島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

畑でコゲラを見かけた

 草むしりの前に頭上の木の上からトットットットットという音が聞こえてきた。

 雨だれの音に似ていたが、雨は降っていない。頭上を見るとコゲラが木をつついていた。

170625kogera.jpg

↑コゲラ

 この島でカラス以外の鳥とこんなに近いことはあまりなく、木をつつくのに忙しそうなのでカメラを向けても逃げなかった。家に帰ってから三宅島の自然ガイド―エコツーリズムで三宅島復興!を開いて探したら羽の模様から察するにコゲラのようだ。

 鳥はどこにいるか見つけにくいし、すぐ逃げてしまうし、あんまり鳥を見ようと思うことがない。幸運にもこうやって見られる機会があるとうれしい。

  1. 2017/06/27(火) 00:05:13|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトの様子見と1株だけ伸びそうなキュウリ

 昨日は午後雨の見込みだったので午前中に畑に草むしりに出かけた。

170625akame.jpg

↑アカメイモ

170625potato1.jpg

↑花が咲いたジャガイモ

170625potato2.jpg

↑ジャガイモは成長順調

170625tomato1.jpg

↑柄だけ挿したトマト

170625tomato2.jpg

↑苗を植えたミニトマト

170625kyuuri.jpg

↑1株だけ育ちそうなキュウリ

 梅雨を迎えて雑草の勢いが増してきた。毎週草むしりに行かないと追いつかないし、長くしゃがむのもつらい。

 トマトは3日前の風で吹っ飛んでいるかと思ったが、一応畝にまだ生えていた。キュウリもこのままダメかと思っていたが、1株は伸びそうでよかった。

  1. 2017/06/26(月) 00:43:21|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

三宅村文化会館でアニメ映画「この世界の片隅に」を見てきた

 坪田にある三宅村文化会館で映画を上映するというので見にいってきた。

170625bunka-kaikan1.jpg

↑三宅村文化会館

 三宅村文化会館は平成27年7月完成。私は平成27年3月に島を離任したので完成を見ていない。中に入ったこともなかったのでちょうどいい機会であった。中はステージとスクリーンがあり、パイプ椅子が200脚くらい並んでいた。客の入りは半分程度。

170625bunka-kaikan2.jpg

↑「この世界の片隅に」上映会

 映画の題目はアニメの「この世界の片隅に」。広報みやけに挟まれていたチラシには昨年の大ヒット映画、と書かれていたが、全然知らなかった。はやりには全く疎い。

170626konosekai.jpg

↑「この世界の片隅に」のチラシ

 戦時中の呉を描いたもので、広島生まれの主人公すずが呉に嫁ぎ、終戦を迎えるまでの話。はじめの1時間くらいは祖母の家を訪ねたり、義理の姉径子につぎはぎのモンペを直すよう言われたり、姪っ子の晴美に描いた絵を見せたりなど日常を描いている。戦況が悪化するにつれ、配給が減りご飯を煎ってから炊いて分量を増やしたり、スギナやタンポポ、スミレやカタバミを使って食卓の皿を増やしたり、工夫をする。径子と晴美の疎開に合わせて呉駅近辺まで出てきたときに空襲が起こる。

 のんびりとした性格のすずは空襲があってもさして動じることもない。おっちょこちょいなところについ笑ってしまう。絵を描くのが好きなのはいいことだが、物語の後半状況は悪化する。

 戦争を体験したことはないが、その生活ぶりは国語の教科書などでなんとなくわかる。戦争ものは悲しい物語になるのがわかっているが、感情移入して悲しくなってしまう。戦争が日常を奪い去るものであって繰り返してはいけない、という思いを新たにする物語であった。

  1. 2017/06/25(日) 20:07:46|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽虫が街路灯に集まっていた

 三七山から椎取神社にかけて羽虫が街路灯に集まっていた。

170623hamushi1.jpg

↑街路灯に集まる羽虫

170623hamushi2.jpg

↑ジャージについた羽虫

 今日は夜車を運転していてフロントガラスにバチバチと何かが当たるので気がついた。島は虫が多いが、蚊柱のようなものは見たことがない。街路灯に集まる虫がいるのは初めて知った。

  1. 2017/06/24(土) 00:04:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊豆の薬師堂の光るキノコ

 伊豆の薬師堂に光るキノコがたくさん見られると聞いて見にいってきた。

170623shiinotomoshibidake1.jpg

↑枯れ木に生えたシイノトモシビダケ

170623shiinotomoshibidake2.jpg

↑レベル補正をかけた光るキノコの写真

170623shiinotomoshibidake3.jpg

↑キノコがたくさん生えた枯れ木

170623shiinotomoshibidake4.jpg

↑この二股の木にキノコがびっしりついてまるで星明かりのようであった。

 光るキノコが見られるといってもたいてい一つの枯れ木に3つくらいが生えている程度だ。今日は枯れ木に10を超えるキノコが見られ、それも何箇所かで見られた。特に最後の写真の二股の木は100くらいのキノコが光っており、はじめキノコと気づかず月明かりが落ちているのかと思ったくらいだ。

 なんとか写真に収めたいと思ったが、PENTAX K-Xではマニュアルフォーカスにしてもピントが合わなかった。OLYMPUS STYLUS TG-835 Toughでも夜景モードで何枚か撮った写真のうち、1枚なんとかキノコの残像が見られる程度に写せた。

 PENTAX K-Xももう買ってから8年経つし、ダイヤルゲージもまた壊れてAvから切り替わらないし、新しく買い直そうかと思う。

  1. 2017/06/23(金) 23:20:07|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

国鉄中央線中野三鷹間複々線化の映像

 BS12 トゥエルビ 発掘!鉄道記録映像#9「都市鉄道の誕生」を見た。

 昭和36年から8年間に及ぶ中央線中野三鷹間高架四線化工事をまとめた記録映像である。

 要は土木工事の記録であり、柱の方式、深さ8mに及ぶ深礎など映像とともに解説が流れた。

 特に難工事として示されていたのが吉祥寺駅と鋭角に交差する水道道路の80mの桁かけである。北側はクレーンを使用し、騒音を抑えるためハイテンションボルトにより剛結していた。クレーンの入らない南側はベントを使って曳家のようにして分割した桁を搬入していた。

 また、荻窪駅の地下歩道はシールド工法を用いていると説明していた。線路下の低土被りでシールド工法を使うのは珍しい。映像を見ていると開放式シールド、ベルコンによるずり出しであった。驚いたのはエレクタを使わない作業員の手持ちによるセグメント設置であった。キーセグメントは半径方向挿入型でジャッキも使わず3人くらいで持ち上げていた。

 工事費は260億円とずいぶん安いが、物価上昇前の価格なのだろう。ラッシュ時混雑率は254%から198%へ下がったそうだが、依然として高い。

 この勢いで三鷹立川間も複々線化してくれればよかったのにと思う。今では需要が見込めないため中央線は立川まで複々線にできるか|日経コンストラクション、JRは複々線化に乗り気でないようだ。

 貴重な映像には面白いものが多い。コンテンツにお金をかけられない場合はこういった古い記録映像を流してほしい。

  1. 2017/06/22(木) 00:09:51|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鏡のウロコ取りを試してみた

 100円ショップで買った鏡のウロコ取りを試してみた。

170620urokotori1.jpg

↑スポンジに銀紙のようなものが貼り付けてある。触ってみてもヤスリのようなザラザラ感はない。

170620urokotori2.jpg

↑何回もこするとよく反射するようになった。

 何年も使っている鏡は水が揮発したような跡が白く残っている。石鹸で洗っても効果はごく一時的である。

 あるとき100円ショップで鏡のウロコ取りという商品を見つけたので買って試してみた。確かにこすると元どおりの鏡の反射を取り戻した。ただ、何回も繰り返してこすらないと汚れは落ちない。風呂に入るたびに少しずつこすっていくことにしよう。

  1. 2017/06/21(水) 00:04:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

トマトの柄を植えてみた

 トマトの柄をもらったので植えてみた。

170617tomato1.jpg

↑左は私が種から育てたミニトマト、右はもらったトマトの柄。

170617tomato2.jpg

↑種から育てたミニトマト

170617tomato3.jpg

↑もらったトマトの柄

 聞くところによると、トマトの柄だけでも土に挿しておくと根付くとか。半信半疑だが、私が作っている苗より大きく育っているので試しに植えてみることにした。合わせて大きくならないミニトマトの苗も植えてみた。さて根付くのだろうか。

  1. 2017/06/20(火) 00:08:14|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ジャガイモが風になぎ倒されていた

 畑に行ったらジャガイモが風になぎ倒されていた。

170617potato1.jpg

↑風でなぎ倒されてしまったジャガイモ

170617potato2.jpg

↑ジャガイモは花をつけていた

170617potato3.jpg

↑棒を立ててジャガイモを紙ひもで結わえた

 育ちがいいのはよいことだが、スイカやカボチャではないので地生えになっては困る。草むしりもやりにくい。とりあえず棒に結わえてみたが雨風に耐えられるだろうか。

  1. 2017/06/19(月) 00:05:40|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の1日は非生産的なことに時間を費やすに限る

 今日は1日雨。

170618rain.jpg

↑ベランダから見える水道施設に雨が当たる。

 録り貯めたアニメを見たり、A列車で行こう3Dをゲームしたり、非生産的なことに時間を費やした。

 雨の日はそれが言い訳になるので自堕落に過ごす人間にはいい天気だ。

  1. 2017/06/18(日) 21:36:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ