表によると、宇佐美さんと堀川さんの死因は凍死。2人は17日から、南極大陸で登山を計画していた片山さんの訓練に同行していた。2人は同夜、強風のため、宿営地の7合目付近(標高約3000メートル)からテントごと飛ばされ、6合目付近(標高約2800メートル)で倒れていた。片山さんは18日、自力下山中に捜索隊に救助された。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20091219-OYT1T00889.htm?from=main1
0812fuji_093.jpg

↑吉田口本八合から頂上を眺める。同2008年

 私は冬の富士山はそんなに経験がなく、吉田口頂上まで登ったのは2回、吹きっさらしになるところでは幕営したこともない。また御殿場登山口も1度も行ったことがない。

 このところ下界も寒かったので山の上はもっと寒いだろうし、富士山は独立峰なので風も強い。海外登山の練習にはよいが、かなり厳しい条件だろうと思う。私も風が強いとすぐバランスを崩すし、本当に風が強いときは息を継ぐのもつらい。

 どのようにテントを張っていたのか分からないが、テントに入ったまま、それもシュラフに入ったまま滑落したら自力で停止するのはほぼ不可能だと思う。

 御殿場口というとかつて富士山測候所があったころ、富士山に向かう気象庁職員の登山ルートにもなっていた。冬季も職員が常駐するので、職員は冬山登山を強いられたが、同様に遭難したケースもあるのだろうか。

↓参考までに私の記録。

  1. 2009/12/20(日) 02:12:19|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

年賀状に使えるtiger.eps

tiger.png

↑tiger.epsをpngに変換したもの

 本屋で雑誌コーナーのうちコンピュータ関連のところを見ていたら、年賀状の素材集が売られていた。来年は寅年らしく、虎の絵があちこちに載っている。リアルな虎のイラストもあればデフォルメされたイラストもある。

 リアルな虎のイラストを見てtiger.epsが使えることに気づいた。

 pLaTeXで絵を入れる際はTeXソースから絵の入ったepsファイルを呼び出すのが一般的だが、描画に必要なGhostscriptにサンプルとして上記のtiger.epsが入っている。かなりリアルな虎の顔面であり、ベクター形式のためどれだけ拡大してもジャギーが発生しない。

 年賀状を描くgeekはtiger.epsを使うと絵の用意の手間が省けるので、来年の年賀状にはtiger.epsが流行るのではないだろうか。

tiger.eps - Google 画像検索

  1. 2009/12/19(土) 00:48:46|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青砥「麺工房ぜん」

 年末の休暇の消化を図り、午後休みをとった。昼は青砥で途中下車し、京成ライン12月号に載っていた麺工房ぜんを訪れた。

 青砥駅は1階がユアエルムでどこが出口かよく分からないのだが、店舗は線路沿いの道に面していたのですぐ見つけられた。12時過ぎであったが、すぐ座れた。

09ramenzen1.jpg

↑麺工房ぜん

 オススメの香味醤油ラーメン700円を頼む。

09ramenzen2.jpg

↑香味醤油ラーメン700円

 豚骨醤油のスープに黒い香味油が浮いている。京成ラインによればエシャロットを揚げたものらしい。一口スープを飲むと香ばしさが口に広がる。麺は中太であった。

 メニューには魚介系の和風醤油ラーメンもあったのでこれも食べてみたい。

  1. 2009/12/18(金) 00:39:48|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣鴨「十兵衛」

 こないだまた巣鴨周辺へ行ったので、本格つけ麺たれ蔵に続いて昼にラーメンを食べにいった。

 いつも白山通りから目立つ千石自慢ラーメンに入ろうかと思ったら、だいぶ混んでいたのですぐ近くの十兵衛を訪れた。こちらはいくらか空席があり、すぐ座れた。

09ramenjube1.jpg

↑十兵衛の外観

 とりあえずベーシックなとんこつ醤油ラーメンを頼む。600円。

09ramenjube2.jpg

↑とんこつ醤油ラーメン600円

 昼どきだからか細麺のわりには時間がかかって出てきた。豚骨ラーメンとしては少々赤みがかったスープだが、味はふつうの豚骨ラーメンだった。細麺の上にチャーシュー、卵、ねぎが乗っかっている。細麺なのでするすると食べ、替え玉100円をひとつ頼んだ。

 なかなかおいしかった。

  1. 2009/12/17(木) 21:39:43|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

充電中「ジー」と音のするeneloop

09eneloop.jpg

↑充電器にセットしたeneloop

 以前、富士山でカメラに使ったeneloopを充電してみた。すると近づかなければ分からないほどの小さな音で「ジー」と鳴っているのに気がついた。どこかショートでもしているのだろうかと電池を一旦外してまたセットしても音が出る。

 取扱説明書を読んでみるとトラブルシューティングに記述があった。

現象
充電器を通電中、「ジー」と小さな音がする
原因
充電器の特性による
対処の方法
故障ではありません。気になる場合は1m以上離れた別のコンセントを使用する

 ということで故障ではないそうだ。なんとなく不安になるが大丈夫なのだろう。

  1. 2009/12/16(水) 00:02:50|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェンディーズ閉店か

09p-wendys.jpg

↑ウェンディーズ高田馬場店

 ウェンディーズが閉店するかもしれない。日経新聞によれば以下のとおり。

日本の「ウェンディーズ」全店、31日で閉店

 米ファストフード大手のウェンディーズ・アービーズ・インターナショナル(ジョージア州)は日本の「ウェンディーズ」全71店を31日に閉店すると発表した。日本でフランチャイズ展開するゼンショーと契約を更新しないため。

(後略)

http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091213AT1D1200W12122009.html

 /.Jでもタレコミから2日半で219ものコメントがついている(2009年12月15日0:10現在)。

 私がはじめてウェンディーズを見たのは自由が丘で。大井町線から見えるウェンディーズは物珍しかったが、「おしゃれな自由が丘だけの店舗なのだろう」と思っていた。入ったことがあるのは西新橋店。99円ハンバーガーなどを出していて店舗数が少ないながらも最大手マクドナルドとよく競っているなと思っていた。味は覚えていないが、覚えていないから可もなく不可もなくといったところだと思う。

 残念ながら私の近くにウェンディーズはないため、年内に食べることはまずできない。今日は高田馬場で買い物をしたのでカメラには収めたが、店舗には入らなかった。いざ店がなくなるかもしれないと思うとさびしいものである。

  1. 2009/12/15(火) 00:06:41|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Terminalでftpを使う

 MacOSX Finderからサーバに接続の続き。

 今度はTerminal使ってftpでアップロードを試みた。

 結論からいうと一つ一つのファイルのアップロードは可能だが、htmlだけをアップロードすることはできないようだ。

 以下に私のコマンド入力の様子を1行ずつ示す。入力した部分は太字で強調してある。

コマンドプロンプト備考
$ ftpftpコマンドを打つ。
ftp> open nakayamayu.web.fc2.comサーバに接続。
Connected to nakayamayu.web.fc2.com.サーバに接続中。
220 web.fc2.com FTP Server
Name (nakayamayu.web.fc2.com:nakayamayu): nakayamayu名前を入力。
331 Password required for nakayamayu.サーバがパスワード教えてって。
Password: ******パスワードを入力。
230 User nakayamayu logged in.ユーザー:nakayamayuがログインしました。
Remote system type is UNIX.遠隔システムのタイプはUNIXです。
Using binary mode to transfer files.ファイルの転送にはバイナリモードを使います。
ftp> pwdカレントディレクトリを教えて。
Remote directory: /いま/を見ています。
ftp> put index.html index.htmlをアップロードして。
local: index.html remote: index.htmlローカルはindex.html、サーバ側はindex.html
229 Entering Extended Passive Mode (|||64429|)
150 Opening BINARY mode data connection for index.html
100% |*************************************| 3464 16.35 MB/s 00:00 ETA
226 Transfer complete.ファイルの転送は済みました。
3464 bytes sent in 00:00 (9.81 KB/s)3464バイト送りました。
ftp> quitftpやめます。
221 Goodbye.さよなら。
$コマンドの入力待ち。

 mac os x ftpにftpで使用できるコマンドが10載っているが、そこには選択的にhtmlファイルをアップロードできそうなコマンドはない。

 RBrowserでファイル一つ一つアップロードするのが確実なようだ。

  1. 2009/12/14(月) 00:51:52|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacOSX Finderからサーバに接続

 RBrowserでhtmlファイルだけアップロードできる方法がないの続き。

 RBrowserがダメなら他の方法をと思い、とりあえずOSに標準搭載されているFinderの「サーバに接続」機能を使ってみることにした。fc2webへの接続方法は以下のとおり。

09f-serverconnect1.png

↑Finderメニューから「サーバへ接続」を選ぶ。

09f-serverconnect2.png

↑「サーバへ接続」ダイアログが現れるのでサーバのアドレスを記入する。

09f-serverconnect3.png

↑FTPファイルシステムの認証画面で名前とパスワードを記入し、OKボタンを押す。ふだんfc2webに接続しているモノと同じ。

09f-serverconnect4.png

↑「サーバへ接続中」ダイアログ。

09f-serverconnect5.png

↑開いたサーバ内のリスト

09f-serverconnect6.png

↑ローカルからサーバへファイルを移動する。

09f-serverconnect7.png

↑書き込めないというエラーメッセージが出た。

 Finderの「サーバへ接続」からファイルをアップロードはできないようだ。原因はよく分からないが、これではhtmlファイルだけアップロードするのも面倒である。この方法は諦めた。

続き:Terminalでftpを使う

  1. 2009/12/14(月) 00:34:58|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

RBrowserでhtmlファイルだけアップロードできる方法がない

 find と execを使ったマルチファイル置換の続き。

 先のエントリの末尾で以下のように書いた。

 あとはアップロードをバッチ処理できればよいのだが、htmlファイルだけアップロードできるような方法を探そう。普段使っているRBrowserでできるかな。

09f-rbrowserhtml.png

↑RBrowserのPreferences

 とりあえず普段使っているftpソフト、RBrowserでhtmlファイルだけアップロードできるかどうかPreferencesを探してみたが、見当たらなかった。他の方法を探そう。

続き:MacOSX Finderからサーバに接続

  1. 2009/12/14(月) 00:25:53|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

find と execを使ったマルチファイル置換

 nkf --overwriteによる上書き文字コード変換の続き。

 htmlファイルの文字コードの書き換えにあたってはmetaタグ内のcharsetも書き換える必要がある。今回は以下のような書き換えになる。

<meta ... content="text/html; charset=shift_jis">
↓
<meta ... content="text/html; charset=utf-8">

 1ファイルであればエディタで開いて書きなおせばよいのだが、htmlファイルはたくさんあるのでマルチファイル検索を考えた。mi単独ではマルチファイル置換はできないようなのでコマンドでのマルチファイル置換を考えた。

 文字置換というとsedなのでsedでいくつか検索しているとfindとsedの合わせ技が見つかった。

 上記サイトではファイル内に記述してあるIPアドレスを置換するようだが、文字コードの記述を置換する私も同様の手順で行えた。

$ find Documents/webpage/ -type f -exec sed -i.koreiranaidesu 's/charset=shift_jis/charset=utf-8/g' '{}' \;
$ find Documents/webpage/ -type f -name '*.koreiranaidesu' -exec rm -f {} \;

 コマンドはよく分からないが、上のコマンドを私なりに日本語にすると以下のとおり。

 パスDocuments/webpage/以下のファイル(-type f)に対して置換(sed)する。ファイル名に文字列.koreiranaidesuを挿入する。ファイル内のcharset=shift_jisをcharset=utf-8に置換する。'{}' \;はよくわからんが、man findによるとfind -execで使う式らしい。

 同じ要領でDocuments/webpage/以下のファイルをutf-8に変換。

$ find Documents/webpage/ -type f -exec nkf -w --overwrite '{}' \;

 あとはアップロードをバッチ処理できればよいのだが、htmlファイルだけアップロードできるような方法を探そう。普段使っているRBrowserでできるかな。

続き

  1. 2009/12/13(日) 02:44:11|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

nkf --overwriteによる上書き文字コード変換

 nkfコマンドでリダイレクトがうまくいかないの続き。

 少し調べてみたらこの件は意外と簡単に解決した。

 nkfには --overwrite というオプションがあり、このオプションで上書きできる。このためリダイレクトの必要がない。

nkf -w index.html > index.html #以前上書きしようとして失敗した方法
nkf -w --overwrite index.html #--overwriteオプションで上書き成功

 --overwriteオプションについては下記のサイトを参考にした。

続き:find と execを使ったマルチファイル置換

  1. 2009/12/13(日) 02:44:00|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ALPSLAB routeサービス移行のお知らせ

 ALPSLAB routeのサービスが終了し、ルートラボが公開された。

 私は山ノ中ニ有リの中でALPSLAB routeの地図をたくさん埋め込んでいるため、影響が大きい。

 ALPSLAB routeからルートラボにはルートデータの移行が必要らしいのでかなりの作業量になりそうだが、2010年3月(予定)のサービス終了までは、ルートの閲覧およびデータの移行は可能と移行期間が3ヶ月しかない上、詳細な日程や移行の仕方は別途お知らせいたします、とすぐに移行できるわけではない。

 できればルートデータをなんの手続きなしにALPSLAB側で移行してもらえれば楽なのだが、面倒である。

09f-alpslabroute-yatsugake.png

2009年秋 - 八ヶ岳縦走で登録したルートデータ

  1. 2009/12/13(日) 00:12:17|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mac版Google Chromeを使ってみた

09f-chrome1.png

↑Google Chromeを使ってみたところ。

 /.JよりGoogle、Mac/Linux向けのGoogle Chromeベータ版をリリース

 前にCrossOver Chromiumを使ったときはサイトの表示が文字化けしてしまって使い物にならなかったのだが、Google純正のMac版Google Chromeということなのでまた試してみた。

 Google Chrome - ブラウザのダウンロードからファイルをダウンロードし、インストール。インストールはアプリケーションフォルダにドラッグアンドドロップするだけなので非常に簡単。

09f-chrome2.png

↑Google Chrome バージョン情報

 ステータスバーがないのが不安だが、リンクにカーソルを合わせると左下にリンク先のアドレスが表示される。あと文字の表示が明朝体なので慣れないが、どうやったらゴシック体に変えられるのか分からない。Safariでは可能だったスペースキーで表示1ページずつ下へスクロールする機能もないようなのでノートパソコンでは使いにくい。Googleが宣伝するとおり、少し使ってみた分には表示速度が速いのでしばらく使ってみることにしよう。

  1. 2009/12/12(土) 23:51:17|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

谷川健一「日本の地名」を読んでの「もっけ」の解釈

「巫覡」の読み方

 …(中略)…そこで常世虫の信仰をひろめていた巫覡(かんなぎ)たちはおそれ、祀ることをやめたという。

谷川健一「日本の地名」(岩波新書,1998)P.21

 これを読んでおやと思った。「もっけ」1巻によれば「巫覡」は「ふげき」と読むのではなかったかと。

 静流:巫覡の家系を恨んだって始まらないけど、瑞生が憑かれんのも田舎来てずいぶん減ってきてたでしょ?

熊倉隆敏「もっけ」1巻,#1ウバリオン,P.8

 ・・・調べてみた。

かん‐なぎ【巫・覡】
《「神和(かんな)ぎ」の意。「かむなぎ」とも表記》神に仕えて、神楽を奏して神意を慰め、また、神降ろしなどをする人。男を「おかんなぎ(覡)」、女を「めかんなぎ(巫)」という。令制では神祇官の所管に五人が置かれ、古代社会の司祭者の遺風を存した。こうなぎ。みこ。いちこ。
ふ‐げき【巫覡】
神に仕えて、祈祷や神おろしをする人。「巫」は女性、「覡」は男性にいう。
大辞林

 正解は「ふげき」らしい。意味は同じのようだが、「巫」あるいは「覡」1字で「かんなぎ」と読むか、合わせた「巫覡」で「ふげき」と読むらしい。もっとも語の読み方なんて適当だから合わせた「巫覡」で「かんなぎ」と読んでも問題ないのだろう。


野槌の「槌」=横槌

 谷川健一「日本の地名」で筒之男命の由来を求め、野槌に触れているところがあった。

 「日本書紀」にはイザナキ・イザナミが野槌を生んだとあるが、「俚言集覧」「和漢三才図会」などには、野槌は三尺ばかりの蛇で柄のない槌に似ていると記されている。一時ツチノコといって騒がれた蛇のことである。

谷川健一「日本の地名」(岩波新書,1998)P.45

 野槌、というともっけ9巻で御崎さんが囚われた妖怪である(ref. 熊倉隆敏「もっけ」9巻,#47ノヅチ,P.79+)。

 ところで「柄のない槌」って握れないから槌としての機能を失っていないか、と思い調べてみた。Wikipediaによればどうやら横槌のことらしい。叩く部分を延長する方向に柄が伸びており、バットを振るようにして使用する槌のようだ。→横槌 - Google 画像検索

 ということはツチノコって「槌の子」なのだろう。知らなかった。


御崎さんの名前の解釈

 陸地の尖端が海中に突出している部分をミサキと呼ぶが、この地名も海上からの視線による命名と思っている。ミサキというのは御先、すなわち先導を意味するものであって、行列のさきがけ、先駆、あるいは道案内のことである。

谷川健一「日本の地名」(岩波新書,1998)P.70

 もっけ6巻#32ウンガイキョウで初登場する静流の知人の御崎さんは、登場以降静流と不即不離の関係が続く。最終巻9巻では御崎さんが野槌に囚われ静流とおじいちゃんがそれを払う展開になり、主人公に次ぐ登場人物となっている。考えてみれば物語の道すじをつける先導役ともなっている。あるいは御崎さんの他を寄せ付けないようすが、陸の突端として孤立する岬のようすと似ているからそのように名付けたのだろうか。どのようにも解釈できる命名だと思った。

日本の地名 (岩波新書)日本の地名 (岩波新書)
(1997/04)
谷川 健一

商品詳細を見る
もっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKCもっけ(勿怪) 1 アフタヌーンKC
(2002/06/21)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る
もっけ 9 (アフタヌーンKC)もっけ 9 (アフタヌーンKC)
(2009/07/23)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る
もっけ (6) (アフタヌーンKC (435))もっけ (6) (アフタヌーンKC (435))
(2006/11/22)
熊倉 隆敏

商品詳細を見る
  1. 2009/12/12(土) 23:25:19|
  2. 書評 - 民俗学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

安曇一族の由来 - 谷川健一「日本の地名」

 3年前、北アルプス・槍ヶ岳東鎌尾根を歩いたとき、中房温泉から有明までのタクシーで運転手さんに安曇平の人間が古くは西の方から来たことを聞いた。

 安曇平は私の父の出身であり、私はその血を引いているので自分のルーツには興味がある。

 今読んでいる谷川健一「日本の地名」にそれを示す記述があったので転載する。

 西から東へと移動する海人は無数にあった。…(中略)…海人のなかで代表的なものはアヅミ族で、「和名抄」にいう筑前国糟屋郡安曇郷、および博多湾の東を扼する志賀島に本拠を持つ。アヅミは阿曇、安曇、厚見、厚海、渥美、阿積などと表記されるが、その足跡は瀬戸内海を経由して阿波、淡路、播磨、摂津、河内、近江におよび、琵琶湖の西側には安曇川の地名を残している。…(中略)…さらに信濃国安曇郡は糸魚川から南下した安曇一族が開拓したと伝えられ、式内社の穂高神社は安曇氏の祖神と仰がれる穂高見神を祀っている。アツミという名の由来については、太田亮はアマツミ(海積)の省略であるとする。ツミは原始的カバネの一つで、君、ヌシ、長、タマなどの語と比べられるという。吉田東伍は、海人持(阿麻都母智)の麻を省き、母智を美として、阿都美としたのであると述べている。

谷川健一「日本の地名」(岩波新書,1998)P.42

 長野県の南安曇郡穂高町の穂高神社には海神穂高見命を安曇氏が奉斎した神社である。その神社の祭典の時には、神官が二十一日間の水垢離をとって身を潔め、穂高岳にのぼって蛇を見付けて帰社し,盛大な祭典をいとなむ。

谷川健一「日本の地名」(岩波新書,1998)P.103

 上記に示されるように安曇一族は遠く九州からやってきているようだ。以前タクシーの運転手さんから聞いた話はあっているようだ。残念ながらこの本にはその時期は示されていないが、おそらく日本の有史以前の話であろう。なんとなく昔の人はそんなに移動していないような気がするが、だいぶ遠くからやってきたものである。一世代ではなく何世代もかけて移動してきているだろうし、歴史書としてもあまり残っていないのだろうが、その痕跡が現代の地名から読めるというのは面白い。

日本の地名 (岩波新書)日本の地名 (岩波新書)
(1997/04)
谷川 健一

商品詳細を見る
  1. 2009/12/12(土) 23:16:05|
  2. 書評 - 民俗学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

文字化けは文字コードの問題ではない?

 nkfコマンドでリダイレクトがうまくいかないの続き。

09f-blogmojibake.png

↑俎「グラ(山の下に品)」や打田「エイ(金偏に英)」一を漢字で表現したときのサイト表示(Safari4.0.4、テキストエンコーディング:デフォルト)

 さきのfc2blogエントリを表示させて様子をみると文字化けしていた。テンプレートをcharset=utf-8、shift_jis、euc-jpのいずれに変えても直らないため、原因となる文字「クラ」「エイ」をカタカナで表現することにした。ということは文字化けと文字コードは関係ないのだろうか。

 さらに既存の文字化けしているfc2webのページを比較してみると同じcharset=shift_jisでも文字化けする場合と文字化けしない場合がある。2006年秋 - 尾瀬・燧ヶ岳[1/2]では「クラ(山の下に品)」が文字化けしているが、2007年春 - 上信国境・大上峠~碓氷峠[2/3]では「エイ(金偏に英)」が文字化けせず表示されている(参考文献:打田エイ一「山と高原地図21 西上州 妙義山・荒船山」(昭文社,2005))。

 しかし、それぞれcharset=utf-8に書き換えてアップロードしてみたらすべて文字化けせず表示された。そのあとまたcharset=utf-8からshift_jisに戻しても文字化けせず表示された。リロードしても文字化けしない。ということは文字化けと文字コードは関係がある、つまり一度utf-8にすれば正しく表示されるということになる。

 再現性がないので規則が分からないが、私が試したことをまとめると以下のようになる。

 文字コードのせいなのか、ブラウザのせいなのか何なのかよく分からないが、fc2webについてはすでにアップロードしているファイルがshift_jisとutf-8で混在しているので統一しようと思う。

  1. 2009/12/12(土) 20:55:09|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

nkfコマンドでリダイレクトがうまくいかない

 私のサイト「山ノ中ニ有リ」では山の記録を載せている分、地名が多く、燧ヶ岳俎「グラ」打田「エイ」一などShift_JISでは表示されない漢字がいくつかある。このblogでも文字化けするのでカタカナで書いている。

09nkffail_00.png

↑クラ(山の下に品)が文字化けした「?」だらけの記録(2006年秋 - 尾瀬・燧ヶ岳[1/2]

 私は文字コードをShift_JISでhtmlファイルを記述しているのだが、どうやらUTF-8に変換するとこの問題は解消するようだ。そこでShift_JISからUTF-8への文字コードの変換を考えている。

 方法は2つある。

 前者は確実に変換作業が進む反面、作業が単純で面倒である。後者は一気に変換作業が進む反面、やり方がよく分からない。しかもhtmlファイル内のcharsetも書き換える必要があるのでsedの使い方も学ぶ必要がある。

 とりあえず前者だけ1つのファイルに対して試してみる。macportsからnkfをインストールsudo port install nkfした後、nkfコマンドを入力。nkfコマンドについては下記のサイトを参考にした。

 しかしリダイレクトがうまくいかず、上書き保存するとまっさらのファイルになってしまう。別名保存してダミーにはさんだ文字をあとで消去してもよいのだが、何だか面倒である。

 うまい方法はなかろうか。パソコン初心者は地道にmiで変換していった方がよいようだ。

09nkffail_01.png

↑Shift_JISからUTF-8へ変換。コマンドは上書き保存と別名保存の2つ。

09nkffail_02.png

↑元データ。Shift_JISになっている。

09nkffail_03.png

↑上書き保存。真っ白。でもUTF-8になっている。

09nkffail_04.png

↑別名保存。ちゃんとUTF-8になっている。

続き

  1. 2009/12/12(土) 19:30:26|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

巣鴨「本格つけ麺たれ蔵」

 小滝橋通り「ラーメン龍の家」に続いてもう一つラーメンの話。

 ラーメン龍の家とは別の日に巣鴨の本格つけ麺たれ蔵へ行った。

09tarezo1.jpg

↑本格つけ麺たれ蔵の外観

 場所は巣鴨駅から白山通りに沿って南に歩いたところ。入って醤油つけ麺680円を頼む。並盛(1玉)、中盛(2玉)、大盛(3玉)いずれも同額なので中盛を頼んだ。

09tarezo2.jpg

↑醤油つけ麺中盛680円

 鶏ガラのだしで少しピリ辛。麺は太麺で歯ごたえがあっておいしい。店には「太麺のため6分ほどかかります」と張り紙があった。

 大盛も680円なのでたくさん食べる人にはよいと思う。

  1. 2009/12/12(土) 19:23:17|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿小滝橋通り「ラーメン龍の家」

09ryunoie.jpg

↑龍の家のラーメン

 前にPENTAX K-Xを購入しに新宿いったとき、小滝橋通りのらーめん古武士で昼を食べた。

 ここは南側からラーメン龍の家、らーめん古武士、麺屋ここいち (ココイチが展開するカレーラーメン専門店)と3つのラーメン屋が並んで店を広げている。ラーメン屋の多い小滝橋通りでも珍しい。

 こないだ新宿に行ったのでラーメン龍の家に入ってみた。

 頼んだのは一番オーソドックスなラーメン(名前忘れた)。昼どきで出てくるのに時間がかかった。いわゆるとんこつラーメンで細麺。一風堂のラーメンに似ている。美味しかった。

 あと「ラーメンができあがるまでこちら(もやしの漬物)をを召し上がりになってお待ちください」とかよく客を気遣ってくれる店員さんがいて好感が持てた。

  1. 2009/12/12(土) 18:21:51|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Google日本語入力

09googleime_01.png

↑Google日本語入力

 ITmedia NewsよりGoogleが日本語入力システムに参入した。

 MacユーザーにありがたいことにWindows版だけでなくMac版も同時公開されている。

 MacOS9のころのことえりほどクソな辞書でなければ、特にIMEにこだわりはない私だが、新しいものに飛びついてみた。

 使ってみた感想は自然に使える。特別便利になったとも感じないが、不便さはない。しばらく使い続けてみようと思う。

 …もうWikipediaにGoogle日本語入力の項が。速すぎる。

09googleime_02.png

↑インストールの最後にGoogle日本語入力を有効にするかどうかを聞いてくる

09googleime_03.png

↑Google日本語入力有効時の入力メニュー。(Google)のついたものが増えた。

09googleime_04.png

↑入力すると機種依存文字など注釈が出てくる

09googleime_05.png

↑わりとマニアックな単語も登録されているらしい

  1. 2009/12/11(金) 00:47:50|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中山 有の取扱説明書

 取扱説明書メーカーというサイトを見つけた。人の名前を打ち込むと勝手にその人の取扱説明書を書き出す変なシステムだ。

 さっそくやってみた。→結果

中山 有さんの取扱説明書

 あたらずとも遠からじといったところだろうか。占いといっしょで誰もが思い当たるような点をランダムにあげているのだろうな。

 占いなら「最近不安を抱えていませんか」→誰でも何かしら不安を抱えているし、占いを頼る人は不安があるから占ってもらっている、つまり常に正しい、って感じ。

  1. 2009/12/10(木) 00:11:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

フィボナッチ数列の隣接二項間の比はn→∞のとき黄金比に近づく

 ダ・ヴィンチ・コードのシオン修道会の隠し事の戦略の関連。

 ダ・ヴィンチ・コードの中でフィボナッチ数列と黄金比の関係について以下のような記述があった。

 スライド映写の準備を進めながら、ラングドンは黄金比がフィボナッチ数列から導き出されることを説明した。その数列は、隣り合うふたつの項の和がつぎの項の値に等しいことで名高いが、隣り合うふたつの項の比がある数へ近づいていくという性質も持っている。その数こそ黄金比すなわち約1.618だ。

ダン・ブラウン著・越前敏弥訳「ダ・ヴィンチ・コード(上)」(角川文庫,2006)pp.171-172

 この性質は私も知らなかったので富士山の下り、三合目から馬返しの間に頭の中で計算してみることにした。

 計算結果をLaTeXで書き直した結果は以下の通り。pdf出力したものをpngにして載せている。

Fibonacci1.png Fibonacci2.png Fibonacci3.png Fibonacci4.png

 もとのtexソース、dviファイル、pdfファイルは以下のアドレスにおいた。

texソース
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/Fibonacci/Fibonacci.tex
dviファイル
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/Fibonacci/Fibonacci.dvi
pdfファイル
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/Fibonacci/Fibonacci.pdf
  1. 2009/12/09(水) 00:10:23|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲海の波と数学のグラフ

 富士山で雪の訓練してきたの関連。

 先週富士山に登り、見事な雲海を見たのだが雲海が波打っているようすを見つけた。おそらく地表面に凸凹があって上昇流があるか、密度流が生じているのだと思うが、この一様な白い雲の波を見ていると3Dグラフを見ているような気になってきた。

0911fuji_083.jpg

↑2009年11月29日小御岳流しから見た雲海

09f-sinxsiny.png

Grapherで作成したz=sinx・sinyのグラフ

 すべてがランダムで一件規則性がないような自然にも数学のような純粋な美しさが見られることがあるのだな。

  1. 2009/12/08(火) 00:05:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋の終わり

 今日は買い物でジョイフル本田八千代店に行った。

 川べりはすすきが茂り、秋の終わりを感じさせた。

091205shinkawa1.jpg

↑大和田排水機場の湛水の夕暮れ

091205shinkawa2.jpg

↑すすきとトンボの橋


大きな地図で見る

↑大和田排水機場

09p-batta.jpg

↑自転車の上に乗っかっていたバッタ

  1. 2009/12/07(月) 00:05:35|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学研の「科学」と「学習」が休刊へ

 /.Jより学研の「科学」と「学習」が休刊へ

 学研の「科学」と「学習」が休刊となるそうだ。

 私は学研の「科学」を小学校1年から6年まで6年間取りつづけていた。親が買い与えていたのか、私がねだったのかは分からないが、私は毎号楽しみにしていた。

 毎号楽しみにしていたのは付録である。低学年のときは磁石やカブトガニ飼育セットやミニサボテンだったが、高学年になるとラジオ、カメラ、顕微鏡、水質調査キットと付録が充実してきた。ただ手先が不器用なのかラジオもカメラもうまく動かなかった。紙面には対応する記事が載っていたが、ムラサキキャベツでpH指示薬を作れると知り、さらにアサガオでも可能と知って、アサガオの花を取ってきてコーヒーのろ紙でpH指示薬をせっせか作ったこともあった。また牛乳パックの紙から再生紙のハガキを作るキットでは1日ずっとハガキを作っていることもあった。しかし作るばかりであんまり使わないうちに捨ててしまった。

 小学校4年生から載っていたあさりよしとお「まんがサイエンス」も楽しみであった。地球や宇宙など一般的なことはあまり覚えていないが、銀イオンの除菌効果としょうゆ袋などのマジックカットは覚えている。ほかの本に載らないことの方がよく覚えているらしい。マジックカットは載ってからしばらくして普及し始めたため、マジックカットを見るたびにまんがサイエンスを思い出す。

 /.J記事では○○のひみつシリーズやズッコケ三人組もそれぞれ学研の「科学」「学習」に載っていたとのこと。これらも図書館でよく読んだのでなつかしい。

 私が取っていたころは1冊付録付き1,000円だったが、配達料まで含めると利益率は低かったのだろう。学研の「科学」は私が理系に進むきっかけを作ったといっても過言ではない。休刊は大変残念である。

  1. 2009/12/06(日) 00:47:23|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また急に腹痛になった

 今日は腹痛で1日寝ていた。

 11時半に起きて朝飯と昼飯を食べた後、強烈な腹痛に襲われ、何度かトイレに行ったものの便は出ず、しばらくふとんに寝っ転がって苦しんだのち、朝飯と昼飯を戻して落ち着いた。

 そのあとまた2時間くらいふとんで寝て静養して復活した。

 この1年強烈な腹痛に襲われたことが3回あった。もっぱら腹痛だけで、風邪のように頭が痛くなったり熱が出たりはしない。食い物が悪いのだろうか。それとも腸の病気だろうか。別に盲腸が痛いわけではないので盲腸炎ではないと思うのだが。

 関連エントリ

  1. 2009/12/05(土) 20:10:17|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブラタモリ第8回本郷

 ブラタモリ第8回本郷を見た。

 第4回銀座第5回三田・麻布は少しだけ見たのだが、オープニングから通して見たのはこれが初めてだった。本郷台地周辺とあって都市河川の話が多く、都市河川好きとしてはなかなか面白い回であった。


↑藍染川跡のへび道 大きな地図で見る

 文京区根津と台東区谷中の間に川が流れていた話や神田川のお茶の水付近が人工で掘削された話は知っていたが、根津と谷中の間の川が藍染川であったのは知らなかった。この不忍池に流れ込む川の上流は池袋では谷端川(現・谷端川幹線)と呼ばれていたことは知っていたが、藍染川がこの川とは知らなかった。このあたりは谷田川や音無川などどこを流れているのかよく分からない川が多い。

 また本郷三丁目交差点すぐ北から流れる菊坂の流れは知らなかった。仕事で車で通過することが多いのだが、中山道にそんな谷があるとは知らなかった。こんどぶらっと歩いてみたい。


↑南東から北西に流れる菊坂の流れ 大きな地図で見る
  1. 2009/12/04(金) 00:16:30|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勝田台「とろこくチャーシューごとく勝田台店」

09gotoku1.jpg

↑豚骨醤油ごとくラーメン680円

09gotoku2.jpg

↑とろこくチャーシューごとく勝田台店の外観

 昨日、新宿で飲んだ後、電車を寝過ごして志津まで行ってしまった。

 0:20。すでに上り列車はなく、しかたないので成田街道を勝田台まで歩き、途中小腹がすいたのでラーメン屋に入った。

 入ったのはとろこくチャーシューごとく勝田台店。意外と家の近所のラーメン屋は知らないし、入ったことがないところが多い。

 一番安い豚骨醤油ごとくラーメン680円を注文。夜遅くすいていたのですぐ出てきた。背脂が浮いていて見かけはくどそうだが、口にしてみると意外にあっさりしていた。細麺とからんで食べやすい。ささっと食べられた。

 ちなみに家に着いたのは1:30であった。寄り道とかしているのが寝不足の原因なんだろうな。

  1. 2009/12/03(木) 22:48:58|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯豊連峰にある細長い福島県の県境 - 日本全国「県境」の謎(2)

 もう一つ「日本全国「県境」の謎」の関連、かつ三県境の地点の関連。

 飯豊連峰の稜線上に新潟県と山形県にはさまれたごく細長い福島県の領域が存在する。2000年に歩いたときも不思議に思ったが、下りのバスで運転手さんが以下のような説明をしていた。三県境の地点から抜粋する。

 (前略)…山都へ下るバスの中で運転手さんが以下のように言っていた。

 「もともとは山麓まで会津だったが、会津が戊辰戦争で負けて飯豊山をそっくり召し上げられそうになった。そこを何とか懇願し、飯豊山の神社に通うための稜線のルートを会津のものとして残してもらった」と。

 会津が戊辰戦争で負けて領地を取られたという説明はとても分かりやすいものなのだが、「日本全国「県境」の謎」によれば福島県の県庁が北東端に偏りすぎているという理由から発生した県庁移転を巡る紛争に起因しているそうである。

 この問題そのものは、広大な福島県の北西部(東蒲原郡)を新潟県に移管することで県庁移転問題を廃案とし、一応の決着をみたものの、飯豊山の帰属を巡る県境紛争が新たな問題として浮上してきた。

 …(中略)…これまで福島と山形の県境付近にそびえていた飯豊山が、新潟県側に組み入れてしまったことから話がややこしくなったのだ。…(中略)…福島県の言い分は、飯豊山神社は一ノ木村(現・福島県喜多方市山都町)に鎮座しており、従って飯豊山頂にある飯豊山神社の奥ノ院も、一ノ木村の土地であるというものだった。

 これに対し、新潟県の寒川村(現・阿賀町)は、1888(明治21)年7月新潟県知事に対し、飯豊山神社は寒川村の土地に鎮座している、税金も寒川村で納めていると反論。一ノ期、寒川両村の対立は県境紛争へと発展していった。

 …(中略)…綿密に調べた結果、一ノ木村側の主張が全面的に認められることになり、飯豊山神社およびその境内、登山道は一ノ木村に帰属するという裁定が下された。

浅井 建爾「知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎」(実業之日本社,2007)P.169-170

 前者の戊辰戦争の話の方が分かりやすいのだが、後者の村同士の飯豊山神社の取り合いの方が具体的であることから正しいのだろう。口伝によるとだいぶ主観が入り、100年もすれば話も変わってくるのだろう。

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)
(2007/09/19)
浅井 建爾

商品詳細を見る
  1. 2009/12/03(木) 00:04:11|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神奈川県湯河原町と静岡県熱海市泉地区 - 日本全国「県境」の謎(1)

 知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎を読み終わった。

 私は県境の縦走を趣味にしているので気になっていた本である。読んでみると私が歩いたことのある県境の話もいくつか載っていた。

 神奈川県と静岡県の県境は丹沢の西の端、山中湖近くの三国山から始まり、箱根の外輪山を通って湯河原町の南側を流れる千歳川を下って相模湾まで伸びている。このうち神奈川県湯河原町と静岡県熱海市泉地区は千歳川をはさんで向かい合っているのだが、生活圏は一帯となっている。上の本によれば消防の救急業務、下水道処理、最寄りの鉄道駅も湯河原駅と街としては一帯となっている。このあたりは真鶴半島など海岸線まで山が迫っているところが多いので、その稜線を県境にすれば生活圏を分断しなくてすむのにと思っていた。

↑神奈川県湯河原町と静岡県熱海市の県境を流れる千歳川

 しかし本にはその理由ははっきり明かされていない。

 和泉地区は1878(明治11)年3月に、静岡県賀茂郡に編入されて泉村となった。なぜ静岡県に編入されたのかの、詳しい経緯についてはよく分からない。…(中略)…だが、泉地区は昔から県境を挟んで隣接する湯河原と深いつながりを持っていたため、これまでしばしば湯河原との合併問題が持ち上がってきた。時代は下って1955(昭和30)年には、合併推進派と、それを阻止しようとする分離反対派が衝突する事態にまで発展したが、総理大臣の裁定により「現状維持」が確定し、越県合併は実現しなかった。

浅井 建爾「知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎」(実業之日本社,2007)P.71-72
05kurakake_12.jpg

↑県境稜線から見た湯河原の街

 私も県境縦走で歩いたが、街の中ほどを流れている川が県境とは思えないような一体的な街であった。不思議な県境である。

知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)知らなかった! 驚いた! 日本全国「県境」の謎 (じっぴコンパクト)
(2007/09/19)
浅井 建爾

商品詳細を見る
  1. 2009/12/02(水) 00:05:36|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

船橋「麺工房さのや船橋店」

09sanoya.jpg

↑つけ麺780円

 京成船橋駅そばの麺工房さのやに行った。

 5年くらい前に訪れおいしかった思い出があるのだが、その後上北沢に引っ越してしまい、食べる機会がなかった。今日は飲み会の二次会から参加しおなかが満たされていなかったのと、勝田台のバスの時間調整のため京成船橋駅で下車し、さのやによった。

 頼んだつけ麺は細麺で、スープは甘辛かった。ふつうのラーメンはこってりだが、つけ麺はわりにあっさりであった。

 さのやで食べると次回トッピング1品無料のスタンプカードをもらえるのだが、私はあちこちのラーメン屋に行くのでさのやに何度も訪れないんだよなあ。

  1. 2009/12/01(火) 00:46:47|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0