島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

イソギンチャクは動ける

 ヒトデに遭遇したイソギンチャクの機動力が凄いという動画を見た。

 イソギンチャクって動けるのか、という驚いた。こんな風に動いているのをシュノーケル中に見かけたらびっくりして海水を飲んでしまいそうだ。

  1. 2016/11/17(木) 00:13:42|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月30日富賀浜のテーブルサンゴなど

 三宅島に泳ぎに行ってきた2016の関連。

 大久保浜を後にして昼飯食べた後、また富賀浜に行った。珍しく富賀浜は2日間とも波が低かった。

160730togahama_019.jpg

↑またミギマキ

160730togahama_020.jpg

↑オジサンと目があった。

160730togahama_021.jpg

↑サンノジの後を追いかけるタカベの群れ

160730togahama_022.jpg

↑コブダイ。深いところを泳いでいた。

160730togahama_026.jpg

↑頭隠して尻隠さず。

160730togahama_039.jpg

↑沖の瀬に行くとサンノジに紛れて斑点の魚が泳いでいた。名前を知らない。

160730togahama_061.jpg

↑テーブルサンゴに生き物がいないなと探していたらウツボが顔を出していた。

160730togahama_067.jpg

ナメモンガラに似ているけどヒレがヒラヒラしていなかった。

160730togahama_074.jpg

↑浅いところにカニがたくさんいた。

160730togahama_087.jpg

↑テーブルサンゴ

160730togahama_100.jpg

↑今度はタカノハダイと目があった。

  1. 2016/08/02(火) 00:05:10|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月30日大久保浜のチョウチョウウオなど

 三宅島に泳ぎに行ってきた2016の関連。

 7月29日土方池のサザナミヤッコと富賀浜から続く。

 2日目7月30日は午前に大久保浜に入った。

160730ookubo_06.jpg

↑またオジサン。

160730ookubo_13.jpg

↑チョウチョウウオ

160730ookubo_25.jpg

↑ミギマキ

160730ookubo_32.jpg

↑崖になって落ち込むあたりにキンギョハナダイ

160730ookubo_37.jpg

↑フグ

160730ookubo_40.jpg

↑悠然と泳ぐカメ

160730ookubo_46.jpg

↑大久保浜はテントでいっぱいであった。

 7月30日富賀浜のテーブルサンゴなどへ続く。

  1. 2016/08/02(火) 00:04:13|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

7月29日土方池のサザナミヤッコと富賀浜

 三宅島に行き、せっかく海に潜ってきたので見た魚たちの写真をまとめてみた。

 初日29日はまず足慣らしに錆が浜北の土方池へ入った。

160729tsuchikata_08.jpg

↑青と黒のしましまのサザナミヤッコの幼魚。初めて見た。黄色と黒はカゴカキダイ。

160729tsuchikata_18.jpg

↑ダツ。水面近くを泳いでいて逃げ足が速い。

160729tsuchikata_17.jpg

↑土方池から見た錆が浜に着岸する橘丸。意外と海からこうやって眺めたのは初めてだ。

 慣れた後は富賀浜に移動する。手前からエントリーして奥に出てきた。

160729togahama_33.jpg

↑タカベの群れ。

160729togahama_37.jpg

↑ソラスズメダイの群れ。青い蛍光色で目立つ。

160729togahama_55.jpg

↑ツノダシ

160729togahama_57.jpg

↑ニシキベラ。虹色で目立つ。よく藻を食べているが動きが素早い。

160729togahama_62.jpg

↑タカノハダイ。尾びれの斑点が目立つ。

160729togahama_64.jpg

↑富賀浜の道沿いにはハマカンゾウが咲いていた。

 7月30日大久保浜のチョウチョウウオなどへ続く。

  1. 2016/08/02(火) 00:02:46|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊ヶ谷カタン崎でダイビング

 伊ヶ谷カタン崎でダイビングしてきた。

 カタン崎は名前は聞くがどこだか分からなかった。伊ヶ谷漁港を船で出て5分、伊ヶ谷漁港と六双根の間、空栗沢の河口の沖あたりである。写真はいっしょに潜ったTさんにもらったものである。

140923katansaki_003.jpg

↑伊ヶ谷漁港を出港。めずらしい私の非メガネの姿。

140923katansaki_028.jpg

↑ハナミノカサゴ。上から見ると翼を広げた鳥のように見えた。

140923katansaki_031.jpg

↑扇のように広がったサンゴ。

140923katansaki_037.jpg

↑ハタタテダイ。ツノダシに似ているが大きい。

140923katansaki_039.jpg

↑崖の上あたりに魚が群れていた。

140923katansaki_066.jpg

↑身が透明なスカシテンジクダイの群れ。

140923katansaki_082.jpg

↑アカハタ。おいしいらしい。

140923katansaki_083.jpg

↑カゴカキダイ。

140923katansaki_099.jpg

↑キンギョハナダイの群れ。

 魚が多く、島内でも特に魚が多いところだということだった。初めて見る魚も多く、面白かった。前日は潮流があり、また水が冷たかったらしいが、今日は穏やかで水温もちょうどよかった。10月にはメガネ岩にダイビングに行きたい。

  1. 2014/09/23(火) 22:34:13|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土方海岸で尾びれに三本横線の入った魚を見た

 富賀浜でテーブルサンゴを見たあと、土方海岸に移動した。

140921tsuchikata_01.jpg

↑天気はよく、土方海岸があまりに浅かった。

140921tsuchikata_03.jpg

↑タカノハダイ。気づかないのかあんまり逃げなかった。

140921tsuchikata_06.jpg

↑名前の分からない、尾びれに三本横線の入った魚。3匹くらいで高速移動していた。

140921tsuchikata_12.jpg

↑ミギマキ。こいつは悠然と泳いでいるので撮りやすい。

140921tsuchikata_16.jpg

↑チョウチョウウオに似ているけど、模様が違う魚。

140921tsuchikata_21.jpg

↑ハコフグっぽい魚。

140921tsuchikata_28.jpg

↑ツノダシがシンクロナイズドスイミングみたいにいっせいに方向転換しながら泳いでいた。

 今日は北東のナライなので土方海岸は混んでいた。タンクをしょったダイバーやシュノーケル初めてらしき人たちがたくさんいた。

  1. 2014/09/22(月) 16:00:49|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富賀浜のテーブルサンゴとソラスズメダイ

 昨日、富賀浜にテーブルサンゴを見に行った。

140921togahama_06.jpg

↑午前中は潮が引いていて入りやすかった。

140921togahama_17.jpg

↑テーブルサンゴの上を泳ぐキビナゴたち。

140921togahama_22.jpg

↑テーブルサンゴの上をうろつくソラスズメダイ。

140921togahama_42.jpg

↑青いハコフグみたいな魚。

140921togahama_46.jpg

↑ハナフエフキダイ。

140921togahama_50.jpg

↑カンムリベラっぽい魚。スイスイ逃げていくのでカメラに収めるのが難しかった。

140921togahama_54.jpg

↑アオヤガラらしき魚。いつも水面近くを泳いでいて近づくとすぐ逃げてしまう。

140921togahama_56.jpg

↑チョウチョウウオ。

140921togahama_57.jpg

↑セダカスズメダイ。地味なので写真に撮ったのは初めてだと思う。

 私たちが来たときはボートエントリーのダイバーが1組いたが、海中では会わなかった。テーブルサンゴのあたりにいると思ったのだが、目的が異なるのかもしれない。帰るときに2人組がビーチエントリーしていった。

  1. 2014/09/22(月) 15:58:30|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

大船戸海水浴場にてウマヅラハギみたいな魚

 久しぶりにシュノーケルをした。

 客が来ていたので教えるために伊ヶ谷の大船戸海水浴場にて。

140920oofunato_01.jpg

↑人が飛び込む瞬間を撮るのは難しいものだ。

140920oofunato_12.jpg

↑今日は海水面に近い方が冷たく、海底の方が暖かかった。寒さを避けるためもぐってばかりいた。写真もぼやけたものが多かった。

140920oofunato_17.jpg

↑クマノミとツノダシ

140920oofunato_19.jpg

↑チョウチョウウオ

140920oofunato_25.jpg

↑ウマヅラハギに似ていると思ったが、ひれの形が違う。何だろう。

 今日は海水パンツで泳いでいたが寒かった。もうそろそろシーズンも終わりか。

  1. 2014/09/20(土) 13:31:56|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めての学校下ダイビング

 5日午前に休みをとって学校下にダイビングに行った。スナッパーでお願いして、学校下に行ったことがないと伝えたら連れて行ってくれた。

140905gakkoushita_004.jpg

↑ダイビングスポットの一つ、学校下は水中のアーチをくぐって外海に出る。

140905gakkoushita_013.jpg

↑名前を知らなかったブダイ。思ったより歯が鋭い。

140905gakkoushita_026.jpg

↑ツノダシの群れ。群れで見るのは初めて。

140905gakkoushita_038.jpg

↑はじめはこんな10mくらいの深さの台地を行く。

140905gakkoushita_043.jpg

↑沖に行くと崖地になる。

140905gakkoushita_046.jpg

↑鮮やかなレンテンヤッコ

140905gakkoushita_050.jpg

↑崖のところは魚が多い。金魚みたいな魚がたくさんいると思ったらキンギョハナダイというそうだ。

140905gakkoushita_061.jpg

↑ナメモンガラ。背びれと尻びれをヒラヒラさせながら泳ぐようすは遠目にイカに見えた。

140905gakkoushita_072.jpg

↑ミギマキ。

140905gakkoushita_085.jpg

↑オジサン。

140905gakkoushita_091.jpg

↑帰り際にツムブリの群れに囲まれた。

 1年ぶりのダイビングで不安が大きかったが、入ってしまえばずっと息が続くシュノーケルのようなもので、安心してダイビングできた。あとは三宅島ではメガネ岩に入ってみたい。

  1. 2014/09/07(日) 23:53:27|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

富賀浜でツムブリの群れと泳いだ

 今年はじめて富賀浜に入った。

140830togahama_14.jpg

↑ツムブリがいっしょに泳いでくれた。

140830togahama_22.jpg

↑ツムブリの群れを接写。

140830togahama_23.jpg

↑ツムブリの後ろで潜る。

140830togahama_28.jpg

↑富賀浜のサンゴ。

140830togahama_35.jpg

↑潜っている私。

 今年は夏のナライがあまり吹かず、冬みたいな西風ばかりだったが、今日は北風が卓越していたので富賀浜を狙った。波は富賀浜としては普通でフジツボにおびえながら何とかエントリーできた。ツムブリが群れをなしていっしょに泳いでくれたのがうれしかった。

  1. 2014/08/30(土) 23:33:35|
  2. シュノーケル・ダイビング
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ