島ノ中ニ有リblog

島の生活とか、登山とか、Macとか、日記とか

中国と日本を股にかけて活動した王直 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」3

 長崎県五島列島の歴史は深い。教科書に載らない、地方の歴史があることを知った。実に国境の島らしい。

 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」には以下の話が載っていた。

  1. 遣唐使の南路に位置付けられており、804年の第12回には空海と最澄が福江島を訪れている。
  2. 中国人の商人、王直が種子島を訪れる前に福江島に滞在し、五島領主盛定公から一町を与えられて拠点の一つとしていた。
  3. 長崎にフランス人が大浦天主堂を建て、信仰を強めたキリシタンが神社寺院の習慣を拒否したため、明治になってキリシタン禁制が解かれても迫害の対象となった。

 特に2番目の王直の話は大河ドラマを見るような波乱の人生である。

 安徽省歙県の出身で明暦嘉靖19年(天文9、西暦1540)巨艦を造船し、明で貿易禁止になっていた硝石や綿糸を積み、広東を中心に日本、シャム、西洋諸国と往来した。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.115

 原著のワクワク感を損なわぬよう全文引用したいところだが、長いので要約する。

 天文12年7月末、王直の船がマカオに碇泊し、西洋人を3人雇う。アモイに向かう途中、海賊船に襲撃された王直は戦いを繰り広げるものの、敗走する。難破して23日間も海上を漂流した後、ようやく種子島にたどり着く。王直は砂に字を書き五島へ連絡をとってほしいと願うが通じない。やがて雇ったポルトガル人の持つ鉄砲に興味を持った種子島領主時堯は鉄砲を学ばせてほしいと依頼する。鉄砲と火薬の製造法を教授した王直は食料・薪水を積み込み出航した。これが種子島銃の元である。

 その後の運命も波乱に満ちている。1555年(弘治一)明国海軍総督は王直帰順工作を始めるが、福江の領主18代純定は取り合わない。王直の邸宅に招かれた明の使節は国賊の一族として10年投獄されていた王直の母と妻が釈放され、総督から厚遇されていること、王直が帰順すれば明の皇帝から官爵と日明通称の許可が降りると説明した。義子の汪滶が海軍総督に出向き、帰順を誓って福江に戻って来た。1557年王直は明に渡ったが捕らえられ明の世宗の命により斬首に処される。

 航海するにも危険だった頃に禁を犯して貿易を行い、東シナ海を股にかけて巨艦を動かす男は相当の桀人であろう。中国では海賊行為を働いた倭寇という悪い評価もあるようだが、大人物ゆえ毀誉褒貶あるだろう。歴史小説家が目をつけそうな人物だが、特に見当たらない。面白そうだけどなあ。

  1. 2017/05/27(土) 00:07:32|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

屋久島の降雨量 - 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」2

 屋久島の項について意外と思える記述があった。

 屋久島に雨が多いというのは伝説ですよ。去年は1年で40日しか雨の日がありませんでした。

(中略)

 屋久島電工の所長さんの話だった。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.79, 80

 その夜は島の古老、岩川さんが宿を訪ねてくださって、いろいろ楽しい話を聞くことができた。

(中略)

 いやいや屋久島に雨が多いというのは、何かの間違いです。私が若い頃には石油カン叩いて島中で雨乞いしたことがあったくらいですから。

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」(集英社文庫,1984)P.85, 88

 考えてみれば日本中に島はあるし、南西諸島も種子島や奄美大島など他にも島がある。そうかもしれないと思い調べてみた。しかし、年降水量が最も多い観測地点は4477mmの屋久島のようだ年降水量(平年値)ランキング

 島に住んでいる人は屋久島での経年変化を論じ、旅行者は直近の年での観測地点による違いを論じて差が生じるのだろうか。この感覚の違いは面白い。

  1. 2017/05/25(木) 20:16:39|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」1

 有吉佐和子「日本の島々、昔と今。」を読んでいる。

 有吉佐和子が日本の離島を訪れるルポタージュである。御蔵島を舞台にした小説「海暗」を読んだことがあり、どのようなものかと古本を購入した。昭和56年4月刊行であり、このエッセイにおける「今」は35年前のことである。ある島では石油危機のあおりを受けて重油不足に陥ったり、各国の排他的経済水域の主張による乱獲の影響を受けたりなど、当時の世界情勢がわかるのも興味深い。

 取り上げているのは以下の島である。目次から抜粋しよう。

サブタイトル
焼尻島・天売島海は国境になった
種子島鉄砲とロケットの間に
屋久島20日は山に5日は海に
福江島遣唐使から養殖漁業まで
対馬元寇から韓国船まで
波照間島南の果て
与那国島西の果て、台湾が見える
隠岐潮目の中で
竹島日韓の波浪〈番外の1〉
父島はるか太平洋上に
択捉・国後・色丹・歯舞北方の激浪にゆれる島々〈番外の2〉
尖閣列島そこに石油があるからだ!〈番外の3〉

 番外と書かれた島は領土問題となっている島であり、有吉佐和子は上陸していない。その代わり、資料の残る箇所へ赴き、経緯を探っている。

 特に興味深い島については別に記事を設ける。

  1. 2017/05/25(木) 19:53:04|
  2. 書評 - 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

桑の実がなり始めた

 桑の実がなり始めた。

170520kuwa.jpg

↑実がなり始めた桑

 いつもいく畑で何気なく木を見たら桑の実がなっていた。まだ熟していないので食べられないが、2週間くらい経てば甘くなるだろう。花や実がならないとその植物に気づかない一方、四季を感じるきっかけになるのはいいと思う。

  1. 2017/05/24(水) 00:02:37|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊ヶ谷林道にエゴノキが咲いていた

 島内にエゴノキが咲いている。

170521egonoki1.jpg

↑伊ヶ谷林道に花を落とすエゴノキ

170521egonoki2.jpg

↑見上げると鈴なりに花が咲いている

170521egonoki3.jpg

↑花弁1枚1枚ではなく、ツバキのように1輪まるごと落ちるのが特徴的だ。

 初めて見たのは大路池北岸で白いキレイな花が印象に残った。足元を見ながら歩いていても花が落ちているので見つけやすい。島の四季を感じる花の一つである。

  1. 2017/05/23(火) 23:14:03|
  2. 三宅島・御蔵島
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キュウリを植えた

 2週間ぶりに畑の草むしりに出かけた。

 先週は雨だったので様子を見ただけで2週間分の草がしっかり生えていた。

170520akame1.jpg

↑2週間ほったらかしたアカメイモ

170520akame2.jpg

↑半分くらいは芽が出ていた

170520potato3.jpg

↑ジャガイモ畑の向こう側にふた畝作った

170520potato2.jpg

↑ジャガイモの芽が出た

170520kyuuri.jpg

芽が出たキュウリを植えてみた

 2時間半ほど畑で草むしりと土起こしをしてキュウリを植えて帰った。キュウリが根付くといい。

  1. 2017/05/22(月) 00:49:34|
  2. 三宅村伊豆の畑
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宇和島市遊子に見事な段々畑がある

 宇和島市に見事な段々畑があるようだ。

 テレビを見ていたら見事な段々畑が写って見入ってしまった。段々畑は山がちな箇所の南斜面に点在するものを見ることはあるが、宇和島市遊子の段々畑は面的に広がっている。しかも1段の幅が1mから2mくらいしかなさそうだ。

 宇和島市遊子(ゆす)の山の斜面には、削り取られたような不思議な景色が広がります。近づいて見ると、石垣を要塞のように積み上げたジャガイモの段々畑が!この土地で生きていくため、先人たちが築き上げた”知恵の結晶”です。その貴重な畑にいま迫り来る”危機”が!それを守るために奮闘する地元生産者と、手を貸そうと立ち上がったイタリアンシェフの物語。

食彩の王国◇番組内容

 次に思ったのは畑とはいえ休耕期には何も生えていない裸地なので、これだけ急な斜面が崩れることはないのだろうか、という疑問である。見たところ石積みも空石積みなので練り石積みやコンクリート壁に比べると安定性に欠ける。でも昔からあるみたいだから崩れないのだろう。

 当初はサツマイモ、桑を植えていたが、現在ではジャガイモを植えているそうだ。瀬戸内海の島の斜面にはミカンの木が多いが、なんでミカンにしなかったのだろう。番組内容に触れていた危機は耕した畑に木が生えて森になり、畑が30haが2haまでに減ってしまっていることだそうだ。耕す人がいなければ緑に還るのは仕方ない。

  1. 2017/05/21(日) 21:55:31|
  2. 地図・県境・都市河川
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋烏森口「ローストビーフ油そば ビースト」

 新橋烏森口「ローストビーフ油そば ビースト」に入った。

170517beef1.jpg

↑メニュー表。ローストビーフを乗せるだけあって普通の油そばより高い値段設定。

170517beef2.jpg

↑肉増しダブル税込1,300円+麺大盛り100円

 ちょっと高そうだなと思いながらも島にいるとあんまり贅沢することもないので、肉増しダブルを頼んだ。麺が見えないくらいにローストビーフが乗せられていてひっくり返さないと麺が出てこない。最後に無料の追い飯をもらったが醤油ざらに盛られた程度の量であった。タレにからめて食べる。

 これだけ肉があるならポン酢かわさび醤油でもつけてご飯をたくさん食べたほうが幸せな気がしたが、貧乏性だろうか。

  1. 2017/05/20(土) 14:58:29|
  2. ラーメン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新橋駅にかけている大屋根

 新橋駅に大屋根をかけていた。

170517shimbashi.jpg

↑烏森口から見た新橋駅の大屋根

 遠目にもう1層上に線路を引くのかなと思うくらい大きな屋根が列車からはみ出すくらいに乗っかっていた。

 上野東京ラインの開業により更なる乗降客の増加が見込まれるため、バリアフリー化・コンコースの整備・耐震補強に加え、老朽化した旅客上家を大屋根に建て替える工事を平成22年より実施してきました。

JR新橋駅 大屋根スライド工事|巴コーポレーション

 あまりにも大きいのでどうやって搬入しているのか気になる。大きなトレーラーで持ってきて吊るのだろうか。終電から始電までの短い時間で施工するのは大変そうだ。

  1. 2017/05/19(金) 21:37:18|
  2. 土木技術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

登山における事故対策と震災対策の相似

 だいぶ前の話だが、ある大学の雪崩事故報告会を聞いてきた。

 現役部員はとりあえず年度内は対策を含めた報告書の作成に専念し、登山を行わないということであった。顧問の先生からは「危ないから登山を行わない、というのでは登山で得られてきたものもこれから得られるものもなくしてしまう」と部の存続の意見を聞けたので少しホッとした。某大ワンゲルのように解散する、というのは登山を志向する学生の選択肢を1つ消してしまう訳でなんとももったいない。とはいえ、どのように部を運営するかあるいは運営しないかは実際に活動する現役の一存で決めるべきものだし、ただOBの私が部がなくなることの郷愁に浸っているだけかもしれない。

 OBからはいくつか意見が出ていたが、web上で雪崩について「非常に危険な状態」と指摘していたにもかかわらず、なぜ登山を行なったのか、という問いがあった。回答として、それがスキーヤー向けの情報であり参照していなかったこと、別の情報では「注意して行動せよ」という指摘だったことが挙げられた。

 この指摘は原因究明に向けて大いに役立つと思う。しかし、一方で粗探しをするように細かな失敗をもって原因とし、同じ行動を避けるだけというのは登山の本質から目を背けていると思う。なぜならば登山は常に危険と隣り合わせであり、どんな実力や装備を持ってしても事故の可能性を排除することはできないからだ。これは著名なクライマーでも山で死んだ人がいることでも分かるし、岩崎元郎氏も同じことを指摘している

 山を知ることに、「もう十分」ということはない。相手は自然なのだ。どんなに経験を積んだベテラン登山者でも、ひとたび山に入れば100パーセント安全だという保証はどこにもない。

岩崎元郎.登山不適格者.P.28. 日本放送出版協会.2003.

 事故そのものは完全に避けることのできないものと認識した上で、事故発生の可能性を限りなく低くし、事故が起こった場合でも最小限の被害に抑えることを念頭に置いた対策をすべきだと思う。ちょうど片田先生が提言する震災時の避難三原則が通用するように感じる。

  1. 想定にとらわれるな
  2. その状況下で最善を尽くせ
  3. 率先避難者たれ

 これをもって対策とするにはあまりに理念に偏っているのは承知である。しかし、天気予報などの想定にとらわれず、その状況下で最善を尽くし、事故後にパーティーを率いて脱出すると読み替えれば十分に通じるのではないかと思う。

  1. 2017/05/18(木) 19:57:41|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ