島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

国鉄中央線中野三鷹間複々線化の映像

 BS12 トゥエルビ 発掘!鉄道記録映像#9「都市鉄道の誕生」を見た。

 昭和36年から8年間に及ぶ中央線中野三鷹間高架四線化工事をまとめた記録映像である。

 要は土木工事の記録であり、柱の方式、深さ8mに及ぶ深礎など映像とともに解説が流れた。

 特に難工事として示されていたのが吉祥寺駅と鋭角に交差する水道道路の80mの桁かけである。北側はクレーンを使用し、騒音を抑えるためハイテンションボルトにより剛結していた。クレーンの入らない南側はベントを使って曳家のようにして分割した桁を搬入していた。

 また、荻窪駅の地下歩道はシールド工法を用いていると説明していた。線路下の低土被りでシールド工法を使うのは珍しい。映像を見ていると開放式シールド、ベルコンによるずり出しであった。驚いたのはエレクタを使わない作業員の手持ちによるセグメント設置であった。キーセグメントは半径方向挿入型でジャッキも使わず3人くらいで持ち上げていた。

 工事費は260億円とずいぶん安いが、物価上昇前の価格なのだろう。ラッシュ時混雑率は254%から198%へ下がったそうだが、依然として高い。

 この勢いで三鷹立川間も複々線化してくれればよかったのにと思う。今では需要が見込めないため中央線は立川まで複々線にできるか|日経コンストラクション、JRは複々線化に乗り気でないようだ。

 貴重な映像には面白いものが多い。コンテンツにお金をかけられない場合はこういった古い記録映像を流してほしい。

  1. 2017/06/22(木) 00:09:51|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

仮囲いの減った調布駅

 久しぶりに調布駅に行った。

 翌日の出張のため三宅島から飛行機で出た。調布飛行場からバスで15分ほど調布駅に着いた。

170514choufu_01.jpg

↑囲いが減った調布駅北口

170514choufu_02.jpg

↑駅は新宿寄りのビルに含まれていて目立たない

170514choufu_03.jpg

↑北口と南口の道路は結ばずにそれぞれロータリーにするようだ

 3年前にはすでに地下化されていたが仮囲いが並んでまだまだ工事中であった。3年ぶりに見た調布駅は仮囲いが減ってはいたがまだ残っていた。調布駅はビルの一部になっていたが、ビルは開業しておらず仮設っぽい入り口であった。北口と南口に道はあるが、両者は繋がずに独立したロータリーになるようでちょっと不思議な駅前風景になりそうだ。

  1. 2017/05/15(月) 00:24:59|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉄道敷設法通りに鉄道が建設されていたら、という地図

「もしも戦前の鉄道敷設計画がすべて実現していたら?」という記事が興味深い。

 戦前に制定された鉄道敷設法通りに鉄道が建設されていたらという想定で時刻表巻頭の案内図風の地図を作った人がいる。

 土地鑑のある関東甲信越を見ても全く知らない路線が多い。鴨川線、小見川線、川島線、菖蒲線、城南線など。盲腸線をつなぐ路線は興味深い。吾妻線終点の大前駅から菅平、豊野を結ぶ菅平線、足尾と日光を結ぶ日光線、河口湖から富士宮を結ぶ朝霧線など。やっぱり盲腸線となっている烏山線烏山駅が茂大線の乗換駅になっているのも面白い。よく見ると私鉄も奥多摩駅から奥多摩湖までの西武鉄道、橋本から相模中野までの京王相模原線、箱根を越えて三島に到達する箱根登山鉄道など、細かい未成線が載っている。

 スチームパンクのようにこんな鉄道が発達した世界だったら、鉄道の旅も充実するだろうと想像する。

  1. 2017/02/15(水) 00:05:53|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ロングシートの西武秩父発池袋行き快速急行

 西武秩父発池袋行きの快速急行がロングシートだった。

170211kumotori_152.jpg

↑ロングシートの快速急行池袋行き

 西武秩父から西武秩父線で横瀬駅の温泉まで移動したときのこと。ちょうど快速急行池袋行きが待っていた。西武池袋線への直通列車は利便性が高いと思ったが、ロングシートであった。1時間40分も揺れることを想定するならクロスシートの方が快適だが、ちょっと残念である。

 もっとも私は横瀬で降りるし、風呂入った後も東飯能までしか行かないので普通飯能止まりで十分であった。

170211kumotori_154.jpg

↑武甲山と特急レッドアロー

 西武秩父駅から見る武甲山は採掘の範囲がさらに広がったように見えた。単に雪が積もって段々が見えやすくなったからかもしれない。

  1. 2017/02/14(火) 00:00:57|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

単線の西武拝島線

 西武拝島線が単線だ。

170121seibu-haijima.jpg

↑単線の西武拝島線

 昭島へ自転車で行った際、踏切で単線ということに気づいた。新宿まで急行列車が走る路線だが、一方で日中は1時間に4本しか走っていない路線だ。部分的に用地は確保してあるようだが、これから周辺の人口増や西武新宿線の輸送力増強が進めば複線にするのだろうか。

  1. 2017/02/09(木) 00:44:44|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横川駅前の排水溝の蓋がラックレールのようだ

 横川駅前の排水溝の蓋がラックレールのようだ。

170129suzaka_27.jpg

↑ラックレールのような排水溝の蓋

170129suzaka_29.jpg

↑横川駅前にあった機関車の動輪

 横川駅で乗り換えに時間があり、駅そばを食べたあとうろうろしていた。駅前のおぎのや本店の様子をのぞいていたが、満腹だったので飯には興味が湧かず、足元の排水溝に目を向けた。そこにはラックレールで作ったような排水溝の蓋であった。ラックの歯がちょうど穴抜きになって水が落ちるようになったいる。駅舎の柱にレールが使われているのは見るが、排水溝にレールが使われているのは見たことがない。構造デザイン的にも優れるレールの再利用だと思う。

  1. 2017/02/01(水) 00:01:11|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

軽井沢発横川行きのJRバス

 軽井沢発横川行きのJRバスに乗ってきた。

170129suzaka_24.jpg

↑軽井沢発横川行きバス

 在来線を乗り継いで帰京していたが、碓氷峠を越えるバスは週末パスではフリー乗車の対象とならない。510円を払って乗車する。途中停車がなく運賃定額のためか前払いであった。

 乗客は私を含めて20人足らず。1両編成の列車でも余裕があるくらいの人数なので鉄道では採算が取れないだろう。昔は特急あさまが行き交う鉄路の大動脈であったが、新幹線にその座を譲ってからは寂しいものだ。

 道は軽井沢駅を出て南へ向かい、入山峠を越える国道18号沿いであった。何気なく車窓を眺めていたら入山峠の手前で碑と折り鶴と花が見え、スキーバスの事故がここと知った。峠より軽井沢よりのため、さほど勾配はなくそんなに加速するような場所には見えなかったが、カーブは多かった。

 入山峠は10年前に横断した。どこで道に降りたか見たが一瞬で通り過ぎてしまい、思い出せなかった。下りはつづら折れで退屈でいつしか寝てしまい、気づいたら横川駅についていた。

  1. 2017/02/01(水) 00:00:14|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

JR篠ノ井線姨捨駅のスイッチバック

 JR篠ノ井線姨捨駅がスイッチバックになっている。

 松本から長野へ篠ノ井線に乗って移動した。姨捨駅を発車すると列車が反対向きに走り出したので驚いた。車窓からようすを見ているとスイッチバックして再度折り返し、姨捨駅の下を通って行った。

170128matsumoto_47.jpg

↑姨捨駅の下を通り過ぎる

↑姨捨駅周辺の地形図。スイッチバックしている。

 今どきスイッチバックなんて珍しいので車窓を眺めていた。そのあと桑の原信号場というところでまたスイッチバックして特急しなのの行き違いを待っていたので標高差が大きいようだ。

170128matsumoto_48.jpg

↑姨捨駅からしばらくして雪の善光寺平がよく見えた

 ずいぶん標高の高いところのようで、車窓からは善光寺平が一望できた。日本夜景遺産というものにも選ばれているようで姨捨駅周辺の景色は有名なようだ。

  1. 2017/01/31(火) 00:00:57|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

週末パスを使った

 松本と長野に行くのに週末パスを使うことにした。

 一番安い方法を探して週末パスにした。高速バスやあずさ回数券/新幹線回数券の利用も検討したが、区部まで1時間近くかけて出るのも精神的なロスが大きいので普通列車で回るのが一番安いという結論に達した。普通列車なら青春18きっぷが一番安いが、今は発売されていないししなの鉄道には乗れない。その代わり、週末パスという土日に限り関東甲信越及び南東北のJR東日本と主だった地方鉄道が乗り放題のパスを買うことにした。

170127weekendpass.jpg

↑週末パスとご案内1とご案内2

 東福生起点で普通乗車券を組み合わせると8,658円、週末パスなら8,730円(いずれも軽井沢ー横川間のJRバスは含まず)である。普通乗車券の方が安いが、東京近郊区間ではないので経路が限定される。週末パスなら経路は限定されず途中下車が可能だ。長野から長野電鉄で足を伸ばすことも考えていたので週末パスを使うことにした。

 週末パスは18きっぷと異なり、特急券を買えば特急券にも乗れるので帰りが遅くなりそうなら特急に乗るという選択肢もある。特急券の買える自動券売機で発券できるのもよい。ただし、前日までの発売なので土曜日の朝に買うことはできない。

 電車に乗ってばかりの旅をするにはいいきっぷだと思う。

  1. 2017/01/30(月) 23:23:32|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

燃料輸送を担う横田基地専用線

 昭島に映画「傷物語III 冷血篇」を見に行ったとき、拝島駅の周辺で横田基地専用線を横断した。

170121yokota-railway1.jpg

↑玉川上水をまたぐ平和橋付近の横田基地専用線

170121yokota-railway2.jpg

↑横田2号踏切

170121yokota-railway3.jpg

↑横田2号踏切からみた横田基地専用線

170121yokota-railway4.jpg

↑横田2号踏切にあった警告文

 地図を見て横田基地専用線があるのは知っていたが、実際に見たのは初めてであった。毎日運行しているわけではないので線路があるだけだったが、基地につながっている線路というのは珍しい。調べてみたら燃料輸送に使われているようだ。

 1970年頃までは物資輸送用に使用されていたため第5ゲート前まで延びていたが、その後は燃料輸送のみとなり半分ほど撤去された。鶴見線安善駅に専用線が接続する鶴見貯油施設より週に数回燃料輸送のための貨物列車が南武線・青梅線経由で運行されている。

拝島駅 - Wikipedia

 国土地理院の25,000分の1地形図を見ると拝島駅の線路が複雑で、2回スイッチバックしないと青梅線から横田基地専用線に入れなさそうだ。西武拝島線を平面交差でまたぐというのも何だか不思議だ。

 燃料輸送の線路は兵站としては弱点になりそうだけど、当然横田ラプコンのお膝元だし、専用線が壊されるより舟運を妨害される海上封鎖の方が可能性が高いだろうか。

  1. 2017/01/25(水) 00:00:59|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ