山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

横戸の四つ辻にある石碑

 市道横戸町23号線の仮囲いセットバックの関連。

150101monument1.jpg

↑横戸の四つ辻にある石碑(赤丸)。目立たない。

 団地から出た先にある辻は「大正・昭和 東京周辺1万分1地形図集成 =京葉・京浜・多摩地区=」にも載っている交差点である。現地には「かしわいみち」「よことみち」などの刻銘のある石碑があり、庚申塔が並ぶ。

山ノ中ニ有リblog 市道横戸町23号線の仮囲いセットバック

 と書いておいて、その石碑の写真を撮った記憶はあるので、記事にしていると思ったら記事にしていなかった。

 目立たないように立っていて、車通りも多いのであんまり落ち着いて見ていられない場所だが、刻印は教科書体みたいな読みやすい字で書かれている。

150101monument2.jpg

↑「西 かしわいみち」に読める

150101monument3.jpg

↑「北 さくらみち 文政丗■年二月吉日」に読める

150101monument4.jpg

↑「東 よことみち」に読める

 もう1面はトタン壁に面していて見えなかった。変体かなは全然読めないのだが、近くの地名から推測した。文政は1818年から1830年まで、調べると文政13年までみたいだが、私が正しく読めないだけだと思う。

 今はここで道に迷う人はあんまりいないのだろうが、江戸時代は人が往来し、ここで立ち止まって行き先を確認していたのかと思うと感慨深い。

  1. 2015/11/30(月) 08:30:48|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

市道横戸町23号線の仮囲いセットバック

 横戸台から勝田川の馬橋へ抜ける道沿いの仮囲いがセットバックした。

151115yokodocho23.jpg

↑仮囲いがセットバックした市道横戸町23号線予定箇所

 私が子供の頃から狭い道で、車が行き違うのに待ち合わせしないと通れない。私は高校から大学院までの9年間自転車で通い続けたが、車が行き違いしている間は自転車も待ち合わせの必要があった。また道幅が狭い分、車との接触が怖い道である。

 隣接する畑の一部を盛り土したり、森の木を伐採したりして、部分的に舗装していたが、依然として全体が開通していない。

 ちょっと調べてみたら市議さんの記事に経緯が書いてあった。

 この横戸町23号線については20年以上も前から千葉市に道路拡幅の要望が上がっていましたが、当初の計画線上に「村中持」の共有地があり、買収出来ないため長らく計画が止まっていた道路でした。

河村ひろあき活動レポート 2005.03.22 Vol. 12

 あんまり深く考えてもいなかったが、これを読んでああなるほどと合点がいった。「村中持」という言葉は初めて聞いたが、たぶん入会地みたいなものだろう。団地から出た先にある辻は「大正・昭和 東京周辺1万分1地形図集成 =京葉・京浜・多摩地区=」にも載っている交差点である。現地には「かしわいみち」「よことみち」などの刻銘のある石碑があり、庚申塔が並ぶ。街道と言えるほどではないにしても人の往来があり、その辻を村有地としているのは想像に難くない。

 仕事で多人数の共有名義の土地の拡幅に関わったことがあるが、どうすればいいのか全然分からず、正直私が関わった1年で事業は前進しなかった。やり方が分かったとしてもわかる限りの地権者に連絡を取る必要があると思うし、1年くらいで解決するとも思えない。千葉市も効果の上がりやすい他の事業から進めているのだろう。悩ましいもんである。

  1. 2015/11/29(日) 00:07:09|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いちめんのなのはな

 バス停から実家に歩いて行く途中、菜の花が咲いていた。

150411nanohana.jpg

↑一面の菜の花

 詩のタイトルを忘れたが「いちめんのなのはな」を思い出した。

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

いちめんのなのはな

かすかなるむぎぶえ

(後略)

 国語の教科書に載っていて、家で音読するよう宿題になっていたから親に聞かせながら読んでいたのだが、単純ですぐ覚えてしまった。今思うと、この詩は字面を見て「いちめんの」なのはなを楽しむものなのではないかと思う。まあ、地面が一色に覆われたようすはラベンダーにしろ、芝桜にしろ美しいものだと思う。

  1. 2015/04/12(日) 00:45:11|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

モグラ塚の形にできた霜柱

 実家近くのバス停までの歩き道の畑で霜柱を見かけた。

140307hatake1.jpg

↑ところどころ霜柱の見える畑

140307hatake2.jpg

↑モグラ塚の形に霜柱ができていた

 島では霜柱を見かけたことがない。珍しいのでよく見てみるとモグラ塚に霜柱ができていた。冬でもモグラは元気なのだろうか。

  1. 2014/03/10(月) 00:04:41|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪で真っ白になった畑

140211hatake.jpg

↑先日の雪で真っ白になった畑

 久しぶりに通勤時に通っていた畑のようす。先日の雪で一面真っ白になっていた。畑を乱す人もおらず、平らかな面が数ha広がっていた。東京駅から30kmほどの風景とは思えない。

140210snow_02.jpg

↑昨日の団地のようす

 団地の中もだいぶ雪が積もっており、歩くには長靴がほしいくらい残っている。明日はまだ凍っているうちに家を出るとしよう。

  1. 2014/02/11(火) 22:14:42|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国道16号沿いにいるグレーの猫

 こないだ実家に帰ったときのこと。自転車で志津方面に向かっていたのだが、国道16号を渡るときにグレーの猫が寄って来た。

131103cat1.jpg

↑ほぼ黒に近いグレー

131103cat2.jpg

↑なんかくつろいでいる

 毛並みがよいので飼い猫だな、見たことある気がすると思い、調べてみたら4年前にも見た猫であった。

090916neko.jpg

↑4年前に見たとき

 変化は赤い首輪をしているかしていないかくらいで元気なようすであった。

  1. 2013/11/13(水) 20:53:50|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝下りた霜と内地に残る雪

 昨日の船で内地に帰ってきた。朝出勤したら霜が降りていて寒い。

130123tsubaki.jpg

↑霜の降りたツバキ。

130123ice.jpg

↑歩道の氷。

130123frost.jpg

↑牧草地の霜。

130123snow.jpg

↑先日降った雪の残り。

 今晩も雨が降り、未明から雪になるそうだ。

  1. 2013/01/23(水) 22:59:24|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

直っていた観音様

 地震で倒れた観音様の続き。

110925kannon.jpg

↑元通りに立っていた観音様

 こないだ、実家に帰ったとき、勝田台からバスで帰った。その際、地震で倒れた観音様が元通りに立っていた。足元はセメントで固められている。誰か志のある人が直してくれたのだろうか。

 すぐ近くのトウモロコシ畑は刈り取られていた。

110925hatake.jpg

↑刈り取られているトウモロコシ畑

110925higanbana.jpg

↑墓地の近くではツユクサに囲まれて彼岸花が咲いていた

  1. 2011/10/02(日) 21:01:06|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネコとクズの花

 八千代台駅から歩いて実家へ帰る途中、いくつか自然物を見た。

110903cat.jpg

↑ネコ。めっちゃ警戒されてる。

110903like-urushi.jpg

↑ウルシに似た葉っぱ、でも葉っぱがギザギザしているからウルシではない。

110903kuzu.jpg

↑クズの花。遠目に見ると鮮やかでキレイだが、単体だとあんまり美しくない。

 途中では雨に降られたが、木の影に隠れてやり過ごした。暑いけど、クズの花が咲いてもうすぐ秋だなあ。

  1. 2011/09/04(日) 16:37:59|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

畑にとうもろこしが茂っていた2011夏

 畑が耕された2011夏のつづき。

110807toumorokoshi.jpg

↑青々と茂るとうもろこし

 久しぶりに実家近くのバス停から勝田台行きのバスに乗った。途中の畑にはとうもろこしが青々と茂っていた。今年も飼料にするのだろう。

  1. 2011/08/13(土) 20:18:33|
  2. 通勤途上にある畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ