島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

MacBook Airのストレージが8割ほど埋まった

 MacBook Airのストレージが8割ほど埋まってしまった。

170618storage.png

↑「このMacについて」で見られるストレージの使用状況

 私は音楽も聞かないしMacで映画を見たりもしないので、買うときのBTOではデフォルトの256GBのままにした。

 しかし、気づけば8割ほどストレージが埋まっていた。「このMacについて」で内訳を見ると半分以上がシステムであった。システムフォルダは8GB程度なので、システム以外のファイルもカウントしているようだ。

170618system.png

↑システムフォルダは8GB程度

 BTO時に512GBにしておけばよかったのか、外部ハードディスクに保存した方がいいのか、そろそろ買い換えてもいいのか、いろいろと考えてしまう。

  1. 2017/08/23(水) 20:55:59|
  2. コンピュータ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京駅八重洲南口のバス乗り場が立派になっていた

 東京駅八重洲南口のバス乗り場が立派になっていた。

170817yaesu-busstop.jpg

↑東京駅八重洲南口のバス乗り場

 大学生のころ、まだつくばエクスプレスが建設中で何度か八重洲口からつくばセンター行きのバスに乗ったが、全然印象に残っていない。さわやか信州号に乗るために八重洲南口に行ったら大きなひさしができていて、液晶ディスプレイにバスの発車時刻、番線などが表示されていた。9番線まであり、平面で一直線に並んでいるのでバスタ新宿よりわかりやすい。安価に移動できる高速バスの需要は増えていると思うので便利になるのはありがたい。

  1. 2017/08/22(火) 00:05:47|
  2. 東京
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前穂高岳北尾根6峰とパノラマコースで見た花

 先日登った前穂高岳北尾根6峰は天気が悪かったが、花をよく見た。

 図鑑をみて花を調べてみた。

170818maeho_025.jpg

↑ソバナ

170818maeho_026.jpg

↑マルバダケブキ

170818maeho_029.jpg

↑センジュガンピ?

170818maeho_030.jpg

↑クガイソウ?

170818maeho_031.jpg

↑コガネギク?

170818maeho_033.jpg

↑トリカブト

170818maeho_037.jpg

↑シモツケソウ

170818maeho_042.jpg

↑オカトラノオっぽい花

170818maeho_043.jpg

↑ウスユキソウ

170818maeho_044.jpg

↑ハクサンフウロ

170818maeho_077.jpg

↑ヨツバシオガマ

170818maeho_101.jpg

↑ウサギギクっぽい花

170818maeho_102.jpg

↑ミヤマダイコンソウ

 知らない花が多く、図鑑を1ページずつめくっていく作業が多かった。花だけで葉っぱが写っていない写真はわからないものが多い。ウスユキソウもたくさん種類があって細かくは覚えられないし、ミヤマダイコンソウもミヤマキンバイと似ていて葉っぱでなんとなく区別がついた。植物を覚えるのは難しい。

  1. 2017/08/21(月) 21:59:38|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

前穂北尾根6峰に出かけてきた

 前穂北尾根6峰に出かけてきた。

 目的はデポの回収である。去年の暮れに前穂高岳北尾根に行った際、6峰で回収した食料・燃料の替わりにゴミと空ガス缶を詰めて残置したのである。そのまま雨ざらしになること8ヶ月、ゴミを残置するのもまずいし、中の缶には私の名前と電話番号が書いてあるしで、連絡が来る前に回収した。

170818maeho_086.jpg

↑回収したデポ

 天気は悪かったものの、無事回収することができた。雨に降られて景色もろくに見えず、濡れて眠れなかったが、目的を達することができたのでよかった。

2017年夏 - 北アルプス・前穂高岳北尾根6峰
http://nakayamayu.web.fc2.com/record/2017/170817maeho/

 関連:前穂高岳北尾根6峰とパノラマコースで見た花

  1. 2017/08/20(日) 21:31:44|
  2. 登ってきた
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コンパスというオンラインの登山届提出サービスがガラケーには使いにくい

 コンパスというオンラインの登山届提出サービスを使ってみた。

 山行の日にちや経由地など与えられた項目を入力すると登山届けとして提出できるサービスのようだ。項目はさほど細かくなく、無線機や保険加入の有無について講釈を垂れることもない。また、本人が下山通知を行うことで下山とし、下山通知がない場合、緊急連絡者に連絡がいくというシステムになっている。

 しかし、思った以上に使い勝手が悪く、一度作った登山届けを取り下げた。

170720compass.png

↑コンパスの入力画面

 フューチャーフォンの携帯をお持ちの方はメール受信アドレスを携帯電話に設定してください。

コンパス~山と自然ネットワーク~ | 使い方

 使い方には以上のように描かれている。私はフューチャーフォンを使っているので、フューチャーフォンで下山通知を行いたい。しかし、登山届の入力はMacでgmailのアドレスを使って行いたい。設定項目をいくつかみたが、「メール受信アドレス」の記入欄が見つからず、替わりにログインメールアドレスを記入する欄があるだけだ。フューチャーフォンから登山届の記入を行うのは面倒なので取り下げた。

 今はフューチャーフォンは少数派なので需要もないのだろう。従前通りの紙の登山届の方がしっくりくるので上高地で提出しよう。

  1. 2017/08/17(木) 00:06:00|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニクイロシュクシャが咲いた

 警察署横の階段にニクイロシュクシャが咲いている。

170815gettou1.jpg

↑円筒状に花がついたニクイロシュクシャ

170815gettou2.jpg

↑次のつぼみもできている

 3連休明けにいきなり花が咲いていたので驚いた。道で会った知り合いに聞くとショウガの類、ゲットウではないかと言われた。

 調べてみると、ゲットウは白い花でふさが垂れ下がっていてなんだか違う。Google画像検索で調べると植わっていた花に似た写真を見つけた。どうやらニクイロシュクシャのようだ。

 また一つ勉強になった。

  1. 2017/08/16(水) 00:04:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

昔の日本人の名前の構成

 常々、昔の人の姓名はたくさんあってどういう使い分けをしているんだろうと不思議に思っていた。源九郎判官義経とか、もし昔にテストや申請書の類があったら書くのがめんどくさそうだ。

 土木の雑誌に日本人の姓名に関する解説が載っていたので興味を持って読んでみた。

 鎌倉時代から戦国時代の頃の日本人は,四つの名前を持っていたと考えられています。姓が二つに名前が二つです。名前の二つは諱とみょう。仮名は前述の字名とほぼ同じく,諱を呼ばないための通称です。姓が二つあるのは,家族を表す「家名」と家族のルーツを表す「氏」の二つが使われたからです。例えば「源平藤橘」という言葉があります。これは平安時代以降,特に力を持っていた平,源,藤原,橘の四つの氏(血筋)を表します。こうした氏族の男子が成人した場合に独立した家を立てると家名をつけることになります。これが家名です。現代で私たちの姓を「みょう」というのは,これが「家『名』」の名残だからです。

(中略)

 中国では諱と字名を同時に使わないのに対し,日本では諱と仮名を同時に使う場合があり,その順番は,家名−仮名−姓−諱です。

 豊臣秀吉は,羽柴という家名を名乗っていましたが,のちに朝廷から源平藤橘に並ぶ由緒ある(?)氏族として豊臣という姓をもらっています。したがってフルネームはしばとうきちろうとよとみの朝臣あそんひでよしとなります。

宮武 裕昭,トリビア 戦国武将と土木,土木技術 72巻8号(2017.8)P.55
170811name.png

↑家名−仮名−姓−諱の構成

「朝臣」は三位以上の人の姓の下,四位の人の名の下に付けて敬意を表す(Mac OS付属の辞書.app スーパー大辞林)だそうだ。

 諱は本名であって言霊に呼びかけるのを避けるために仮名を使うというのはなんとなくわかる。なので、中国では名乗らない諱を日本では名乗ってしまうあたりに変な感じがする。

 また、ルーツを示す姓とそこから独立した家を示す家名は現代ではちょっととらえづらい。戦場で名乗るのに短いと締まらないとか、戒名みたいに長いと偉いような風潮があったのだろうか。

  1. 2017/08/15(火) 23:19:32|
  2. ことば
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八ッ場ダム命名の謎

 八ッ場ダムはもともと字八ッ場ではないところに造るはずだったそうだ。

「八ッ場」というのは,現在のダムの左岸にあたる地名です。正式には群馬県吾妻郡長野原町大字川原畑字八ッ場となります。この地先名がダムの名前の由来・・・と言われていますが,そこにはちょっとしたミステリーがあります。

 八ッ場ダムという名前について記録をさかのぼってみると,1949年2月に当時の建設省が策定した利根川改修改訂計画の中の附図に吾妻川に堰堤の計画があり,その名前が「八ッ場」となっています。また,1952年にダムの建設計画が公表されますが,当時の反対運動の写真アドからこのダムが既に「八ッ場ダム」として知られていたことがわかります。

 1967年には,建設省のダム事業着手となり,八ッ場ダム工事事務所が開設され,現在,2018年度の完成を目指して工事は最盛期を迎えています(写真ー3)。

 ここまではなんの不思議もない歴史なのですが,ダムの計画を検討する中で当初有力視されていたダムの位置は,現在よりも600m程下流の位置だったのです。地名でいえば左岸側:東吾妻町大字松谷地先,右岸側:東吾妻町大字三島地先でした。計画の検討を進める過程で,周辺の吾妻渓谷の景観への配慮などから600mほど上流の現在の建設地に移動したのです。それが昭和48年のことです。上述の通り,その頃には既に八ッ場ダムという名前はすっかり定着していました。なぜ25年も前の利根川改修計画に簗場ダムという地名が記されていたのか,今でもよくわからないようです。

宮武 裕昭,トリビア 戦国武将と土木,土木技術 72巻8号(2017.8)P.55
161119yanba-dam_08.jpg

↑ダム堤体から下流にかけての工事のようす(八ッ場ダムの工事を見学してきた

 ダムの名前というともっと広い地名をつけるイメージがあるので、そもそも大字をダム名につけることに違和感がある。徳山ダムなら徳山村だし、小河内ダムなら小河内村だし、黒部第四ダムなら黒部川だし、湖畔を考えれば広い範囲の地名をつける方が自然な感じがする。反対運動があったことからダムを忌避すべきものとしてごく狭い大字名をつけたのだろうか。

 結果的に八ッ場と書いて「やんば」と読む変わった地名は全国で知られる名前になっているのでなんだか不思議である。

  1. 2017/08/14(月) 00:03:07|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

為朝の打ち抜き岩を見てきた

 為朝の打ち抜き岩を見てきた。

 前にも行ったことがあるのだが、行ったことがない人を案内して行った。しかし、私も正確に道を覚えていなかったのでやや手探りであったが、たどり着けた。

170811uchinukiiwa2.jpg

↑ツル根崎側から見た為朝の打ち抜き岩

 改めて見てみると為朝の打ち抜き岩だけ磯に立ち上がっていて、まるでホチキスの針を立てたかのようだ。周りの岩は風化して崩れてしまったのだろうか。その割に打ち抜き岩自身も上部は堆積岩で崩れているところがあり、一概に岩質によるものとは言えなさそうだ。

 私自身は地質学のたしなみがないので誰か詳しい人に聞いてみたい。

  1. 2017/08/13(日) 17:23:21|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日葉興産のうどん卯月

 伊豆の明日葉興産のうどん卯月でうどんを食べた。

170811ashitaba1.jpg

↑明日葉興産のうどん卯月

 場所は都道沿い、伊豆岬入口と平山橋の間の海側。以前から明日葉興産の看板は見ていたが、最近うどん屋さんを開いたと聞く。

170811ashitaba2.jpg

↑ざるうどん大600円

 ご主人1人で切り盛りしているからか昼の混雑時は時間がかかる。うどんは弾力があってうまい。明日葉の香り・味は私にはよくわからなかったが、同席した人はのどを通るときに明日葉の風味を感じると述べていた。昼も夜もやっているようなので夜にも訪れてみたい。

  1. 2017/08/12(土) 00:01:39|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ