山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

携帯電話W55Tの背面のカバーが見つかった

 携帯電話W55Tの背面のカバーがなくなったのつづき。

 携帯電話W55Tの背面のカバーが見つかった。

 電車の中で。

 電車の中といっても床や網棚ではなく、持っていたリュックサックのポケットに入っていた。

 このリュックサックはふだん机の下に置いているので、カバーが落ちたときに偶然ポケットに入ったらしい。机の周辺は探していたし、リュックサックの中も探したが、まさかポケットとは思わなかった。それも黒いリュックサックに黒いカバーだったので目立たない。どうりで見つからなかったわけだ。

 珍しいこともあるものだ。

09p-mobilephone-cover.jpg

↑目立たない携帯電話W55Tの背面のカバー

  1. 2009/02/28(土) 23:32:50|
  2. 携帯電話au W55T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私は息をしているだけ - R25 高橋秀実「結論はまた来週」

 居酒屋タクシー問題に見る怒りの主体 - R25 高橋秀実「結論はまた来週」に続いて高橋秀実「結論はまた来週」の記事。

 現に私は基本的に息をしているだけのように思える。他のこともしているようだが、生きるということを10とするなら、息をしていることが9.99で、それ以外は残りの0.01ぐらいではないだろうかと感じるのである。「生き甲斐」やら「自己実現」「自分探し」などと盛んに言われるが、それらもオマケのようなもの。

高橋秀実「人生を変えた一言」(結論はまた来週 連載第126回) R25 No.226 2009.2.19

 とりたてて新しいことを言っているわけではないが、この文章を読んで気楽になった。何かを成し遂げたいとか、目の前の困難にくじけそうとか、世間体が気になるとか、人間生きている間は四苦八苦がある。でも人間生きることが第一であることを考えるとそんなのはささいなことに感じられる。まず生きてみて、まわりを見渡す。できることからやっていこう。

  1. 2009/02/27(金) 01:44:59|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

Intel MacにLinuxがインストールできるようだ

 Intel MacにLinuxがインストールできるようだ。

 Boot Campを使ってIntel MacにWindows XPを動かす話はよく聞くし、私もQでWindows98をエミュレートしようとして失敗したことがある。が、Linuxを動かせるとは知らなかった。というか考えもしなかった。

 FedoraやUbuntuがインストールできるようだ。またKDEもMacにインストールできるようだ。ひまがあったらいじってみたい。

Fedora Core 6 test 2リリース - Intel Macサポートが強化 | エンタープライズ | マイコミジャーナル
http://journal.mycom.co.jp/news/2006/08/08/340.html
intel mac ubuntu - Google 検索
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=intel+mac+ubuntu
.: KDE 4 Mac :.
http://mac.kde.org/
  1. 2009/02/26(木) 01:32:21|
  2. PC on Mac
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

内田 樹「ブレイクスルーとは何か」R25

 組織の失敗は厳しく追及すべきでないし、改善は期待できないの関連。

 ちょっと古いが3週間前のR25のインタビュー記事から。

「見える形で示さなきゃいけないのは会社でも同じでしょ。“これだけ資本を投下したらこれだけ儲かる”という証拠を示さないと事業計画も相手にされない。でも、みんなデータや数値を並べるのは、失敗したときの言い訳を用意しているだけなんです。…(中略)…数値数値って言っているやつらは、結局自分の判断の失敗を問われたときに、そこに違法性がなかったと言い逃れるための材料を必死で探しているんです。後ろ向きすぎますよ」

内田 樹「ブレイクスルーとは何か」R25 No.224, 2009.2.5
http://r25.jp/b/honshi/a/long_interview_details/id/1022009020501_03

 ふだんR25のロングインタビューは読んでおらず、この内田樹という人も知らなかったのだが、東京大学を出て合気道もやっているという一風変わった経歴を見て読んでみた。で、すらすらと全部読んでしまった。上に引用したのは私が最も感銘を受けたところ。

 上の引用では理由付けや証拠を用意する理由を失敗したときの言い訳を用意しているだけとばっさり切り捨てている。確かに仕事で理由を準備するのは「なぜ?」と聞かれたときのためであり、自分自身から積極的に理由付けを求めることはない。趣味や研究であれば「相手に分からせたい」という自分の欲望があるので何としても相手に分からせるため理由付けを行う。しかし仕事だと自分の欲望と必ずしも直結しないことがあり、相手に分からせる意欲もそれほど沸いてこない。そのため仕事が後ろ向きになり「誰かに聞かれたら」という不安に後押しされて理由付けを行う傾向がある。

 上のインタビューでは組織の一員でありながら前向きに仕事を押し進めていく方法の例示がないが、少なくとも世の中の人が仕事を後ろ向きで行っている気がする理由を指摘している。

 また仕事を後ろ向きに行う限り、今ある問題を先送りにし解消しようとはしないので組織の失敗は厳しく追及すべきでないし、改善は期待できないで指摘したように、改善が望めないと思う。

 ひいては仕事を前向きに行う方が本人にとっても世の中にとってもよいのだろうけど、仕事を前向きに行う動機付けがない、少なくとも私はそうである。仕事を前向きに行うには、なぜその仕事を始めたのか、そこをもう一度問い直す必要があるように思う。

  1. 2009/02/25(水) 01:48:07|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話W55Tの背面のカバーがなくなった

09p-W55T-ura.jpg

↑背面のカバーがなくなったW55T

 ラーメン神田店の記事を書いたときのこと。

 記事の写真は携帯電話au W55Tで撮影したもので、写真データを取り込むためにW55Tの背面のカバーをはずし、microSDカードを読み込んでいた。そして寝るときにMacBookを机に置こうとしたらそのカバーがどこかに落ちてしまった。すでにめがねを外していたし、眠かったので翌日探すことにする。

 が翌朝探しても見つからない。机の下付近にあるはずだが、見当たらない。思わず机の近辺を掃除してしまったが出てこなかった。しかたないのでセロハンテープでバッテリーを固定している。

 どこまで持つだろうか。

参考:au W55TにmicroSDカードを入れたら抜けなくなった
http://nakayamayu.blog107.fc2.com/blog-entry-109.html

つづき:携帯電話W55Tの背面のカバーが見つかった

  1. 2009/02/23(月) 01:13:42|
  2. 携帯電話au W55T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読売新聞夕刊の投書欄「Do! コンポ」が終了

09p-docompo1.jpg

↑読売新聞夕刊の「Do! コンポ」欄(2009年2月20日)

 読売新聞夕刊の投書欄「Do! コンポ」が今年3月に終了するそうだ。若者向けの投書欄で青臭い投稿が目立つコーナーだったのだが、青臭かった私は高校の頃よく読んでいたものだった。終了の記事によれば1983年から続けられていたようだ。

09p-docompo2.jpg

↑終了のおしらせ。「卒業」ってあたりがまた青臭い。

 一度も投稿したことはないし、最近はまったく読んでいなかったけれど残念。

 なお、YOMIURI ON-LINE上のDo! コンポ欄はすでに終了している。

09f-docompo.png
  1. 2009/02/23(月) 01:05:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

OpenOffice.org Writerで差し込み印刷

 アドレス帳データをOpenOffice.orgに統合の続き。

 アドレス帳データを用いて封筒の宛名を印刷したいのでOpenOffice.org Writerで差し込み印刷を試みた。

09f-sashikomi-ooo_01.jpg

↑ツールメニュー>差し込み印刷ウィザードを選択

09f-sashikomi-ooo_02.jpg

↑1. 開始ドキュメントを選択。現在のドキュメントを使用

09f-sashikomi-ooo_03.jpg

↑2. ドキュメントの種類を選択

09f-sashikomi-ooo_04.jpg

↑3. アドレスブロックの挿入、1. で「現在のアドレスリスト」を確認し、「2. このドキュメントにアドレスブロックが挿入されます」の「詳細」ボタンを選択

09f-sashikomi-ooo_05.jpg

↑挿入したいもののレイアウトを選択。今回はさらに「編集」ボタンを選択

09f-sashikomi-ooo_06.jpg

↑挿入したいもののレイアウトを編集する。OKを押して「3. アドレスブロックの挿入」へ戻る。

09f-sashikomi-ooo_07.jpg

↑「フィールドの区別」ボタンを押し、割り当てを決める。

09f-sashikomi-ooo_08.jpg

↑4. 挨拶文の作成。今回は宛名ラベルを作るだけなのでさわらず「次へ」

09f-sashikomi-ooo_09.jpg

↑5. レイアウトの調整。テキストボックスの位置を決める。

09f-sashikomi-ooo_10.jpg

↑6. ドキュメントの編集。「次へ」を押すと…

09f-sashikomi-ooo_11.jpg

↑差し込み印刷のドキュメントを生成する。

09f-sashikomi-ooo_12.jpg

↑7. ドキュメントの個人設定

09f-sashikomi-ooo_13.jpg

↑8. 保存、印刷、または送信でドキュメントを保存する。

 できたファイルは1ページに1つの宛名になっているので、用紙サイズをA5にして2アップで印刷すればA4一枚に2人分の宛名ができるかな。

  1. 2009/02/23(月) 00:41:00|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アドレス帳データをOpenOffice.orgに統合

 Mac版OpenOffice.orgではMS Accessファイルを開けないの続き。

 しかたないのでExcelファイルからアドレス帳データをOpenOffice.orgに統合する。

09f-unite-address-ooo_01.jpg

↑ファイルメニュー>ウィザード>アドレス帳データソース を選択

09f-unite-address-ooo_02.jpg

↑ウィザードが起動、「1. アドレス帳の種類」で「その他の外部データソース」を選択

09f-unite-address-ooo_03.jpg

↑「2. 接続設定」で「設定」を選択

09f-unite-address-ooo_04.jpg

↑今回は表計算ドキュメントを選択

09f-unite-address-ooo_05.jpg

↑ブラウズして読み込む表計算ドキュメントを選択

09f-unite-address-ooo_06.jpg

↑4. フィールドの割り当て

09f-unite-address-ooo_07.jpg

↑各項目にExcelファイルの最上段の項目を割り当てる。うまく当てはまらないのはほっておく。

09f-unite-address-ooo_06.jpg

↑名前を付けてパスを決め、完了ボタンを押すと新しいデータベースファイル(.odb)が作成される

つづき:OpenOffice.org Writerで差し込み印刷

  1. 2009/02/23(月) 00:03:39|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Mac版OpenOffice.orgではMS Accessファイルを開けない

 ちょいと私用でMS AccessファイルをMacで開く必要が出てきたので、OpenOffice.orgで開く方法がないかと探してみた。が、OpenOffice.orgでは開く方法がないようだ。

Windows以外ではドライバがないので現状は無理

M.Kamataki (2007-12-23 01:20:50 (日))

 Windows環境で、MDBファイルへアクセスできるのは、ADOもしくはODBC用のAccessデータベースへのドライバがあるからです。Windows以外の環境では、このドライバがないのでBaseから直接MDBファイルをアクセスするのは無理です。(後述する過去のFAQで代替え方法を紹介)

AccessのファイルをMac上のBaseで利用
http://oooug.jp/faq/index.php?faq%2F4%2F817

 残念。それと別にExcelで抽出されたファイルもあるのでそちらでがんばってみよう。

続き:アドレス帳データをOpenOffice.orgに統合

  1. 2009/02/22(日) 23:48:10|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳・阿弥陀岳北稜&石尊稜の山行記録

 先週、八ヶ岳阿弥陀岳北稜および石尊稜に行ってきた。本日その記録をアップロードした。

2009年冬 - 八ヶ岳・阿弥陀岳北稜&石尊稜
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2009/09sekisonryo/
09sekisonryo_067.jpg

↑石尊稜取付点で見かけた雪玉。転がってバラの花のように見えた。

  1. 2009/02/22(日) 21:21:14|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神田「ラーメン神田店」

09p-ramen-kanda.jpg

↑狭い路地にあるラーメン神田店。うっすら「二郎」の文字が読める

 今日、昼にラーメン神田店へ行った。

 会社から徒歩10分ほどのところ。常盤橋小学校の裏手の狭い路地にある。看板から察するにもともとは「ラーメン二郎」のようだ。

 看板はラーメン二郎でないが、ラーメンはいわゆる二郎系の大盛りであった。普通盛りを頼み、トッピング(無料)は野菜とにんにくを選択。

 実はラーメン二郎にはどこも行ったことがない。いつも込んでいるから。今回初めてだったがおいしかった。


大きな地図で見る
  1. 2009/02/21(土) 23:06:58|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacBookのCD-RW/DVDドライブの調子が悪い

 MacBook MA254J/AのCD-RW/DVDドライブの調子が悪い。

 メディアをスロットに入れてもすぐ吐き出してしまい、5回に4回くらいの割合で読み込んでくれない。MacOSX 10.5 LeopardがインストールできたでもDVDが読み込めなかったことを指摘したが、とうとう壊れてしまったのかもしれない。

 ひまができたらCD-RW/DVDドライブを換装してみようか。

09p-cddrive-error.jpg

↑吐き出されるCD

続き:CD-RW/DVDドライブにレンズクリーナーをかけた

  1. 2009/02/21(土) 01:45:24|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草地の朝焼けが美しかった

 草原に初霜が降りたの続き。

 朝焼けがきれいだった。

09p-kusachi_01.jpg

↑草地の広がり

09p-kusachi_02.jpg

↑朝焼け

  1. 2009/02/20(金) 01:18:30|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花盛りの浅草橋問屋街

 今日、浅草橋のあたりを自転車で通り過ぎた。

 江戸通りに沿って小伝馬町から馬喰町、浅草橋、蔵前の間は服飾、タオル、人形、ラッピング、店舗装飾品、玩具の専門店が建ち並ぶ。そばを通ると「こんなものがあるのか」とつい興味をそそられるものが多い。

 特に浅草橋のあたりは店舗装飾品の店が多く、目立つ店が多い。一般の店舗を装飾する品を売っているため、季節より2カ月ほど早い装飾品を売っている。例えばクリスマスの装飾なら10月頃から店頭に並んでいる。今は2月、サクラの造花が満開であった。

09p-asakusabashi_01.jpg

↑江戸通り沿いに店舗装飾品の店が建ち並ぶ

09p-asakusabashi_02.jpg

↑季節柄、サクラの造花が満開だった

09p-asakusabashi_03.jpg

↑各種の造花を取り揃えている店


大きな地図で見る
  1. 2009/02/19(木) 01:22:42|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

またジャンクメールが届いた

 また携帯電話にジャンクメールが届いた。

 携帯電話に届いたジャンクメールを紹介の後、1月にメールアドレスを変更したのだが、またジャンクメールが届いてしまった。

 @より前が短いのがよくないのだろうか。次は破られないように乱数みたいなアドレスにしようか。

09p-auW55T.jpg

↑使っているau W55T

  1. 2009/02/18(水) 01:29:18|
  2. 携帯電話au W55T
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「寒いと電池の減りが早い」説その真偽のほどを調べてみた! | R25

 R25 2009.2.5 No.224より。

 PENTAX OptioW60の電池の減りが速い秋葉原と白根記念渋谷区郷土博物館・文学館とカモシカスポーツの関連。

 寒いと電池の減りが速いのは山での携帯電話・デジカメの使用で感じていた。今まで2社のデジカメしか使ったことがないが、経験的にOlympusのデジカメは寒さに強く、PENTAXのデジカメは寒さに弱い。ただ電池の減りのメカニズムまでは考えたことがなかった。記事によれば化学反応が関係するそうだ。

 電池は化学反応をすることで電気を取り出していますが、この化学反応は温度の影響を強く受けるんです。

(中略)

 温度が低いほど化学反応の速度は遅くなり、電池の電圧が下がるのが早くなります。

 確かに電池は化学反応により電気を取り出しているし、そういえば高校化学で反応速度を習った気がする。少し調べたらアレニウスの式 k = A exp( -E / RT )が出てきた。温度Tが高くなれば反応速度kが上がることを指数関数を用いて示した式である。

 久しぶりに理論化学の記述を見たが、簡単な微分方程式で見ていて面白い。

  1. 2009/02/17(火) 02:11:00|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バス停の梅の花が咲いた

09p-ume.jpg

↑バス停そばの白梅

 バス停そばの白梅が咲いた。

 いままで気づかなかったが、土日の陽気で咲いたのだろうか。朝は暖かく春は近いかと思ったが、帰りはコートなしには出歩けないくらい寒かった。しばらく三寒四温なのだろう。

  1. 2009/02/17(火) 01:46:25|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山で落とし物をした

 八ヶ岳阿弥陀岳北稜および石尊稜に行ってきたの関連。

 八ヶ岳で落とし物をした。落としたのは以下の3つ。

 ザックの天蓋に入れておいたのだが、いつの間にかなくなってしまった。たぶんファスナーの閉め方が甘かったのだろう。しかしどこでなくしたのか分からない。朝出発時にヘッドランプを天蓋にしまったのでそこまではあったと思うのだが。登攀準備の際だろうか。

 どれも替えがきくものでよかった。手袋もひとつ破けてしまったし、こんど買ってこよう。

 つづき:ウエストポーチとサングラスの袋を100円ショップで買った

  1. 2009/02/16(月) 00:43:27|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳阿弥陀岳北稜および石尊稜に行ってきた

09sekisonryo_040.jpg

↑阿弥陀岳北稜を登った後、山頂から赤岳を背景に

 八ヶ岳阿弥陀岳北稜および石尊稜に行ってきた。

 金曜夜発で土曜は阿弥陀岳北稜、日曜は石尊稜に登った。

 阿弥陀北稜は思ったより簡単で岩場は2ピッチで登れてしまった。

 石尊稜はけっこう厳しくて8ピッチ(一部コンテ含む)でかかった。

 天気は非常によく、快晴、風もおだやかで気温も高く、登攀にはよかった。晴れを狙ってか人も多く、石尊稜には私たちを含めて4パーティーが入っていた。

  1. 2009/02/15(日) 23:48:56|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私が宗教・哲学に興味を持った理由

 最近私のblogを見たという人からこんな質問を受けた。

 「あなたは理系なのに、なぜ文系の分野である宗教や哲学の本も多く読み、blogにも書いているのですか」

 確かに私の専攻は土木工学である。専門にしている人に比べて宗教や哲学の本を多く読んでいるとは思っていないが、一般の人に比べて宗教や哲学の本を読むことは多いと感じるし、その分野の本を読むとぼんやりと思想にふけったりもする。

 そのときは「哲学は誰しも考えるところのものじゃないか」と適当な答えをしてしまったが、じっくり考えてみるとそれは理由にあたらない。

 考えてみると、アニメ新世紀エヴァンゲリオンに影響された、というのが端的な解だと思う。

 新世紀エヴァンゲリオンが放映されたのは私が中学生のときで、高校に入るころにブームとなりはまっている人が何人かいた。確か映画が公開されたのが高校1年生のときだと思う。しかし、私はあまのじゃくなのでみんなが見るなら私は見ないという態度をとっていた。

 そのころは私は宗教や哲学に大して興味はなく、自分とは何かと問いかけられても何かを思い悩むこともなかった。文系の科目だと世界史が好きだったが、文系の科目は趣味の範囲なら独学できるだろうと、理系に進んだ。理系科目は独学では理解するのが難しいと思ったからだ。

 大学に入ってからエヴァンゲリオンブームも一段落し、ビデオテープを持っている友達がいたので借りて見る機会を得た。見て3年遅れで私もハマり、ネットでいろいろと解釈を探したりした。いまさら語るまでもないが、新世紀エヴァンゲリオンには旧約聖書創世記や原始キリスト教に現れるキーワードが衒学的にちりばめられており、多くの人が謎解きに挑戦していた。

 おかげで大学のつまらない講義の間「存在とは何か」とか「自分とは何か」とかぼんやり考えたり、新約・旧約聖書を読んでみたりした。読む本も小説から新書に変わっていった。宗教はキリスト教を中心に、ユダヤ教、イスラム教、仏教、老荘思想など幅広く、哲学では上のような思索、ほか感覚心理学、フロイト、ユング、遠野物語のような民俗学、文化人類学、グリム童話などに興味を広げた。ただ、理解しようとしていないのか、読んでも身に付かないことが多く、聞かれてもだいたい分からない。

 もともとある程度興味があったのかもしれないが、深く考えるようになったのは新世紀エヴァンゲリオンがきっかけといって間違いないだろう。というかそういう人もっといそうなものだけど、少ないのだろうか。

 そのうち私の思索もブログに書こうと思う。

  1. 2009/02/13(金) 02:03:11|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼束ちひろクリスチャン説

 クーラカンリに関するエントリをすべて公開したの関連。

 今日、有村先輩のお宅にうかがってきた。追悼文集のこととか追悼山行のこととかのお話をしたが、細かいことは人様の私生活の話なので述べない。

 有村先輩は生前、鬼束ちひろの曲が好きだったそうだ。ご家族の話だと「彼女は絶対クリスチャンだ」と主張していたそうだ。

 それを聞いて確かにそうだなあ、と私は思った。私は鬼束ちひろの曲はあまり知らないが、「月光」は知っている。その冒頭の歌詞は'I am GOD'S CHILD'であり、まんまキリスト教におけるキリストの解釈に他ならない。その後の歌詞もキリスト教っぽい感じがする。

 有村先輩の興味はあちこちに飛んでいたが、宗教改革以前のキリスト教や浄土真宗の親鸞に興味を持っていたから、キリスト教を想起させる歌詞と判断したのかもしれない。

 こないだの千葉高山岳部OB会の役員会でも「キリスト教の『聖霊』って何だ?」という話をしていて(何でそんな話になったのか思い出せない)、私を含めみんな「わかんない」という意見だったが、OBの1人が「こんなとき有村がいたら大いに語ってくれるんだろうな」と発言し、みんな「あーそうだなあ」と賛同していた。

 私はあんまり音楽を聞かないのだが、久しぶりにTSUTAYAに行ってCDを借りてしまった。そういう視点で曲を聞くと面白い。

インソムニアインソムニア
(2001/03/07)
鬼束ちひろ

商品詳細を見る
  1. 2009/02/12(木) 01:07:32|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

UNIX time が「1234567890」になる

 /.-Jより。

 2月13日金曜日(日本時間14日土曜日)にUNIX time が「1234567890」になるそうである。

 UNIXの内部時間が1234567890になるというだけのことだが、なんとなくわくわくする。レスの中にdateコマンドで1234567890になるのがいつか表示する方法があったので私も試してみた。


$ date -r 1234567890
2009年 2月14日 土曜日 08時31分30秒 JST

 考えてみればdateコマンドなんて数えることしか使ったことがない。それも「へー、こんなコマンドがあるんだ」程度。そもそもCUIを使うことがあまりないのでどのコマンドも大して使ったことはないけれど。

 これを見て思い出したのは森博嗣「すべてがFになる」である。本のタイトルとこのタレコミのタイトルでコンピュータサイエンスに詳しい人ならピンと来てしまうので詳細は触れないが、なんか1234567890になったときに仕掛けがあったら面白いなと思う。1970年にそんな40年後のことまで考えていないと思うし、そもそも事件は起きてほしくないけど。

 ちなみにこれを書いているUNIX timeは以下の通り。コマンドは時刻の変換(Kodama's tips page)によった。


$ date +"%s"
1234283437
  1. 2009/02/11(水) 01:40:03|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケネディの問題の解答 - 野崎明弘「詭弁論理学」

ケネディの問題 - 野崎明弘「詭弁論理学」の続き。

 本の解答を読み進めずに自分なりに出した解答は次の通りだった。

 答え:「あなたのとなりの人に『左の道は天国への道ですか?』と聞いたら、となりの人は『はい』と答えますか?」

 本の答えは次の通りだった。

 答え:「あなたは『この(右の)道が天国に行く道ですか』ときかれたら、『はい』と答えますか?」

 本質的に2つの質問は同じなのだが、後者の本の答えの方が分かりにくい気がする。本の説明文は次のように続く。

 かりに相手がヒトラーで、天国に行く道が正しく右側であったとしよう。すると、「この道は天国に行く道ですか」という質問Pに対しては、ヒトラーは(必ずウソをつくのだから)、「いいえ」と答えるはずである。つまり、「……ときかれたら、『はい』と答えますか?」という質問Qに対する正直な答は、「いいえ」のはずである。そこで、ヒトラーは(必ずウソをつくのだから)、「はい」と答える。

 同じ人に質問しているのに、返事が「はい」になったり「いいえ」になったりするのでややこしい。私の答えの方が初めての人には分かりやすいように思う。

詭弁論理学 (中公新書 (448))詭弁論理学 (中公新書 (448))
(1976/01)
野崎 昭弘

商品詳細を見る
  1. 2009/02/10(火) 01:46:46|
  2. 書評 - 科学・技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Firefox PDF Plugin for MacOSXをインストールした

 Firefox PDF Plugin for MacOSXをインストールした。

 私はふだんブラウザにFirefoxを使っているのだが、FirefoxではPDF書類を見るときブラウザ内表示ではなくダウンロードしてプレビューで見るという方式をとっている。

09f-pdf-download.png

↑ファイル保存を促すメッセージ

 しかしこの方法ではPDF書類を表示するためのウィンドウがブラウザと別に必要になる上、ダウンロードしたファイルを消す手間も必要である。MacOS 9のころ使っていたNetscape Navigator4.7ではブラウザ内でPDFが表示されこれらの問題はなく使いやすかった。Acrobat Reader 4.0があまりに重すぎて使いにくかった点を除いて。

 そこで探してみるとFirefox PDF Plugin for MacOSXが見つかった。Firefox内にプレビュー画面を表示させるプラグインらしい。さっそく導入。

 拡大縮小ボタンが見つからないのがなんだが、ブラウザ内で表示できるようになったのはよい。また表示速度も悪くない。

09f-pdf-display.png

JR東日本路線ネットワーク

firefox-mac-pdf - Google Code
http://code.google.com/p/firefox-mac-pdf/
MOONGIFT: » Mac OSX + FirefoxでPDFを見るならば「Firefox Mac PDF」:オープンソースを毎日紹介
http://www.moongift.jp/2008/11/firefox_mac_pdf/
  1. 2009/02/09(月) 01:42:27|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富津市大貫から浜金谷まで歩いてきた

 昨日、富津市大貫から浜金谷まで歩いてきた。詳細は別に2009年冬 - 千葉県・富津市大貫~富津市浜金谷としてアップロードしたのでそちらを参照願いたい。

 ここではみちみち見かけた変わったものを紹介する。

09kazusa-minato_15.jpg

↑道ばたの穴ぐらにあった防火水槽。めずらしい。

09kazusa-minato_45.jpg

↑山行記録にも書いた黄金井戸。賽銭箱に10円玉を入れようとしたら箱から外れて井戸に落ちてしまった。神様スミマセン。

 090212追記:デイリーポータルZに詳しい記事(黄金色に光る池)があった。写真も黄金に輝いているようすがよくわかる。「歩いて千葉の海岸線を一周している人」という人も載っていた。私と似たようなことしている人多いなあ。

09kazusa-minato_46.jpg

↑「どっちやねん!」とつっこみたくなる看板。ちなみに工事していました。

09kazusa-minato_49.jpg

↑洞口隧道。路肩の幅がなく歩行者はかなり危険。車が来ないことを確かめて全力疾走でくぐりぬけた。久しぶりに全力疾走した。

  1. 2009/02/08(日) 22:24:14|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雑司ヶ谷「梅もと」

09p-umemoto.jpg

↑梅もとの外観。狭い。

 今日研修のついでに雑司ヶ谷のラーメン屋、梅もとに行った。麺の量を選べるつけめんが有名だそうで、昨日係のラーメン通に教えてもらった。

 私が食べたのは2玉300gの大盛り。ちょうどいいくらいだった。しかしメニューには地球盛とかブラックホール盛とか1000gを越える麺の量まで選べるようだった。

 味はよかった。みそ味か醤油味か選べるが、私は醤油味を選んだ。ゴマだれの醤油味でわずかに酸味が利いて冷やし中華にも似ている。

 近くに寄ったらまた食べてみたい。

  1. 2009/02/07(土) 01:59:14|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東葉勝田台駅の設置工事中のエスカレータ

09p-katsutadai-escalator.jpg

↑東葉勝田台駅で設置工事中のエスカレータ

 いつも使っている東葉勝田台駅で階段の一部を仮囲いし、エスカレータ設置工事を行っていた。今日帰るとき、仮囲いが外され中の様子が見えた。携帯電話のカメラで撮ったのでボケているがエスカレータの骨組みが見えて面白い。

 考えてみると階段を壊してエスカレータの機械部分を据え付けるスペースを作らなければならないし、クレーンは使えないし、けっこう作業は難しそうだ。

  1. 2009/02/06(金) 01:26:44|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

首都高速道路10号晴海線の予定地

 今日、中央区内を移動するのに自転車を使ったのだが、新富町一丁目で空き地をみた。

 「都有地」という看板しかないが、調べてみるとどうやら首都高速道路10号晴海線の予定地のようだ。新宿線、品川線以外にまだ首都高の計画があるとは知らなかった。

晴海出入口からさらに延伸して、(C1)都心環状線に築地および新富町の2か所で接続する計画もあるが、こちらは当面の間事業化の予定がない(都市計画決定済、事業者未定)。

首都高速道路10号晴海線 - Wikipedia
09p-shintomi02.jpg

↑首都高速道路10号晴海線の予定地と都有地の看板

09p-shintomi01.jpg

↑一部は資材置き場に使われているようだ


大きな地図で見る
09p-shintomi03.jpg

↑近くで見た薄っぺらい信号機

  1. 2009/02/05(木) 01:32:22|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非論理と詭弁 - 野崎明弘「詭弁論理学」

 野崎明弘「詭弁論理学」を読んでいて、非論理と詭弁は紙一重だと思った。

 たとえば「愛」という言葉について考えてみよう。相手の考えに反対したければ、

「ほんとうの愛っていうのは、そんなものではない」

と言えばいい。自分の考えを押し付けたければ、例えば「憎しみ」と結びつけようと思えば、

「ほんとうの愛は、愛とか憎しみとかいう対立を超越しているんだ。つまり、愛は憎しみをも含むんだ」

 などといえばよい。奇をてらうなら、もっとズバリと「愛とは憎しみのことなんだなあ」というのも手である。それじゃあ本当の愛って何なんだ、もっと具体的に説明してくれとつめよられても、少しも困らない。とっておきの逃げ道がある。

 「ほんとうの愛は、もはや言葉ではとらえられない。なんていうかなあ、そう、実感するしかないものなんだ」

 これは一面の心理であるが、ここに逃げ込むくらいなら、最初から「言葉による議論」などやめてしまえばよいのである。

野崎明弘「詭弁論理学」(講談社現代新書,2000)P.71-72

 非論理を人に伝える難しさと理解する難しさを人の死と聖書の記述で書いたが、この本はその難しさを逆手に取り、ユーモラスに書いている。すべての非論理が相手をあしらうために用いられているとは思わないが、私も論理で理解できないものはほとんどの場合理解できないと考えているので、この意見にはうなずくところが大いにあった。

 改めて冒頭に書いた通り、非論理と詭弁は紙一重だと思う。

詭弁論理学 (中公新書 (448))詭弁論理学 (中公新書 (448))
(1976/01)
野崎 昭弘

商品詳細を見る
  1. 2009/02/04(水) 01:47:22|
  2. 宗教・哲学・心理学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ケネディの問題 - 野崎明弘「詭弁論理学」

 正直村と嘘つき村 - 野崎明弘「詭弁論理学」のつづき。

 野崎明弘「詭弁論理学」に載っていた問題。

 ちょっと長いが、引用する。

 凶弾に倒れたR・ケネディの魂が天に昇る途中で、白い翼の天使からこんなことをおそわった。

 「あなたはもうすぐ、わかれ道につくでしょう。ひとつの道は天国に、もうひとつの道は地獄に行く道です。そこにはふたりの人が立っていて、あなたはそのどちらかひとりに、一回だけ質問をすることができます。天国に行く道が分かるように、上手に質問をしなさい」

 ああそれはありがたい、とケネディが思っていると、天使は言葉を続けた。

 「ふたりの人というのは、天使の姿になっているのであなたには区別できないでしょうが、ひとりがチャーチルで、もうひとりはヒトラーです。チャーチルはいつでも本当のことをいいますが、ヒトラーはいつでも、必ずウソをつきます。あなたはそのどちらかに、一回だけ『はい』か『いいえ』で答えられる質問をしなければなりません。二回以上質問をしても、二人とも答えてくれませんよ。では、ご成功を祈ります」

 これをきいたケネディは、こんなふうに考えた。

 「おれは一回しか質問ができない。しかも、チャーチルだかヒトラーだか区別できない相手に、質問をするんだ。それじゃあ、答えがウソだか本当だか、わからないじゃあないか。それでは知りたいことがわかるはずがない」

 それでもケネディは、わかれ道につくまでに、うまい質問を思いついて、正しい道を知ることができた。

 ケネディは、誰だか分からない相手に、どんな質問をしたのだろうか?

 ケネディが最初「わかるはずがない」と考えたことは、どこがまちがっていたのだろうか?

野崎明弘「詭弁論理学」(中公新書,2000)P.14
全文を読む
  1. 2009/02/03(火) 00:07:58|
  2. 書評 - 科学・技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Macでのウムラウトの入力

 ドイツの都市、CologneとKöln、つまりケルンの関連。

 メール書いていたらMacでドイツ語のウムラウトを入力する必要が生じた。

Cologne = Köln ?

 この一行のためにoの上に点々の載っかった文字(ö)を入力しなければならない。pLaTeXの流儀で\"{o}と書こうかと迷ったが、Googleで検索していい答えが見つかった。

ö [option]+[u] のあとに [o]

 指示通り optionキー を押しながら u を押し、そのあとに o を押すと ö と表示された。各ソフト共通でこの入力だそうだ。ドイツ語キー配列に変えてしまうという手もあるそうだが、私のようにまれにしか使わないならこの方法が楽だ。

ウムラウトのキー入力
http://doitsu.chs.nihon-u.ac.jp/~shida/dj/umlautkey.php

 090203追記:上の方法でö と入力してWindows Internet Explorerで表示させると文字化けしてしまった(Internet Explorerではうまく表示されないはず→ ö )。そのためHTMLの表記でöと書き直した。テキストエンコードの問題だろうか。

  1. 2009/02/02(月) 21:56:32|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツの都市、CologneとKöln、つまりケルン

 友人のドイツ人からメールを受け取った。私はドイツ語がわからないし、彼は日本語がわからないので、やりとりは英語で行う。メールの中で彼はこの2月から3月にかけて東京を訪れる予定とあり、いま在籍しているハノーバー大学から'University of Cologne'に移籍すると書いてあった。

 しかし'Cologne'という場所がよく分からない。「ドイツで4番目に大きい都市でライン川のそばにある」と書いてあるので、たぶんケルンだと思うがつづりを見ても確証を持てない。

 返信のメールには確認のため以下のように書いた。

I've never heard the name of the city, I searched on the web.

Cologne = Köln ?

Japanese calls the city as "ケルン" ("Kerun" in Roman-ji)

The city is famous for the cathedral and someday the sammit was held, is it correct ?

Though it is only one city, it is complicated.

 以下のように書いたつもり。

 そんな名前の都市は聞いた事がないからwebで探してみたよ。

 Cologne = Köln ということ?

 日本人はその都市を「ケルン」(ローマ字でKerun)と呼ぶよ。

 ケルンは大聖堂で有名で、いつかサミットも開かれたと思うけど合ってる?

 ひとつの都市なのにややこしいね。

 送ってから気づいた。辞書で調べればよいのだ。プログレッシブ英和中辞典によるとCologne : [名]ケルン (Köln) ドイツ西部の都市。やっぱりケルンだった。英語でCologne、ドイツ語でKölnのようだ。やっぱりややこしい。

 参考:英語とドイツ語のWikipediaの記述

Cologne - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/Cologne
Köln – Wikipedia
http://de.wikipedia.org/wiki/K%C3%B6ln
  1. 2009/02/02(月) 21:33:02|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宅ふぁいる便がWebメールのアドレスで登録できなくなった

 スキーの写真を一緒に行った人に送るために、久しぶりに宅ふぁいる便を使おうと試みた。

 が、ファイルを送ることができない。携帯アドレスの登録が不正なため、現在ファイル送信はご利用いただけませんとエラーメッセージが出てしまう。

09f-takufairu-error.png

↑表示されるエラーメッセージ

 サービス説明ご利用いただけるメールアドレスについてには以下のように書かれている。

 フリーメールやWebメールなどのメールアドレス(有償・無償に関わらず)をご利用いただく場合は、ご登録の際に、携帯メールアドレスをご一緒にご登録いただく必要があります。

 確かに私が登録しているのはフリーメールであり、WebメールでもあるGmailである。しかし、前はフリーメールを用いても送れたはずである。

 たぶん宅ふぁいる便が、スポンサーから運営費を集め、会員登録した人に広告メールを送るというビジネスモデルをとっているためだろう。確実に広告メールを受け取ってもらえるISPから割り当てられたアドレスか携帯電話のアドレスでなければ、スポンサーを集められないのではないか。

 結局、無料、会員登録なしで300MBまで送れるデータ便を使って写真を送った。こっちのビジネスモデルはよく知らないが、データ便の方が使い勝手がよい。

09f-databin.png

データ便のサイト

  1. 2009/02/02(月) 21:05:50|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みやぎ蔵王すみかわスノーパークへ行ってきた

09zaou_55.jpg

↑吹雪のスキー場

 1月31日と2月1日でみやぎ蔵王すみかわスノーパークへ行ってきた。蔵王へ行くのも初めてだし、目的地として宮城県を訪れるのも初めて。

 南岸から低気圧がやってきて宮城県は暴風雪警報が出るほどの悪天。でもリフトは動いていたのでスキーはできた。スキー場は狭いものの、悪天だったのと借りたウェアの防水性がいまいちで尻が濡れて寒いのとで長い時間滑らなかったのでちょうどよかった。ただ初級と上級のコースばかりで中級のコースがなかったのが残念。上級のコースではだいぶ転んだ。スノーボードのジャンプ用と思われるジャンプ台もあったので3回飛んでみて2回転んだものの、1回はちゃんと着地できた。飛ぶのは初めてだったがなかなか面白い。

 みやぎ蔵王すみかわスノーパークでは観光客向けに樹氷を見るツアーもくんでおり、ときどきスキー場の中を特殊な雪上車が移動しているのを見た。蔵王と言えば山形側が開けており、また蔵王には行ってみたい。


大きな地図で見る

↑みやぎ蔵王すみかわスノーパークの場所

  1. 2009/02/02(月) 01:04:18|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0