山ノ中ニ有リblog

登山とか、Macとか、日記とか

Yahoo!で「三宅島 ブログ」を検索すると候補に中山の文字が見られる

 サーチエンジンで三宅島のブログを検索すると初めの方に見つかると何度か聞いたことがある。しかし、私が探してもなかなか見つからない。よっぽどニッチな単語を組み合わせて検索しているのだろうと思っていた。

 しかし、あるとき「Yahoo!で検索したら」と条件を教えてくれた人がいた。私は普段Googleを使っているので気付かなかったようだ。Yahoo!で検索したら候補に中山の文字が見られた。

161024yahoo.png

↑Yahoo! で「三宅島 ブログ」で検索すると候補に中山の文字が見られる

 Yahoo! で「三宅島 ブログ」で検索しても、Google同様、私のブログが高い順位で現れるわけではない。私は今は三宅島に住んでいないし、三宅島に住んでいる中山姓は、私ともう1人いたが、私とほぼ同時に島を離れた。その人はブログをやっていたとは聞かない。三宅島に中山という地名や山も聞かない。

 どういう需要で私の名前を使って検索している人がいるのか知りたいけど、ちょっと怖いような気持ちである。

  1. 2016/11/19(土) 06:38:54|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中山 有のプロフィール2016

 私はblogのプロフィールとしてだいぶさらけ出した情報を載せているのだが、それは私がやましいことをしていないと思っていることと、大した注目を集めないblogが炎上はしないだろう、という安易な考えによる。

 でも、ここ数年Twitterでの炎上などを見ると、普段注目されているかどうかはあまり関係がないようだ。炎上の要素があればどんなに取るに足りないささいな人物でも出身から住所まで明らかにされてしまう。また、私がやましいことをしていないと思っても、傷つく人もいるかもしれないし、不快に思う人もいるかもしれない。

 職場の研修でそんなのを見て、私のプロフィールをもう少し簡潔にすることにした。2010年に書いたプロフィールなので更新したいとも思っていたのでちょうどいい機会である。エントリーがblog-entry-3333となったのを機にこのエントリーをアップロードする。元のプロフィールの内容は非公開にする。

 私を説明する要素はこんなものだろうか。少なくとも上記の属性を持つ人間は私しかいないだろう。

 前に自分とは何か?を記事にしたが、自らを定義できるだけの最小の属性を書き出してみるのは、なかなかに難しく面白い。プロフィールの言葉通り横顔が見える程度に書けただろうか。

  1. 2016/05/25(水) 00:43:36|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

fc2ブログでコメント書き込みができない場合の対応の1つ

 自分のblogになぜかコメント書き込みができなかった。

 コメントに対して返事しようと思っても「書き込みが制限されています」とメッセージが出て何が原因かわからない。書き込む内容には人を罵る内容や成人向けのワードは見当たらない。普段ならだんだんどうでもよくなって返事しないで終わるのだが、2件も書き込まれているとあまりにも筆不精と焦った。

 やきもきしてfc2のヘルプの入力フォームから質問してみると、答えは簡単であった。

お問い合わせいただいた件に関してですが
弊社にて調査を行いましたところ、
環境設定>ブログの設定「禁止設定」ページにて
お客様のIPアドレス(またはhosts)が、ブラックリストとして
コメントできないよう設定されておりました。

 調べてみると、確かにいくつかのIPアドレスを禁止している。指定した覚えはないのだが、そうとう前にジャンク書き込み(?)に手を焼いて禁止したのだろう。すべてのIPアドレスを禁止IPから消去したら書き込めた。

 なんで自分のIPアドレスまで禁止IPにしていたのだろうか。合理的な理由が思い浮かばない。

  1. 2016/05/09(月) 23:22:59|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土木技術カテゴリを独立させた

 科学・技術カテゴリから土木関係の記事を土木技術カテゴリを独立させた。

 仕事柄、土木技術に関するネタが多く、半分くらい土木っぽいと思って振り分けてみた。地震や火山などは科学の側面も大きいので悩み、科学・技術カテゴリに残した。そんな感じで適当に分けたら1/4が土木技術カテゴリになった。

151004toyama_31.jpg

↑最近見た土木構造物、新湊大橋(富山に観光に行ってきたより)

 科学・技術カテゴリは名前が似ているので、科学全般カテゴリと名前を変えた。

 年がたてば自然と興味も移っていくので、柔軟に書き換えていこうと思う。

  1. 2015/10/24(土) 21:09:12|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ブログのエントリが3000に達した

 ブログのエントリが3000に達した。

150604entry3000.png

↑3000番目の記事

 現在公開していないものや削除してしまった記事もあるので厳密には3000未満である。でも2900は越えているだろう。標高なら甲斐駒ヶ岳(2,967m)くらいだろうか。

 これまで日記は三日坊主だったので、このblogがこれほど続くとは思っていませんでした。

山ノ中ニ有リblog 本年のあいさつ2010

 と、前に書いた思いは変わらないので、改めて書き続けていることに自分でも驚いている。

 たぶん、日記とblogは異なるものなのだろう。書きためて一度にアップロードしているときもあるし、私が書いているのは必ずしもその日のできごとではない。7年間も書き続けているってのは、つまり暇なんだろうな。

  1. 2015/06/04(木) 23:03:20|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Amazonアソシエイトを使ってみた

 fc2ブログのマイショップ機能が終了したそうだ。

150521myshop.png

↑マイショップ機能の終了のお知らせ

 fc2ブログのマイショップで検索しても何もヒットしないと思いながら、ときどきマイショップ機能が機能するかどうか試していたら、上のような画面が出た。

 それならそれで機能を終了する1ヶ月くらいまえに知らせてくれてもよさそうなものだ。勝手にサービス始めるのはいいが、勝手にサービス終了するのはちょっといただけない。ひょっとしたらメールで知らせているのかもしれないが、気づかなかった。

 代替手段として示されているAmazonアソシエイトを調べてみると、要はアフィリエイトみたいだ。別に宣伝して金がほしいとは思わないが、代替手段ならと使ってみた。

150521amazonassociate.png

↑Amazonアソシエイトのトップページ

 Amazonのアカウントを使って登録する。アフィリエイトのリンクを貼るサイトの説明やどうやって宣伝しているかなど答えようのない質問で少し困る。途中、電話をかけて電話からPINコードを入力するという面白い本人確認を行った。報酬目的ではないので、銀行振り込みではなく、Amazonギフトとして受け取ることにした。

150521link.png

↑貼り付けた商品

 何はともあれ登録できたので試しに商品を貼ってみた。とりあえずは商品の紹介はできるようだ。

  1. 2015/05/22(金) 00:01:22|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

fc2ブログのマイショップで検索しても何もヒットしない

 fc2ブログのマイショップで検索しても何もヒットしない。

150514myshop.png

↑マイショップの検索画面

 私はよく読んだ本について記事を書くときにfc2ブログのマイショップで商品を検索して載せている。その方が本などのイメージがわきやすいからだ。アフィリエイトはよく分からないのでやっていない。

 5月連休くらいから検索しても何もヒットせず、ときどきそんなこともあるので、しばらく待っているが、いまだに改善されるようすがない。同じ問題を抱える人も多いらしく、FC2ブログ ユーザーフォーラムをみると4月30日から検索されない状態が続いているようだ。

 いままでマイショップで検索した商品を載せていたので、保守的な私としてはなかなか変えられない。早く対応してほしいものだ。

 続き:Amazonアソシエイトを使ってみた

  1. 2015/05/14(木) 23:49:11|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅村伊豆の畑カテゴリを新設した

 三宅村伊豆の畑カテゴリを新設した。

 畑をやって3年目、大した作物もないが、暇つぶしにちょうどよく記事も多い。なのでシュノーケル・ダイビングカテゴリと並んでカテゴリを新設した。

140803tomato.jpg

↑ミニトマト

 これもあとはサトイモの収穫くらいしか記事の更新はないけど、整理にはちょうどいい。

  1. 2014/10/13(月) 23:00:02|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

シュノーケル・ダイビングカテゴリを新設した

 シュノーケル・ダイビングカテゴリを新設した。

 三宅島で何度か潜っていて写真も撮っており、三宅島カテゴリに入れていたが、ある程度の記事の量ができたので独立させることにした。

140920oofunato_17.jpg

↑クマノミとツノダシ

 夏しか記事が増えないけど、自分で魚の名前を探し出しやすくなる。

  1. 2014/10/13(月) 22:59:19|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

相手の反応を過剰に期待する既読スルー

 ネットを見ていたら既読スルーに関する記事があった。

 ついつい気にしてしまう人も多いLINEの「既読スルー」。以前「女性がLINEの「既読スルー」を極度に嫌がる理由」で、女性がもっとも恐れることは、怒鳴りつけたり嫌味を言われるよりも、相手との関係性を断つ「無視」であるとご紹介しました。だから、既読スルーを極度に嫌がる人が多い、というわけですね。

「女性のLINEのここが嫌!」ネットだからいえる男のホンネ大暴露 | ニコニコニュース

 私自身はスマホを持っていないのでLINEを使ったこともないし、そんなことに煩わされることもない。しかし、SNSではありがちな問題だし、ネットワークでは前からある現象ではないだろうか。2000年ごろはウェブページにカウンターをつけてキリ番とったら報告を、みたいなサイトが多くあった。

 グループウェアのLotus Notesでも受信者がメールを開いたことを送信者に知らせる「受信確認」というオプションがある。Lotus Notesの使用経験からすると、送信者が受信した、と分かったとたん、電話がかかってきて「メール読んだでしょ」と内容説明をされることがある。こちらの都合関係なしなので、「受信確認」機能を使う人のメールは開くことをちゅうちょしてしまう。これは送信者にとっては便利だが結果的に利便性を下げているような気がする。

 根底には相手に対する過度な期待があるような気がする。LINEであれば「私の書き込みを読んだのだから、何か返事するのが礼儀(?)でしょ」、キリ番なら「私の作品を鑑賞したのだから、当然何らかの感想を抱くでしょ」という期待である。そしてその期待は相手とつながりたいというSNSの趣旨を相手に強引に押し付けた結果のような気がする。

 ひるがえってこのblogは何なの、blogだってSNSの一種でしょ、あなたは相手に何を期待しているのと言われると、私はblogを使って人とつながりたいというわけでもない。知らない人との付き合いは煩わしいと感じるたちなので、積極的に連絡を取り合いたいとは思わない。じゃあ何のためにblog書いているの、というと、ことのはじまりが「山行記録置き場の跡地」なので、何のためかと問われても何とも答えにくい。

 しいてあげるなら自己顕示欲である。自己顕示欲だが、承認欲求はたいしてもっていないため、ただ書いているだけ、感想は求めない、という態度である。だからFaceBookやLINEみたいなSNSは積極的に使いたいと思わない。たぶん人に迷惑をかけているとは思わないのでこれがちょうどいいだろう。

  1. 2014/02/10(月) 01:28:47|
  2. blog/webpage
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ