島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

私の文章を参照する記事

 孤独を愛する私とはいえ、私も人の子、こうやって日々の随想をblogとして誰にでも見られるように公開している以上は人の評判が気になることがある。

 fc2アカウントのnakayamayuでGoogle検索かけて見つけたものを2つ。

誰かが問題を出していくスレ

 前に書いたエントリ「南へ100km、東へ100km、北へ100km移動して出発点と同じ地点に戻る地点は地球上に何か所あるか」を解答としてスレッドの中で引用している。「意味がわからんがそういうことらしいw 」というレスの通り、見返してみると読みにくい。たぶん、定性的な議論と定量的な議論を分けた方がいいのだろう。ひまがあったら書き直したい。

凍死自殺を狙うスレ 3

 以前、凍傷になったときのことを書き留めたのだが、それが意外なところで参照されていた。私は私自身が二度と凍傷にならないようにまとめておいたつもりだが、こういう使われ方をするのは心外である。web上のリンクは自由になされるべきだと思うが、筆者の立場としては釈然としない。

  1. 2009/03/30(月) 01:02:24|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

HDDデータのサルベージを試みたが失敗した

 LogitecのHDDリーダー/ライターの続き。

 昨年夏に壊れてしまったHDDのサルベージを試みるべく、SATA-USB変換ケーブルを買ってきた。買ったのはタイムリーUD-500SAあきばお~2号店にて税込2,599円。

 で、帰ってからつないで試してみた。

09f-diskutility.png

↑ディスクユーティリティにドライブが表示されない。

 全然ダメだった。HDDが回っている音がしない。MacOSX付属のディスクユーティリティを用いてもHDDを認識しない。たぶん物理的に故障しているのだと思う。

 残念ながら諦めるほかないだろう。

UD-500SAUD-500SA
()
不明

商品詳細を見る
  1. 2009/03/29(日) 21:36:02|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私は漢字検定を受けない

 少し前まで漢検協会の過大利益が新聞紙上をにぎわせていた。記事の見出しを拾ってみると漢検協会に厳しい記事が並んでいる。

 確かに漢字検定は料金が高い。高校卒業・大学・一般程度の2級で4,000円(公開会場で個人受検)かかる。単なる書き取りならもう少し安くてもよさそうだ。


 私は漢字検定を受けたことはない。漢字を覚えるのは割と好きだが、漢字検定を受けようと思ったことはない。受けない理由は単に検定料金が高いこともあるが、それよりも自分が日本人であることに誇りを持っているからだ。

 日本人であれば漢字は書けて読めるのは私は当然だと思う。小学校からずっと習ってきているのだし、新聞や本を読めば漢字はたくさん出てくる。漢字は日本語の一部なのであるから、漢字を読み書きできないことは日本語に不自由があるということになる。

 そう考えると漢字検定を受けることそのものが「日本語を自由に使えているかどうか不安がある」ことを表明していることになり、言語を自由に使えないという事実はその人の民族性をも揺るがしかねない。

 他言語に置き換えてみればその奇妙さが分かるはずだ。例えばあるフランス人が「フランス語を自由に使えているかどうか不安がある」から「フランス語検定を受ける」という事態は、奇妙に映らないだろうか。「フランス語検定」が存在するかどうかは分からないが、そのフランス人がフランス語を話せない場合、その人がフランス人かどうか疑いを持たないか。確かにドイツ南部の都市「ミュンヘン München」を「うまく発音できない、ネイティブでないから」と言ったドイツ人を知っているが、彼はドイツ北部の育ちなので方言をうまく発音できない、という意味だと思う。

 漢字検定ブームに水をさすつもりはないが、文章で説明すると以上のような理由、実際は漠然とした違和感のため、私は漢字検定を受けない。

  1. 2009/03/28(土) 23:02:56|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今までの18きっぷを使った長距離旅行

 青春18きっぷを買ったら7枚も発券されたのつづき。

 さて、アンケートの内容は「青春18きっぷ乗車区間をすべてご記入ください」というもの。今回は浜金谷行って帰ってくるだけなのでさほどの距離ではない。

 でも学生のときはだいぶ18きっぷで移動したものだ。以下がその証拠。

09p-18kippu2.jpg

↑学生のときに使った18きっぷ

 18きっぷだから必要ないのに下車印をもらっていたのはご愛嬌。でもおかげでどこを移動したのか何となくわかる。

 アンケートの内容に沿って今までで長かった乗車区間を並べてみると以下の通り。

日付順位距離道のり
2000年8月1日9609.1km旭川ー岩見沢ー札幌ー(快速ニセコライナー)ー長万部ー函館ー(快速海峡14号)ー青森
2000年8月2日3773.7km青森ー八戸ー盛岡ー一ノ関ー小牛田ー仙台ー福島ー黒磯ー上野ー東京ー船橋
2001年3月13日11221.4km横浜ー(快速ムーンライトながら)ー大垣ー米原ー姫路ー岡山ー岩国ー下関ー小倉ー博多ー鳥栖ー佐賀
2001年8月1日5697.9km苫小牧ー追分ー新夕張ー新得ー帯広ー釧路ー根室ー釧路
2001年8月13日2912.1km千歳ー(快速ミッドナイト)ー函館ー青森ー秋田ー酒田ー村上ー新潟ー(快速ムーンライトえちご)ー新津
2002年3月8日4762.4km横浜ー小田原ー(快速ムーンライトながら)ー大垣ー米原ー相生ー姫路ー福山
2002年3月14日8659.5km今治ー松山ー伊予西条ー観音寺ー多度津ー坂出ー岡山ー播州赤穂ー米原ー大垣ー(快速ムーンライトながら)ー大府
2002年8月30日6686.3km高岡ー福井ー敦賀ー米原ー大垣ー豊橋ー浜松ー静岡ー富士ー沼津ー熱海ー東京ー津田沼
2003年8月30日10593.0km高崎ー(快速ムーンライトえちご)ー新潟ー村上ー酒田ー秋田ー東能代ー陸奥岩崎
2003年9月3日7679.8km東能代ー酒田ー村上ー新潟ー長岡ー水上ー高崎ー上野

 個人的には2日間かけて移動した旭川~上野(2000年8月1日、2日、合わせて1382.8km)が一番印象に残っているが、1日で移動した距離となるとムーンライトながらを使って移動した横浜~佐賀(2001年3月13日、1221.4km)が一番長く、一つだけ1,000kmを越えている。

 最近はめっきり遠出することがなくなった。もう学生でなく社会人だからヒマがあまりとれないのでしかたない。

  1. 2009/03/27(金) 00:37:13|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

定額給付金は「もらう」のではなく、「返される」 - R25 高橋秀実「結論はまた来週」

 高橋秀実「定額給付金で買いたいモノは何もなし - 結論はまた来週」R25を読んで。

 「定額給付金をもらう」

 私の周囲にもそういう言い方をする人がいるが、それは間違っている。定額給付金(総額2兆円)の財源は私たちが納めた税金。納めたものが戻ってくるのだから、「もらう」のではなく「返される」のである。

高橋秀実「定額給付金で買いたいモノは何もなし」結論はまた来週, R25, No. 230, 2009.3.19

 言われてみるまで気がつかなかった。定額給付金は確かに「給付」と銘打っているが、納めた税金を返しているので実質には定額減税である。一度徴収しているから紛らわしい。朝三暮四なのに気がつかなかった。

 考えてみると電話の「無料通話分」も無料通話ではないし、「1個買うともう1個ついてくる」という販売文句も「もう1個」は無料ではない。

 電話の「無料通話分」は携帯電話サービスで、一定時間分の通話料や一定通信量のパケット通信料が基本料金にパッケージされた料金プランにおける、その含まれた分の料金や通話時間、データ量のこと無料通話分とは - 意味・解説 : IT用語辞典)であり、実際には無料なわけではなく、割り引かれた上で本来の基本料金に上乗せされているので紛らわしい名称と言える

 「1個買うともう1個ついてくる」だって、2個セットでの料金ということになる。

 定額給付金も無料通話分も納税者/消費者に「得した」と思わせる戦略なのだろうけど、ぼんやりしていると簡単にのせられてしまう。賢い消費者になるというのは大変だ。

  1. 2009/03/26(木) 00:00:38|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ついばむ」を漢字で書いて下さい

 こないだ仕事で現場から事務所へ帰る途中、銀座の路上で何かをついばんでいるカラスを見かけた。現場からの帰りは車で、そのとき運転していた同期のY君がそれを見て「『ついばむ』を漢字で書いて」と問いかけた。

 「ついばむ」と言われて漢字が出てこなかった。「口偏に…くちばし(嘴)みたいな字?」「口偏に…そしゃく(咀嚼)の嚼みたいな字?」と考えるが、違う気がする。かわりに「さえずる(囀る)」という字が思い浮かんできたりして、結局わからなかった。

 問題を出しているY君自身も答えを知っているわけではなく、思いつきで問題を出しているだけ。ただ考え出したら気になってしかたがないので、呉服橋交差点のあたりで携帯電話で検索してみた。そうしたら「啄む」だった。意外とシンプルな字だったが、あのまま悩んでいても思い出せなかったと思う。

 漢字にはある程度の自信があるが、くやしかった。

  1. 2009/03/25(水) 23:41:53|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西船橋「麺屋あらき 竈の番人 外伝」味玉らー麺

09p-kamadonobannin.jpg

↑西船橋のラーメン屋「麺屋あらき 竈の番人」

 西船橋のラーメン屋「麺屋あらき 竈の番人」でラーメンを食べてきた。

 定期券が切れてしまったので、帰りは料金の高い東葉高速鉄道を避けて東西線西船橋駅で京成西船駅へ乗り換えている。京成西船駅にこのラーメン屋「麺屋あらき 竈の番人」の看板があったため、一度食べてみようと思い、今回食べてみた。

09p-kamadonobannin2

↑京成西船駅の看板

 店は新しいようだが、人は多かった。「鰹」の味玉ラーメンを注文。

 鰹節のだしが強く効いていておいしかった。ただスープが濃いわりに麺自体はさほど味がないので、スープの塩気で麺を食べているような感じだった。

 実家に戻ってから外食は昼に日本ビル内でしかしていないので、たまには外のラーメン屋もいい。

2011年2月7日追記:2011年2月7日にふたたび訪れ、味玉とろつけ麺850円を注文した。

  1. 2009/03/25(水) 23:13:33|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草地の菜の花が群落になった

 草地に菜の花が咲いていたのつづき。

 菜の花が花盛りで群落になってきた。

09nanohana_01.jpg

↑疎なところ

09nanohana_02.jpg

↑密なところ

 21日土曜日には東京でサクラの花が開花したとのことだし、いよいよ春らしい。

  1. 2009/03/25(水) 00:08:26|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フジテレビのドラマ「黒部の太陽」を見た

 山岳トンネル工事でのタブーの関連。

 昨日、フジテレビのドラマ「黒部の太陽」を見た。

 「黒部の太陽」は黒部第四ダムを造るための搬入・搬出路として大町トンネルを掘った男たちを描いた映画であり、かつて石原裕次郎が主演として作った映画である。残念ながらビデオやDVDにはなっておらず、テレビ放送も行っていないため、私は映画を見たことがない。私は登山者としても土木技術者としても興味のある映画であり、去年剱岳小窓尾根の帰りに黒部ダムでトロリーバスを待つ間、行列の待ちスペースで「黒部の太陽」の紹介ビデオを流していたので見てみたいと思っていた。昨年土木学会でも映画鑑賞会を開いていたが、私は学会員ではなかったので応募もせず「見たいなあ」と思いながら過ごしていた。

08komado_44.jpg

↑黒部川河床から見た黒部第四ダム(2008年春 - 北ア・剱岳小窓尾根[2/2]より)

 ちょうどそこにテレビドラマで「黒部の太陽」を放映すると聞き、かぐらでのスキーから帰ってみるとちょうど前半を放映していたのでそのまま親父と見ていた。

 前半で破砕帯に突入したときは、破砕帯はトンネル掘削のクライマックスなのに後半でいったい何を放送するんだと思ったが、後半は人間ドラマでだいぶ伸ばしていた。

 私は土木技術者、富山県生まれとして以下の点がよかったと思う。

よかったところ
  • トンネル内のH鋼支保、切羽の雰囲気がよく出ている。破砕帯の水量も鬼気迫るものがあった。
  • 水抜きのパイロット坑、凍結工法、シールド工法など山岳トンネルの工法選択が勉強になった。
  • 冬季に出水量が減る点はトンネル工学的にも水文学的にも興味深い。
  • 劇中に出てくる富山弁がよく表現できていた。

 ただ、松本生まれで定時制高校に通いながら鋼材を扱う問屋に勤めていた親父は大町トンネルの現場を何度か自分の目で見たことがあり、その言によれば以下の評価であった。

よかったところ
  • 現場のバラックの雰囲気が似ている。
いまひとつだったところ
  • 現場のバラックはもっと建物があったはず。
  • ダンプカーが小さい。タイヤの直径が2mくらいあるダンプカーを使っていたはず。
  • あんな川幅の広い川は松本平周辺にない。
  • 松本駅の雰囲気は出ているけど、似ていない。松本電鉄のボンネットバスもなつかしいけど、色が違う。
  • 排水管からの水の勢いがもっとあった。
  • 香取慎吾の演技がよいのは認めるが親方を演じるには線が細い。

 …親父こまけえ。

 全体的には現場の緊迫した感じがよく伝わってきてよかったと思う。

 黒四は「黒部の太陽」や立山黒部アルペンルートで有名であり、多くの人に知られている。しかし、個人的には黒四と同等以上の困難を伴った黒部第三ダムの建設があまりに陰に隠れている気がする。ぜひ黒部第三ダムの建設を描いた吉村昭「高熱隧道」を誰か映像化してほしい。

フジテレビ開局50周年記念ドラマ特別企画 黒部の太陽 - フジテレビ
http://www.fujitv.co.jp/kurobe/
  1. 2009/03/24(火) 01:10:02|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

かぐらスキー場で雪洞掘って山スキーをしてきた

 かぐらスキー場で雪洞掘って山スキーをしてきた。

 雪洞はテントより広く、暖かく快適であった。山スキーの方ははじめてのザック背負ってのスキー、はじめてのショートスキー、はじめてのプラスチックブーツを履いてのスキー(滑りにくい)の三重苦に加え、食べ過ぎによる腹痛がとどめをうち、つらかった。でも山スキー自体は面白かった。

09kagura_12.jpg

↑雪洞掘削中

09kagura_35.jpg

↑ろうそくの明かりが明るい雪洞内

09kagura_60.jpg

↑うまく滑れない私

記録:2009年春 - 新潟・神楽ヶ峰
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2009/09kagura/
  1. 2009/03/22(日) 23:45:51|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Macのショートカット記号がわかりにくい

09f-shortcutkey.png

↑メニューの右に表示されるキーボードショートカット

 Macのショートカット記号はいろいろなものがある。commandキー()に始まり、shift、optionなどいくつかあるのだが、キーと記号の関連が全然わからない。Macを使ってもう15年くらい経つが、いまだにコマンドキーしか覚えられない。あとはshiftキーの記号とoptionキーの記号がどっちだかわからなくなってしまうのでよく両方押している。他はまったく分からない。

 最近、並び替えで「^⌘1」とあったので「^」のキーを何度も押したが、全然ダメであった。調べてみたら「^」のショートカット記号はcontrolキーのことらしい。まぎらわしい。せめてキーボードに載っていないキーを使ってくれればいいのに。

 以下のサイトでショートカット記号をまとめていた。気になったら調べることにしよう。

意味不明なMacのショートカット記号 | デジイチ最新情報!
http://kensei.jugem.cc/?eid=2297
  1. 2009/03/20(金) 00:00:57|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

槍ヶ岳山頂でハレ晴レユカイを踊っている人

 121118追記:タイトル替えた。踊っているのは私ではないから。「【ニコニコ動画】槍ヶ岳山頂でハレ晴レユカイを踊ってみた」→「槍ヶ岳山頂でハレ晴レユカイを踊っている人」

 前に赤ふんで富士登山している人を紹介したが、槍ヶ岳山頂でハレ晴レユカイを踊っているひとがいた。しかも残雪期。

 大学の後輩に「おまえ、小槍の上でハルヒダンス踊ってこいよ」と冗談で言ったことはあるが、実行している人がいるとは驚きだ。言うは易し行うは難し、だと思う。だいたい槍ヶ岳の山頂はかなり狭いし。

06kitakama_113.jpg

↑槍ヶ岳のほこらの前のスペースは畳2枚ほど。2006年冬 - 北ア・槍ヶ岳北鎌尾根[6/7]より。

 槍ヶ岳だけでなく、奥穂、北穂、富士山、八ヶ岳行者小屋でも踊っているようだ。

 すげーなあ。オレもなんかバカなことしたいなあ。

  1. 2009/03/19(木) 00:34:54|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

TimeMachineでバックアップを試みた

09p-timemachine-backup.png

↑TimeMachineのバックアップ中

 TimeMachineを使おうとしたらハードディスクのフォーマットを求められたのつづき。

 MacOSX 10.5 Leopard付属のTimeMachineでバックアップを試みた。前はハードディスクのフォーマットを求められたので、ビビってやめてしまった。しかし外付けハードディスクはポータブルHDを購入のとおり特段用途はなく、手動バックアップ(/Users/username/Documentsのコピー)ぐらいにしか使っていなかった。

 手動バックアップするくらいなら、より便利なTimeMachineを使うべきなので、ハードディスクのフォーマットを行い、TimeMachineによるバックアップを始めた。

 私のHDDは160GB中、46.0GBを使っているのだが、15分ほどで4.5GBほどのペース。バックアップには2,3時間かかりそうだ。

 090318追記:無事バックアップがとれた。

09f-timemachine-backup2.png

↑バックアップに成功したあとのTimeMachine環境設定画面

  1. 2009/03/18(水) 00:05:59|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山浦 正昭「地図を片手に「歩く旅」」を読み終えた

 山浦 正昭「地図を片手に「歩く旅」」を読み終えた。

 著者は日本全国およびヨーロッパの各所で歩く旅を行っている人で、「自由自在な、自分勝手流の歩く旅をする人たちを増やしていきたい」という意図で本を書いている。

 私の趣味は登山が主であるが、歩くことは好きだし、大学では本四連絡橋の一つしまなみ海道を歩いたり、沖縄本島を歩いたりしている。最近だと房総半島の内房を歩いている。

 こないだの富津市浜金谷~館山市館山では、歩行者用通路のないトンネルでヒヤヒヤしながら通り過ぎたし、アスファルト続きで足にだいぶマメができてしまったが、本書のいう通り日本の道は歩くのに適していない。それが高尾山や四国の巡礼道や熊野古道のようなメジャーな歩き道でなければ、「歩く道」としての整備はなされていない。

 一方で著者はヨーロッパでは歩く旅が盛んに行われていることを指摘している。

 それぞれの国には何百キロクラスの徒歩旅行専用道が数多く設けられているし、その国の基本図である五万分の一の地形図に、徒歩旅行を始めとしたウォーキングコースの情報を盛り込んだ地図を発行している。

(中略)

 宿泊施設も充実している。歩くコース上にさまざまな宿泊施設があり、しかも予約なしで泊まれることが多い。そして、その情報も各地の案内所で入手できる。

山浦 正昭「地図を片手に「歩く旅」」(NHK出版,2004)P.118-119

 私はヨーロッパで歩く旅をしたことがないのでよく分からないが、サンティアゴ・デ・コンポステラの道なんかはテレビで見ると実に歩いてみたいと思う。ヨーロッパではないが、ニュージーランドに行ったときは比較的安価にユースホステルに泊まることができ、またつぎの宿の予約も可能だったので助かった。

 1カ月くらい旅したいなあ。

地図を片手に「歩く旅」 (生活人新書)地図を片手に「歩く旅」 (生活人新書)
(2004/06/11)
山浦 正昭

商品詳細を見る
  1. 2009/03/17(火) 23:48:32|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花粉症デビューかもしれない

 花粉症デビューしたかもしれない。

 症状は目が渇くのと水っぱなが出ること。そのせいか知らないが、頭もぼーっとする。

 先週の13日金曜日からそんな感じ。ただ昨日、房総を歩いていたときは少しはなが出たぐらいでそんなにひどくなかった。むしろ室内の事務所内の方がひどい。遺伝的には母と弟が花粉症持ちなので素質はあると思う。

 もともと鼻炎気味でよくはなは出ていたのだが、目が痛いのはつらい。しばらく続くのだろうか。

  1. 2009/03/17(火) 00:25:53|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富津市浜金谷~館山市館山を歩いてきた

 富津市浜金谷~館山市館山を歩いてきた。いつもどおり本編はリンク先に任せるとして、こちらには次点で載せなかった写真を載せる。

 今回のテーマは廃墟。

09tomiura_13.jpg

↑明鐘岬近くの廃墟。「明鐘ドライヴイン」らしい。螺旋階段の錆び落ち方が秀逸。

09tomiura_46.jpg

↑小浦隧道の北側にあった農業用モノレール。菜の花の中に朽ちていく姿がたまらない。ちなみに徳島県に一般人を乗せてくれるモノレールがあるそうだ。一度乗ってみたい。

09tomiura_47.jpg

↑小浦隧道旧道。昔は往来が多かったと思うが、いまは心霊スポットのようである。

09tomiura_51.jpg

↑小浦隧道の中。手掘りでまるでタイムスリップしたかのような感覚に陥る。

 あとはいつもの変なものの写真。

09tomiura_66.jpg

↑避難場所の浅間神社。が、避難場所なのに「落石注意」かよ。危ないじゃないか。

09tomiura_79.jpg

↑館山の防波堤を歩く私。

09tomiura_84.jpg

↑館山にて。「あ、珍しい、『その他の注意』の看板だ、でも『砂だまり注意』って何だよ」と思っていたら…

09tomiura_85.jpg

↑歩道に砂が溜まっていた。大したことなさそうに見えて、すごく歩きにくかった。

  1. 2009/03/16(月) 00:49:56|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青春18きっぷを買ったら7枚も発券された

 青春18きっぷを買った。

 明日、富津市大貫~富津市浜金谷の続きとして、浜金谷から館山まで歩いてこようと考えている。 往復の運賃を計算すると以下の通りである。

千葉~浜金谷1,110円
館山~千葉1,450円
2,560円

 折しも今は青春18きっぷが使える季節。青春18きっぷは5枚つづり11,500円、1枚あたり2,300円なので今回は18きっぷの方が安い。

 ただ5枚つづりであり、1枚だけ買うことができないので、購入は慎重に考えなければならない。そのため最近買った記憶はあまりない。

 少し考えて職場で旅行好き(かつ鉄道好き)の同僚に相談してみると、春の間、毎週の土日はどこかに出かけているので残れば買い取るとのこと。すでに5枚つづりを購入し使い始め、もう1枚買うつもりだったそうだ。それを聞いて安心し、18きっぷを買うことにした。

 で、久しぶりに18きっぷを買った。東京駅の券売機で探すと、特急券とか売っているみどりの窓口併設の券売機の「おとくなきっぷ」項目で買うことができた。

 そして買ったらたくさん発券されて驚いた。7枚も出てきた。

09p-18kippu1.jpg

↑7枚発券された

 といっても18きっぷが7枚になったわけではなく、18きっぷ本体が1枚、ほかはクレジットカード利用票、ご案内が3枚、アンケートが2枚である。以前は18きっぷ本体とご案内が1枚の計2枚だけだったのに、アンケートまでついてくるとは思わなかった。

  1. 2009/03/15(日) 00:56:50|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あわせて読みたい

09p-awasete.png

↑あわせて読みたい

 昨日、ネットを見ていたら「あわせて読みたい」というウェブサービスがあったので、試してみることにした。左側のメニュー欄の一番下に入っている。

 オメガブロガーなので、なんかあんまり関連のないブログがピックアップされている気がするが、しばらくほっといてみよう。

  1. 2009/03/14(土) 19:40:13|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近早く帰っている

09p-katsutadaist.jpg

↑夜まだ明るい勝田台駅

 昨日から理由あって早く帰っている。正確には理由がなくて早く帰っているのだが。家に着くのが19時ぐらい。ちょうど帰りのラッシュくらいか。

 ここんところ帰りが終バスが続き、日曜は寝るだけだったので、見える街のようすが違う。具体的には以下の点があげられる。

 全然仕事も進んでいないのだが、少しの間こういう生活もよいかもしれない。

  1. 2009/03/13(金) 21:14:01|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植物の名前が覚えられない

09p-jinchouge.jpg

↑庭のジンチョウゲ

 仕事で建設物価や積算資料を見ることが多いのだが、植物の市価が載っているのに気がついた。私の知っているサクラなどのメジャーな木から聞いたことのない植物までいろいろ載っている。しかし、言葉でしか書いていないのでネズミモチとかリュウノヒゲとか言われてもピンと来ない。

 私は家にある木はだいたい覚えているが、それもウメ、サクラ、モミジ、ジンチョウゲくらいである。

 山を歩いていて花が咲いていたり、ヤブと戦ってるときなど植物の名前は覚えたいと思うのだが、いつもわからず「白い花が咲いていた」とか「針葉樹の濃いヤブ」くらいしかわからない。去年の南アルプス仙塩尾根のときもいろいろ教えてもらったが、いま確実に判別がつくのはマルバタケブキくらいしか覚えていない。

 もっと植物が好きにならないと覚えられないのだろうか。

  1. 2009/03/12(木) 01:45:04|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

LogitecのHDDリーダー/ライター

 こないだ職場のコンピュータが壊れてしまった人がいたのだが、業者の方にPCの筐体を開けてもらって無事直してもらっていた。

 症状はWindows Vistaが起動せず、セーフモードから先へ進まないという芳しくない状況だったのだが、HDDのデータも無事サルベージできたらしい。サルベージに使っていたのはLogitecのHDDリーダー/ライター。

 こんなものがあるとは知らなかった。私もMacBookが壊れたとき、MacBookのハードディスク換装を行ったのだが、もとのHDDはほったらかしたままだ。HDDの中身も読み出せていない。

 5,000円くらいなら買ってみてHDDの読み出しに挑戦してみようかな。

ロジテック クレードルタイプ HDDリーダーライタ eSATA&USB2.0接続タイプ LHR-DS01SAU2ロジテック クレードルタイプ HDDリーダーライタ eSATA&USB2.0接続タイプ LHR-DS01SAU2
(2007/11/28)
不明

商品詳細を見る
  1. 2009/03/11(水) 01:10:47|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草地に菜の花が咲いていた

 草地の朝焼けが美しかったのつづき。

 3月5日の朝に霜が降りたと思ったら、3月8日の朝には菜の花が咲いていた。

 冬と春を行ったり来たり。

09p-frost-nanohana_01.jpg

↑3月5日。草原の広がり。

09p-frost-nanohana_02.jpg

↑3月5日。ローアングルで。

09p-frost-nanohana_03.jpg

↑3月5日。霜が降りている。

09p-frost-nanohana_04.jpg

↑3月5日。逆光を避けると草原がうっすら白い。

09p-frost-nanohana_05.jpg

↑3月8日。菜の花が咲いていた。

  1. 2009/03/10(火) 01:24:17|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高度に発達した論理学は非論理と見分けがつかない

 野崎明弘「詭弁論理学」を読んで、同じ論理学について述べている内井 惣七「うそとパラドックス―ゲーデル論理学への道」をざっと読んだ。前読んだときはよく分からなかったのだが、今回読んでもやっぱり分からなかった。

 分からないなりに似ていると思ったのはグレリンクの意味論的パラドックスとナーガールジュナ「中論」との相似。

 グレリンクの意味論的パラドックスについては以下のような記述。

 さて、言葉も一つの「もの」とみなせば、言葉のもつ性質も形容詞で記述できる。たとえば、「短い」という形容詞は短い。「長い」という形容詞も短い。

 そこで、自分自身に適用できる形容詞、つまり

(4)「K」はK(である)

 という条件を満たすものを「自己形容的」と呼ぶことにする。この条件を満たさない形容詞は「非自己形容的」と呼ぶ。さきの例で言えば、「短い」は自己形容的、「長い」は非自己形容的である。

 ところで、「非自己形容的」という語も形容詞である。では、この語は自己形容的であろうか非自己形容的であろうか?

内井 惣七「うそとパラドックス―ゲーデル論理学への道」(講談社現代新書,1987)P.191-192

 ナーガールジュナの「中論」の記述は以下。

 行くものが行くということが

 どうしてありえよう

 行くことなしには

 行くものはありえないのだから。(第九偈)

 一見わかりにくいこの言葉の意味は、つぎのとおりである。

 「行くものは行く」という考えには、「行くもの」と「行く」とは二つの独立した事象であるという前提が含まれている。したがって、「行くもの」はそれ自体のうちにすでに「行く」を含んでおり、あらためて「行く」と結びつけられる必要がない。「行く」ことをしない「行くもの」など、そもそもありえないのだから。

定方 晟「空と無我―仏教の言語観」(講談社現代新書,1992)P.103-104

 どっちも意味論的パラドックスについて言及していると思うんだけど、よくわからない。

 高度に発達した論理学は非論理と見分けがつかない、といったところだろうか。

うそとパラドックス―ゲーデル論理学への道 (講談社現代新書)うそとパラドックス―ゲーデル論理学への道 (講談社現代新書)
(1987/12)
内井 惣七

商品詳細を見る

空と無我―仏教の言語観 (講談社現代新書)空と無我―仏教の言語観 (講談社現代新書)
(1990/05)
定方 晟

商品詳細を見る
  1. 2009/03/09(月) 01:04:11|
  2. 書評 - 科学・技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

栄養ドリンクの自動販売機

09p-vendingmachine.jpg

↑栄養ドリンクの自動販売機

 こないだ栄養ドリンクの自動販売機を見かけて写真を撮った。

 私はほとんど栄養ドリンクを飲んだことがなく、覚えている限りでは知床の差し入れのリポビタンDの1回だけではないかと思う。必要でもないし、おいしくもないので。

 そういえばニュージーランドに行ったとき、シドニーでの乗り換えでLonely Planet社の日本観光ガイドをパラパラ見ていたのだが、東京の公園で栄養ドリンクを飲むサラリーマンの写真が載っていて、日本人のイメージってこんなのなんだ、とがっかりした思い出がある。

 なんというか、栄養ドリンクが必要とされ、たくさん売れる世の中は何かを病んでいる気がするなあ。

  1. 2009/03/08(日) 23:50:55|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウエストポーチとサングラスの袋を100円ショップで買った

 山で落とし物をしたの続き。

 八ヶ岳に行ったとき、3つの落とし物をした。落としたのは以下の3つ。

 ここまでが前回の話。

 このうちウエストポーチとサングラスの袋を100円ショップで買ってきた。それぞれ315円、105円。

09p-beltbag.jpg

↑ウエストポーチとサングラスの袋

 使えるかどうか分からないが、次に山に行くときに試してみよう。

  1. 2009/03/08(日) 22:12:19|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私はJ.S.Bachが好きである

09p-lafollejournee-ad.jpg

↑ラ・フォル・ジュルネを取り上げた新聞別刷り

 今年のラ・フォル・ジュルネのテーマはバッハとヨーロッパらしい。

 鬼束ちひろクリスチャン説で有村先輩の好きな音楽について触れたが、私はバッハが好きだ。大好きだ。

 中学校のころ音楽の時間に小フーガト短調(Little Fugue in G minor BWV 578)に魅了されて以来、いろいろと聞いてきた。ろくに楽譜も読めないのに、携帯電話の着信メロディとしてG線上のアリア(Air on the G string BWV 1068)を3和音で打ち込んだこともある。ただそのときは256音までの制限にかかり、すべて入力できず悔しい思いをした。

 オルガン曲が好きだが、その中でも特に好きなのがパッサカリアとフーガ ハ短調(Passacaglia in C Minor BWV 582)である。たぶん500回くらい聞いているのではないだろうか。何というか美しくて心が洗われるような、ものごとに対する私の無力さを痛感させるような、とにかくいいのである。気落ちしているときにこれを聞くと絶望感が2倍に増してまたたまらない。

 ライプツィヒのトーマス教会にも行ったことがある。となりの小さな博物館にも行った。生誕地のアイゼナハも行きたかったが、日程に余裕がなく行けなかった。

06germany_043.jpg

↑ライプツィヒのトーマス教会にてバッハ像と私

 ラ・フォル・ジュルネに行ったことはない。でも今年のラ・フォル・ジュルネはたぶん、一日いても飽きない。すごく行きたいけど、時期が5月の連休なので山を優先してしまうだろう。スケジュールを見たらパッサカリアとフーガハ短調はオーケストラバージョンだそうだ。私はパイプオルガンだけのほうが好きなので、その辺で諦められるだろうか。

  1. 2009/03/06(金) 01:12:50|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

家からバス停までの工事3件

 最近、家からバス停までの間で3件、工事を行っている。

 マンホールの補修工事はすでに触れたので残る2つの工事の写真を紹介。

09p-construction_01.jpg

↑団地の通りの舗装の直し。しばらく舗装を1枚はがしていた。

09p-construction_02.jpg

↑国道16号線の共同溝工事。夜だけの工事で大変そうだった。

  1. 2009/03/05(木) 00:59:20|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪ぐ

 「雪ぐ」、読み方は「ゆきぐ」ではない、「すすぐ」あるいは「そそぐ」である。

 こないだの週末に「水団」という言葉で辞典を開くことがあり、「水団=すいとん」と判明したのだが、ついでに辞書をペラペラめくっていた。そうしたら「雪ぐ」という言葉を見つけた。

 「雪」だし、何かきれいな言葉かと思ったら以下のような意味らしい。

汚名・恥などのつぐないをする。恨みをはらす。

すすぐ 【 ▽ 濯ぐ/ ▽ 雪ぐ】の意味 国語辞典 - goo辞書

 何だ、雪辱の「雪」か。何かあんまり使いたくない言葉だった。

 今日は雪が降ったのでそんなことを思い出して記した。

09p-snowgarden1.jpg

↑家の庭に降り積もった雪

09p-snowgarden2.jpg

↑住宅地に降る雪

  1. 2009/03/04(水) 01:37:45|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Osnabrückのみやげ物

 大学の研究室にお世話になったドイツ人のGeraldさんが来ているということで、2月27日に研究室を訪ねてきた。折しも学部生の論文発表の日と重なり、研究室で行っていたぎょうざパーティーに参加した。

 そのときにGeraldさんから2つプレゼントをもらった。Geraldさんの出身のOsnabrückのバッグと写真集である。

09p-osnabruck_01.jpg

↑Osnabrückのバッグと写真集

 バッグはそのまま使えるし、写真集も写真を見るだけならできるし、ドイツ語、英語、フランス語の併記なので読もうと思えば英語は読める。でもさっきパラパラ見てわからない単語が多そうだったので投げてしまった。

09p-osnabruck_02.jpg

↑写真集の中身

09p-osnabruck_03.jpg

↑写真集の中身

 ヨーロッパは町並みがきれいなので、どこを訪ねるとでもなく行ってみたくなる。

  1. 2009/03/03(火) 01:38:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

不本意入学 浪人せず後悔

 今日の読売新聞の家庭欄の相談コーナー人生案内から。

不本意入学 浪人せず後悔

 19歳女性。一流といわれる国立大学に入学してもうすぐまる1年です。大成功の人生にみえるかもしれません。でも、第1志望はさらにレベルの高い別の大学だったので、後悔の気持ちが消えません。

 私は才能がないので努力だけは誰にも負けないつもりで泣きながら勉強してきました。しかしセンター試験で失敗して第1志望を断念。

(後略)

不本意入学 浪人せず後悔 : 心身 : 人生案内 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 回答は質問者のコンプレックスを指摘し、第1志望の大学に入学したとしても、充実した大学生活を送れたかどうか分かりませんとし、今の生活を充実させることに目を向けてみましょうとまとめている。

 これを読んで私は第一に「若いなあ」と感じ、その次に「第1志望=東京大学、第2志望=東京工業大学」ではないか、と感じた。

 質問者が第1志望の大学に固執しているところを見るとかなり有名な大学であろうことが予想され、週刊誌(週刊朝日とか週刊読売とか)で評される中では最も有名な東京大学ではないかと思った。

 東京工業大学は私の出身大学だが、自称「世界最高の理工系総合大学」を目指しているらしいし、前記日程で東京大学を受けた人が後期日程で受けることも多いので、東京工業大学ではないかと思った。

 でも私の大学は「一流」以前に、マイナーで知られていないという実態があるので、違うかなあという話を親父にしたら「そんな学歴なんか関係ないのになあ」と、あっさりあしらわれてしまった。

 うちの親父の最終学歴は工業高校の夜間、それも働きながらなので、学歴にはこだわりもない。いわゆるたたき上げのタイプである。ゆえにその言葉も説得力があった。

 そう諭されて私も小さい人間だなあと自分ながら思った。

  1. 2009/03/02(月) 01:30:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

生まれてから10000日目を過ぎていた

 先日taharaさんから書き込みがあった。

この間保険屋からもらった資料で判明したのですが、
27歳の半ばで、生誕10000日を迎えるようです。
コメント欄

 ちょっと気になってみたので計算してみた。

日数
1981111
1982365
1983365
1984366
1985365
1986365
1987365
1988366
1989365
1990365
1991365
1992366
1993365
1994365
1995365
1996366
1997365
1998365
1999365
2000366
2001365
2002365
2003365
2004366
2005365
2006365
2007365
2008366
200960
sum10033

 残念、すでに10000日を越えていた(2009年3月1日現在)。どうやら10000日目は2009年1月27日のようだった。

 でもよく考えたらそういうのをJavaScriptで計算してくれるサイトもあるのに気がついた。探してみたらすぐ見つかったので、検算してみたら10032日目になった。私は生まれた日を1日目と数えたが、このサイトは生まれた日は0日目と数えているのだろうか。どっちが正しいのかよく分からない。

今日は何日目かな
http://www.110kz.com/001/count.htm

 10000日と言えば前に触れたエントリ、「UNIX time が「1234567890」になる」の/.-Jの記事で一方日本では3日ほど前に17歳の人が17歳と10000日目を迎えていたという書き込みがあった。

 まあ、そういう発想はおもしろいよね。

  1. 2009/03/01(日) 23:58:12|
  2. 科学全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0