山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

都内の銭湯の絵に富山が描かれているらしい

「マツコ&有吉 かりそめ天国」という番組を見ていたら都内の銭湯の絵が富山の絵に描き替えられているという話題を見た。

 富山湾の向こうに北アルプスの見える雨晴海岸付近の風景を遠景とし、手前に北陸新幹線が右から左へ走る様子を描いていた。

 説明によると、都内の銭湯の経営者に北陸出身者が多いことに着目した富山市が街のPRの一環で銭湯に立山の絵を描いてもらうよう銭湯の経営者に働きかけをしたそうだ。富山の絵を描いている銭湯が都内に9軒あり、そのうち6箇所が富山にゆかりのある経営者だそうだ。江戸の銭湯の下働きに北陸の人が多く、明治時代に人口が増えた際、北陸の親類を呼び寄せて銭湯を始めたために北陸出身者が多いと番組では説明していた。

151004toyama_09.jpg

↑雨晴海岸。天気がよければ向こうに立山連峰が見える。

 調べると富山市物産振興会が働きかけを行っているそうだ。

 銭湯の壁画といえば、富士山がおなじみだが、近頃、東京都内では富山県の北アルプス立山連峰の背景画が増えつつある。

 というのも、2014年度末の北陸新幹線開業を控え、2010年度から富山市物産振興会が富山ブランドを広く知ってもらおうと展開している「ホットして富山市PR事業」の一環で、都内の銭湯の協力のもと、湯船の背景のペンキ絵に立山連峰など壮大な自然を描いてきたからだ。

東京都内の銭湯の壁画に立山連峰が増えている! 仕掛人は富山市物産振興会 | マイナビニュース

 海の上に山が連なる様子は優美だし、三保の松原に浮かぶ富士山に劣らない。自然の風景に人工物の北陸新幹線が配置されていることに違和感はあるが、子供にはウケがいいかもしれない。富山市物産振興会もうまいマーケティングを思いつくものだ。

  1. 2017/04/13(木) 00:29:19|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヨドバシカメラの店舗に変わった旧新宿西口バスターミナル

 新宿西口バスターミナルがヨドバシカメラの店舗になっていた。

170315shinjuku-busterminal.jpg

↑バス停車位置を示す白線と屋根がバス停であった痕跡として残っている

 バスタ新宿ができてから新宿西口バスターミナルは廃された。主に登山目的で夜行バスに乗ることが多かったが、電光掲示板に示す高速バスが10分おきに次々と発車していくようすはいかにも東京の一大ターミナルといった雰囲気であった。新宿西口の雑踏を縫って大型バスが出入りするのも卓越した腕の誘導員のなせる技であろう。

 いまは建物はヨドバシカメラの携帯電話コーナーとして使われており、バスの切符売り場の面影はない。バス待ちの人がいなくなって寂しいが、反面こんな狭いところをバスが出入りしていたのかと思う。

  1. 2017/03/24(金) 00:15:42|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地盤改良工事を施工中の竹芝地区開発計画

 竹芝地区開発計画が進んでいる。

170224AlberoGrande1.jpg

↑浜松町駅と再開発地を結ぶ歩道整備

170224AlberoGrande2.jpg

↑建築計画のお知らせ

170224AlberoGrande3.jpg

↑今週の作業予定は地盤改良工事が並んでいた

 都立産業貿易センター跡地の再開発でだいぶ広い土地である。角の透明な仮囲いからは杭打ち機が並んでいるのが見えた。2019年度の竣工を目指すらしいが、3年後が楽しみである。

  1. 2017/02/26(日) 00:04:13|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石川台キャンパスに7号館が建っていた

 久々に東工大石川台キャンパスを訪れた。

 大学の研究室があり、学部4年生の夏から修士2年までの3年弱通った場所である。補足しておくと学部4年生の夏までは緑ヶ丘に研究室があり、引っ越したからであって別に研究室に所属するのが遅れた訳ではない。

 大岡山キャンパスから石川台キャンパスへ区道のアンダーパスを歩いてくぐるのではなく、いったん区道に出てから横断歩道を渡るようになっていたのは驚いた。また、それ以上に石川台キャンパスの区道側に大きな建物が建っていたのも驚きであった。

161217ishikawadai.jpg

↑区道に面して建つ石川台7号館

 東京工事中大学と揶揄されるように常にどこかで工事中の大学だが、スペースがないだろうと考えていた石川台にもこんな建物が建つとは思わなかった。おかげで1号館の前は中庭のような景色である。建物の老朽化に伴い建て替えを行わないと追いつかないと捉えればいいのだろうか。それとも予算があると思えばいいのだろうか。

  1. 2016/12/19(月) 21:35:36|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「東大付属」を経由するバス

 新宿西口で「東大付属」を経由するバスを見た。

161026toudai-bus.jpg

↑東大付属の文字が見える京王バスの電光掲示板

 東大って言ったら本郷か駒場で、新宿と永福町じゃないだろう、そもそも東大付属って何だよ、と思って調べたら東京大学教育学部附属中等教育学校という学校があるそうだ。

 特に双子の研究をしていることで有名だそうで、双子の枠があるそうだ。FAQを見ると東京大学へ優先的に入学することはできますか?なんて質問があるが、できないそうだ。考えてみたら国立大学の付属高校でエスカレーターのところは知らない。

 そんな学校があるとは知らなかった。本郷か駒場にありそうなものだが、なんで中野区にあるのだろう。

  1. 2016/11/08(火) 22:42:53|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

放射第3号線(目黒通り)の事業が完了した

 放射第3号線目黒通りの拡幅・電線地中化完了を見てきたの関連。

 放射第3号線(目黒通り)の事業が完了したそうだ。

↑自然教育園前の道路

 最後に残っていた自然教育園の区間が終わり、完了したということだ。自然教育園は文化財に指定されているとかで簡単に用地買収できないと聞いていた。

 具体的には、文化財保護法の規定により現状変更許可書を文化庁長官に提出し許可を受ける必要があり、自然環境に配慮した道路構造が求められていたということだ。もともと自然教育園に生えていた木の配置を考慮し、伐木せずに緑地帯の一部として残すなどの対応をとったそうだ。

 自然教育園に隣接した土地にシールド発進のためのSMW立坑を設置していたが、これも前任から地下水環境を変えないこと、という条件を付されていたと聞いた。

 都市計画法、道路法は土木業界ではけっこう強い法律だと思うが、他にも強力な法律があるものだと思う。

  1. 2016/05/07(土) 22:37:52|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初めて国分寺駅で下車した

 国分寺で飲み会があり、初めて下車した。

 国分寺駅は中央特快も停車する駅であり、西武国分寺線、多摩湖線との乗り換え駅でもある。その割に下車はおろか乗り換えすらしたことがない。駅に何があるかも知らず、知らない街を歩けるうれしさでワクワクしながら降りた。

160416kokubunji1.jpg

↑北口の再開発で20mくらい掘り下げていた。親杭横矢板が並ぶ姿は圧巻である。上部と下部にある腹起こしはグラウンドアンカーでも併用しているのだろうか。

160416kokubunji2.jpg

↑掘削している箇所のさらに北側は更地になっていた。

160416kokubunji3.jpg

↑通りにロケットマンホールというのが並んでいた。国分寺は宇宙開発発祥の地らしい。

160416kokubunji4.jpg

↑駅に近い箇所にはもっとも新しいイプシロンロケットが描かれていた。

 駅北口で再開発を行っており、大規模であった。雑踏の中、足を止めて広い立坑を眺めてしまった。昭和30年に日本初のロケットの水平発射実験を行ったとかで、ロケット開発の街としても売っているのを知った。知らない街を歩くのは楽しいものだ。

  1. 2016/04/19(火) 00:22:22|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

未来的な西新宿の地下歩道「タイムズアベニュー」

 西新宿の地下歩道「タイムズアベニュー」が未来的である。

160313timesavenue1.jpg

↑人のいない通路

160313timesavenue2.jpg

↑間接照明を主に配置し近未来感がある

 「エヴェレスト 神々の山嶺」を見に行ったときのこと。新宿中央郵便局に用事があり、せっかくなのであんまり利用しない地下鉄丸ノ内線西新宿駅で降りた。降りた西新宿駅から新宿駅に戻るように歩くと青梅街道の下に新しい地下道が伸びていた。日曜日とあって閑散としており、近未来感と不気味さを兼ね備えたなんとも言えない空間が広がっていた。

 調べてみると平成23年に開通し、新宿歩行者専用道第2号線(タイムズアベニュー)という名前が付いているらしい。

 東京メトロ丸ノ内線西新宿駅から新宿警察署前及び野村ビルにつながる新宿歩行者専用道第2号線(タイムズアベニュー)が5月に完成し、交通開放を行いますのでお知らせします。

西新宿地区の地下歩道(タイムズアベニュー)が延伸|東京都

 映画の撮影には向いていそうな場所だ。でも平日朝にはサラリーマンでごった返しているに違いない。

  1. 2016/03/15(火) 00:00:54|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有栖川熾仁親王の銅像

 都立中央図書館の企画展「東京の鉄道史」に行く際、有栖川宮記念公園を通った。

160313arisugawamiya_1.jpg

↑有栖川熾仁親王の銅像

160313arisugawamiya_2.jpg

↑有栖川宮記念公園の梅

160313arisugawamiya_3.jpg

↑オシドリが並んで浮かんでいた

 公園の名前の割に有栖川宮って誰?と思い、銅像があるみたいなので見に行った。帰ってからWikipediaで調べてみると、有栖川宮熾仁親王というそうだ。天保6年の生まれ、明治28年に61歳で薨去されている。和宮親子内親王と婚約していたことで知られると書かれている。幕末から明治の動乱を駆け抜け、初代元老院議長などを務めたお方らしい。Wikipediaの内容を読むところ、大河ドラマが1本書けそうな経歴の人だ。

 名前の通り、元は有栖川家の御用地であったが、有栖川家が断絶すると引き継いだ高松宮家がのちに公園地として東京市に下賜されたという経緯があるとのこと。今は断絶しているものの、こうやって公園の名前として残り、周辺の住民に愛されているのは宮様も悪くないだろう。

  1. 2016/03/13(日) 23:49:25|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

青梅市郷土博物館の企画展「青梅の峠と坂」を見に行った

 青梅市郷土博物館の企画展「青梅の峠と坂」を見に行った。

160117oume-museum_02.jpg

↑多摩川にかかる鮎美橋。歩行者、自転車のみ。

160117oume-museum_05.jpg

↑鮎美橋から上流の様子。岸辺に崖地があってこの辺から上流が渓流と感じる。

160117oume-museum_08.jpg

↑青梅市郷土博物館

160117oume-museum_13.jpg

↑千ヶ瀬で梅が咲き始めていた。

 山を歩いていて峠を越えることはよくあるし、奥多摩の山の入り口である青梅も都県境の尾根を歩いたときに通ったことがある。特に水口峠は「みずのもととうげ」と読むのが漢字の読みと一致しないのでよく覚えていた。

 展示物は峠を越えた石灰の俵や大八車のミニチュアなど。個人的にはそれぞれの峠が詳細な地図と写真で紹介されていることを期待したが、どちらかというと民俗的な展示物が中心であった。ただ、各峠の紹介文のコピーが自由に取れるようになっていたのが良かった。

 水口峠の説明は以下のとおりだ。

 沢の水源の近くにある峠であるため「水元みずのもと峠」、あるいは「水口みずのもと峠」とも称するようになった。峠の南側直下には馬蹄形をした湿地があり、上成木地区では唯一の水田として、大正時代まで稲作が行われていたと云う。

(以下略)

峠解説シート3 「水口みずのもと峠」(成木七丁目)

 また、職場でよく聞く「梅ヶ谷峠」。みんな「うめがたとうげ」と呼んでいるように聞こえるのだが、字面を見ると「うめがやとうげ」に読める。峠解説シートによればうめとルビが振ってあったので「うめがた峠」なのだろう。

 特徴的な読み方を知ることができたのはよかった。

  1. 2016/01/17(日) 22:12:37|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ