島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

雲取山から三峯神社に縦走してきた

 雲取山に登ってきた。

 今年は西暦2017年であり、標高2017mの雲取山が注目されていると西多摩新聞で見ていくことにした。2月の雲取山はけっこう雪が多いので、鴨沢から日帰り往復を計画し、もし雪が多ければ七ツ石山で帰ろうと考えていた。しかし、ネットで前日金曜日に登った記録を見ると雲取奥多摩小屋のヘリポートが見えるくらい雪が少ないのでワカンもアイゼンも持たずにスピードアップを図ることにした。

170216kumotoriyama.jpg

↑奥多摩駅に貼ってあったポスター

170211kumotori_021.jpg

↑七ツ石山から雲取山方面を眺める

170211kumotori_046.jpg

↑雲取山の新しい標柱の前で記念写真

170211kumotori_063.jpg

↑大ダワから芋の木ドッケの間でシカを見かけた

 結果として雲取山には無雪期に比べて20分遅れくらいで到着できた。三峯神社方面からも人が来るのでトレースを期待して三峯神社に下った。北面も積雪は少なく多くても10cm程度であった。帰りは横瀬で温泉に入り、西武線でぐうぐう寝て帰った。

2017年冬 - 奥多摩・雲取山
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2017/170211kumotori/
  1. 2017/02/11(土) 20:29:59|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神流川沿いの群馬県・藤岡市太田部入口〜高崎市新町を歩いた

 神流川沿いの埼玉・群馬県境を歩いた。

 1年ぶりの県境歩きだったが、足にマメができてつらかった。今回は一貫して神流川沿いを歩いたので統一の取れたルートなのはよかった。久々の歩きは疲れた。

170122kannagawa_026.jpg

↑神流湖をたたえる下久保ダム

2017年冬 - 群馬県・藤岡市太田部入口〜高崎市新町
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2017/170122kannagawa/
  1. 2017/01/22(日) 21:56:02|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丹沢の畦ヶ丸山に登ってきた

 丹沢の畦ヶ丸山に登ってきた。

170114azegamaru_39.jpg

↑泊まった畦ヶ丸避難小屋

 ガイドブックでは日帰りできる行程として紹介されるルートだが、避難小屋が快適そうなことを知っていたので大学の後輩との飲み会山行の場所として選んだ。水を大滝沢から背負う必要があったが、小屋を訪れる人もなくたっぷり飲むことができた。こういう息抜きの山行も楽しい。

2017年冬 - 丹沢・畦ヶ丸山
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2017/170114azegamaru/
  1. 2017/01/15(日) 22:38:11|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前穂高岳北尾根3峰まで登ってきた

 あけましておめでとうございます。

 12月27日から今日まで前穂高岳北尾根を登ってきた。ただし、3峰の手前まで。

 天気はよい方だったと思うが、それでも風に吹かれて手足の指先がしびれたままだ。夜も寒くあまり眠れなかった。冬季アルパインクライミングの対象とされているルートだが、難しかった。

161228maeho_26.jpg

↑慶應尾根2460m峰にて前穂高岳北尾根を背景に私

 20170103追記:記録をアップロードしました。

2016年冬 - 北アルプス・前穂高岳北尾根3峰[1/4]
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161227maeho/
  1. 2017/01/01(日) 21:47:40|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

富士山に雪訓に行ってきた2016

 富士山に雪訓に行ってきた。

 今年は雪訓が初めての人を3人迎え、2泊3日の日程で行った。一からの指導なので登り下り、トラバース、バックステップ、滑落停止を行い、ザイルを使った確保は少しであった。

 天気はよかったが、風が強く富士山らしい雪訓であった。また、夜は寒かった。

161211fuji_29.jpg

↑今年の雪は硬くて滑落停止が痛かった

 2016年12月17日追記:記録をアップロードしました。

2016年冬 - 富士山
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161209fuji/
  1. 2016/12/11(日) 21:43:56|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ヶ岳西面の中山尾根を登ってきた

 八ヶ岳西面の中山尾根を登ってきた。

161203nakayama_12.jpg

↑下部岩壁

161203nakayama_28.jpg

↑上部岩壁

 年末の前穂高岳北尾根に向けて雪と岩のミックスルートの練習に行った。登下降の練習のため、中山尾根を登って下った。下部岩壁ではズルズルと滑り落ちるし、上部岩壁では残置のボルトを掴んでしまうし、あんまりうまい登り方ができなかった。快晴で主稜線以外は無風であった。トレースを見る限り他にパーティーもなく、快適な登山であった。私の都合で土曜日のうちに帰りたかったので美濃戸口に着いたのは19:30であった。

2016年冬 - 八ヶ岳・中山尾根
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161203nakayama/
  1. 2016/12/04(日) 00:35:58|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前穂高岳北尾根4峰まで登ってきた

 北アルプス・前穂高岳北尾根4峰まで登ってきた。

 年末山行のデポ設置と偵察を兼ねて前穂高岳北尾根を4峰途中まで登ってきた。4ピッチ登ったところで14時を過ぎ、引き返した。夏は4峰は巻いてピークを踏まなかったような気がするが、雪のルンゼを登っていくとピークを踏むルートになりそうだ。天気がよくてもルートファインディングが難しく、時間がかかりそうだとわかった。

161104maeho_083.jpg

↑4峰3ピッチ目

2016年秋 - 北アルプス・前穂高岳北尾根4峰[1/2]
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161103maeho/
  1. 2016/11/05(土) 22:04:02|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥多摩つづら岩に行ってきた

 奥多摩つづら岩に行ってきた。

161022tsuduraiwa_17.jpg

↑3 一般ルート 50m IVを登るKさん

 Kさんに誘われて以下の3ルートを登った。

 今回は雨が降らなかったものの、ガスが出てきて14:30頃切り上げた。つま先が痛かったのもある。今日も他に3パーティーくらいが入っておりつづら岩は盛況であった。

2016年秋 - 奥多摩・つづら岩
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161022tsuduraiwa/
  1. 2016/10/22(土) 19:15:56|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明神岳主稜を下ってきた

 冬に前穂高岳北尾根を計画しており、その偵察の一環として前穂高岳北尾根周辺を回った。パノラマ新道からは慶応尾根のようすを観察し、明神岳主稜は前穂高岳からの下山が可能かどうかを探った。肝心の前穂高岳北尾根は雨で登れなかったが、明神岳主稜は初めて歩いたのでよかった。

 心配していた2峰はさほど難しくなかった。しかし、5峰より下の尾根が急で滑りやすく、また枝尾根が多く、積雪期は難しそうだ。

161010myoujin_017.jpg

↑モルゲンロートに染まる明神岳主峰

161010myoujin_057.jpg

↑明神岳核心部の1つ、2峰。

161010myoujin_109.jpg

↑明神岳5峰の下りから見る上高地周辺の眺めは絶景である。

2016年秋 - 北アルプス・明神岳主稜[1/2]
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161008myoujin/
  1. 2016/10/10(月) 20:54:52|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

丹沢・水無川源次郎沢に登ってきた

 丹沢・水無川源次郎沢に行ってきた。

161002genjirou_124.jpg

↑F10がなかなか難しかった

 F5、F6、F10でザイルを出し、主だった滝はすべて直登した。初級の沢だが、ていねいにすべての滝を登ったので充実した。他にも2人組と単独行がいてF10で追い抜いて行った。

 天気はくもり、登るにつれガスだったが、花立山荘では晴れていた。気温は高く、10月に入ったが沢登りに向いた天気だった。

161002genjirou_150.jpg

↑花立山荘は晴れていて富士山が見えた。

 今まで水無川流域でヒルに食われたことはなかったのだが、今回みんな少しずつ食われていた。ヒルは見た目からして嫌なものだ。

2016年秋 - 丹沢・水無川源次郎沢
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2016/161002genjirou/
  1. 2016/10/02(日) 19:02:41|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ