島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

Automatorで画像のピクセル数を下げる

fig-sizeadj.png

↑複数のファイルをAutomatorによって操作する


 写真をたくさん撮り、blogに載せたりウェブページを作ろうと思うと、ピクセル数を下げる必要がある。MacOSXだとAutomatorを使って簡単に複数の画像のピクセル数を下げることができ、便利である。

fig-sizeadj.png

↑Automatorによる解像度変更の設定


 設定方法は下記のとおりである。

  1. Finder > 指定された Finder 項目を取得
  2. プレビュー > イメージをサイズ調整

 マシンが壊れたのでまた組み直したが、2工程なのですぐできた。MacOS9のときはPhotoshop4.0のアクションスクリプトのバッチ処理を使っていた。Windowsだと標準でピクセル数を変える手段はあるのだろうか。

  1. 2008/07/30(水) 02:27:50|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昨日秋葉原ブックオフで購入した本

 昨日、秋葉原ブックオフにて3冊の本と1冊のマンガを購入。いずれも105円。

 最近はあまり積極的に本を買わないので4冊も買ったのは久しぶりだ。

流れのファンタジー―写真がとらえた流体の世界 (ブルーバックス)流れのファンタジー―写真がとらえた流体の世界 (ブルーバックス)
(1986/06)
流れの可視化学会

商品詳細を見る
水の環境戦略 (岩波新書)水の環境戦略 (岩波新書)
(1994/02)
中西 準子

商品詳細を見る
日本人はなぜ無宗教なのか (ちくま新書)日本人はなぜ無宗教なのか (ちくま新書)
(1996/10)
阿満 利麿

商品詳細を見る
月館の殺人 (下)??月館の殺人 (下)??
(2006/07/28)
佐々木 倫子綾辻 行人

商品詳細を見る
  1. 2008/07/29(火) 02:05:54|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブロードバンド回線の導入を検討

 現在、実家では通信に関して以下の2点の問題を抱えている。

 上の1点は父母の問題であり、下の1点は私の問題である。

 テレビを積極的に見ない私は上の1点はどうでもよいと考えているが、下の1点はけっこう気にしている。特にMacOSXの再インストールに伴い、環境を整えるのに高速回線がほしい。

 一方、父母は地上波アナログ放送の停止を気にしている。現在実家は東電の送電線による電波障害のため団地全体でケーブルテレビに入っている。しかし、地上波アナログ放送停波に伴う設備の更新について東電は補償の範囲外としている。このためテレビを見るためには自力でアンテナを建てるかケーブルを引くかしなければならない。

 そんなことを考えながら昨日、秋葉原・石丸電機でPENTAX Optio W60を買ったとき、なんか抽選やってるよといわれてほいほいとひかりoneのブースに入っていった。抽選はハズレ、ポケットティッシュをもらう。ガラガラの下に黄色い玉しかなくて明らかにハズレしかないようだったが、ポケットティッシュをもらったからいいやと思う。去ろうとしたら案の定、「簡単な」アンケートに答えさせられる。現在使っている回線はと聞かれバカ正直にISDNと答える。今なら6ヶ月無料とか携帯電話と合わせての請求なら安いとかどうでもいいことを宣伝されるので、6ヶ月無料といわれた後、「6ヶ月過ぎたら?」と聞いたら6,500円~7,000円/月ということらしい。まだまだ高いなと思いながらそうそうにそこを去った。

 先の地上波アナログ停波の問題も考えると光ファイバーよりケーブルテレビの方が安いかなと思う。

  1. 2008/07/29(火) 01:40:50|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋葉原を訪れた

 LittleTGVという鉄道居酒屋に行ってきた以来、1ヶ月ぶりに秋葉原に行ってきた。前回はうろうろしていないので今回はだいぶうろうろした。

 メインの買い物は以下の2つ。

 ほか、うろうろして気がついたこと。

郵便局のATM
駅近くで郵便局のATMを探したが、UDX 1階の秋葉原UDX内郵便局が一番近いようだ。
秋葉原で起きた事件の交差点
事件以来、中央通りの歩行者天国は行われていない。交差点にはまだ花壇があり、供え物をしている人もいた。気をつけてみたら私も6回くらいあの交差点を移動していた。そう思うと何だかやりきれない気持ちになった。
ブックオフができていた
駅の南東にブックオフができていた。つい1時間ほど過ごしてしまった。
マイクロSDカードが860円だった
通りを歩いていたら「マイクロSDカード860円」という呼び声があった。au W55TにmicroSDカードを入れたら抜けなくなった に触れたように3月には1,199円だったのが860円と思うと日に日に安くなってくるなと思った。
  1. 2008/07/28(月) 01:15:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

PENTAX Optio W60を購入

カメラ Olympus μ-710が壊れたのつづき。
MacBookのハードディスク換装の関連。

photo-optioW30.jpg
↑購入したPENTAX Optio W60

 しばらく壊れたOlympus μ-710を使っていたが、撮影可能枚数が分からなかったり、マクロ撮影したいときなどさすがに不自由なので新しいデジタルカメラを買った。


 屋外で使うことを前提に防水機能付きのカメラを探した。防水機能のあるμシリーズをたくさん出しているOlympusはこれまで5台くらい壊してきているのでこのへんでほかの会社のカメラをと思い、PENTAXのデジタルカメラを購入した。モノはOptio W60、石丸電機で31,800円。


 まだそんなに使っていないが、これからの登山で活躍してくれるだろう。

  1. 2008/07/28(月) 00:43:14|
  2. カメラ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacBookのハードディスク換装

MacBookが壊れたのつづき。

HDがすっかり壊れてしまったので、HDの換装を行った。

秋葉原LaoxでHITACHIのHD 160GB(HTS541616J9SA00)を購入。8,480円。
加えてアスタリスク形のドライバー(520円)を購入。
合わせて9,000円。
あとでソフマップで同じHDが6,980円で売っていたのをみて少しへこむ。
まあLaoxの人がていねいに教えてくれたので講習代としよう。

家に帰ってHDを換装。
以下はMacBookのHD換装は「超」お得を参考にした。
HDをMacBookから取り出す。
このへんは1月にメモリの交換を行ったので分かる。
白いベロを引き出すとケースに入ったHDが出てくる。

HDをMacBookから取り出したところ
↑HDをMacBookから取り出したところ

HDをケースからはずし、新しいHDと替えてまた入れる。

新旧のHD(左:旧、右:新)
↑新旧のHD(左:旧、右:新)

これでできあがり。
無事Disk First Aidでもドライブを認識でき、現在MacOSXの再インストール中。

MacOSX 10.4 Tigerの再インストール
↑MacOSX 10.4 Tigerの再インストール
  1. 2008/07/27(日) 21:58:12|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山に登ってきた

0808fuji_13.jpg
↑剣が峰の富士山測候所

富士山に登ってきた。
またゲロ吐いたりもしたけれど私は元気です。
  1. 2008/07/27(日) 21:31:55|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肘の内出血のつづき

肘の内出血のつづき。

 医者に行ってみた。

 そうしたら特に炎症もなく、水が溜まっているだけでほっとけば治るとのこと。どうしても気になるなら水を抜くけれども、と言われたが何も問題ないのならそのままでいいと思い、ほっとくことにした。

 結局、診察は1分程ですぐ終わってしまった。

 何ごともないのならそれでいい。

  1. 2008/07/24(木) 01:15:17|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肘の内出血

3連休に北岳に登ったとき、白根御池から広河原への下りでこけてしまい、肘を打ったのだが、腫れが引かない。

こけた当初は痛かったが、擦り傷程度だった。
広河原に着いても特に問題なかった。擦り傷につばをつけておいた。
乗り合いタクシーに乗って夜叉神峠で車に乗り換え、芦安へ下る途中、異変に気がついた。

打った肘がコブのようにふくらんでいた。
大きさはピンポン球大くらい。
さわると柔らかいので血か何かでふくらんでいるようだ。
でも傷みはない。

帰京の途中でだんだんとこぶは小さくなったが、下山後2日たった今も肘は3cmほどふくらんでいる。
傷みはないのでほっといてもよいのだが、化膿したり炎症になったら嫌なので、あす医者に見てもらおうと思う。
  1. 2008/07/23(水) 01:39:40|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacOS9のことえりが使いにくい

fig-kotoeri.png
↑ことえりのヘルプ画面

北岳の記録を古いiMac(MacOS9)で書いているが、ことえりJ-2.3.6の変換効率が非常に悪い。変換ソフトが違うとこんなに疲れるのかと驚いた。前はこれで書いていたのだけれどなあ。
  1. 2008/07/22(火) 00:09:39|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北岳バットレスに登ってきた

08kitadake_043.jpg

↑北岳バットレス第4尾根マッチ箱。奥はDガリー奥壁。その奥は中央稜。



北岳バットレスに登ってきた。いつもの登山の体の疲れはないが、緊張で疲れた。


  1. 2008/07/22(火) 00:00:09|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MacBookが壊れた

 MacBookが壊れた。程度は内蔵ハードディスクが読み込めないくらい。

 17日の夜、厳密には18日未明。確かに5つくらいアプリケーションソフトウェアを動かしていた。Firefox3とRBrowserとmiとBathyScapheとGoogle DesktopとPreviewかな。

 Firefox開いてブランジングしていたらフリーズした。フリーズしたのでいつも通りcommand + option + escでジョブを切ろうとしたが、いつものタスクマネージャが現われない。しかたがないので電源ボタン長押しで強制終了。

 もう一度電源ボタンを押すが、グレーの画面から進まない。5分くらいほっといてもダメなのであきらめてその日は寝た。

 で21日の今日、見てみるとグレーの画面に「?」マークのついたアイコンが表示されて、そこから先、起動できなかった。そして色々と試してみることにした。

起動できない
↑この画面でとまってしまう
ディスクユーティリティによるボリュームチェック
ハードディスクが表示されない。左のカラムに表示されているのはDVD/CD-RWドライブとOSXインストールディスク。
ディスクユーティリティによるボリュームチェック
↑ディスクユーティリティでハードディスクが表示されない
セーフブート
グレーの画面のまま。
PRAMクリア
PRAMのクリアには成功する(今までオプションで消していた起動音が鳴るようになった)ものの、起動音のあとはずっとグレーの画面。

 バックアップは久しくとっていないが、読み込めなくなってしまったものは仕方がないので、OSの再インストールを試みる。が、インストールディスクもハードディスクを読み込めず、インストールできるディスクが何も表示されない。

OSインストールできない
↑ハードディスクを読み込めない

 しかたがないのでハードディスクの交換をしようかと考えている。

 ちなみにこの書き込みは前に使っていたiMacから。

MacOS9
  1. 2008/07/21(月) 18:12:10|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は早く帰った

今日は早く帰った。
12日に買ったスラックスを受け取るためと、あさっての北岳バットレスの準備のため。
時間があるって余裕があっていい。
  1. 2008/07/18(金) 00:08:44|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

主筋と配力筋の配置が分からない

 主筋と配力筋の配置が分からない。

 鉄筋コンクリート構造物を設計するにあたって、力を受け持つ鉄筋には主筋と配力筋という2種類の鉄筋がある。

 主筋とは引張が支配的となる方向に配置する筋のことであり、配力筋とは構造物に受けた力を主筋に伝達する筋のことである(たぶん)。

 以下、二重に鉄筋を配置する構造物について述べるが、主筋が外側になるか、内側になるかよくわからない。

 例えば直立する壁を考えたとき、壁にかかる力でもっとも支配的なのは壁上端に水平にかかる力である(たぶん)。このとき直立する筋が主筋となり、水平方向の筋が配力筋となる。

 配筋には2つ考えられ、主筋を外側に配置する方法、主筋を内側に配置する方法がある(図参照)。

fig-haikin.png

主筋を外側に配置した場合

 主筋が外側なので引張に強くなる。一方、主筋を立ててから配力筋を組むため、配力筋が主筋の奥になり、施工性は悪い。

主筋を内側に配置した場合

 主筋が内側なので引張には相対的に弱くなる。一方、あとから手前に配力筋を配置するため施工性はよい。

 何だかよく分からないが、以前は主筋を外側に配置していたところ、国土交通省の方針かなんかで主筋を内側に配置するようになったらしい。土木構造物設計ガイドラインに載っているらしいが、確認していない。

 どっちでもいいけど、ビシッと決めておいてもらえると設計が楽だなあ。でも技術者としては考えることをやめてしまうのでよくないか。

つづき:主筋と配力筋、日経コンストラクションの答え

  1. 2008/07/17(木) 01:55:00|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人数が少なくなるとパフォーマンスが一気に下がる

 仕事量がそのままで、人数が少なくなると、あるしきい値からパフォーマンスが一気に下がると私は思う。

 つまり、10人でやっていたことを9人でやろう、8人でやろう、・・・と人を減らしていくと、あるところまでは何とかうまく行くのだが、あるところを越えるとまったく成果が上がらなくなると思うのだ。

 試しに10人分の仕事を1人ずつ減らしていったときの1人あたりの労力を表にしてみた。

人数(人)1人あたりの労力(人分)
1010/10=1.00
910/9=1.11
810/8=1.25
710/7=1.42
610/6=1.67
510/5=2.00
410/4=2.50
310/3=3.33
210/2=5.00
110/1=10.00

 8人か7人くらいまでなら1人あたり労力は1.5人以下なので、何とかなるかもしれない。しかし、6人以下となると1人で1.5人以上の労力が求められるため、どうしても手のつけられない仕事が出てくる。それも同時並行で作業をする場合、傍目にはまったく進まないように見えると思う。

 結果的に、仕事量がそのままで、人数が少なくなると、あるしきい値(元の人数の60%くらい?)からパフォーマンスが一気に下がると私は思う。

 どうしようもないのではあるが。

  1. 2008/07/16(水) 02:00:43|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

居酒屋タクシー問題に見る怒りの主体 - R25 高橋秀実「結論はまた来週」

 正義の人がたくさんいる良い世の中?の関連。

悪いことをした人間を徹底的に懲らしめる発想はどこから来るのだろう。法治主義の徹底か、更正のための愛の鞭か、単なる鬱憤のはけ口か。

正義の人がたくさんいる良い世の中?

 私は前に以上のように書いたが、なぜなのか私は未だに分からなかった。R25の記事を読んで少し納得した。記事とは高橋秀実氏による巻末のコラム「結論はまた来週」である。今週は「私は怒っていません」という題で「居酒屋タクシー」問題を取り上げていた。「居酒屋タクシー」問題とは国家公務員が帰宅時にタクシーに乗った際、ビール等の提供を受けていた問題だ。論旨は新聞の1面トップや週刊誌にその問題が取り上げられていたことに対し、そんなに怒ることはないのではないか、というものである。

 次は私の疑問と構造が似ているので引用する。

 確かに不正行為は不正行為として裁かれるべきだろうが、私は怒りより、国家公務員達が気の毒に思えたのである。

 この文章は私の以下の文章とよく似ている。

 確かに悪いことは悪いことなので、反省を促すため、再発防止のため、模倣の防止のため、断罪が必要である。しかし、「正義の人がたくさんいる良い世の中になった」とは思えない。

正義の人がたくさんいる良い世の中?

 ところで誰が怒っているのだろうか。私のまわりでは居酒屋タクシーを全面的に非難する人は見たことがない。マスコミがとりあげているくらいである。私自身が公務員だから知らないだけだろうか。

 仮に国民の大多数が居酒屋タクシー問題を非難すべき対象と見ていないとし、マスコミだけが非難すべき対象と見ているとする。

 このときマスコミは公に対して強く非難しなければならないのだろうか。無論、マスコミが公に懐柔されず、言論の自由を守るためには公を批判すべきだろうし、政治がうまく行っていない場合、体制を批判するのがマスコミの仕事だろう。しかし、別に国はマスコミに対して検閲を始めるとか、大本営以外の放送を認めないとか憲法に違反するようなことはしていないはずである。そんなのに比べれば居酒屋タクシー問題など些末な問題に過ぎない。

 さらに氏は「なぜ怒らなければならないのか?」に答えている。

 なぜ怒らなければならないのだろうか。(中略)正しいから怒るのではなく、怒っていると自分が正しいと思えてくるのである。一方、まわりの人も、怒っている人を見ていると「怒るのも無理はない」と感化されるようになる。怒りは自らを正当化する。

 つまり、正当な理由から怒るのではなく、自らを正当化したいから怒るのである。ということはマスコミは自らを正当化したいから怒りの報道を行っていることになる。

 マスコミは言論の自由を守るため、何者に寄らない報道をしなければならない。すると必然的に自らが正しくなければならず、自らを正当化するために批判をするということだろうか。とすれば何に対しても批判をするのはマスコミの態度として正しいわけで、居酒屋タクシー問題もその1つということだろうか。

 当初の私の疑問「悪いことをした人間を徹底的に懲らしめる発想はどこから来るのだろう」について答えるなら「自らを正当化したいから」ということになるだろう。

 それなら何となく理解できる。相手のためを思った矯正でなくて、自分のためならいくらでも厳しい態度をとることができる。だから正義の人がたくさんいる良い世の中になったわけではなく、単に自らの正当化のために悪いことをした人を徹底的に懲らしめる人や団体が目立つだけということだ。

  1. 2008/07/15(火) 02:21:04|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

数学・理科カテゴリを科学・技術カテゴリに名称変更

 数学・理科カテゴリ科学・技術カテゴリに名称変更しました。

 数学・理科だと範囲が狭いので。
  1. 2008/07/14(月) 00:15:38|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥多摩つづら岩に行ってきた

08tsuduraiwa_03.jpg

↑つづら岩一般ルートをリードするKさん

 北岳バットレスの練習に奥多摩のつづら岩に行ってきた。

 ところどころ厳しく、どうやって登ったのか分からないところがあったが、何とか3ルート登れた。

 記録は以下を参照のこと。

  1. 2008/07/13(日) 21:58:24|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山の予定

3週連続で山の予定になった。

13日 奥多摩つづら岩
19,20,21日 北岳バットレス
25,26日 富士山

岩登りばっかり。
今年は全然沢に行けていない。
まだ水無川本谷鳥屋待沢葛葉川本谷の3本だけだ。
  1. 2008/07/12(土) 01:40:09|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

建築確認

階段の設計の関連。

最近、建築基準法がマイブームである。
別に好きでクビ突っ込んだのではなく、仕事で建築基準法を参照するので正確にはマイブームではないのだが。

今度は「建築確認」である。
建築物を造る前に役所に行って「建築確認」を行わなければならないそうである。

建築基準法 第6条(建築物の建築等に関する申請及び確認)

 建築主は、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第1号から第3号までに掲げる規模のものとなる場合を含む。)、これらの建築物の大規模の修繕若しくは大規模の模様替をしようとする場合又は第4号に掲げる建築物を建築しようとする場合においては、当該工事に着手する前に、その計画が建築基準関係規定(この法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定(以下「建築基準法令の規定」という。)その他建築物の敷地、構造又は建築設備に関する法律並びにこれに基づく命令及び条例の規定で政令で定めるものをいう。以下同じ。)に適合するものであることについて、確認の申請書を提出して建築主事の確認を受け、確認済証の交付を受けなければならない。(以下略)


立坑用地に借りた公園を返すにあたって元通りに復旧しなければならないのだが、トイレを復旧するにあたって、建築物であるトイレの建築確認が必要になりそうなのである。

「建築確認」でGoogle検索すると、どうやら耐震偽装事件を受けて2006年に建築基準法に改正があったようだが、現場はかなり混乱しているようだ。

他にも建築物を造るにあたっては都市計画法消防法などいろいろな法律の制約を受けるようだ。

建築屋さんは大変だ。
  1. 2008/07/11(金) 01:55:46|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都庁の警備も、ものものしい

最近都区内が物々しいの関連。

今日、都庁に行ったら都庁の警備もものものしかった。
入口には4,5人の警備員さんが控えており、一般の人は荷物検査を受けていた。
庁内をうろうろしないようにするためか、都庁の展望台に昇るエレベータにも入口からすぐ入れるよう、仮の柵が設けられていた。

北海道洞爺湖サミットは今日までなので、厳戒態勢も今日までだろう。
  1. 2008/07/10(木) 01:12:49|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バス停の前に咲いている知らない花

photo-flower.jpg

↑バス停の前に咲いている知らない花

いつも使っているバス停の前に赤い花が咲いている。
見たことのない花で何という花か分からない。
何の花だろう。
  1. 2008/07/09(水) 02:46:57|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンホール底部の配筋で下側の配筋が太い理由

マンホール底部の配筋で上側の配筋が太い理由 のつづき。

間違えた。

マンホール底部の配筋は上側の配筋が太いのではなくて、下側の配筋が太いのだった。

昨日も書きながら、何か圧縮と引張りと間違っている気がするなと思いながら、眠かったので書き上げてしまったが、今日図面を見直して気がついた。

正解は以下の図である。

fig-MH2.png


下の地山から押されるので底版は上に凸になる。
そのとき底版中心の上に凸部よりも、底版端部の下に凸部の方がモーメントがかかるため、下側の配筋を太くする。
モーメントの大小については以下の両端固定ばりの解答を参照のこと。
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/beam.pdf

あと上記の両端固定ばりもQ図とか間違えていたので少し訂正した。
  1. 2008/07/08(火) 01:59:29|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マンホール底部の配筋で上側の配筋が太い理由

マンホールを設計していると、マンホールの配筋図をみることがある。
その中でマンホール底部の背筋が2段あるとき、一般に上部の方が太い。

fig-MH.png

↑例:上が呼び径D13の鉄筋、下が呼び径D16の鉄筋の場合

何となく地山に近い方を太くした方がいい気がするので、逆じゃないかと職場で一度議論したことがあった。

マンホール底部の構造計算では両端固定ばりに等分布荷重をかけたときのコンクリートの圧縮応力と鉄筋の引張応力が、それぞれの材料の許容応力度以下かどうかを調べている。

そのときはそれっぽいM図を描いて端っこの方がモーメントが大きく、しかも引張なので鉄筋を太くしなければならない、という結論に落ち着いた。

ただそのとき両端固定ばりを解いていなかったので解くことにした。

詳しくは以下参照(PDF注意)。
http://nakayamayu.web.fc2.com/math/beam.pdf
  1. 2008/07/07(月) 00:58:39|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネジバナが生えた

photo-nejibana.jpg

↑芝生にポツリポツリと咲くネジバナ

実家の芝生にネジバナが生えた。
この時期になるといつも何本か生える。

らせん階段のようで何だか面白い花である。
  1. 2008/07/06(日) 16:45:52|
  2. 千葉
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下水処理水を飲み水として利用する(2)

下水処理水を飲み水として利用するのつづき。

そういえば職場でそんな話題をしたことがある。
濾過した下水処理水を飲めるか、という話。

私は飲めると言ったが、みんなはそれが信じられないというようすであった。
私は膜濾過してあれば飲めると思うのだが、みんなにおいや色を気にし、「下水を飲む」ということに抵抗があるようだった。

シンガポールではNEWaterとして飲まれているのだから、問題ないと思う。

第一、東京の水だって群馬県民の下水をいったん利根川に放流してから、どこかで取水して浄水しているわけだし、飲み水に下水起源の水が入っているはずである。
それどころか現在の水利用を考えると飲み水の半分くらいはすでに何かに使われた水ではないのだろうか。
多摩川の中下流を流れる水は半分ほどが処理水だそうだ。

私が山ヤであまり水の品質を気にしないからだろうか。
  1. 2008/07/06(日) 00:34:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下水処理水を飲み水として利用する

テレビ東京 サミット報道特番「地球×未来」-私たちにできること-を見て。

シンガポールは水を貯めるところがないため、利用する水の50%をマレーシアからの輸入に頼っているそうだ。
その水輸入の契約が2011年に切れてしまうようで、シンガポールでは新しく水を手に入れる方法を模索している。

海の湾に水門を作り水を貯める、という方法のあと、紹介された方法に驚いた。

下水処理水を飲み水として利用する

下水処理水を膜濾過し、飲み水としてペットボトルにつめて販売しているそうである。
水はNEWaterとして売られているそうだ。

このあたりの話は以下のサイトに詳しい。
CLAIR:(財)自治体国際化協会>特集:シンガポールの水循環政策
http://www.clair.or.jp/j/forum/forum/sp_jimu/162_4/

日本においても下水処理水をトイレの水に使うとか枯渇した河川の水に使うとかいわゆる中水道としての利用はなされているが、そのまま上水としての利用は初めて見た。

日本でも1994年の渇水時には給水制限があったし、天気予報と並んでダムの貯水量を毎日ニュースで取り扱っていた。
水の少ない福岡では貯水池を作るだけでなく、有明海に流れる筑後川の水を博多側に持ってきたり逆浸透海水淡水化法で海水から飲み水をつくったり努力している。
沖縄でも長い川がないためダムで利水を行っているが、それでも街中に節水を呼びかける看板を何度か見た。

これから先、日本でも降雨量がずっと確保できるわけではないだろう。
黒潮の蛇行現象や近年の暖冬傾向など気象条件は変化している。

そう考えると今日のシンガポールの姿は明日の日本ではないかと思うし、下水処理水を飲み水として利用する日もあるかと思う。
  1. 2008/07/05(土) 23:57:54|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寝不足

 寝不足である。

 今日は眠くて午後の仕事が手につかなかった。

 終バスまでには帰って来ようと思う。
 終バスを逃すと駅から30分歩きになってしまうので。
  1. 2008/07/04(金) 22:56:52|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

会社の社員削減

現在、景気はよくない(日経ネット「企業の景況感3期連続悪化 日銀短観、原油高で収益圧迫」)。
たぶんこれからもよくならないだろう。

業績を維持するために経費の削減を求められている会社が多いだろう。
経費を削減するには、人件費を減らすのが一番手っ取り早い。
(やめさせた人数)×(一人当たりの給料)を支出から削ることができ、もっとも見通しを立てやすい。

必然的に人事を司る部署は今まで以上に業務を効率化させ、不要な人を辞めさせるよう迫られるだろう。
折しも近年は団塊の世代が大量退職する2007年問題が発生している。
人事としては願っていもいないチャンスである。
誰も馘にすることなく人を減らすことができるからだ。
団塊の世代はそのままやめてもらい、採用人数をしぼれば簡単に人減らしができる。

ただこれには問題がある。
ベテランの代わりに新人が入ってくるわけで、実際のところベテランの代わりを新人がすぐできるわけではない。
新人が一人前になるには3年ほど指導の期間が必要だろう。
そのためにはベテランと新人がいっしょに仕事をできる期間が3年間ほど必要である。
しかし上記の人減らしの観点からいうと、ベテランと新人が一緒に仕事をできる期間は人が増えるわけでそのときの人事の担当者はそれを嫌がるだろう。
結果としてベテランと新人は顔を合わせることなく、それぞれ退職・就職する。
技術の継承はできない。
この点は技術職では大きなマイナスである。

またベテランが一通り辞めてしまうと、平均年齢は一気に若返り経験の少ない若手が主力となる。
そして社員の数はベテランがいたときよりも減っている。
業務の量が同じか増えれば、おそらく会社は立ち行かないだろう。

一見、売り手市場の就職活動だが、景気がよいわけではなく、実際に就職した先はどの業界もあまり先行きは明るくないのではないだろうか。
  1. 2008/07/04(金) 02:34:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近都区内が物々しい

 最近都区内が物々しい。

 どの交差点にも警察官が立っているし、
 飯倉交差点などいくつかの交差点にはすぐに道路を封鎖できるようバリケードを用意しているし、
 外苑東通りでは車線を規制していつでも尋問できるようにしていたし、
 立て替え中の赤坂警察署の前では夜勤の交代なのか防弾チョッキを着た15人くらいの一群がバスに乗り込むのを見た。
 ところどころ3人組でパトロールしているのも見るし、東京駅など駅構内では台の上で乗客を監視している警察官もいる。

 来週に控えた北海道洞爺湖サミットのためのようだ。

 お疲れさまである。
  1. 2008/07/03(木) 01:16:52|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Firefox3.0をインストールした

 Firefox3.0をインストールした。ダウンロードできなかったのは途中でダウンロードを中断したからのようだ。

 なんだかデザインも変わっている。まあ私のような素人には一番分かりやすい変更点なので、このような違いがあると嬉しい。

fig-firefox3.png
  1. 2008/07/02(水) 02:36:13|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒井勇人「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」

読んではいないんだけど、web上で読んだので。

中身は書き出しからは予想できない展開で、それなりに面白かった。

日曜日に丸善に行ったとき書籍化された本を手に取ったが、何だか読みにくく感じた。2ちゃんねるの書き込みはディスプレイで見た方が読みやすい気がする。

PDFでも図面でもなんでも印刷した方が読みやすいと思っていた私としては意外な発見だった。

ちなみに以前、噂になった電車男は私は読んだことがない。
書籍を手に取って読みにくいと感じたからだ。

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれないブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
(2008/06/26)
黒井勇人

商品詳細を見る
  1. 2008/07/02(水) 00:46:41|
  2. 書評 - その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新田次郎「先導者・赤い雪崩」

 まだ表題の「先導者」しか読んでいないが、心に引っかかるものがあったのでさっそく書く。

 「先導者」は谷川連峰の東の端、朝日岳から巻機山に至る上越国境稜線を縦走する男1、女4のパーティーの話である。

 柄沢山1900mや米子頭山1796mなど2000m級の山が連なるが、道はなくヤブに覆われている。水も手に入りにくいため残雪期の縦走が一般的である。

 県境縦走を趣味にしている私としてはこの区間はずっと狙っているところである。近くの巻機山~丹後山や白砂山~稲包山もヤブだが、これらは3泊ほど見ないと行けないこともあり、谷川岳周辺のヤブを体験するためにも2泊で済む朝日岳~巻機山はまず取りかかりたいところだ。

 が、この小説、結末を話すと全員遭難死である。

 さすがにその展開は予想していなかった。行く前に読むんじゃなかった。

 死亡フラグ立っちゃったじゃないか。

 でもいいよ、秋ぐらいに行ってやるよ、こんにゃろ。


 090112追記:秋ぐらいに行ってきました。死ななかったけど、目をケガしました。

2008年秋 - 上越・朝日岳~巻機山[1/2]
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2008/08hinokigura/
先導者・赤い雪崩 (新潮文庫)先導者・赤い雪崩 (新潮文庫)
(1977/08)
新田 次郎

商品詳細を見る
  1. 2008/07/01(火) 00:46:29|
  2. 書評 - 新田次郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Firefox3.0がインストールできない

 Firefox3.0がリリースされた。国内だけでも100万ダウンロードされたそうだ。メインのブラウザがFirefox2.0の私としては無視するわけにはいかない。

 なんか史上最速のFirefoxらしいし、もともとISDN回線で遅い思いをしているので少しでも速くしたいと思い、ダウンロードした。

fig-firefox3dmg.png


 が、ディスクイメージファイルが開けない。Firefoxでダウンロードしているのに。途中で中断したのがよくなかったのかな。今度はダウンロード仕掛けてから風呂入って放置しておこう。ISDNだと30分くらいかかるので。
  1. 2008/07/01(火) 00:32:37|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0