山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味

 カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味を食べた。

170218maccha-seafood1.jpg

↑カップヌードル 抹茶 抹茶仕立てのシーフード味

170218maccha-seafood2.jpg

↑麺も緑色

 あんまりキワモノの食べ物は買わないのだが、抹茶味の好きな私としては無視するとあとで後悔しそうな商品だったので買ってみた。西友でも他のじゃぱんぬーどるずシリーズに比べて売れ残っていた。

 一言で言うと、シーフード味、注意するとうっすら苦味を感じる程度。目隠しならシーフード味に感じると思う。スープからは味も香りもわずかに抹茶を感じたが、麺からは感じられなかった。ただのシーフード味を食べたほうが視覚からしても楽しめると思う。

  1. 2017/03/02(木) 00:05:55|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新宿西口「舎鈴」つけめん(並)

 新宿西口「舎鈴」に入った。

 ヨドバシカメラから都庁へ向かって歩く途中にあり、金文字の看板が目立っている。

170223sharin.jpg

↑つけめん(並)680円

 流行りの魚介豚骨で大勝軒みたいに少し甘い。魚介豚骨にありがちな味の濃さやパンチに欠けると思ったが、Webページによれば『舎鈴』が目指したのは、毎日食べられる美味しいつけめんということなので比較的味は薄めにしているのだろう。

  1. 2017/03/01(水) 00:01:29|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

瑞穂町むさし野「瑞穂大和家」味噌ラーメン

 瑞穂町むさし野「瑞穂大和家」で味噌ラーメンを食べた。

170121yamatoya.jpg

↑味噌ラーメン780円

 安い防水スプレーを求めてちょくちょくドンキに行くのだが、隣に立っている瑞穂大和家でよく昼飯を食べる。今日行ったら期間限定味噌ラーメンというのがあったので頼んでみた。

 ランチタイムはご飯食べ放題だったのもあり、味濃いめにしたら味噌の味が濃い。豚骨って塩味か醤油味に仕立てるのが多いが、この店の豚骨はクリーミーであり、味噌ともよく合う。味噌のスープはご飯にも合いおいしかった。

 参考:瑞穂町むさし野「瑞穂大和家」ラーメン

  1. 2017/01/24(火) 22:00:19|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

福生市加美平「ラーメン専門店 壱発」ネギとろチャーシュー麺正油

 福生市加美平「ラーメン専門店 壱発」でネギとろチャーシュー麺正油を注文した。

170115ippatsu.jpg

↑ネギとろチャーシュー麺正油1,100円

 帰りでちゃんとした昼飯を食べていないこともあり、腹一杯食べる店を探して入った。21時過ぎだったが、やはり店は10人くらい入っていて混んでいたし、私の後にも次々客が入ってきた。

 看板メニューらしいネギとろチャーシュー麺を注文する。前回の反省を生かして中盛りではなく並盛りを頼む。

 ネギとろって何だろうとは深く考えていなかったが、出てきたものは白髪ネギととろろ芋の組み合わせであった。チャーシューはどんぶりの外側に並べられてどんぶりが見えない。豚骨醤油だが、味はさほど濃くない。並盛りでちょうどよかった。

  1. 2017/01/19(木) 23:58:18|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

西船橋「麺屋あらき 竈の番人 外伝」濃厚トロつけ麺

 魚介豚骨のつけ麺が食べたいと思い、久しぶりに西船橋の乗り換えで寄った。夜なのにカップルが3組もいたのは意外だった。

170106menya-araki1.jpg

↑麺屋あらき竃の番人外伝

 1回目は味玉らー麺、2回目は味玉とろつけ麺を注文したが、今日は濃厚なものが食べたいと思い、濃厚トロつけ麺を食べた。

170106menya-araki2.jpg

↑濃厚トロつけ麺800円

 濃厚というだけあって味は濃い。塩っけが強いので麺の半分くらいを浸して食べた。塩分で魚介と豚骨のだしが弱く感じたのがもったいない。塩分を弱めてもっとだしを強くすればおいしいのに、と思った。

 自分の記事を読み返したら味玉らー麺もしょっぱいと感じていた。私の味覚の問題かもしれないし、そういう味なのかもしれない。

  1. 2017/01/08(日) 12:58:01|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

武蔵溝ノ口「溝ノ口野郎 濃厚鶏ガラと煮干 中華そば」あっさり鶏ガラ煮干塩ラーメン

 武蔵溝ノ口で「溝ノ口野郎 濃厚鶏ガラと煮干 中華そば」に入った。

 南武線から東急田園都市線に乗り換える際、腹ごしらえをしようと思い、駅前で探したらすぐ目に入ったので入ることにした。

161217mizonokuchi-yarou_01.jpg

↑店は歩道橋から見下ろせる位置にある

 店は1階の狭いスペースにあり、2階の別の店舗に上がる階段の配置のためにL字型になっている。カウンター席のみ、10席足らず。入り口に券売機。店の名前はこってりがっつりっぽいのにあっさりを推しているらしい。

161217mizonokuchi-yarou_02.jpg

↑あっさり鶏ガラ煮干塩ラーメン650円

 最もベーシックらしいあっさり鶏ガラ煮干塩ラーメンを頼む。商品名の通りあっさりしていて食べやすい。飲み会の締めに食べたいラーメンだ。基本のラーメンにもかかわらず味玉半分が入っているのもうれしい。替え玉1玉無料なので注文し、スープまで飲み干した。

  1. 2016/12/18(日) 01:25:30|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高田馬場「麺達うま家」

 高田馬場「麺達うま家」に入った。

161123umaya.jpg

↑らーめん大盛り780円

 味の濃さ、麺の固さ、油は全て普通にしたが、家系にしては味が薄め、油少なめと感じた。ライス1杯が無料なのがうれしいが時間限定かどうかは知らない。

  1. 2016/12/13(火) 00:02:06|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

拝島駅南口「ラーメンショップマルキチェーン拝島店」

 拝島駅南口のラーメンショップマルキチェーン拝島店に入った。

161212maruki1.jpg

↑ラーメンショップマルキチェーン拝島店

161212maruki2.jpg

↑ネギラーメン650円

 寒かったのであまり店を探さず、駅の階段を降りて目に入った店に入った。チェーン、という割に店員さん1人で切り盛りしているし、「ラーメンショップマルキチェーン」で検索しても拝島店しか見当たらない。

 券売機でネギラーメンと餃子のAセット950円を注文する。鶏がらっぽいスープに背脂が浮いている。麺は細麺。餃子はラーメンを食べ終わって5分ほどしたら出てきた。駅前だけあって次々と客が入っていた。やや淡白なラーメンを食べるにはいいと思う。

  1. 2016/12/12(月) 23:48:41|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カップヌードル 謎肉祭 肉盛りペッパーしょうゆ

 日清食品 カップヌードル 謎肉祭 肉盛りペッパーしょうゆ ビッグを食べた。

161204nazoniku1.jpg

↑謎肉祭のパッケージ

161204nazoniku2.jpg

↑ふたを開けると謎肉がゴロゴロ入っている

 カップヌードルの肉が従来の謎肉からコロチャーになって久しい。一方で謎肉と呼ばれ好む人たちもいるようだ。確かに味は肉だが、お湯をかける前は乾燥しているし、一体何で作られているのか謎である。パッケージにはこう書いてあった。

 ”謎肉”とはカップヌードルに入っている味付豚ミンチのことです。

 ひき肉を固めたもののようだ。あれだけ乾燥させて軽くする技術があるのなら肉単独で売ってくれると登山家が好んで買いそうなものだ。長期の山行や極力荷物を軽くしたい山行なら是非とも欲しい。

 味は普通のカップヌードルと大差なかった。食べて見ると通常の10倍というほどの量に感じられず、3倍かせいぜい5倍程度に感じられた。

 日清食品は自社の製品を「謎肉」と呼んでしまうほどユーモアがあっていい。

  1. 2016/12/06(火) 00:03:48|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「らーめん処潤三条店」海苔らーめん

 いたやのへぎそばと栃尾のあぶらげの続き。

161126niigata_28.jpg

↑らーめん潤の海苔らーめん880円

 新潟に日本酒を買いに行った後、らーめん処潤三条店へ寄り、最後のメシ。小豚らーめんがオススメみたいだが、そんなに食べられないと思い、海苔ラーメンを食べる。背脂の多い醤油とんこつだが、海苔の味でやさしく感じられる。海苔なしのガツンとした背脂も楽しみたかったが、空腹ではなかったのでよしとしよう。

 三条を出たのが20時すぎ。福生の家に着いたのは日付を回っていた。私は運転しなかったが、それでも正直疲れた。

  1. 2016/11/27(日) 23:03:27|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ